ザイフ。 Zaif(ザイフ)の取引履歴のダウンロードとExcel(エクセル)で開く方法を解説

結局、Zaif(ザイフ)は危険だった!?今回のハッキング事件を徹底解明して、安全な取引所を選ぼう!

ザイフ

登録業者は、より高いレベルでユーザーを保護する義務が課せられるぞ! これまでビットコインなど仮想通貨は、「貨幣」なのか「モノ」なのかもはっきりとせず、取引所への法整備もごてごてになっていました。 しかしようやく2017年の改正資金決済法で、仮想通貨交換業者(いわゆる仮想通貨取引所)への法律が新しく付け加えられたのです。 改正資金決済法で定められた仮想通貨交換業者の義務とは、次のとおりです。 仮想通貨交換業者の義務 概要 利用者への適切な情報提供 取り扱う仮想通貨の種類や仕組みの説明、手数料の説明をすること 利用者財産の分別管理 利用者から預かった財産を区別して管理すること 取引時確認の実施 マネーロンダリング防止のため、利用者の公的証明書の確認をすること Zaifはビットコインと日本円の通貨ペアだけでなく、ほかのアルトコインと日本円・BTCとのトレードも0~0. 1%という割安な手数料で取引できるんですよ。 Zaifの取引手数料については、「」で詳しく解説しています。 何度も取引を繰り返して利益を得たいという人にとって、取引手数料の存在は無視できません。 取引所を手数料で選ぶなら、Zaifが断然オススメです。 Zaifの「簡単売買」は初心者でもトレードがカンタン 「仮想通貨の買い方がわからない」 このような人でもZaifなら大丈夫。 仮想通貨の初心者でも、Zaifの「簡単売買」ならチャートや気配値の見方が分からなくても、仮想通貨の売買が簡単にできるんですよ。 いわゆる仮想通貨販売所なので、提示された値段で「買い(売り)」ボタンを押すだけで、売買が成立。 Zaifの簡単売買では、現在ビットコインとモナコインの取り扱いがあります。 Zaifにしかないトークンが!トークンの将来性に期待できる 仮想通貨の魅力は、性質の違ういろいろな種類のコインを運用できることにあります。 できれば「将来的に価値が上がる可能性がある、まだ発展途上のコイン」も集めてみたいですね。 Zaifは、取り扱い仮想通貨の種類が豊富なのが特徴。 Zaifでトレードできる仮想通貨は、次のとおりです。 そのほかにもZaifが独自に発行する「Zaifトークン」や、テックビューロが企業のICOプロジェクトの資金調達目的で発行する「COMSA(コムサ)トークン」など、興味深いトークンもあるんですよ。 Zaifトークンについて詳しい解説は、「」を参考にしてください。 仮想通貨はまだこれからが本番、価格変動の波に乗って差益を狙うのもよし、企業の将来性に期待して長期投資するのもよし、トークンの使い方と将来性は無限大。 トークンのなかには、Zaifでしか購入できないものもあります。 ぜひまだ売り出したばかりの企業トークンに投資するなら、Zaifから購入してみてはいかがでしょうか。 Zaifの信用取引は最大7. CFD取引とは 差金決済取引のこと。 「現物」を取引するわけではなく、売買の「差額」を決済する取引方法。 CFD取引について詳しい解説は、「」を参考にしてください。 ちなみに外国為替証拠金取引(FX)は、為替のCFD取引のことです。 AirFXは信用取引よりも大きなレバレッジをかけることができ、最大で25倍まで可能。 しかしAirFXは先ほど説明した信用取引と同じように、追証の心配がありません。 それはEPS(Early Profit Settlement)といわれる仕組みによるものです。 つまりEPSとはポジションの含み損が証拠金を上回った瞬間に、強制決済される仕組み。 口座のお金を追加証拠金として差し入れる必要がないため、思った方向に相場が動かなかった場合でも、損失を限定的にできるんですよ。 コイン積立で積立投資が可能!