ヴォクシー フル モデル チェンジ 最新 情報。 新型ヴォクシーのフルモデルチェンジは2020年か!最新予想情報をまとめ!

ヴォクシーのフルモデルチェンジはいつ頃か?最新情報はどうなっている?

ヴォクシー フル モデル チェンジ 最新 情報

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! ひとことで言うと、「より進化した」と言うことかな。 ただし、期待されたコネクティッドサービス対応のディスプレイオーディオ装着は見送られました。 このタイミングでの一部改良は、 5月からのトヨタディーラー全車種併売に合わせたものとの見方が強く、次期フルモデルチェンジでの、ヴォクシー、エスクァイアを含む 3姉妹車のノアへの統合の布石ともささやかれています。 それから、今回のノアの一部改良に合わせて、姉妹車の ヴォクシーとエスクァイアは今まであったグレードの多くが廃止されています。 これも車種統一化の流れの一端の可能性が。 いずれにせよ、今後予想されるフルモデルチェンジとなると、 相当の価格アップは避けられないでしょう。 ノアは現行モデルでも十分ハイクオリティ。 熟成されたノアの特別仕様車を堪能するなら、今しかないと言えるでしょう。 ちなみに、ノア、ヴォクシーのライバルでもある日産セレナも2021年夏にフルモデルチェンジするという情報が入っています。 詳しくは「」で書いていますので、ミニバンで悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の採用• TNGA方針に伴い開発されたプラットフォームの採用• ハイブリッド・ガソリン共に新開発されたエンジンを搭載• 新型のパワートレインの採用• 居住空間の拡大• 安全性能の強化「第二世代Toyota Safety Sense」の搭載• 運動性能の向上• コネクティビティの対応• 新デザインのフロントフェイス• 新デザインのインテリア• 新デザインのエクステリア 現在、トヨタがモデルチェンジで進めている「クルマつくりの方針」 TNGA トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー を採用してくるのは間違いないでしょう。 TNGA方針に合わせて開発された各車専用のプラットフォーム、新しく開発されたエンジン。 これはハイブリッド・ガソリン両方とも開発されています。 新型トヨタノアにも採用されるでしょう。 それに伴い、 燃費の向上も期待できます。 安全性能も 今以上により安全を支援する機能を充実させてくるでしょうし、新しいプラットフォームにすることで、 居住性も今以上に広がるのではないかと思われます。 運動性能面も向上し、 コネクティビティにも対応させてくるのではないでしょうか。 最近のトヨタのモデルチェンジの動向を見ていると、 モデルチェンジの順にTNGAに基づいたプラットフォームに進化しています。 たとえば、プリウス・レクサス・カムリ…。 続々とTNGAが採用されており、それに合わせて プラットフォームも各車に最適なものが開発されいます。 現在あるプラットフォームは4つですが、 採用されているのは3つです。 4つ目は今後採用されるのでしょう。 レクサス・クラウンなど大きな車種用のGA-L、カムリ・RAV4 に使用されているGA-K、プリウス・カローラ・C-HRに採用されているGA-Cがあります。 ノアも例外ではなく、 次期フルモデルチェンジでは新世代のプラットフォームを採用されることが、容易に想像できます。 そして、 ノアに最適なプラットフォームはGA-C型プラットフォームだと言われています。 プリウスに採用されているタイプです。 このGA-Cプラットフォームを採用することで、 現行型ノアよりも広い室内空間の実現が期待されるでしょう。 引用: むずかしい話は遠慮しておくわ。 では、分かりやすく説明しましょう。 パワートレインの基本的な装置は主に4つあり、次のような役割があります。 エンジン:クルマを動かすチカラを生み出す• クラッチ:クルマを動かすチカラを伝える• トランスミッション:クルマを動かすチカラを調整する• ドライブシャフト:クルマを動かすチカラをタイヤに伝える そして、 エンジンで発生したチカラは最終的にタイヤに伝えられ、クルマが動くと言う仕組みです。 新型ノアのエンジンはTNGAに基づいたダイナミックフォースエンジンが有力 次期型ノアはフルモデルチェンジで新開発の 2. 0L「Dynamic Force Engine ダイナミックフォースエンジン 」を搭載するでしょう。 新型エンジンは、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現しています。 その結果、新開発の2. 0Lガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ、世界トップレベル *の熱効率40%・41%を達成しました。 また、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、各国の排気規制にも先行して対応します。 引用: クルマの進化は止まることがないのね。 0Lエンジン用ハイブリッドシステムを新開発しました。 加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感を実現しています。 引用: その重さ、大きさに難点がありましたが、 ハイブリッドシステムはどんどん小型化されています。 「車が軽くなること」も燃費を良くするために大事な要素の一つですし、居住空間を広げるためにも小さい方が良いのですから、さすが考えられているなあと思います。 行きます! 全サービス一気に紹介!! その1:緊急事態でも安心。 もしもの時にドライバーやクルマを守るサービス• もしものとき、クルマが自動で緊急通報• 事故の状況を判断してドクターヘリを呼んでくれる• 離れたクルマの異常をスマホにアラーム通知• まさかの盗難時にオペレーターがクルマを追跡• クルマの異常時に警備員を派遣• エンジン始動を遠隔で確認して盗難を予防• 盗難被害時にエンジン始動やハンドルロック解除を禁止• うっかりのキーロック忘れをスマホに通知• 警告灯への対処方法をクルマがアドバイス• 24時間ロードアシスト レッカーサービスなど その2:危険回避するから安心• 集中力の乱れを察知してドライバーに注意喚起 その3:安心できる最適な情報提供• 話しかけるだけで目的地の情報を素早く検索• 話しかけるだけでニュースや天気などの情報を検索• 24時間265日オペレーターサービス• オペレーターによる目的地設定サービス• オペレーターによる電話番号案内サービス• リアルタイム情報を活用できるハイブリッドナビ• いつも最新地図が使えるマップオンデマンド• 過去と現在の情報から最適ルートを検索• 整備忘れの心配ご無用のリモートメンテナンスメール• 専用アプリで自分スタイルにカスタマイズ その4:スマホとつながってるから安心• クルマの駐車位置をスマホですぐ探せる• うっかりドアの閉め忘れをスマホで確認• 離れた場所からスマホでドアロック• マイカーの健康状態をいつでもチェック• クルマから離れてもマイカーの安心が確認できる• 故障や事故の時に役立つ情報へすぐアクセス• 安全とエコな運転の診断ができる• 過去の走行距離や燃費をアプリで確認• 多彩なニーズを含めたルート検索• いつものルートをワンタッチ登録• クルマを降りた後も目的地までスマホでナビ• 「困った」や「ワガママ」も大丈夫などんなときもサポート• LINEアプリからスムーズナビ設定• LINEアプリでクルマと会話• LINEアプリでクルマの状態を確認 その5:その他のサービス• CDタイトル情報取得• 周辺情報提供サービス• クルマの位置お知らせサービス• 車検などのネット予約サービス• ヤフージャパンウェブサービス• 今日は何の日? 一部改良ということで、ベースになったグレードSi以外にも Toyata Safety Senseが全車標準で採用され、グレードX以外には、 プリクラッシュセーフティも標準装備されました。 安全性能は今回でサポカーSワイドになり、かなり強化されたように思います。 それでは三代目トヨタノアのスペックのおさらいをしていきましょう。 【現行三代目トヨタノア】サイズは? 引用: 現行三代目トヨタノアのサイズ• 車重 ハイブリッド ・標準仕様(FF):1610kg ・エアロ仕様(FF):1620kg ガソリン ・標準仕様:FF 1570kg、4WD 1650kg ・エアロ仕様:FF 1600kg、4WD 1680kg• 燃費 ノア(2Lガソリン):FF 16. そして、 手放すときのリセールバリューが予想しやすいのも強みです。 すでに実績があるので。 ニューモデルだと、万一不人気車になってしまった場合、買取価格は予想を大きく下回ってしまうかもしれません、 もちろん、ニューモデルは性能面で現行モデルを上回るでしょうが、本当にその機能向上が必要でしょうか? たとえば、燃費が良くなったとして、そのぶん車両本体価格も高くなっているでしょう。 費用対効果を冷静に考えると・・・。 ニューモデルは最先端とステイタス 末期モデルに比べて、 ニューモデルはもちろんプレミアム感が満載です。 新しい機能、新しいデザイン、そして新しい価値。 まとめ• フルモデルチェンジに先立ち2020年4月27日一部改良を発表• フルモデルチェンジはズバリ、2021年5月と予想! 次期フルモデルチェンジで3車種統一の動きが• そしてこの時期の一部改良。 ノアを巡る情勢は、日増しに活発になってきそうです。 現行ノアとまだ見ぬモデルチェンジ後のノア。 あなたならどちらを選びますか? 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ! カテゴリー•

