ソイプロテイン 女性。 女性のためのプロテインの選び方。嬉しい効果と活用法って?

ソイプロテインが女性におすすめな6つの理由【美容・ダイエット効果】

ソイプロテイン 女性

40代女性のためのソイプロテインおすすめ5選 価格 飲みやすさ タンパク質含有量 5,616円 16. 5g 6,500円 7. 2g 2,035円 16. 59 2,480円 15g 6,480円 5. 4g 明治 ザバス SAVAS ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 明治 ザバス SAVAS ウェイトダウン チョコレート風味は、飲みやすいのに腹持ちがいい! Amazonでもプロテイン部門1位を獲得している王道のプロテインです。 理想的なダイエット向きプロテインです。 腹持ちだけでなく、タンパク質もしっかりと含有されています。 味もココア味のお菓子みたいで、運動後のご褒美として飲むのが楽しみになります。 タンパク質含有量 16. 5g 味 溶けやすさ 腹持ち.

次の

ダイエットにおすすめのプロテイン人気ランキング15選【飲み方アドバイスも】

ソイプロテイン 女性

現在、市場に出回っているプロテインは主に、「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」の3種類があります。 今回は、 ソイプロテインに注目して、「 おすすめの人」や「 効果的な摂取方法」について詳しく解説していきます。 ソイプロテインとは ソイプロテインは、原料が 大豆のプロテインのことです。 その他にも、ホエイプロテインやカゼインプロテインが主流で、この2つは牛乳が原料であり動物性タンパク質です。 ソイプロテインは、大豆からできているため 植物性タンパク質に該当します。 よって海外では、ベジタリアンやビーガンなど動物性食品を食べない方がタンパク質補給源として活用しています。 ソイプロテインはカラダ作りをサポートするのか 植物性タンパク質に比べて動物性タンパク質の方が筋肉の合成に有効というイメージをお持ちの方も多いと思います。 実際、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの違いについての報告は多く、特にホエイプロテインがカラダづくりのサポートにおいて優位であるといわれており、好んで摂取されている人も多いのではないでしょうか。 一方でソイプロテインは、カゼインプロテインよりもカラダづくりをサポートするという報告があります。 これらの違いについては、タンパク質の吸収速度の違いや、ロイシンの含有量の違いが影響しているのではないかと考えられています [1]。 さらにいくつかの研究では、筋肉増強にはレジスタンストレーニングが重要で、ホエイプロテイン、ソイプロテイン、カゼインプロテインで大きな差がないと報告されています [2]。 つまりソイプロテイン(タンパク質)を摂取することで、カラダづくりをサポートでき、市販されている多くのソイプロテインは20種類のアミノ酸がしっかり含まていますので、安心して活用していただけると思います。 イソフラボンを含有 ソイプロテインには、カラダづくりをサポートする他に、 イソフラボンが含まれていることで注目されています。 イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがある [3]といわれており、豆腐や納豆を美容目的に食べている女性も多いのではないでしょうか。 ソイプロテインがおすすめな人 プロテインでお腹を壊しやすい人 前述の通り、ホエイプロテインやカゼインプロテインの原料は牛乳です。 よって牛乳アレルギーや乳糖不耐症といって、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を消化するための酵素ラクターゼの分泌が少ないために、消化不良を起こしやすい方は、ホエイプロテインやカゼインプロテインが飲めません。 一方、 ソイプロテインの原料は大豆ですので、安心して摂取できます。 ただし大豆アレルギーの方は、注意が必要です。 女性やダイエットされている人 ダイエット中は、どうしても食事を制限してしまうので タンパク質が不足しがちです。 