安定運用を希望する人にオススメ 仮想通貨のデメリットは、ボラティリティ(価格の変動)があまりにも大きいこと。 しかしそのデメリットを回避する方法が、Zaifのコイン積立です。 Zaifのコイン積立は、指定した銀行口座から毎月固定額を自動で引き落としし、自動で希望の仮想通貨を買い付けるサービス。 ドル・コスト平均法とは 相場価格にかかわらず、毎月一定額を購入する投資手法。 値段が高いときには少なく買付け、値段が安いときには多く買付けることができるため、価格変動による損失を緩和し、長期的な資産形成に効果的です。 コイン積立のような積立運用ができる仮想通貨取引所は、今のところZaifだけ。 仮想通貨を安定運用したいという人は、Zaifで口座開設をおすすめします。 Zaifはセキュリティ体制も万全!安心な取引所でトレードしよう 仮想通貨の取引で、やはり心配なのはセキュリティ体制ですね。 たとえブロックチェーンの分散型ネットワークがハッキング行為に対して有効だったとしても、取引所自体のセキュリティが脆弱ではお話になりませんよね。 Zaifは、ユーザーから預かった現金や仮想通貨を安全に守るため、セキュリティ体制にも気を配っています。 Zaifのセキュリティ体制とは、次のとおり。 Zaifの悪い評判!本人確認から口座開設完了までが遅い どんなものでも表と裏があるように、メリットがあればデメリットもあります。 Zaifは手数料や仮想通貨の種類で評判がよい取引所ですが、その一方で評判があまり良くないところもあるんですよ。 ここではZaifの評判が良くないところをシッカリ暴露していきたいと思います。 Zaifは本人確認が遅すぎ!口座開設まで時間がかる Zaifでは本人確認書類を提出後、本人確認コードが記されたハガキが返送されます。 そのハガキが届いてはじめて口座開設が完了し、日本円を入金することができます。 ところがハガキがなかなか届きません。 筆者の場合、本人確認書類を送信してからハガキが届くまで、2週間以上待ちました。 ビットフライヤーやコインチェックがほんの数日でハガキを返送するにもかかわらず、Zaifは相当遅いのではないかと思います。 日本円の入金ができなければ、せっかく「いま」投資したいのに、機会損失につながってしまいますね。 「利用者が爆発的に増加し、処理が追いつかないため」とZaif側は説明していますが、この本人確認の遅さは、ぜひ今後改善してほしいものです。 Zaifの本人確認書類の送信から口座開設完了までの手順は「」で解説しています。 Zaifは問い合わせに返信がないことも?顧客対応を改善してほしい 仮想通貨取引所は、証券会社と違いコールセンターなどはありません。 どこの取引所も、基本的にメールでの問い合わせが主流です。 筆者は、「メールで問い合わせ」というだけでも、対応者の顔が見えずなんとなく不安になるタイプ。 すぐに答えが欲しいのに、すぐに答えが返ってこなければもっと不安になります。 Zaifは問い合わせに対する返信が遅いという評判は前から聞いていました。 しかし実際に問い合わせてみると、本当に返信が遅かった・・・というか、結局のところ待てど暮らせど返信がありませんでした。 この記事では、仮想通貨取引所Zaifの特徴や評判について解説してきました。 Zaifは本人確認や問い合わせに対するレスポンスが遅いというデメリットはありますが、仮想通貨取引所のシステムとして優秀であり、使い勝手がよいためメリットが勝ると言えるでしょう。 Zaifは主要な仮想通貨を運用するだけでなく、豊富な種類のトークンを購入できたり、追証のない信用取引やAirFXが利用できたりと、どんなユーザー層のニーズにも対応しています。 安定的な運用を目指したい人には、コイン積立でコツコツ運用できるのも魅力ですね。 高い技術と新時代のビジネスソリューションを詰め込んだZaifとテックビューロに、今後も大いに期待しましょう。

