ニトリ レース カーテン。 カーテンどこで買う?安く済ませるには?【ニトリやカインズ以外】

ニトリと無印良品のおしゃれで安い遮光既製カーテン比較

ニトリ レース カーテン

スポンサーリンク ニトリのカーテン遮熱は効果あり? 室温が上がる原因はいくつか考えられます。 窓からの直射日光はもちろんですが、太陽光が屋根に当たると壁も熱せられ、その熱が室内へじわじわと伝わって行きます。 温まった屋根の温度は70度以上になるそうです。 実際問題、世の中全体でエコがうたわれるようになり冷暖房の節約が求められていますが、そのために断熱材をしっかりと入れた住宅はまだ多くは無いでしょう。 地域にもよりますが。 また、太陽光の中で、熱さを感じさせる日射の 約50%は赤外線なんですね。 屋根や壁からの熱は遮断できませんが、せめて窓回りだけでも熱を遮断したいですよね。 そこで。 遮熱効果のあるカーテンの登場です。 ニトリでは、通常のドレープカーテンやレースカーテン、ロールスクリーンやブラインドに遮熱機能が付いているものがあります。 商品の全部では無いので、それぞれに記載されている機能マークをよくよくご確認下さいね。 また、エアコンの効果を向上させるメリットがあります。 (ニトリHPより出典) ツイッターで、遮熱効果あり!の意見も。 我が家はずっとリネンカーテンだけだったんだけど、最近のあまりの寒さに「カーテン1枚増やそう、遮熱的なやつ」とニトリへ。 ま、じ、で! エアコンの効きが全然ちがう! お、ねだん以上。 ニトリ様ありがとう — ごま goma121 これは冷暖房の効率アップが期待できそうです。 一年中使えるなら、かなりお得ですね^^ カーテンで西日対策はできる? 我が家は鉄筋コンクリート造、築30年以上のマンションです。 西向きに玄関があるのですが、夏の夕方はまともに日が当たります。 玄関のドアや壁を触ると、外側はもちろん、内側もかなり熱くなっています。 西日パワーって強烈だなーと実感します。 玄関や壁は共用部なのでリフォームはできませんし、中古分譲で買ってしまったので、今更引っ越すのも現実的ではないですよね。 となると、やはりカーテン等で窓だけでも遮熱するしかありませんね! では、ニトリのカーテンを見てみましょう。 下記は商品のごく一部です。 【ドレープカーテン】 ・裏地付き遮光2級・遮熱カーテン クロス グレー ・裏地付き遮光3級・遮熱カーテン コラレ ・遮光1級・遮熱・防炎カーテン ノーブル3 ローズ 【レースカーテン】 ・遮熱遮像ミラーレースカーテン アラン ・遮熱ミラーレースカーテン シズク ホワイト 遮熱機能付きドレープカーテンの場合、遮光機能も付いている事がほとんどなので、重みのあるずっしりとした生地が多いです。 レースの場合もそれぞれ素材感が違いますので、ネット購入される際も、可能でしたら実物を見てお決め頂くのをおすすめします。 既成のサイズでは、幅が合わなくてカーテンが緩んでしまったり、逆にパツパツで隙間ができたりします。 快適な遮熱ライフを送りたいなら、ピッタリサイズの物を選ぶようにしたいですね! 既成で合わないときは、ピッタリサイズにしてくれる、 イージーオーダーもあります。 お店でご相談くださいね。 *サイズは事前に正しく測って行きましょう。 だいたいこんな感じ、は、店員さんを困らせますのでダメですよ。 カーテンの遮熱以外におすすめできる事 カーテン以外で、他にできる事を考えてみましょう。 これから家を建てる予定の方は、断熱も考慮されると良いかもしれませんね。 初期費用はかさみますが、後々の冷暖房費が節約できるかもしれません。 ・窓ガラスに遮熱フィルムを貼る(ニトリの取り扱いは不明) ・よしずや簾(すだれ)を使う。 ・ゴーヤなど、植物のつるで自然のカーテンを育てる。 皆さんの住宅事情に合わせて、できることがあるか考えてみてくださいね。 ・照明による電気熱を減らすため、白熱球より LEDに替えるのをおすすめします。 価格も手を出しやすくなってきましたし、電気代も節約できるのでぜひ取り入れたいですね! まとめ ・屋根や天井からの熱は防げない。 ・窓からの熱は、遮熱カーテンでしっかり遮断。 ・室外と室内、併せて対策を取る。

次の

ニトリのカーテン遮熱は効果あり?西日対策や他のおすすめは?

