デス スト ランディング ネタバレ。 【デススト考察】ルーとサムの関係性について【重度のネタバレあり】

DEATH STRANDING

デス スト ランディング ネタバレ

ゲーム歴20年のアラサーゲーマーの私が、デス・ストランディングを40時間ほどでクリアしたレビュー。 今回はストーリーについての言及。 エンディングを迎えて、PS4の作品の中で最も感動した・・・といっていいほど衝撃を受けたので、語りたいと思います。 デス・ストランディング購入の基準にも使えますし、クリアした後に本作を語りたいという人にも向けた記事になっています。 ストーリーの核心に触れるようなネタバレはしないように注意しますが、まっさらな状態で遊びたいという人は、クリア後に読まれることを推奨します。 今回は、デス・ストランディングのエンディングに限定した記事になっています。 ゲームの内容であったり、プレイフィールに関しては、過去に記事を書いていますので、よろしければ参考にしてください。 また、小島監督が手掛けたMGSVのストーリーについても言及している記事もリンクとして載せておきます。 サムのアメリカ横断の配達は「だれ」によって成り立ったものなのか? デス・ストランディングのエンディングは、主人公であるサム・ブリッジスの出自です。 今まで、デス・ストランディングはママー、デッドマン、ハートマン、ダイハードマンがなぜそのようなあだ名で呼ばれるようになったかという経緯が語られていきます。 サムは彼らの秘密に触れ合う過程で、自分の過去も吐露するようになります。 妻子がいて、子供が生まれる予定でしたが、事故によって妻子を失っています。 妻子を失ったことが、サムのトラウマとなっています。 そのため、エンディングで語られるサムの出自は、かなり唐突なものとなっており、それだけに衝撃的に感じる内容になっています。 サムの出自を知ったことで、私はこう感じました サムが苦労して配達してアメリカを統一した功労者だと考えていた。 しかし、サムがサムとして生きるために、多くの人々の犠牲があり、あらゆる人の苦労によってサムは今を生きている。 この解釈に答えはありません。 そして、小島監督もあえてエンディングの事実をサムが知ったことで、サムはある行動を起こしますが、それ以外に発言することも感想を述べることもしません。 事実を知ったうえで、どう解釈するかをプレイヤーにゆだねています。 このゲームが、何もない空虚な土地で、BTやミュールの困難を乗り越えながら、自力でエンディングまで進んだという達成感を抱いた瞬間に 「それはあなただけの力でしょうか?」と大きな問題提起をかけてくるところに意外性と妥当性があると感じられました。 例えば、私が宅配の仕事をしているとすれば、それは私の肉体労働によるものだけでなく 宅配のサポートをしてくれる同僚、指導してくれる先輩。 さらに前提として自分を生み、育て、語学や計算、マナーを教えてくれた親、公共の場で指導してくれた教師、そして自分と付き合ってくれた友人たち。 身近な人への感謝というのは、リアルタイムで感じられるものではなく数年たって、人生を振り返った時に思い出されるものです。 デス・ストランディングのエンディングまで進めると、だれもがそのような感謝ややさしさに包まれるような感情を抱くでしょう。 あらゆる人々の関係によって、自分という人間が形成され、今度は自分が誰かのためのピースになれる。 まさにこの世の中は One for all, All for oneで成り立っていることを感じることができるゲームです。 