えきねっと トク だ 値 35。 えきねっと トクだ値での区間外乗車について教えてください。

【最大35%割引】GALA湯沢スキー場へは「えきねっとトクだ値」がおトクです♪|えきねっとマガジン

えきねっと トク だ 値 35

この記事に書いてあること• えきネットトクだ値とは 最初に、主な「えきねっとトクだ値」の特徴を挙げてみましょう。 申込期間 乗車日1ヶ月前の午前10時00分~乗車日20日前の午前1時40分まで 利用可能期間 年末年始、お盆、大型連休期間などの繁忙期でも利用可能 1度に申し込める人数 1回の申込で最大6名まで 子供料金の設定 あり(大人の約半額の料金設定) その他のお得情報 ・乗車日13日前までの申込で、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」もある ・期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」という割引率50%のきっぷもある ・駅レンタカーもお得 申込みは乗車日の20日前までなので突然のお出かけには利用できませんが、年末年始等の繁盛期でも利用できるのはいいですね。 えきねっとトクだ値の値段 次に、気になるえきねっとトクだ値の値段です。 通常、JR東日本・JR北海道の新幹線指定席のえきねっとトクだ値の割引率は5%~20%で、割引率の設定は乗車区間によって異なります。 また、 早割料金の「お先にトクだ値の割引率」は、なんと25%~40%にもなります。 ただし、JR東日本・JR北海道の在来線特急列車には、基本的に早割料金のお先にトクだ値の設定はありません。 その代わり、新幹線と比べえきねっとトクだ値の割引率が高めに設定されてあります。 JR東日本・JR北海道の在来線特急列車のえきねっとトクだ値の割引率:10%~55%• JR北海道特急スーパーとかちのみ期間限定でお先にトクだ値の設定あり:割引率55% 主な路線・区間の「えきねっとトクだ値」・「お先にトクだ値」の料金をご紹介しますね。 えきねっとトクだ値 東京~新函館北斗 21,550円(片道大人・通常期、5%割引区間) 東京~秋田 16,000円(片道大人・通常期、10%割引区間) 東京~新潟 9,500円(片道大人・通常期、10%割引区間) 時期により8,970円(片道大人・通常期、15%割引区間) 新宿~松本(スーパーあずさ号) 4,480円(片道大人・通常期、35%割引区間) 札幌~函館(スーパー北斗号) 7,500円(片道大人・通常期、15%割引区間) 時期により6,170円(片道大人・通常期、30%割引区間) 札幌~旭川(ライラック号・カムイ号) 2,630円(片道大人・通常期、45%割引区間) お先にトクだ値 東京~新函館北斗 17,010円(片道大人・通常期、25%割引区間) 東京~秋田 12,450円(片道大人・通常期、30%割引区間) 時期により11,550円(片道大人・通常期、35%割引区間) 東京~新潟 7,390円(片道大人・通常期、30%割引区間) 時期により6,860円(片道大人・通常期、35%割引区間) えきねっとトクだ値の予約方法 次に、「えきねっとトクだ値」の具体的な予約方法についてです。 まず、「えきねっとトクだ値」の申込日は、きっぷの発売日である乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日20日前の午前1時40分までという制限があります。 予約方法は、PC・スマホなどからWEB上での予約・申込となります。 一例として、実際にJR東日本・中央線の特急スーパーあずさ号を新宿から松本までのえきねっとトクだ値の予約手続きをやってみましょう。 以下にご紹介する画像はPCから申し込んだ場合のものですが、スマホからでも予約手続きは可能です。 えきねっと会員に登録 まずは、無料の「えきねっと会員」に登録をします。 「会員登録」をクリック• 「えきねっと会員登録」をクリック• 規約に同意するにチェックを入れ、「同意する」をクリック• メールアドレス・基本情報・カードメルマガ情報を入力する 会員登録が完了です。 きっぷを予約 「きっぷ予約」をクリックします。 次に、JR券申込の画面が出てくるので、「指定席」をクリックします。 