次の

Cryptocurrency exchange

ザイフ

運営会社概要 ・会社名:株式会社フィスコ仮想通貨取引所 ・住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9 ・設立:平成28年4月12日 ・代表取締役:八木隆二 ・資本金:5,000万円(令和2年1月10日時点) Zaifは豊富な仮想通貨とトークンを取引できることが特徴です。 また、手数料も安いため、初心者にも非常にとっつきやすい取引所。 リスク分散のために仮想通貨取引所はいくつか持っておくのが基本ですが、 まずは開いておきたい取引所の1つと言えるでしょう。 なんと、 ビットコインの現物取引にかかる手数料は 0%。 入出金にかかる手数料については以下の通りです。 積立投資ができる「Zaifコイン積立」 Zaifは珍しく、 仮想通貨の積立『Zaifコイン積立』ができる取引所です。 『Zaifコイン積立』は毎月一定額が指定の銀行口座から引き落とされ、自動でその分の仮想通貨を購入してくれるサービス。 買う手間を省くことができる、買うタイミングを考える必要がないなど多くのメリットがあります。 また、毎月一定額買い続けるのは 「ドル・コスト平均法」という投資手法の1つでもあるんです。 ドル・コスト平均法とは 「ドル・コスト平均法」は、 毎月一定額を買い続ける投資手法です。 おなじ「金額」を買い続けることで、相場が下がった時にはたくさん、上がったときには少しだけ買うことができます。 これにより 平均購入単価の平準化を図ることができ、価格変動リスクを抑えることになるのです。 このような買い方をすることで、 価格が上下しても長期的に安定して利益を得られるローリスクの運用が可能となります。 『Zaifコイン積立』はこんな人に向いています。 どのタイミングで買っていいかわからない• いちいち売買するのが面倒くさい• ローリスクで長期間の資産運用がしたい 信用取引ができる レバレッジ最大7. 77倍・追証なし 一定の証拠金でレバレッジをかけた取引ができる Zaifでは信用取引を利用することができます。 日本円をはじめとしてBTC、XEM、MONAを担保として預けることで、預けた額の最大4倍までの取引が可能となります。 「空売り」で下げトレンドでも利益を出せる 現物取引と異なり、信用取引では「売り」から入り「買い」で利益を確定させることもできます。 例えばビットコインの場合。 証拠金を担保にしてBTCの相場が50万円のときに取引所から1BTCを借りて「売り」ます。 その後、BTCの価格が40万円に下がったところで1BTCを買い戻し取引所に返す。 これで10万円の利益となりました。 このように、 売りから入る 「空売り」という ことで相場が下がっているときも利益を出すことができるのです。 追証が不要 FXなどでよく聞く「追証」。 追証とは損が膨らみ、当初担保として預けていた分から、さらに追加で担保金の請求が行われることを言います。 Zaifの信用取引にはこの追証が存在しません。 大きな損失を出してしまった場合でも、もともと入れていた金額以上のものを失うことがないということです。 その代わり、 信用取引で利益がでた状態で決済した場合のみ、利益に対して0. 7%程度の手数料が徴収されます。 この手数料の徴収によって、追証のないサービスの提供が可能になっているんですね。 ハイリスク・ハイリターンの信用取引ですが、これならリスクを最小限に抑えることができます。 「ビットコインAirFX」は現物取引感覚で最大レバレッジ4倍の取引ができる Zaifには 「ビットコインAirFX」という、現物取引感覚でレバレッジをかけて取引をできるシステムがあります。 「レバレッジをかけるんだったら、上で紹介している信用取引と同じなのでは?」 と思ってしまいますが、少し信用取引とは異なります。 損失が出た場合、信用取引のように証拠金を超えて口座残高から徴収されることがない• 対象はビットコイン BTC のみ また、先物取引にも似ていますが、 期限到来による決済がなく、また 先物価格ではなく現物価格と似た価格で取引ができます。 つまり現物取引により近い条件でレバレッジをかけて取引をすることができるということですね。 ビットコインの将来的な上昇に自信を持ち、より大きな勝負をしかけたい人にピッタリの取引手法です。 クレジットカードを使うメリットは、 すぐに仮想通貨を買うことができるということ。 例えば土曜日にビットコインの価格が急落して、買うチャンスだとしましょう。 土曜日なので銀行振込は行うことができず、また取引所にも十分な日本円がない。 こんなときに クレジットカード購入であれば曜日や時間帯に関係なく取引ができて売買のチャンスを逃すことがありません。 一方でデメリットは 手数料が高いということです。 手数料が高いことを差し引いてでも、 「今すぐに買えば利益がでる」と確信をもってスピーディーに取引をしたい人・場合には有効な手段となります。 豊富なトークン Zaifでは仮想通貨の他に、 ブロックチェーン技術を使って発行した独自のコイン「トークン」を取り扱っているのが特徴です。 そしてトークンの種類も 11種類と豊富。 メジャーな仮想通貨では物足りないという方にピッタリです。 Zaifでの取扱トークン• ZAIF ザイフ• XCP カウンターパーティー• BITCRISTALS ビットクリスタルズ• SJCX ストレージコインX• FSCC フィスココイン• PEPECASH ペペキャッシュ• CICC カイカコイン• NCXC ネクスコイン• JPYZ ゼン• CMS:ETH コムサ<ERC20トークン>• CMS:XEM コムサ<Mosaic> テックビューロによる万全の管理体制で安心して取引ができる ブロックチェーン技術がいくら優れたものでも、 取引所の管理体制がしっかりしていないと様々なリスクが伴います。 