タンパク質が不足すると筋肉が減少し、代謝が落ちてしまいます。 運動をしながら効率的にタンパク質を摂れると、筋肉量の維持やアップが狙えます。 筋肉量が上がると代謝が上がり、痩せやすい身体となるのです。 さらにダイエット後リバウンドしにくいというメリットもあります。 また消化吸収に3~6時間要することから、 腹持ちが良いことも嬉しいポイントの1つです。 ソイプロテインのデメリット 水に溶けにくい すべてのソイプロテインに当てはまるわけではありませんが、 ソイプロテインは水に溶けにくくダマになりやすいといわれています。 中には粉っぽいと感じる方もいるようです。 これらは少量のお湯で溶かして、水を注ぐと比較的改善できるようです。 女性ホルモンが増える? 男性がソイプロテインを摂取すると、「女性ホルモンが増えるから飲みたくない」「カラダづくりがしにくい」と嫌がる男性がいらっしゃるようです。 ソイプロテインがホルモンに与える影響について健康被害はないと考えられますが、議論真っ只中であり更なる研究が必要です [4]。 女性ホルモンに似てはいるものの、全く同じ働きをしているわけではないことを理解しておくことが大切ですし、プロテインを活用する際も、 メーカーが指定している分量を使用することが私達にできる努力ではないでしょうか。 まとめ 今回は、ソイプロテインについてお話しましたがいかがでしたでしょうか? ソイプロテインに限らずプロテインの活用については、さまざまな目的があるかと思います。 ソイプロテインについても魅力的な部分とそうでない部分がありました。 例えば、美容目的で使用したい女性にとっては、イソフラボンが含まれていることがメリットに感じるかもしれませんが、「カラダづくりをサポートしたい!」という方にとってはイソフラボンは邪魔だなと思う場合もあるでしょう。 よって 個々人の目的に応じて活用していただけるのが一番ではないでしょうか。 嬉しいことに、日本においてプロテイン市場は急成長しており、その種類は豊富です。 きっと、あなたにピッタリのプロテインに出会えるでしょう。 あわせて読みたい• 参考文献 1. Tang, J. , Moore, D. , Kujbida, G. , Tarnopolsky, M. 2009. Ingestion of whey hydrolysate, casein, or soy protein isolate: effects on mixed muscle protein synthesis at rest and following resistance exercise in young men. Journal of applied physiology, 107 3 , 987-992. Maltais, M. , Ladouceur, J. 2016. The effect of resistance training and different sources of postexercise protein supplementation on muscle mass and physical capacity in sarcopenic elderly men. Journal of strength and conditioning research, 30 6 , 1680-1687. Messina, M. 2016. Soy and health update: evaluation of the clinical and epidemiologic literature. Nutrients, 8 12 , 754. Hooper, L. , Ryder, J. , Kurzer, M. , Lampe, J. , Messina, M. , Phipps, W. 2009. Effects of soy protein and isoflavones on circulating hormone concentrations in pre-and post-menopausal women: a systematic review and meta-analysis. Human reproduction update, 15 4 , 423-440.