次の

ヴォクシーのフルモデルチェンジは2021年~TNGAと2.0Lハイブリッド採用で力強く進化

ヴォクシー フル モデル チェンジ 最新 情報

下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! ミニバンと言えばノア/ヴォクシー/エスクァイア シリーズは必ず名前が出てきますよね! そろそろフルモデルチェンジの時期では?といわれながら具体的な情報は出ていませんでした。 しかしここに来て、いよいよフルモデルチェンジの情報が飛び込んできました。 いつ頃、どんな感じでモデルチェンジされるのか現時点での情報をまとめてみました。 これまでヴォクシーは約7年おきにフルモデルチェンジされてきましたので、次期フルモデルチェンジは2020年か2021年頃ではないかと言われてきました。 最近発売された自動車情報誌では、 2021年夏ごろにフルモデルチェンジされるのではないかと言われています。 外観については現行型のヴォクシーのデザインが踏襲され、基本的にはキープコンセプトとなる予定です。 また、今のところはメーカーからのデザインや仕様などの情報はなく、外観などについては予想の域を出ませんが、全幅は5ナンバーサイズ(1695mm)の3列シートBOX型ミニバンに変更はないようです。 順当に進化を遂げるモデルチェンジと言えますね。 スポンサーリンク トヨタの販売店統一化によって車種名はどうなる? 現在トヨタの販売チャンネルとしては、「トヨペット」「トヨタ」「ネッツトヨタ」「カローラ」の4チャンネルがあります。 販売店の名前はそれぞれですが、東京地区ではすでに取り扱い車種は、全店舗で同一となっています。 この流れは今後全国に展開していき、2020年5月には全車種併売化を全店舗で実施する計画のようです。 ということは、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの名前はどうなってしまうのでしょうか? 残念ながら現段階ではそれぞれの車種名が継続するのか、もしくは全く新しい車種名になってしまうのかは決まっていないようです。 私個人としては慣れ親しんできた名前はぜひとも残してほしいと思いますね。 個性的な外観を好むユーザーには「カスタム系」は必要と考えたようです。 プラットフォームは次世代のTNGAへと進化する予定で、多人数が乗車し、リアサスへの負担が大きいミニバンには効果の大きいものとなるでしょう。 また、パワーユニットも新しいTNGAパワーユニットへ進化します。 レクサスUXやRAV4に搭載された2リッターの自然吸気エンジンとダイレクトシフトCVTが基本となります。 駆動方式では現行型のハイブリッド車はFFの設定だけでしたが、新型ではリアモーター駆動によるE-Fourが設定される模様です。 積雪がある地域のユーザーにとっては、選択肢が広がる仕様ですね。 まだ少し先ではありますが2021年夏ごろのフルモデルチェンジ大いに期待して待ちたいと思います。 また新しい情報が入ったら情報更新します。 最後までお読みいただきありがとうございました。 関連記事 ヴォクシーを値引き金額から さらに 50万円も安く 購入できる究極にお得な裏ワザを教えます! 車を購入するときにこんな悩みはありませんか? 「予算が足りない・・・」 「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」 「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」 「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」 「グレードを下げるしかないか・・・」 「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」 「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」 車の購入は楽しみも大きいですが、 同時に 予算の悩みも尽きないですよね。 家族や友達に相談しても結局お金を 出すのは自分ですからね。 そんな方に超おススメの裏ワザを ご紹介します! それは、下取りは必ず 「クルマの買い取りサイト」 を使うことなのです。 下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! スポンサードリンク.