次に路線の選択画面が出てくるので、今回は、スーパーあずさ号の予約なので、「中央線特急」をクリックします。 次に列車の条件指定の画面が出てくるので、今回は、• 乗車日:11月1日• 出発時刻:10時• 利用区間:新宿~松本間 に設定し、「以上の内容で空席を確認する」をクリックします。 次の画面で、条件に適合もしくは近い該当する特急列車が複数表示されます。 次に座席の指定画面になりますので、今回は、シートマップ(座席表)を見ながら選択したいので、シートマップ(座席表)で確認するをクリックします。 そうすると、次の画面でシートマップ(座席表)が表示されるので、好みの座席を指定し「決定する」をクリックします。 今回は、最初に表示された11号車の1番B席を指定します。 次に確認画面が出てきますので、えきねっとトクだ値ならではの注意事項もよく確認した上で、画面下の「同意して申込を続ける」をクリックします。 次に購入手続きの確認画面となります。 ここで、選択した列車・指定席と、えきねっと会員登録時に登録した支払い決済用のクレジットカードの名義と国際ブランド名とクレジットカード番号の下4桁が表示されるので、それらとその他注意事項をよく確認してください。 画面下部の「注意事項の同意する」を選択し、画面一番下の「以上の内容で新規購入する」をクリックすると、「えきねっとトクだ値」の予約申込が完了です。 最初は戸惑いがあるかもしれませんが、慣れてくると非常にわかりやすく簡単に予約ができ、しかも割引率も高くお得です。 えきねっとトクだ値の注意点 かなりお得なえきねっとトクだ値ですが、お得である代わりに様々な制約や縛りがあります。 えきねっとトクだ値の注意点【基本】• えきねっと会員のみ予約申込が可能 (えきねっと会員は無料で登録できる)• えきねっとのきっぷ予約申込はWEB上からのみ• 支払い方法は、えきねっと会員に登録したクレジットカードでの1回払いのみ• 列車・席数・区間に制限があり、発売席数に限りがある• 設定席数や残席の問い合わせには応じない (設定席数は非公表)• 割引きっぷを利用する場合、乗継割引など他の割引との併用は不可• 料金券(指定席特急券)のみ予約申込・購入の場合、乗車券は手持ちのSuica・定期券などが利用できる えきねっとトクだ値の注意点【きっぷの変更について】• きっぷ受け取り前の変更は出発時間の6分前まで (手続きはWEB上のみ)• きっぷを一旦受け取ったら、切符の変更はできない• 予約変更は、えきねっとトクだ値の対象列車の発売期間中で、対象座席の残席がある場合のみ可能• きっぷの払い戻しは、出発前で未使用の場合に限り可能• きっぷの払い戻しには、座席1席につき310円の払戻手数料がかかる (きっぷの受け取り前で、かつ乗車日当日までに限る)• えきねっと特典(割引)が適用されていない予約から「えきねっとトクだ値」へ変更、さらにその後に払い戻しをした場合、「えきねっとトクだ値」の割引率分も含めた払戻手数料が発生する• きっぷ受け取り後に払い戻しをした場合、「えきねっとトクだ値」の割引率分の払戻手数料が発生する• 途中乗車、途中下車をした場合、実際に乗車しなかった区間分の料金は返金不可• 予約申込し、きっぷの受け取り後、乗り遅れてしまった場合、料金券(指定席特急券)部分は無効となる (乗車券部分のみ乗車日当日に限り有効で利用できる)• 乗車日当日23時までにきっぷの受け取りがない場合、えきねっと会員に登録してある決済用のクレジットカードに1回払いで請求される (乗車しなくとも請求される)• 予約申込した列車が運休になった場合は、払戻手数料無料で払い戻しとなる (当日他の列車への変更希望の場合は変更手続きをしてもらえるが、翌日以降の変更は不可) まとめ 「えきねっとトクだ値」は制約や注意点が多く、その注意点そのものもわかりにくいのですが、そのデメリットを打ち消すほどの高い割引率があり、気軽にWEB上から予約申込ができる本当にお得なきっぷです。 JR中央線「特急スーパーあずさ号」などの JR東日本・北海道の在来線特急列車の割引率は新幹線よりも高く設定されています。 「えきねっとトクだ値」の該当路線・列車に、事前に乗車の予定がわかっている場合には、迷わず「えきねっとトクだ値」を予約しましょう。

次の

えきねっとトクだ値 乗り遅れたら後続の自由席に乗れる?