次の

【効果抜群】ソイプロテインおすすめ11選を比較|メリットだらけ?男も飲むべきソイプロテインの魅力的

ソイプロテイン 女性

プロテインとは? プロテインとは、運動をする時やダイエットの時などに飲む飲料や、 その元となる粉末の意味で使われていますが、日本語でタンパク質という意味です。 実際にあの粉末や飲料の主成分はタンパク質であり、牛乳や大豆などからできています。 つまりプロテインとは、タンパク質を効率良く補給するための食品(サプリメント)ということです。 プロテインの種類 実際に販売されているものを見てみればわかりますが、 プロテインにも原料によって何種類かに分かれており、 何を目的に飲むかによって、自分に合ったプロテインを選ぶ必要があります。 選び間違えないように、プロテインの種類と特徴を事前に知っておきましょう。 ホエイプロテイン ホエイとはチーズを作るときにできる副産物で、 そのホエイ(乳清)を原料とする一般的なプロテインです。 原料が牛乳なので、動物性タンパク質が多く含まれています。 消化や吸収が早いという特徴があり、 筋トレ後などに飲むことで 筋肉の増強や体重を増やしたいときに向いています。 ソイプロテイン 大豆を原料として作られており、植物性タンパク質が多く含まれています。 植物性タンパク質は消化や吸収が遅いため腹持ちも良く、 代謝を高める働きがあるので、筋肉増強というよりも ダイエットや足りないタンパク質を補うための栄養補給として向いているプロテインです。 また、大豆イソフラボンの抗酸化作用や、 大豆にはコレステロールや中性脂肪を下げる働きも期待できるため、健康や美容目的にもおすすめです。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同様に牛乳を原料として作られていますが、 消化や吸収に時間がかかるという逆の特徴があります。 また、豊富に含むグルタミン酸の働きにより 筋肉の分解を防ぐので、ダイエット中にもおすすめです。 カゼインプロテインは ホエイプロテインと混ざった状態で販売されているのが一般的で、 単体で販売されていることは珍しいです。 エッグプロテイン 卵の卵白を原料としたプロテインで、 消化や吸収が早く、筋肉増強に適したプロテインです。 脂肪分やコレステロールを含んでいないという特徴がありますが、 ホエイプロテインと比べると高価な上に吸収率も少し劣るので、 日本ではほとんど販売されていません。 ホエイプロテインが身体に合わないという方以外はあまり利用しないかもしれません。 プロテインの効果的な飲み方 プロテインを効果的に摂取するには、 目的に合わせて飲むタイミングを変えると良いです。 タイミングによって期待できる効果も変わるので、 自分に合ったタイミングでプロテインを飲みましょう。 プロテインを運動後30分以内に飲む 筋力アップを目指すのならば、 運動後(筋トレ後)30分以内が良いです。 この30分間は成長ホルモンが活発に分泌されており、 ゴールデンタイムと言われるほど筋肉の修復に最適なタイミングです。 このタイミングで飲むのは、 すぐに吸収されるホエイプロテインのような動物性プロテインが適しています。 プロテインを運動する前に飲む 筋トレや運動をする前に飲むことによって、 必要なエネルギーを確保し、 筋肉の疲労を軽減させることができます。 飲んですぐに吸収されるわけではないので、 運動前の1〜2時間前が良いとされています。 プロテインを朝食前に飲む 睡眠中にタンパク質を消費されており、 起床後は新しいタンパク質を身体が求めている時間帯です。 朝食の前に飲むことによって、 必要なタンパク質を効率良く摂取することができます。 プロテインにはタンパク質以外にも 色々な栄養素が入っているので、 栄養補給にはベストなタイミングです。 プロテインを寝る前に飲む 寝ている間にも成長ホルモンが多く分泌されており、 寝る前に飲むことによって筋肉を効果的に修復することができます。 また、肌のターンオーバーにもタンパク質は必要なので、 美容のためにも良いタイミングと言えるでしょう。 このタイミングで飲むプロテインは、 ソイプロテインなどの植物性タンパク質が適しています。 寝る1〜2時間前に飲むのが理想的です。 ダイエット中にプロテインを飲む理由 プロテインを飲むと筋肉がムキムキになるという イメージを持つ方が多いかもしれませんが、 極度に負荷をかけた筋力トレーニングでもしないかぎりそんなことはありません。 ダイエット中の食事制限によってエネルギーが足りなくなってしまうと、 筋肉まで燃焼してしまい、筋肉量が減ってしまうこともあります。 筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまい、 体重が減っても太りやすく痩せにくい身体になってしまうので、リバウンドの原因にもなります。 