ニトリ レース カーテン

カーテンを何年も使っていると、経年劣化で生地が弱くなって、破れてきてしまいますよね。 世の中には破れていても気にならない人もいるみたいですが、本来カーテンは消耗品ですので、何年かに1度は買い替えたいのが本音です。 カーテンを買うのに、ニトリやカインズなどのホームセンターで購入する人が多いと思います。 インテリア業界で右肩上がりと言えばニトリですが、カーテンの価格は、実は高くもなく安くもない平均的な価格設定なんですよ。 日本のホームセンターで売り上げナンバーワンのカインズホームのカーテンは、価格が驚くほど安いものから、高価なものまでさまざまピンキリで揃っています。 ニトリは店舗の規模によって商品数が違うので、ニトリの大型店があれば、そこに行くと好みのカーテンに出会えるかもしれませんよ。 ただ、私としては、ニトリやカインズでカーテンを購入するよりも、 カーテン専門のネットショップで買ったほうがいいと思います。 カーテンって窓の外から見えるから、同じカーテンをしている家を見つけたら、あの家も同じところで買ったんだなんて思ってしまいます。 どこでカーテンを買ったのかなんて、他人に推測されるのは避けたいと思うのは、私だけではないでしょうか? 他店にはない、お洒落な柄のカーテンが安く買えるのもネットショップだからこそ。 お洒落で安いカーテンは、ニトリやカインズで買うよりも、以下のカーテン専門ネットショップの通販で購入すれば、満足するカーテンがすごくお値打ち価格で購入することができますからね。 カーテン21 カーテンの激安を前面に出しているカーテン専門ショップで他店よりも高ければ2倍の差額を返金してくれるという太っ腹でもあります。 それだけ、価格調査を毎日のように行っていい他店より安い価格を実現しています。 カーテン業界で最安値や日本一と言われるところと比較してみると、カーテン21が安いことは誰が見ても一目瞭然ですよ。 流行の北欧デザインや落ち着いた和風デザインなどが豊富に取り揃えています。 セットで売っているカーテンとレースカーテンは最も相性の良い組み合わせで売っているから、お部屋と統一させたいカラーやデザインを見つけて選ぶだけでお部屋に統一感がでますよ。 機能面では遮熱や遮光だけでなく花粉症の人には嬉しい花粉キャッチや冬場の静電気に困っているなら制電機能などの多機能付きカーテンが自慢です。 カーテンが選びやすいようにリビングや寝室といったカテゴリー分けされているので、欲しいカーテンが探しやすいネットショップとなっています。 cucan クーカンネットショップ ネット通販10年の歴史と購入数が11万件の実績があるcucan クーカンネットショップです。 安物のカーテンを安く売っているのではなく、ワンランク上の高級カーテンがニトリと変わらない値段で買えます。 メインのカーテンだけではなく、カーペットやマット、雑貨なども取り扱っているので、もはやインテリアショップと思っている人もいるようです。 その理由としては、 お部屋に合わせやすい色調で高級感のある花柄のカーテンや、人気の北欧テイストのデザインにも力を入れています。 もちろんデザインも、流行のものから定番の柄まで幅広く揃っているので、欲しかったカーテンが見つかるはずです。 新着の商品を常に売っているから 、トレンドに敏感な方でも納得できますよ。 様々な機能の付いたカーテンが欲しいときにも、オーダーカーテンとして注文もできますし、良いものを安く手に入れたい人にはcucan クーカンネットショップがいいですよ。 お値打ちなカーテンが欲しいなら、メーカー直販のアウトレット商品もありますよ。 在庫販売なので、商品がないことも多いのが難点。 しかし、在庫があってデザインや色が気に入れば、早いもの勝ち。 飛びつきたくなるような価格で品質は保証付きですよ。 びっくりカーペット カーペットをメインのお店でしたが、様々な品揃えで今ではカーテンも専門店クラスの品揃えで、トータルインテリアとして見てみたいのが、こちらのびっくりカーペットす。 値段はニトリと比べ引けを取らない品質と特殊素材が揃ったお店です。 それから、 カーテンの販売件数が1,730を超え、デザインもお洒落なものが多いと男性女性問わず、高評価を受けているお店です。 