えきねっと トク だ 値 35

新幹線も早めに予約した方がお得です 飛行機のチケット代は、タイミングによって金額が変動することで有名です。 早めに予約した方が、金額が安いため、お得です。 実は新幹線も、早めに予約するとお得になるシステムが存在します。 それが、えきねっとの「お先にトクだ値」です。 乗車券、指定席券がセットのため、当日に自由席で購入するよりも安くなります。 今回はえきねっとの概要と、お先にトクだ値のメリットについてまとめます。 また、モバイルSuicaのスーパーモバトクとモバトクについても、比較を記載します。 えきねっととは えきねっとは、JR東日本が提供するサービスサイトです。 利用できる内容は、乗車券及び指定席券をはじめとしたチケット予約です。 他に、旅行予約なども可能です。 指定席券購入時には、座席をシートマップから選択することも可能です。 その際、既に販売されている座席を見ることもできます。 そのため、隣が空席の座席など、好きな座席を購入することができます。 当然、その後、隣の座席が購入されてしまう可能性もありますが。 そもそもこの、えきねっとのサービスを知らないと新幹線はお得に利用できません。 全てのスタートになるサイトです。 トクだ値、お先にトクだ値の概要 えきねっとでは、以下の2つの割引を用意しています。 トクだ値• お先にトクだ値 トクだ値 トクだ値は、乗車日の1ヶ月前から当日の午前1時40分前まで予約可能です。 お先にトクだ値 お先にトクだ値は、乗車日の1ヶ月前から13日前の午前1時40分前まで予約可能です。 お先にトクだ値が設定される期間は、限定される場合があります。 以下の時期については、お先にトクだ値が設定されません。 ゴールデンウイーク• 年末年始の帰省ラッシュ時の下り列車• Uターンラッシュ時の上り列車 トクだ値、お先にトクだ値のメリット お先にトクだ値を利用したケースと、利用しないケースではどれだけ安くなるのか。 東北新幹線と北陸新幹線において、それぞれで比較します。 北陸新幹線は、少し前ですが、金沢に繋がったことで話題になったケースです。 なお、グランクラスについては、割引がありません。 東北新幹線のケース 東北新幹線のケースは、東京駅発で宇都宮駅と仙台駅までをそれぞれ比較します。 お先にトクだ値は、それぞれえきねっとで表示されている最大の割引率を記載しています。 デメリットとしては、13日前かつ座席数に余裕がある場合のみ購入できるということでしょうか。 予め、乗車時刻まで計画立てないと利用することができません。 北陸新幹線のケース 北陸新幹線のケースは、東京駅発で金沢駅までを比較します。 車両は、自由席があるはくたかです。 トクだ値、お先にトクだ値のデメリット 金額面を見ると、トクだ値とお先にトクだ値は圧倒的にお得です。 その分のデメリットは、以下の3点です。 前もって計画立て、購入する必要がある• 変更・払戻のルールが複雑• モバイルSuicaのモバトク、スーパーモバトクを含めて検討すると複雑化する それぞれのデメリットについて、後述します。 前もって計画立て、購入する必要がある とにかく、この点がデメリットです。 飛行機同様ですが、早めに計画立てないと割引が適用されません。 当たり前と言えば、当たり前ですが。 新幹線についても、お得に利用しようとした場合、きちんと計画立てが必要です。 変更・払戻のルールが複雑 事前に予約を行った場合、直前で変更や払戻が発生することがあります。 えきねっとでは、変更と払戻のルールがちょっと複雑です。 変更は、1回まで無料で変更できます。 2回目以降は、一旦払戻を行う必要があります。 トクだ値、お先にトクだ値は、何度でも変更可能です。 ただし、トクだ値、お先にトクだ値から通常の指定席券へ変更する場合は、払戻扱いとなります。 変更・払戻については、ゆきたんたんも基本的なルールしか理解できていないです。 モバイルSuicaのモバトク、スーパーモバトクを含めて検討すると複雑化する デメリットで最も書きたかった内容が、こちらです。 モバイルSuicaの場合、モバトク、スーパーモバトクがあります。 スーパーモバトクは、お先にトクだ値よりもお得です。 ただし、モバイルSuicaは自分自身の一人分しか購入できません。 ご参考までに、モバトク、スーパーモバトクの金額も先の例に追記します。 モバトクは自由席と指定席とで値段が変わらず、スーパーモバトクは指定席のみです。 お先にトクだ値よりも、購入しやすいです。 最後に ゆきたんたんの周りには、えきねっとを知らない人が多かったです。 そのため、今回改めて記事にしてみました。 えきねっと自体はJR東日本のサイトですが、全国の新幹線を予約できます。 まずは一度、金額と利便性を確認してみるのもいいと思います。 何事も、まずは試してみることが必要です。 モバイルSuicaが絡むと、どれがお得になるか本当に難しくなります。 ゆきたんたんは、そこまで鉄道に詳しくないため、この程度の記載とさせて下さい。 ここまでであれば、何とか理解できる範囲です。 ちゃんと勉強した上で、もっと分かりやすい記事を書けるようになりたいです。 以下、関連記事です。 モバイルSuicaの使い方について、こちらの記事にまとめています。 記事自体は、モバトク、スーパーモバトク以外の内容がメインです。 JRE POINTの始め方については、こちらの記事です。 東京駅版のJRE POINTカードの発行方法も記載しています。 Google PayでもSuicaを利用できるようになりました。 モバイルSuicaとは特徴が異なるため、使い分けを理解する必要があります。