そういったことを防ぐため、 プロテインを飲むことがダイエットに効果的だと注目されています。 プロテインを食事の代わりに飲むことによって、 摂取カロリーを抑えることができ、筋力アップするだけでなく、 脂肪の燃焼効率を上げ、効果的にダイエットを進めることができます。 また、健康的な肌を作るためにもタンパク質は 必要不可欠な栄養素なので、綺麗に痩せるためにもプロテインを取り入れることは効果的だと言えます。 プロテインダイエットの方法 まず、 ダイエットに最適なプロテインはソイプロテインです。 多少飲みにくいといったデメリットはありますが、 腹持ちも良く代謝を上げてくれる効果が期待できます。 多少お金がかかっても摂取カロリーを抑えたいという場合は、 ダイエット食品として販売されているプロテインを使ってみるのも良いでしょう。 プロテインを取り入れたダイエット方法には 食事の代わりに置き換える方法と、食事の量を減らしてプロテインをプラスする方法があります。 いきなり置き換えると空腹感もかなり感じるため、後者の方がおすすめです。 また、食事の内容も高タンパクな食事になるため脂肪の燃焼効率を上げることができます。 プロテインの飲み方 プロテインは水に溶かして飲む方法と、牛乳で溶かして飲む方法があります。 水で飲む場合は、カロリーを抑えられるというメリットはありますが、 飲みにくさと腹持ちが悪いといったデメリットもあります。 反対に牛乳で飲む場合は、飲みやすく腹持ちは良くなりますが、 牛乳のカロリーがプラスされるため必然的にカロリーが高くなります。 1日の摂取カロリーや食事の量と相談し、 摂取カロリーが多めなら水、それほど多くないなら牛乳で飲むようにするのがおすすめです。 おすすめのソイプロテインBEST3 ザバス ウェイトダウン 出典: 参考価格:3,888円(1050g) プロテインと言えばコレ!というほど認知度も高く人気のザバス。 様々な種類のプロテインが販売されていますが、 ウェイトダウンはダイエットにピッタリのソイプロテインで、 筋肉を減らさずに痩せたい女性におすすめです。 ダイエット時に不足しがちなビタミンや、 カルシウムなどの栄養素もしっかり補給できます。 ソイプロテインであっても比較的飲みやすく、 味はヨーグルト味だけだったのですが、 最近チョコレート味が追加されたので、飽きずに飲み続けることができておすすめです。 ドラッグストアなどはもちろん、ネットでも購入できます。 Kentai パワープロテイン 出典: 参考価格4,317円(1. 2kg) Kentaiのプロテインもザバスと同様に知名度もあり、人気のプロテインです。 こちらのパワープロテインは9種類の必須アミノ酸、 11種のビタミン等を配合し、栄養バランスも優れたソイプロテインです。 プロテインの甘みが嫌いという方も多いですが、 プレーンタイプとバナナ、ココア風味が用意されているので、 甘くないプロテインを探している方、飲みやすいプロテインを探している方、 どちらにもおすすめできるプロテインです。 価格も少し安く、プレーンタイプであれば3kgのバリュータイプもあるのでお得です。 スポーツ用品店やスポーツジムなどでの取り扱いが一般的ですが、ネットでも購入できますよ。 プロテインを飲んでダイエットするなら運動は必要! プロテインの効果を最大限に生かすのには運動は不可欠です。 置き換えなどによって摂取カロリーを減らすだけでは、 食事制限と変わらないので、リバウンドする確率も高くなります。 激しい運動やハードな筋トレは必要ないですが、 軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ、 適度に身体を動かすことで代謝を落とさず脂肪を燃焼することができます。 筋トレをするなら様々な部分の筋肉を使うスクワットがオススメです。 まとめ ダイエットは代謝を落とさずキレイに痩せることが理想です。 そのためには食事制限などによって不足した栄養を補給することが大切です。 もちろん 食事からたんぱく質を摂取することも可能ですが、 カロリーや脂肪分も多くなってしまいがちです。 プロテインなら低カロリーで効率よく たんぱく質を補給することができるので、ダイエットにもおすすめです。 プロテインを上手に取り入れることによって、 理想の身体をつくる味方になってくれることでしょう。 また、代謝を落とさずダイエットする方法として、酵素ドリンクも人気があります。 酵素ドリンクは飲みやすいものが多く、 プロテインよりも大幅にカロリーをカットできるので、早く結果を求めたい人にはおすすめです。 酵素ドリンクの効果や飲み方については、 こちらの記事に詳しくまとめてありますので、興味のある方は是非参考にしてください。

次の