デス・ストランディングのテーマである「つながり」は、自分がAからBへつなげるのではなく、多くの人々との相互補助によって、関係がつながっているということです。 そして、このゲームのプレイにおける運搬も、世界中の「サム・ブリッジス」の協力によって、達成されたものです。 デス・ストランディングのエンディングは、それまでの哲学、地理、スピリチュアル、歴史といった学問的な内容から一線を画し、ヒューマンドラマとして、人間の「感謝」という普遍的な感情を激しく揺さぶるものです。 そして、それは説教的なものではなく、プレイを振り返ることで 自力の強い運送だが、他人によるささやかな協力によって成り立っている運送だった わずか数分で判明するエンディングによって、作業的に繰り返していた運送に対する思い入れや思い出が、一気にあふれてきました。 デス・ストランディングを「配達するゲームです」「オンラインでつながっているゲームです」と4000字近く解説するよりも、このゲームをプレイしてエンディングをたどり着けば、このゲームのメッセージを感じ取ることができるはずです。 デス・ストランディングのエンディングはPS4ゲームの中で最も優れている 私は、ここ数年におけるゲームのエンディングの中で、デス・ストランディングのエンディングは、最も感動的で、最もゲームプレイに即した内容で、そして現実世界に「いいね」を送れる優しいエンディングだと感じました。 しかし、一方で自分が親や兄弟、仕事の上司も含め様々な人たちに生かされていることを感じると同時に、個の発言や振る舞いは侮れないものです。 何気ない一言が誰かを死に追いやることもあるし、世の中からフェードアウトさせる危険性もはらんでいます。 言葉や行動は、誰かを幸せにする一方で、不幸にする劇薬であるということを意識しなければならないと感じました。 私が、今まで素晴らしいと感じたストーリーのMGSVやラスト・オブ・アスも• 愛憎によって生まれた復讐劇• 強烈な愛情は、他者への無慈悲なまでの暴力に転じる危険性がある 暴力や言動によるアクションで、物語が急速に展開したり、悲劇的な顛末を迎えるという作品が多くありました。 (現実は非常で残酷ですが、果たしてそれだけが現実なのでしょうか?) 映画やアニメに限らず、ゲームも貧困、暴力や差別が蔓延する世界を投影することが、リアリティであると錯覚されるようになりました。 しかし、もしそのような悲観的な事実ばかりが、現実を埋め尽くしているのならば、なぜ他人に優しくありたいと思うのか、感謝や尊敬はどこから生まれていくのか? そのような「優しさ」や「つながり」もまぎれもない現実なのです メタルギアソリッドでは、自分で子供を作ることも、歴史の表舞台にも立つことができないソリッド・スネークが遺したものが一つのテーマになっていました。 デス・ストランディングでは、「何を遺していくのか?」「何をやることが重要なのか?」ではなく、すでにサムという存在は、多くの人々によって遺された存在であるというより一歩進んだ、前向きな物語だと感じました。 記事には筆者の体験談も記載いたしますが、あくまで個人の感想です。 たまにゲームレビュー、京都の飲食店、投資情報も随時更新 ブログでの、コメントは現在受け付けていないので、質問やお仕事の依頼がございましたら ツイッター メールアドレス tukasamakoto5 gmail. com まで THE カテゴリー•