次の

ノア・ヴォクシー・エスクァイアが統合?2021年夏にフルモデルチェンジ!

ヴォクシー フル モデル チェンジ 最新 情報

2004年8月 マイナーチェンジで後期型が発売 2007年6月 フルモデルチェンジで2代目ヴォクシー発売 2010年4月 マイナーチェンジで後期型発売 2014年1月 フルモデルチェンジで3代目ヴォクシー発売 2017年7月 マイナーチェンジで後期型が発売 2019年1月 特別仕様車「ZS "煌(きらめき)II"」発売 2020年7月? フルモデルチェンジで4代目ヴォクシー発売? モデルチェンジ歴史を見ると、 ヴォクシーは 約6年毎にフルモデルチェンジされていることがわかります。 また、現行3代目ヴォクシーは 2019年1月に特別仕様車「ZS "煌(きらめき)II"」の発売により、実質的に 3代目ヴォクシーは完成されたと言っても過言ではありません。 だからこれ以上の大きな変更点は、次期4代目ヴォクシーに持ち越されるはず。 ちなみにライバル車にあたる と囁かれているため、ヴォクシーもフルモデルチェンジのタイミングを合わせてくるかもしれませんね。 ヴォクシーのフルモデルチェンジを待つべきか?現行3代目を購入すべきか? 2020年7月のフルモデルチェンジを待つか、現行3代目ヴォクシーを購入するか迷いますよね。 もし、2020年7月にフルモデルチェンジされるなら、去年の東京モーターショー2019で何かしらの発表があると思ったのですが...ありませんでしたね(汗)。 (2020年4月時点でも、ヴォクシーのフルモデルチェンジ情報は 出てません。 ) もしかして、ヴォクシーのフルモデルチェンジは 2021年へ持ち越されたのかも? そうなると、2021年までヴォクシーを買うのは待った方が良いと思いますが...。 現行3代目も終売へ向けて 値引き額が大きくなる傾向があります。 今あなたが乗っている車も、1年経つと走行距離や劣化の関係で、かなり 下取り価格が安くなってしまうでしょう。 なので、• 3代目ヴォクシーの値引き価格• 今あなたが乗っている車の下取り価格 上記2つを考慮しつつ、ヴォクシーの『フルモデルチェンジを待つ』か『3代目ヴォクシーを購入するか』検討するのが良いでしょう。 ちなみに、僕は この方法 で3代目ヴォクシーを安く買えました。 ヴォクシーをついに購入! しかも人より 68万円以上も安く買えた理由がスゴイ 僕は今まで10年落ちのヴィッツに乗っていました。 もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。 たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、 「 20万円値引きします」とのことでした。 …むむむ。 「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」 そんなふうに思ったときでした。 「 いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ」 ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。 …!? まじ? 10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。 うれしいような、かなしいような…。 なんですけど。 「 5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。 ヴォクシーの値引き 20万円とヴィッツの下取り 5万円で、 25万円の値引き。 「 まぁそんなに悪くはないかな 」 そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。 とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。 僕の判断は正解でした。 商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。 「 いや待て。 新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」 そう思い、色々調べていると、、、 僕は、ある事実を知ってしまったのです。 それは... ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた! ということです。 危うく、ディーラー営業マンに 騙されるところでした・・・!! どうゆうことか説明しましょう・・・。 実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「 5万円」なんかじゃなかったんです。 自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。 これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。 