次の

JR東日本「新幹線チケットを35%OFFで購入する方法」を説明してみた!

えきねっと トク だ 値 35

えきねっとで購入できる割引きっぷ「トクだ値」には「えきねっとトクだ値」という5〜15%割引のきっぷと、「お先にトクだ値」という25〜35%割引のきっぷがあります。 その内、東京〜金沢間の北陸新幹線で設定されているのは、「えきねっとトクだ値」の10%割引。 (東北新幹線など他の路線と違い、「お先にトクだ値」の販売はありません。 ) 乗車日1ヶ月前(同日)の午前10時から当日の午前1時40分までに予約・購入すると、指定席普通料金14,380円が12,940円(通常期)になり、片道1,440円安く新幹線に乗ることができます。 (「かがやき」「はくたか」とも同じ料金) ただし、えきねっと経由であれば全列車・全座席がこの料金で予約・購入できるわけではなく、指定列車の限られた座席数しか割引料金で購入することはできません。 当然、料金が安くなるので、週末や旅行シーズンのきっぷは早めに完売してしまいます。 東京〜金沢間の新幹線料金が割引になる「えきねっとトクだ値」。 これを購入するには、まず「えきねっと」に登録しなければなりません。 「えきねっと」は同じく北陸新幹線の予約ができる「モバイルSuica」とは違い、会員登録は無料。 必要なのはクレジットカードのみで、本人名義であればほとんどのクレジットカードで利用することができます。 登録が完了すれば、きっぷの予約購入ができるので、乗車日時を選んで列車を探します。 「えきねっとトクだ値」に空きがあればきっぷを購入することができますので、シートマップから空席を探し予約します。 あとは、乗車当日に駅の専用券売機等で切符を受取り、そのまま改札を通って乗車。 これで登録〜乗車までは完了。 東京〜金沢の新幹線「かがやき」「はくたか」に割引料金で乗ることができます。 しかし、この「トクだ値」には、利用して 損する場合があります! このケースに該当する方は多いので、ぜひご確認ください。 往復・宿泊するなら「トクだ値」より新幹線パックが安い! 東京〜金沢で往復とも空席があれば、「トクだ値」の利用で往復2,880円安く新幹線に乗ることができます。 ところが、でも料金を比較した通り、新幹線料金と宿泊の合計で考えると、北陸新幹線の料金は を利用した方が安いです。 これは往復とも「かがやき」「はくたか」のどちらを利用した時も同じ。 宿泊する新幹線旅行なら、「トクだ値」を利用するよりも 新幹線宿泊パックの方が格安! 往復とも「かがやき」に乗っても「はくたか」に乗っても新幹線宿泊パックの方が安いです。 例えば、1泊5,000円のホテルに泊まると、トクだ値での往復・1泊の合計は30,880円。 ところが、このホテルに泊まる新幹線宿泊パックの料金は、1人利用で28,200円。 同じパックを2人で利用すると、往復・1泊で26,600円。 1人利用でもトクだ値より新幹線宿泊パックの料金が格安! そして、2人以上で往復&宿泊をパック同時に予約すると、さらに料金はお得です! 東京〜金沢の料金が格安な新幹線宿泊パック.

次の