次の

デスストランディング(デススト)攻略Wiki|ゲームエイト

デス スト ランディング ネタバレ

デス・のクト「ピザ配達」の攻略情報をまとめました。 攻略情報なので、ネタバレ注意です。 ヒッグスのシェルターへのピザ配達攻略まとめ プレイしていると突然、ヒッグスからメールが届きました。 その内容は、ピザをシェルターまで届けてくれというもの。 行ってみると、 ピーター・アングレールという人物の家が。 おそらく、ヒッグスの本名でしょう。 一度ピザを届けると、再びピザ宅配依頼のメールがきます。 まずは国道を整備しよう!! 可能な限り、国道を整備することをおすすめします。 というのも、 ピザ配達には制限時間が設けられているからです。 基本的に長距離移動で配達難易度は高めに設定されています。 なので、BTやテロリストをいちいち相手にしていては、ヒッグスにアツアツのピザを届けることが出来ないかもしれません。 国道の作り方は、拠点から材料を持ち出す、道端に落ちているものを拾う、リサイクルして入手する、テロリストから奪う……が主な方法でしょう。 トラックに乗って、材料集めの旅を事前にするのがおすすめ。 金属とセラミックはこれらの方法で入手、カイラル結晶はBTのボスを倒せば大量入手可能です。 この依頼は簡単なので特筆すべきことはありません。 クリア後、ヒッグスがUCAに加盟してくれます。 なぜならば、 片手にンを持って宅配する必要があるからです。 つまり、乗り物に乗ったりジップラインやロープなども使えません。 時雨農場からヒッグスのシェルターまではなかなかの距離があるので、まずは、時雨農場近辺のテロリストを全滅させておきましょう。 ブーツの替えや、パワースンの充電が出来るとスムーズに進めると思います。 段差などをダメージ覚悟で飛び降りる場合も考えて、 ケースリペアスプレーを携帯するのもおすすめです。 報酬は、 ハンンのHGカスタムモデル。 HGとは、ヒッグスという意味ですかね。 所持段数の増加、血液弾、対BT効果がより強力な黄金弾、サブプレッサーと光学サイト搭載という素晴らしい武器。 持ってきてくれたら、いいものをあげよう。 マウンテン・ノットシティからK7北配送センターの国道、K7北配送センターから東へ向かう国道を整備すれば、難易度がぐっと下がります。 今回は手に持つ必要ないので、マウンテン・ノットシティで車・バイクを調達しましょう。 ただ、僕の場合、国道整備が追いついていなかったので、先にテロリストを全滅させて国道が整備してあるK7北配送センターへ向かいました。 なんとショットガンの性能に単発も装備済という武器。 所持段数の増加、血液散弾、対BT効果がより強力な黄金散弾、スリップグレネード弾、麻酔グレネード弾の使い分けが可能。 光学サイトも搭載。 上記のゴム散弾モデルですね。 最高だよ! ファースト・プレッパーは、雪山にあります。 ファースト・プレッパーの場所 スピリチュアリストの南、もしくは、マウンテンシティの東です。 メインクトで訪れていないと思います。 また、僕が訪れた段階ではUCA未加入だったので、周辺で準備を怠らずに。 +単発も装備済という武器。 血液弾だけでなく、黄金弾も装填可能。 所持段数の増加、血液グレネード弾BT、グレネード弾(殺傷)、スリップグレネード弾、麻酔グレネード弾の使い分けが可能。 サブプレッサーと光学サイトも搭載。 上記のゴム弾版。 そして、スターマークが貰えます。 ピザを横にして配達する方法 確実なのは、フローターに載せることです。 荷物の最適化をすると、縦向きになる確率が高い気がします。 理由はわかりませんが、ある程度荷物を背負わないと、サムはピザを必ず縦向きに背負ってしまいます。 武器や梯子などを背負ってした後、ピザを背負ってみましょう。 ヒッグスのシェルター(ピーター・アングレール)の様子 ヒッグスのシェルターに、ヒッグスはいません。 しかし、FUCK SAM TO HELL とか、GAMEOVER SAM などの落書きが壁にあることから、ヒッグスの隠れ家であることがわかります。 また、メチップが入手可能なので、忘れずに。 余談:クリア後のイベントなのか……? 今まで気付かなかったのか、それともクリア後に発生したサムへの依頼なのか。 最初は考えましたが、メールが届いた(=依頼)時刻を見ると、おそらくクリア後だと思われます。 これだけ良い武器を入手できたのに、使う機会があまりないというのは悲しいですが、ヒッグスの新しい一面をみれる点は面白かったと思います。 レビュー記事も 関連記事 momotoyuin.