経営者や従業員が不正をしてしまったり、セキュリティが不十分で勝手にログインされてしまったり…。 こういったリスクを最小限に抑えるため、 Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。 預かっている暗号通貨の社内管理強化• ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底• 取引所システムインフラの堅牢性強化• ユーザーからの預かり金と経営資金の分離• 開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化• Zaifの運営会社であるテックビューロはプロジェクト第1弾として、COMSAトークンのセールを日本時間2017年10月2日14時~2017年11月6日14時まで実施しました。 このCOMSAのトークンセールに参加すると独自トークン「CMS」を購入することができます。 そして今後 COMSAのプラットフォームを使ってICOを行う際に発行されるトークンの購入に「CMS」を利用することができ、さらに 5%以上のプレミアムボーナスが付与されていることが約束されているんです。 ざっくり言うと 「CMSを買っておくと今後COMSAを使って行われる資金調達で発行されるトークンを実質割引で おトクに 購入できるよ」ということ。 2017年10月2日までにメールアドレスを登録した人のみがCOMSAトークンセールに参加することが可能となってますので登録はおはやめに。 出金制限設定で不正出金を防ぐことができる 最近、取引所へのハッキングなど物騒なニュースも増えてきました。 Zaifでは、万が一ハッキングされても 不正に自分の仮想通貨を出金されないように「出金制限」をかけることができます。 出金制限をかけることで登録したアドレス以外に送金ができなくなる仕組みです。 設定方法はカンタン。 そこで 「出金先アドレスを『制限する』」に変えて利用したい送金先アドレスを登録するだけ。 取引所としてのセキュリティ対策はもちろんですが、自分の資産はしっかり自分で守りたいですね。 Zaif ザイフ のデメリット アプリやウェブ画面の操作性が良くない Zaifで少しもったいないと思うのが、ウェブもアプリもあまり使い勝手が良くないというところですね。 例えばウェブの取引画面がこちら。 BTCの取引画面なのですが、 他の通貨の相場が一覧で見れないんですよ。 なので左上の通貨選択ボタン 画面赤枠 から通貨もしくはそのトークンの取引ページに行く必要があるんです。 数多くのトークンを揃えている点がZaifの魅力なのですが、いちいち個別の管理画面に行くのは面倒くさいですよね…。 スマホアプリの方もウェブ版とそれほど変わりません。 長期保有ならそれほど気になりませんが、 1日に何回もトレードしたい人には少し不便です。 アルトコインの取扱いは少なめ 豊富なトークンに対し、 Zaifで取引できるアルトコインは多くありません。 BTC:ビットコイン• XEM:ネムコイン• BCH:ビットコインキャッシュ• ETH:イーサリアム 2017年10月2日より取扱い開始 たとえば大手の仮想通貨取引所である「」はビットコインとアルトコイン合計で10種類の仮想通貨が取引できます。 これに比べると見劣りしてしまいますね。 他の大手取引所で取りこぼした銘柄をZaifがうまく拾っているというイメージですね。 サーバーが不安定 Zaifはサーバーが不安定なところがあり、時々サイトに接続できなくなります。 ログインすらできない状況だと、やはりZaifに資産を預けている身としては非常に不安になってしまいますよね。 Zaifの運営会社であるテックビューロは今後、 サーバーダウンを回避するために開発リソースの増員や、 復旧作業を最短にするためのバックアップ等の事前準備などの対策を行うとアナウンスしています。 本人確認書類の到着がおそい 2017年4月の「改正資金決済法」により、登録した住所への本人確認書類の郵送が完了しないと仮想通貨取引所は取引をできません。 この 本人確認書類の郵送が、Zaifは遅いです。 評判を聞いているど、1~2週間くらいかかります。 今すぐ取引をはじめたい場合は、Zaifでもとりあえず申し込んでおいて、「」など対応の早い取引所もひらいておいた方がいいですね。 本人確認を待っているあいだに買おうと思っていた通貨が暴騰したらとんでもなく悔しいですから。 笑 Zaif ザイフ の評判・口コミ TwitterでZaif取引所の評判を見てみると、 手数料の安さや積立投資に魅力を感じる人が多いようです。 また、 顧客対応が良いというのは安心して利用できるという点で大きなポイントですね。 その反面、 使いづらいという意見がありました。 これからウェブ版やアプリが使いやすくなることに期待しましょう。 というわけで を購入するなら手数料の安い日本の取引所 がおすすめです。 問い合わせにも翌日には必ず返答をくれますし、回答も具体的で補足説明もあり丁寧。 Coincheckと比較すると使いづらいよなぁ。。 でも、 coincheckやbitflyerなどの大手では取り扱っていない商品 トークン やサービス 積立 などかゆいところに手の届く取引所になっています 2つ目、3つ目のサブで利用すると最もそのメリットを生かすことができるでしょう。