触って確認したい生地素材のサンプルも10枚までなら無料でいただけちゃう。 既製品専門なので、オーダーカーテンには対応していないので、マルチサイズや規定値サイズでお求めの人には満足できるものが見つかります。。 カーテンレールの値段は、恐らく業界一お値打ちと有名ですよ。 カーテンの選び方 カーテンと選ぶ前にカーテンに求める機能を考えると迷った時にも選びやすくなります。 部屋によってカーテンを使い分けると過ごしやすくなりますよ。 家族が集まるダイニングで常にエアコンを付けているような部屋なら、窓から熱が逃げないように厚手のカーテンを選ぶと断熱効果が期待できます。 寝室などには遮光性のあるカーテンを付けることで、夏場の朝4時前から差し込んでくる日の出の日差しを遮り、起床時間までの貴重な睡眠時間を確保したいなら遮光機能の付いたカーテンを選ぶといいでしょう! 女性の部屋なら、シミの原因となる紫外線対策用のUVカット機能がついたカーテンがおすすめですよ。 レースカーテンなどをしていても、紫外線は家の中に入ってきています。 冬などには暖房を入れると外気との温度差で窓ガラスにつく結露がカーテンにカビを発生させる原因です。 カーテンにカビが付くとなかなか落とせないのでカビ抑制機能の付いたカーテンも捨てがたいですよ。 窓ガラスに最も近いところに付けるレースカーテンは、部屋の中が見にくいように閉じてい家庭が多いはずです。 白色だと汚れが目立ちますし、常に紫外線が当たるから、替えのレースカーテンを購入して、使いまわすようにすることで一つのレースカーテンだけよりも長持ちします。 カーテンをどこで買うか決めていますか? 部屋のイメージに大きく影響するカーテンのバランスはとても大切です。 パソコンやスマホの画面と実物では、光や映り方によっては異なる色に見えたりすることも少なくありません。 ネット通販で洋服を買って届いたときに、思っていた色とは違うとガッカリした人も少なくないらしいですね。 だからと言って、実物を見たり触ったりしてから買いたい人ばかりではありません。 少しぐらいなら色が違っても、明らかに色が違わなければ、大丈夫って人も結構多いようです。 どうしても、理想としている色やデザインは譲れないという人は、カーテンをどこで買うのか実物を見るためにも、下見することをおすすめします。 カーテン買うならどこが安い たくさんのお店を見て回っても家に帰ってから考えをまとめると、私の経験上では、リビングのカーテンはA店で、寝室のカーテンはB店で買うってことにはなりません。 おそらくA店でリビングのカーテンを買うなら、寝室のカーテンもA店で買うことにしてしまうんです。 その理由は、お店側からもまとめて買うことで、多少の値下げやサービスしてくれるので、妥協するってことになります。 その点、 ネットショップは、最初から底値の価格で販売しているので、大量購入しても値引きなんてありません。 だから、このカーテンはココで買って、あそこのカーテンはあっちのお店でといった感じで、シビアに選ぶ人が多いんです。 生地を触って確かめたいってときにも、サンプル生地を無料でもらえるサービスなんて、もはやネットショップでは当たりまえ! どこで買うか決まっていないとしたら、たくさんのお店を回って価格を調べてみてください。 ネットでも気になったカーテンと同じようなものが、必ず見つかりますからね。 それで値段を比較して、安いところで買って、お得に買い物しちゃいましょう! カーテンを安く済ませる人はこんな人• 急な引っ越しで部屋の中を見られたくない• 新居が完成するまでの仮住まい• 紫外線でボロボロになるまで使っている人 どんなカーテンでもいいから、とにかく安くてもいいから欲しいっていう人もいます。 安いカーテンを求めてリサイクルショップに行っても、中古でカーテンを売っているところも見たことありませんよね。 どんな人がカーテンを安く済ませるように考えている人なのかというと、主に上記のような理由がある人なんです。 カーテンを安く済ませるだけでなく迷わないで買う人には、それなりの理由があるってこと。 急な引っ越しで部屋の中を見られたくない 急な引っ越しで家具なども揃っていないときに、カラーやデザインを厳選するよりも、買ったら翌日にでも届くようなとにかく安いカーテンが欲しい人は多いです。 