次の

【デスストランディング】サムとルーの関係って結局どういう感じなの?【ストーリーネタバレ注意】

デス スト ランディング ネタバレ

デスストランディング・ネタバレ無しのあらすじと感想 ゲームのデータによるとデスストランディングの総プレイ時間は100時間ほどでした。 そのうち10時間くらいはご飯を食べたり休憩しているので、デスストランディングを実質80時間~90時間くらい遊んだと思います。 このゲームすごいわ~というのが感想でした。 ゲーム中もインフラの重要性についてとか色々考えましたが、ゲーム終了後から色々と考えてしまうんです。 靴がすり減るとか、荷物ケースが劣化するとか、建築物が劣化するとか、面倒臭そうだな~とデスストランディングをやる前は思ってました。 でも、ゲームクリア後には、「劣化する」ということに必然性があったということに気づくのです。 エンディングで「黒幕」から語られる真相に関連があります。 常に劣化する荷物 通常のオープンワールドゲームだと、アイテムが劣化するというのは単に難易度調整やプレイ時間を伸ばすための方策だったりして、意味は無いのですが、デスストランディングではテーマに直接結びついてきます。 そして、オープンワールドゲームの「お使い」にもあまり意味は無いのですが、デスストランディングにおいては「お使いをオープンワールドですること」に必然性があります。 戦闘より荷物を配達させてくれ!と思うように… 国道復旧が面白すぎて、ストーリーを忘れていましたが、国道復旧を終えてからはメインストーリーをやっていました。 謎は色々と残るし、話がややこしいのですが、ゲームでしかできない体験という点でデスストランディングはやって良かったと思います。 『デスストランディング』は小説や映画にしてもそれなりに面白いと思いますが、やはり主人公のサムを操作して、荷物を運ぶという体験が無けれれば得られないものがあります。 ラスボス倒した!と勘違いしてからエンディングまで6時間くらいかかるとは思いませんでした。 元々、荷物を運ぶゲームなんて面白いのか?という疑問があり、TPSのシューターやらせてくれよ~と思っていました。 でも、段々荷物を運ぶのが楽しくなってきて配達中毒になります。 デスストランディングのストーリーの途中で、待っていたはずの銃撃戦イベントが発生するのですが、「もう銃撃戦はいいから荷物運ばせてくれ!」と思っている自分にびっくりです。 『星野源のオールナイトニッポン』に小島監督がゲストで出てました。 やっぱりメタルギアソリッド1のサイコマンティスの話が出てくるわけですが、配達中毒になって実際にウーバーイーツの配達始めたっていうリスナーがいて笑いました。 デスストランディングのあらすじと背景 Bridgesのロゴ ネットの発達とドローンの普及により、人間は他人と触れ合わなくても生活できるようになっていた未来の話。 人類は「ドローン症候群」というものにかかってしまう。 ドローンが荷物を運搬することになって、人間同士の接触が減ったことにより、「幸せホルモン」であるオキシトシンの分泌が低下してしまった。 そして、アメリカでデスストランディング DS という大爆発が起きたことをきっかけに、時雨 Time Fall と呼ばれる触れると時間を経過させる雨が降るようになり、時雨が降る場所ではBT Beach Things と呼ばれる得体の知れない物が出現するようになる。 武器が充実するとBTは怖くなくなる そして、人間が死ぬと早く火葬しないと「ネクローシス」という物を起こし大爆発が起こってしまうよになった。 そのため、都市では全ての人間を生体モニターで管理していて、プレッパーズと呼ばれる人たちはシェルターで皆離れた場所に住んでいる。 分断されたアメリカを再建するため「ブリッジズ」という会社は、配送と通信のネットワークを再生していく…そこで未来を託されたのが、「帰還者(死んでも戻ってくる)」であり「DOOMS(BTを感知できたりする)」であるサム。 サムはアメリカの再建には興味が無いが、姉のアメリを助けるために西海岸に向かうというストーリーです。 デスストランディングは主人公よりも脇役の方がヒーローっぽい名前 デスストランディングの主人公の名前が「サム・ポーター・ブリッジズ」で、脇役の方が「ハートマン」「デッドマン」「ママー」「ダイハードマン」とかヒーローっぽい名前になっています。 主人公のSamというのは、アメリカ合衆国政府が「Uncle Sam」とよく言われるように、アメリカを象徴しているのでしょう。 そして、プレッパーの一人として出演しているコナン・オブライエンがダジャレを連発しているように、Sam Porterというのは、Some Porter、つまり「ある配達人」そして「Some Bridges(いくつかの橋)」に掛けているのだと思います。 サムだけ普通の名前ということは、主人公は特殊能力もほぼ無い普通の人なんだけど、実は社会全体の役に立っているという「Unsung Hero(讃えられることが無い英雄)」であるということだと思います。 