桐 蔭 学園 ラグビー 部。 藤原秀之監督(桐蔭)の経歴や出身高校・大学は?指導方法と妻や子供も調査!|SNOPOMMEDIA

» よくあるご質問

桐 蔭 学園 ラグビー 部

その出場校の一つである 神奈川県代表・桐蔭学園高校ラグビー部についてご紹介。 今大会のAシードであり優勝候補の筆頭である強豪校ですね。 2019年は春の選抜大会優勝。 選抜大会はなんと3連覇中! セブンズ大会も優勝し、現在高校3冠の内2冠を達成しています。 果たして3冠達成なるのか注目。 という事で今回は花園2019-20の・・・ 「桐蔭学園高校とは?」 「桐蔭学園高校ラグビー部のデータ」 「桐蔭学園高校ラグビー部のメンバー」 「注目選手」 などをまとめてみました。 Ads by Google 目次• 桐蔭学園高校とは? 桐蔭学園高校とは、神奈川県横浜市青葉区鉄町にある私立高等学校。 運営は学校法人桐蔭学園。 創立は1964年(昭和39年)の男女併学。 (2年までは男子部と女子部に分かれており、3年では男子部と女子部が合同で志望コース別授業を受講する形) 広大なキャンパスを誇るマンモス校。 ラグビー部以外も部活動が盛んで、硬式野球部は甲子園優勝、サッカー部は全国高等学校総合体育大会優勝、剣道部が全国優勝などの経験があり、数多くの部活が全国レベルの強豪校となっています。 柔道もかなり強い! また、有名人を多く輩出している高校でもあります。 桐蔭学園高校ラグビー部とは? 創部 1964年(昭和39年) 部員数 94人 監督 藤原秀之 主将 伊藤大祐くん(3年生) 全国高校ラグビー出場歴 5大会連続18度目 全国高校ラグビー最高成績 優勝 地区大会決勝の結果 桐蔭学園 38-14 東海大付属相模 主なOB 四宮洋平(元ラグビー日本代表) 高忠伸(ラグビー選手 近鉄) 山下大悟(元ラグビー選手) 東野憲照(元ラグビー選手 サントリー) 高聡伸(ラグビー選手 日本IBM) 後藤翔太(元ラグビー選手 元神戸製鋼) 望月雄太(ラグビー選手 東芝) 覺來弦(ラグビー選手 元リコー) 吉廣広征(ラグビー選手 NEC) 櫻井朋広(ラグビー選手 NEC) 小澤直輝(ラグビー選手 サントリー) 原島知行(ラグビー選手 ホンダ) 宮澤正利(ラグビー選手 ヤマハ発動機) 古賀太貴(ラグビー選手 クボタ) 仲宗根健太(ラグビー選手 サントリー) 滑川剛人(ラグビー選手 トヨタ自動車) 西橋勇人(ラグビー選手 NTTコミュニケーションズ) 藤近紘二郎(ラグビー選手 キヤノン) 小倉順平(ラグビー選手 NTTコミュニケーションズ) 竹中祥(ラグビー選手 NEC) 松島幸太朗(2015,2019 ワールドカップ日本代表、サントリー) 中村駿太(ラグビー選手 サントリー) 濱野大輔(ラグビー選手 リコー) 堀越康介(ラグビー選手 サントリー) 齋藤直人(ラグビー選手 早稲田大学) 古川満(ラグビー選手 トヨタ自動車) 祝原涼介(ラグビー選手 サントリー) 眞壁照男(ラグビー選手 東芝) など多くのラグビー選手を輩出。 この冬の花園大会は5年連続18回目の出場を誇る強豪校。 東日本で唯一のAシードに選ばれた東の横綱。 2010年の優勝校(東福岡と両校優勝)でもあり、2009年準優勝、2013年準優勝、2015年準優勝、2018年準優勝など、輝かしい戦績を残していて上位まで勝ち上がることが多いですね。 2017年&2018年&2019年選抜大会優勝校であり、3連覇中とかなり強い。 2019年は春の選抜大会&セブンズ大会も優勝しているので、現在高校3冠の内2冠を達成しています。 果たして3冠達成なるのか注目。 今大会の優勝候補筆頭でしょう! 現高校ラグビー界最強チームかと。 推進力がありセットプレーも強く、どこからでも得点できるチームで、ボールスキルの高い選手が多いのも特徴。 高校日本代表候補メンバーを数多く抱えており、選手層が非常に厚いです。 桐蔭学園高校ラグビー部のメンバー それでは、花園2019-20の桐蔭学園高校ラグビー部登録メンバーを確認してみましょう。 3年 床田淳貴 3年 岡広将 3年 真利香之輔 2年 倉島昂大 3年 平石颯 3年 武田烈輝 3年 安達航洋 3年 渡部創太郎 2年 青木恵斗 2年 麻生尚宏 3年 石塚勝己 3年 久松春陽大 2年 粟飯原謙 2年 佐藤健次 2年 小池隆仁 3年 亀井健人 2年 伊藤光希 3年 伊藤大祐 3年 島本陽太 2年 中優人 3年 西川賢哉 3年 飯塚稜介 3年 樋口豪 2年 秋濱悠太 3年 渡邉誠人 3年 桑田敬士郎 2年 榎本拓真 2年 亀井貴史 3年 天羽秀太 3年 谷平奨馬 注目選手 注目選手は・・・ 床田淳貴 平石颯 安達航洋 青木恵斗 佐藤健次 伊藤大祐 西川賢哉 高校日本代表候補メンバーでもあるこの選手たちでしょう! まとめ 「全国高校ラグビー2019-20(第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会)」に出場する、神奈川県代表・桐蔭学園高校ラグビー部やメンバーについてご紹介させて頂きました。 今大会のAシードであり優勝候補の筆頭である強豪校です。 前回大会は準優勝。 2019年は春の選抜大会優勝。 選抜大会はなんと3連覇中! セブンズ大会も優勝し、現在高校3冠の内2冠を達成しています。 果たして3冠達成なるのか注目。 推進力がありセットプレーも強く、どこからでも得点できるチームで、ボールスキルの高い選手が多いのも特徴。 高校日本代表候補メンバーを数多く抱えており、選手層が非常に厚いです。 現高校ラグビー界最強チームかと。