部屋の中を見られるくらいなら、どんなカーテンでもいいから、窓の外から丸見えの部屋の中は見られたくないですよね。 新居が完成するまでの仮住まい 新築を建てるときに住む仮住まいの窓には、カーテンが必要です。 今まで生活していた家で使っていたカーテンを使いまわす人がほとんど。 仮住まいの窓が大きくてカーテンが小さいときには、安くても部屋の中が見えないカーテンを購入する人が多いようです。 紫外線でボロボロになるまで使っている人 紫外線で傷んでいるのを承知で使い続けて、カーテンが大きく破れてしまった人。 まだ使えるカーテンを買うのがもったいないって考えや、普段は開けることのない閉めたままのカーテンは、紫外線によってボロボロとなってしまします。 カーテンが取り付けられそうにもない お部屋の作りによっては、カーテンレールが取り付けられないようなところにも、カーテンを付けたいなんて考えもあるかもしれません。 そんなときには、カフェカーテンがおススメです。 カフェカーテンとは、突っ張り棒に通すタイプの軽量でデザイン重視のカーテンのことで取り付ける場所としては小窓に適しています。 家中にある小窓全てにカーテンが必要なわけではありません。 それに小窓にカーテンレールを取付けるのは外観上見苦しくなってしまいます。 お部屋から見える窓にワンポイントアクセントとして取り付けるカーテンです。 外から丸見えでも目隠し程度の効果を発揮しますよ。 突っ張り棒で吊るため、重たいカーテンには耐えられませんが、目隠し程度のカーテンとしては需要が高いカーテンです。 トイレなどの棚に置いた衛生品を隠すこともできちゃいます。 また、出入り口などには昔ながらの暖簾を取り付けて、部屋の中を見えにくくする方法もありますよ。 よくある質問 カーテンの寿命は通常4〜5年と言われていますが実際のところ、こればかりは何とも言えません。 カーテンが破れてくるのは紫外線による影響が大きいのはわかっています。 しかし、カーテンに使っている生地の質により劣化する速さが違うのです。 安いからと選んだカーテンは、4〜5年も使わないうちに破れてくることもあります。 カーーテンレールでお部屋の雰囲気が変わる 一言でカーテンレールといっても、たくさんの種類が出ています。 賃貸住宅に最初から取り付けられているようなカーテンを取り付ける用途だけの機能性タイプと呼ばれるタイプと、見た目からお洒落に見える装飾レールと呼ばれるタイプの大きく分けると2種類になります。 装飾レールの特徴としては、カーテンを開けているときにカーテンレールが丸見え状態でも、機能性タイプと違ってカーテンレールを見ただけでも選りすぐって取り付けたと一目でわかるお洒落さも兼ね揃えています。 作られている素材は、軽量のアルミやスチールとプラスチック樹脂のものが主流です。 カーテンレール自体が重い素材もありますので、カーテンを取り付けたときに壁に負担がかかるので避けるようにしてください。 カーテンが汚れたときやシーズン変わりにクリーニングに出す人は多いようですね。 でも、自宅で洗濯したって平気なんですよ。 洗濯機の容量によっては何回かに分けて洗わないといけないかもしせませんけどね。 ただ気を付けないといけないのは、 カーテンに付いている洗濯表示のタグを確認しなければいけません。 多くのカーテンは弱でネット使用などと書かれていますので、洗濯機を使うときには気を付けなければいけないことがあります。 カーテンが入るような大きなネットなんて見たことがないです 笑 私はいつもネットなしで洗っています。 その洗い方を説明しますね。 まずは、カーテンを洗う前にフックを外して埃を払い落としましょう! 洗濯には汚れが落ちやすいようにぬるま湯を使います。 洗濯機に酸素系の漂白剤とぬるま湯を多めに入れてよくかき混ぜた後に、大雑把でいいのでしわにならないようにカーテンを畳んでから洗濯機に投入します。 そのまま3分ほど回す程度の洗いで十分です。 汚れたお水と新しい水に入れ替えてから再度、3分ほど洗ってから2度すすぎをします。 最後に脱水を3分ほど行えば綺麗に洗濯できますよ。 干すときにはフックを取り付けてカーテンレールに取り付ければ自然と乾くのを待つだけです。 天気が良いなら窓を開けて風に当てて乾かしてあげましょう!.