「帰還者」というのは、デスストランディングの世界で死んでも死後の世界から復活できる特殊な人のことなんですが、これは後に書くように「コンティニュー」であり「ゲームプレイヤー」につながることだと思います。 デスストランディング発売前後の背景 2019年にデスストランディングが発売されるというのは、2020年にアメリカ大統領選挙を控えていること、PS5が発売されるということなどがあってのことだと思います。 メキシコとの国境に壁を作ると宣言したアメリカ大統領や、ブレグジット、各国での右派勢力の台頭など、「分断」がキーワードになっていた時代に「つながる」というテーマです。 メタルギアソリッド1が発売されたのが1991年の湾岸戦争の後で、メタルギアソリッド1には劣化ウラン弾の話とかも出てきました。 1990年代は遺伝子が注目され始めた時代で、遺伝子によって人間の未来は決まってしまうのではないか?という恐れがありました。 メタルギアソリッド2では、人間は遺伝子以外にも「文化」などを伝えることができるというテーマだったと思います。 メタルギアソリッド3はやったけど「サバイバル」以外にテーマをあまり覚えておらず、メタルギア・ソリッド4はやってません。 メタルギアソリッド5はテロが頻発する時代の「復讐の連鎖」がテーマでした。 小島監督はゲーム発売数年前に起こった出来事をゲームに取り込んでいるので、なるべくデスストランディングも早くやった方が良いと思います。 更には個人の分断という点も大きな問題となっています。 未来に希望を見いだせない孤独な人たちが日本やアメリカでテロを起こしています。 詳しくは、『』など。 ここからはデスストランディングのネタバレになるので、ネタバレが嫌な人はクリア後に読んでください。 ネタバレ注意! デスストランディングの考察 「死後の世界」はゲーマーの現実世界か? デスストランディングの新しい点は「ソーシャルストランドシステム」で、他人の世界の建築物が自分の世界にも現れて「いいね!」が付けられるというものです。 たとえば、ボスにやられると海の中を魂が漂って「帰還」することができる。 つまり、主人公のサムの「魂」は「ゲームプレイヤー」ということです。 サムがナスDっぽくなる ゲームの主人公がコンティニューできる理由は「ゲームだから」でしか無かったのですが、デスストランディングでは「魂=ゲームプレイヤー」と「帰還者」という設定により正当化されます。 とすると、デスストランディングにおける「死後の世界」というのはゲームプレイヤーにおける「生の世界」なのではないか?という疑問が生まれるのです。 主人公のサムは接触恐怖症で、ほとんど感情表現をせず、他者との繋がりを持とうとしません。 それだけに、最後の方でデッドマンに感謝の気持ちを伝えるシーンはちょっと感動しました。 実はサムは上に書いたようにアメリカの象徴ではなく、「孤独なゲーマー」の象徴なのではないでしょうか?デスストランディングのラストシーンではBB(ルー)をポッドから出し、手錠端末を焼却しUCAの通信網から「オフライン」になります。 これは、ゲームよりも実際の人と繋がれというメッセージなのでは?と思いました。 自分のためにやってみることでも、何かに繋がるかもしれない。 一歩踏み出してみようということなのでは? サムは「アメリカの再建」には全く興味がありませんでした。 すごく個人的な「アメリの救出」という偽の目的を与えられて、結果的に「アメリカの再建」という公の目標を達成します。 これは、自分のために設置した建築物がいつの間にか他人のためになっているという「ソーシャルストランドシステム」とも繋がります。 他人のためになっていると分かると、今度は他人のために建築物を設置するようになります。 アメリはヒッグスを使ってDSを早めさせ、一方でサムを使ってアメリカを繋ごうとします。 どうなるかはあなた達に任せますという。 小島秀夫=アメリ説。 DSは不可避であり、ラストストランディングが発生することは避けられないようです。 いずれ滅びる物を修復する必要はあるのか?すなわち、いずれ死ぬのに生きる必要はあるのか?ということにもなります。 その答えこそ最終エピソードのタイトルなのでしょう。 デスストランディングの中で何をやるのも自由だし、むしろデスストランディングというゲームを終えた後、あなたは自分の人生をどう生きるのか?という意味でのラストエピソードのタイトル、 Tomorrow is in your hands. なのでしょう。 カイジの部屋に貼ってある「未来は僕らの手の中」と、デスストランディングを終えた後での「Tomorrow is in your hands. 」の解釈はだいぶ異なるはずです。 以上、勝手な考察ですが、やっぱりデスストランディングはやらないと分からないという話でした。 クリアした後に、 自分の人生に良いフィードバックが発生するという点で神ゲーだと思います。

次の