「 値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。 あやうく、のせられるところでしたよ… せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、 「下取り」で損してたら何の意味もない ですからね… 「 じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?」 当然そう思います。 期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… とんでもない事実が発覚…。 それは、ある無料のサービスを使うことで、、、 僕のヴィッツに ビックリするくらいの値段がついた!ということでした。 そのサービスがこれです。 しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、 自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。 ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。 ちなみにヴォクシー自体の値引き 20万円も含めると、 20万円+ 58万円で、、、 おそろしいことになります。 ほんと、もし を利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。 事前に 無料査定をして、準備をしておくことが重要! 車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。 知らないということが一番こわいのです。 あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、 58万円をドブに捨てるようなものでしたから。 僕が使ったこの無料査定サービスは、 1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。 車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。 もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。 無料なので、一度試してみるといいですよ!• 0Lバージョン』として搭載されています。 最新情報によると、『ダイナミックフォース 2. 0Lバージョン』が新型ヴォクシーに搭載されるのではないかと予想されています。 ダイナミックフォース2. 0Lバージョンは馬力とトルクが共に向上され、発生回転数が上がっています。 また、エンジン始動後に素早く機能する『後方排気方式』になり触媒の温度が上げやすくなっています。 そして燃費効率を良くするため、エンジンの熱効率アップだけでなく トランスミッション CVT にも変更点があります。 ダイレクトシフトCVT フルモデルチェンジされた4代目ヴォクシーのトランスミッションは、現行ヴォクシーと変わらずCVTが採用されると予想されています。 しかし、従来のCVTではなく『ダイレクトシフトCVT』と呼ばれる力のロスが少ないものが搭載されます。 従来のCVTは全域がベルト駆動であったため、発進時のダイレクト感や効率が悪いなどの弱点がありました。 そこで新開発されたダイレクトシフトCVTでは、発進専用ギアが採用されたことで効率が向上し、ダイレクト感のある走りを実現。 エンジンの最高出力・トルク発生回転数は上昇しましたが、パワーロスが少なくなったため、動力性能と燃費向上が可能になっています。 新ハイブリッドシステムで日産セレナe-powerを超える低燃費を実現?! 【新型ハイブリッドシステムのスペック】• トランスアクスルタイプ:2モーター機械分配式• モーター最高出力:109PS• モーター最大トルク:20. 6kgf・m フルモデルチェンジされた新型ヴォクシーは、エンジンとモーター合わせて約252PSもパワーが向上! もちろん電子制御面もパワーアップしていて、一時的にモーターパワーを上げたり、ナビゲーション情報をもとに充電制御を行うなど燃費性能も向上。 駆動用のバッテリーは『ニッケル』のまま変わりませんが、バッテリーの構造が見直されたことでコンパクトに。 セル数も168から180に増やされ、より積極的にモーターアシストを利用できるようになっています。 もしかしたらフルモデルチェンジされたヴォクシーは、日産セレナe-powerを超える低燃費を実現しているかもしれません! しかし、日産セレナe-POWERも2019年8月1日にマイナーチェンジを控え、2020年に前倒しでフルモデルチェンジされる予想なので、ヴォクシーとの熾烈な戦いが繰り広げられそうですね。 また、リヤ部分に駆動モーターを設置し、泥濘みや雪道などの路面状況に応じて駆動力を発揮する4WDシステム【E-FOUR】のアップグレード版も搭載が期待されています。 