次の

ニトリのレースカーテンおすすめ人気ランキング10選!サイズのオーダーメイドも可能|monocow [モノカウ]

ニトリ レース カーテン

レースカーテンは何のためにある? まず、そもそもレースカーテンは何故あるのか?についてです。 昼間に外からの視線が家の中に入らないようにする 厚手のカーテンをしてしまうと「光」が部屋の中に入りにくくなります。 そのため昼間はレースカーテンを使うのが一般的です。 そして夜は外が暗くなり、部屋が明るい状態になります。 そうすると普通のレースカーテンだけだと部屋の中が透けて見えてしまいます。 そのため夜は厚手のカーテンを使うのが一般的です。 これが基本的な話なのですが、最近はレースカーテンの性能が上がっていて「 ミラーレースカーテン」「 遮像機能のあるレースカーテン」などだと夜でも部屋の中が見えにくくなります。 視線を遮り、風を部屋に取り込む 外からの視線を遮りながらも風を部屋の中に取り込むことができるのがレースカーテンの強みです。 「ブラインド」「ロールスクリーン」だと風を受けるとガチャガチャ音がするし、壁にぶつかって傷つきます。 その点「レースカーテン」は優秀です。 遮熱・断熱・UVカット効果を向上させる 厚手のカーテンと併せて2枚で使えば遮熱・断熱・UVカットの効果もアップします。 レースカーテンだけだと夜、部屋の中が外から見えるのか? レースカーテンだけだと夜、透けて部屋の中が見えてしまうのか?厚手のカーテンは必須なのか?実際にニトリのレースカーテン「 エコナチュレスケール」を購入して実験してみました。 ニトリのレースカーテン「エコナチュレースケール」を選んだのは、口コミで「外から中の様子が見えない」「厚いカーテンは開けたままでOK」「夜はこれだけでも人影しか見えないレースカーテンだけでもいいかも」とあったためです。 掃き出し窓の近くまで寄って撮影した画像です。 部屋の中は見えません。 掃き出し窓にスマホのカメラを押しつけて撮影した画像です。 全く部屋の中が見えません。 かなり優秀な遮像効果です。 実験結果をまとめます。 レースカーテンだけで生活するメリット 厚手のカーテンを使わずに、レースカーテンだけで生活するメリットを挙げておきます。 洗濯が楽 レースカーテン1枚だけなので洗濯が楽です。 厚手のカーテンは洗濯するのが大変です。 窓がスッキリする 厚手のカーテンを使う場合、どうしても昼間は厚手のカーテンを開けて横に束ねておくのでモサっとします。 厚手のカーテンを止めるとシンプルでスッキリします。 夜に防犯効果が期待できる 夜、レースカーテンだけで部屋の灯りを付けておくと、家の外に部屋の灯りが漏れます。 しかも家の中に人がいるかどうか分かりません。 防犯的にも効果が期待できます。 玄関灯を点けているよりも効果がありそうです。 埃が出る量少なくて済む 厚手のカーテンとレースカーテンと2枚使えば、その分多く埃がでます。 カーテン購入費用が安く済む 我が家の掃き出し窓に厚手のカーテンを注文すると見積金額2万円超えの金額となりました。 単純にコストカットになります。 レースカーテンだけで生活するデメリット 厚手のカーテンを使わずに、レースカーテンだけで生活するデメリットを挙げておきます。 断熱・遮熱・防音効果について 我が家はYKKAPの「複層ガラス」「樹脂サッシ」である「APW330」を使ってます。 窓ガラスの性能が良いとレースカーテンだけでも十分に暮らせます。 しかしながら、厚手のカーテンと併せて使えばより「断熱」「遮熱」「防音」等の効果が望めます。 その点はデメリットとなります。 私も、冬場寒かったら「厚手のカーテン」を付けることも検討したいと思います。 家から熱が逃げる約40%は窓からなので、断熱効果を考えると窓のカーテンは重要なのです。 夏は窓の外で遮熱した方が圧倒的に遮熱効果が高いので、夏場の厚手のカーテンは無くても良いと判断します。 夏は厚手のカーテンを取り外しておいて冬だけ厚手のカーテンを付けるという選択肢もあります。 遮光できない レースカーテンは光を通す物なので当然遮光できません。 我が家の寝室ではシャッターを閉めて寝れば良いと考えていたのですが、奥様から寝室は厚手のカーテンを付けて欲しいとの要望がありました。 「いやいや、シャッター閉めた方が断熱効果も遮光効果も高いし、シャッターでいいでしょ?」と私が言うと、奥様は「シャッターをガラガラって上げ下げするの面倒臭いしうるさい。 厚手のカーテンが良い。 」との事でした。 どんなけ面倒臭がりだよ。 とは思いましたが、奥様の要望に応えて寝室だけは厚手のカーテンを取り付ける事にしました。 遮像・ミラーレースカーテンだと外の風景が見えない 「遮像レースカーテン」や「ミラーレースカーテン」だと部屋側から外の風景をレースカーテン越しに見ることはできません。 普通のレースよりも網目がシッカリしているためです。 昼間の部屋側から外を撮影した画像ですが、外の風景は楽しめません。 かなり近くまで寄っても外は見れません。 レースカーテンをめくらないと外の様子は分からないレベルです。 外が暗くなってくると多少透けて外の様子が分かります。 我が家のカーテン費用公開! 我が家のカーテン費用を別記事でまとめて公開しています。 良ければご参考までにどうぞ!.

次の