次の

【2019年最新】ザイフ(zaif)の評判とメリット・デメリット【仮想通貨

ザイフ

ビットコインはもちろんですが、それ以外のアルトコインの取り扱いが豊富です。 特に、Zaifアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取り扱いが豊富で、売買コストも安いため、国内取引所でいろいろな仮想通貨に投資をしたいという方には必須ともいえる取引所です。 少額の取引も可能なうえ、毎月一定額の仮想通貨を買う積立投資にも対応しているのはうれしいところです。 Zaif公式ホームページ Zaifの仮想通貨取引所としての特徴と評価 Zaifは仮想通貨取引所としては少しだけ上級者向けです。 仮想通貨を買って保有するというよりもどちらかというと売買するなど運用するという面が強調されたサービスを提供しています。 初めての仮想通貨なら「」や「」の方が使いやすいと思います。 アルトコインの売買もローコスト Zaifの取り扱い通貨はビットコイン以外に、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA 、ビットコインキャッシュ(BCH)があります。 大きな特徴としては、ビットコイン以外のアルトコインもすべて「 取引所方式」で運営されていることです。 そのため、売り買いの価格差が小さく実質的なコストをかなり抑えることができます。 積極的な売買に向いていると書いたのはこの点を評価しているからです。 国内で「トークン」に投資ができる数少ない取引所 Zaifは国内の仮想通貨取引所では数少ない「トークン」を売買できる取引所となっています。 トークンというのは企業や団体などが発行しているコインで、ビットコインなどのブロックチェーン技術に間借りする形で発行されている仮想通貨です。 zaifトークン• XCPトークン• BCYトークン• SJCXトークン• FSCCトークン などが取引できます。 トークンは仮想通貨のブロックチェーンプラットフォームを利用した代替的な通貨ですが、トークンに独自の使い道が用意されていることがあります。 参考: 仮想通貨でベンチャー投資ができるICO関連も扱う Zaifを運営しているテックビューロという会社はCOMSA(コムサ)というICOを行うプラットフォームも運営しております。 ICOは上記で紹介するトークンを発行することで資金調達をする方法です。 参考: こうしたICOへの投資について、今後もZaifは積極的に取り組んでいくものと思われます。 何よりもZaifでしか売買できないというトークンが多数あるというのは投資機会という意味で有利といえそうです。 ハイリスクな投資となるケースもありますが、ユニークな取引所ですね。 Zaif公式ホームページ ・ 仮想通貨取引所比較ランキングでは、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引所の手数料・サービス・投資商品・付加サービスなど多くの項目からあなたにピッタリの仮想通貨取引業者を探せます。

次の