予想ではヴォクシーの車体前半分が実用済みのTNGAプラットフォームで、後半分は専用設計のフラットフロアコンポーネンツになるのではないかと予想されています。 TNGAのプラットフォームにより剛性がアップするため、ヴォクシー特有の揺れやロールなども抑えられるのではないでしょうか。 そして室内空間も効率よく利用できるようになるため、居住空間も拡大されることが期待できます。 もしかすると、2020年にフルモデルチェンジが予定されている【4代目ヴォクシー】には、ラインナップに『2列5人乗り仕様のモデル』が登場するかもしれないと言われています。 実際のところ、同じトヨタから発売されている【シエンタ】には、2018年から 『2列5人乗り仕様のモデル』が追加されています。 『5人乗り仕様』は自転車やサーフボードを載せたり、車中泊を楽しんだりと、趣味での利用を想定したものです。 特にアウトドアなどで 広大な荷室を利用したいユーザーに需要があるんだとか。 トヨタのディーラー営業マン曰く、シエンタの5人乗り仕様の購入比率は 36%だそうです。 購入層は『独身』または『子離れ層』のユーザーがほとんどだとか。 ミニバンと言えば、かつては8人乗りが一般的でしたが、いまでは2列目キャプテンシートの7人乗りが標準となっています。 これからは多人数乗れればよいというわけではなく、それぞれの使い方に応じたタイプのミニバンが好まれる時代かもしれませんよね。 外見 エクステリア の大幅な変更はなさそう フルモデルチェンジされた新型ヴォクシーの外見は、今までどおり迫力のある二段ヘッドライトや大型グリルが採用されると予想されています。 ヴェルファイア譲りの迫力あるオラオラ顔からの大幅な変更はなさそうですね。 予想ボディサイズは下記の通りです。 ヴォクシーは2代目から3代目に移行する際に、ヘッドランプと連続する上下2段ユニットのフロントグリルを採用するなど、エクステリアを大きく変えてきましたからね。 また、フロントグリル周りのワイルドさは3代目ヴォクシーよりも向上し、CHRやハリアーが装備する『シーケンシャルウインカー』が標準装備されるか!? でも、ヴォクシーの価格帯的に見ると、やっぱり大幅な変更を加えるのは難しそうな気もします…。 安全装備は第2世代Toyota Safety Senseを搭載するのは確実か 【第2世代Toyota Safety Senseの機能】• プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)• レーントレーシングアシスト(LTA)(車種による)• レーンディパーチャーアラート• アダプティブハイビームシステム(車種による)• レーダークルーズコントロール• ロードサインアシスト RSA• 先行者発進告知 第2世代Toyota Safety Senseは『夜間歩行者』『自転車』などが感知できるようになり、万が一の事故を防げる確率が向上しています。 また日産セレナe-powerやステップワゴンスパーダハイブリッドのように、高速道路などで半自動運転が可能になる『レーントレーシングアシスト』や『全車速レーダークルーズコントロール』も可能になるはず。 これらの機能は『電動パーキングブレーキ』が搭載されていないと実現できないため、フルモデルチェンジされた4代目ヴォクシーには『電動パーキングブレーキ』が採用されるはずです。 今では軽自動車にもレーントレーシングアシストや全車速レーダークルーズコントロールも搭載されているので、フルモデルチェンジされたヴォクシーに搭載されないわけがないですよね(笑) コネクテッドカーも搭載されるかも 【コネクテッドカーの機能】• eケアサービス• オペレーターサービス• マップオンデマンド• マイカーSecurity(リモート確認)• Lineマイカーアカウント コネクテッドカーのサービスはLEXUSを中心に提供していましたが、新型クラウンに標準装備 3年無料 になるなどサービスが拡大されてきています。 【あおり運転】などが問題視されているので、常にオペレーターの支持を受けれる状態は心強いですよね~。 ヴォクシーがノアとエスクァイアを吸収する可能性も考えられる 2020年のフルモデルチェンジによって、ヴォクシーとノアとエスクァイアは1本化されるという噂もあります。 その噂を裏付けるのが、2019年4月から首都圏を中心にトヨタの販売チャンネルが統合しているんですよね~。 その目的は販売店の集約と車種の再編と言われていて、これにより今までのチャンネル専売車種の概念がなくなりました。 今まではヴォクシーならネッツ店、ノアならカローラ店、エスクァイアならトヨタ店でしたが、今では全店での取扱が始まっています。 マークXは消滅し、続いてエスティマも消滅するという情報もあるので、トヨタの多産なラインナップは縮小される運命にありそうですね。 モデルチェンジ歴史からするとフルモデルチェンジは2020年7月頃• ではヴォクシーのフルモデルチェンジについて言及されなかった• 4代目ヴォクシーのエンジンは新開発のダイナミックフォースが搭載される• ハイブリッドシステムは2. 