次の

藤原秀之監督(桐蔭)の経歴や出身高校・大学は?指導方法と妻や子供も調査!|SNOPOMMEDIA

桐 蔭 学園 ラグビー 部

やはり、Aシードの壁は高かった。 花園での1勝、そして2勝目を挙げ花園で正月を迎えるという、自分たちだけでなく、ラグビー部OBの夢もかなえた埼玉県立浦和高校(通称・浦高)ラグビー部。 だが、2020年の元旦、第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会の3回戦で、前大会準優勝校の桐蔭学園(神奈川)を相手に、その快進撃が幕を閉じた。 試合は、1回戦の玉島高校戦と同じく前半で風上に立った浦高が、キックオフ直後から主導権を握るべく猛アタックを仕掛けた。 これに対し、Aシードの貫録で浦高の攻撃の芽を摘み取っていく桐蔭学園。 逆に、ラグビーのお手本とも言えるような、何度も何度もフェーズを重ね、相手のほころんだラインの隙を突いていくプレースタイルで浦高を翻弄した桐蔭学園は、次々とトライの山を築き上げていった。 前半終了時点で、浦高が奪われたトライ数は7、得点は0対45。 後半に入っても、桐蔭学園の怒涛の攻めはとどまるところを知らない。 しかし、けっして浦高ラグビー部フィフティーンの心が折れることはなかった。 それが表れたのが、後半12分。 浦高はサインプレーを積み重ね、精度を上げてきたラインアウトでキープしたボールを、お家芸とも言えるモールのドライビングで前進させ、桐蔭学園のディフェンスを40メートルも押し込む。 ゴールライン付近ではフォワードとバックスが一体となり、最後はキャプテンの松永拓実(3年)が3試合連続となるトライ。 この時、グラウンドの浦高フィフティーンと観客席の浦高大応援団がひとつになり、この試合一番の歓声が花園ラグビー場を包み込んだ。 浦高伝統のモールが貴重なトライにつながった 最終的に、試合は桐蔭学園に合計12トライを奪われ、5対78の完敗。 今シーズン、すでに「春の選抜」「夏の7人制」を制し、今回の「冬の花園」でも優勝を目指し、史上3校目となる高校三冠獲得を狙うAシードの桐蔭学園は、ひと味もふた味も違っていた。

次の

受験モード突入の浦和高校ラグビー部が、桐蔭学園に完敗して得たもの|ラグビー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

桐 蔭 学園 ラグビー 部

やはり、Aシードの壁は高かった。 花園での1勝、そして2勝目を挙げ花園で正月を迎えるという、自分たちだけでなく、ラグビー部OBの夢もかなえた埼玉県立浦和高校(通称・浦高)ラグビー部。 だが、2020年の元旦、第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会の3回戦で、前大会準優勝校の桐蔭学園(神奈川)を相手に、その快進撃が幕を閉じた。 試合は、1回戦の玉島高校戦と同じく前半で風上に立った浦高が、キックオフ直後から主導権を握るべく猛アタックを仕掛けた。 これに対し、Aシードの貫録で浦高の攻撃の芽を摘み取っていく桐蔭学園。 逆に、ラグビーのお手本とも言えるような、何度も何度もフェーズを重ね、相手のほころんだラインの隙を突いていくプレースタイルで浦高を翻弄した桐蔭学園は、次々とトライの山を築き上げていった。 前半終了時点で、浦高が奪われたトライ数は7、得点は0対45。 後半に入っても、桐蔭学園の怒涛の攻めはとどまるところを知らない。 しかし、けっして浦高ラグビー部フィフティーンの心が折れることはなかった。 それが表れたのが、後半12分。 浦高はサインプレーを積み重ね、精度を上げてきたラインアウトでキープしたボールを、お家芸とも言えるモールのドライビングで前進させ、桐蔭学園のディフェンスを40メートルも押し込む。 ゴールライン付近ではフォワードとバックスが一体となり、最後はキャプテンの松永拓実(3年)が3試合連続となるトライ。 この時、グラウンドの浦高フィフティーンと観客席の浦高大応援団がひとつになり、この試合一番の歓声が花園ラグビー場を包み込んだ。 浦高伝統のモールが貴重なトライにつながった 最終的に、試合は桐蔭学園に合計12トライを奪われ、5対78の完敗。 今シーズン、すでに「春の選抜」「夏の7人制」を制し、今回の「冬の花園」でも優勝を目指し、史上3校目となる高校三冠獲得を狙うAシードの桐蔭学園は、ひと味もふた味も違っていた。

次の