第2世代Toyota Safety Senceが搭載され大幅に安全性と利便性が向上される• コネクテッドカーが標準装備されるかも?• エクステリアは基本コンセプトのまま• TNGAプラットフォーム採用で居住空間は広がるかも 特に現在の3代目ヴォクシーは 安全装備面で『日産セレナ』や『ステップワゴン』よりも劣っており、フルモデルチェンジが待たれる一台。 家族を乗せて走るミニバンだからこそ、安全装備面は充実した車に乗りたいですよね。 私としては、車種のグレードによって安全装備面が違うトヨタ車に納得できない部分があります。 3代目ヴォクシーの自動ブレーキは、マイナーチェンジによって昼間の歩行者を検知できるようになりましたが、夜間の歩行者は検知できません。 そしてライバル他社のミニバンの中でも、ヴォクシーだけが安全装備面で1周遅れているんです。 だからヴォクシーがフルモデルチェンジされて、最新の安全装備になれば、家族全員が安心して乗れるミニバンになるはず。 3代目ヴォクシーを 残価設定型クレジットで購入して、 フルモデルチェンジの不具合が落ち着いたタイミングで4代目ヴォクシーに乗り換えるのも1つの手です。 もうだいぶ古くなってきてたので、前から欲しかった「ヴォクシー」に乗り換えようと、まずはディーラーに行ってみることに。 たくさん見積もりをとって、交渉もがんばった結果、、、 「 20万円値引きします」とのことでした。 …むむむ。 「やっぱりこんなもんか… これくらいが限界だよな」 そんなふうに思ったときでした。 「 いま決めてもらえるなら、ヴィッツを5万円で買い取りますよ」 ディーラー営業マンがそんなことを言ってくれたのです。 …!? まじ? 10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたヴィッツです。 うれしいような、かなしいような…。 なんですけど。 「 5万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思いました。 ヴォクシーの値引き 20万円とヴィッツの下取り 5万円で、 25万円の値引き。 「 まぁそんなに悪くはないかな 」 そんなことを思いながらも、結局その日は決めることが出来ず...。 とりあえず一旦家に帰って考えることにしたのです。 僕の判断は正解でした。 商談中はその場の空気に流されそうになりましたが、ちょっと冷静に考えてみました。 「 いや待て。 新車買うんだし、、もっと値引き出来ないのか? 」 そう思い、色々調べていると、、、 僕は、ある事実を知ってしまったのです。 それは... ディーラーの交渉テクニックにまんまと騙されていた! ということです。 危うく、ディーラー営業マンに 騙されるところでした・・・!! どうゆうことか説明しましょう・・・。 実は、そもそも僕のヴィッツの価値は「 5万円」なんかじゃなかったんです。 自分の愛車の相場を知らない僕たち一般人に、ディーラーは少なくとも10万円くらいは下取りを安く見積もっているらしいのですよ。 これはディーラーがよく使う手で、「値引き充当」というようです。 「 値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。 あやうく、のせられるところでしたよ… せっかく値引き交渉が上手くいったと思っても、、、 「下取り」で損してたら何の意味もない ですからね… 「 じゃあ、僕のヴィッツは本当はいくらで買い取ってもらえるんだろ!?」 当然そう思います。 期待に胸をふくらませながら、さらに調べてみると… とんでもない事実が発覚…。 それは、ある無料のサービスを使うことで、、、 僕のヴィッツに ビックリするくらいの値段がついた!ということでした。 そのサービスがこれです。 しかも全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、 自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。 ガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれます。 ちなみにヴォクシー自体の値引き 20万円も含めると、 20万円+ 58万円で、、、 おそろしいことになります。 ほんと、もしこのサービスを利用していなかったらと思うとゾッとしますよね…。 事前に 無料査定をして、準備をしておくことが重要! 車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。 知らないということが一番こわいのです。 あの日、ディーラーでくそ真面目に交渉し、その場で決めてしまっていたら、、、 58万円をドブに捨てるようなものでしたから。 僕が使ったこの無料査定サービスは、 1分くらいですぐに相場価格が知れるし、すごく使いやすかったです。 車の値引きで失敗したくない人や、愛車の最大の買取価格を知りたい人なら、使わない手はないです。 もちろんですけど、もし査定額に納得できなかったら無理に売らなくて大丈夫ですし。 無料なので、一度試してみるといいですよ!.

次の