剣盾 環境トップ。 【環境トップ】ポケモン剣盾ダブルバトルはギルガルドが最強?使用率トップに!

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

剣盾 環境トップ

剣盾ランクマッチシーズン7にて突然解禁された特性リベロのエースバーンの対策を考察してみました。 今回紹介するのはスカーフヌメルゴン。 リベロエースバーンとは 特性リベロにより攻撃するときにタイプを変えすべての技をタイプ一致で攻撃できて、攻撃力と素早さが高く、耐久も低くはない。 現剣盾ランクマッチの環境では最強の能力を持っていると考えられる。 XYのガルーラも相当強かったが、他にもメガシンカできるポケモンがいたり、準伝説等高種族値のポケモンが多くいたりした為ガルーラ一強とまでは思えなかったが、今の剣盾環境で考えるとドラパルトがいるとはいえエースバーン一強だと思える。 冠の雪原で解禁される強すぎるポケモンが1体だけ迷い込んだのかな。 シーズン7はこの強すぎるエースバーンをどのように使うかがポイントになりそう。 一般的なエースバーン対策 エースバーンがどれだけ強くてもすべてのポケモンが勝てないということは無い。 エースバーン自体みずやこおり技などを覚えないなどすべてのタイプに変わることができないことや特攻は低めなので弱点でなければ物理耐久の高いポケモンで受けられるなど対策の取りようはありそう。 こう考えるとフェアリータイプ以外にタイプを変えられたゲッコウガが強く感じる。 エースバーン対策の一般的なポケモン インテレオン:素早さで勝っていてタイプ相性有利。 ドヒドイデ:高い耐久で受けきれ特性によりサイクルで有利。 しねんのずつきに注意 ウィンディ:特性いかく攻撃力を下げ、ほとんどの場合弱点攻撃されない。 ヌオー:特性により積み技無効。 弱点攻撃されない。 ギャラドス:特性いかく攻撃力を下げられる。 エレキボールに注意。 ミロカロス:高耐久とタイプ有利で戦えそう。 バンバドロ:特性で耐久を上げることができる。 弱点攻撃されない。 ドータクン:たいねつならダイアーク以外弱点攻撃されない。 スピードスワップで素早さ逆転できる。 ちょうはつに注意。 サダイジャ:てっぺきボディプレス型で行けそう。 へびにらみ覚えたり、特性でダイバーンの晴れを防いだりできる。 少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった。 シーズン7は強すぎるエースバーンとエースバーン対策で出てきたポケモン全員を相手にできるウォッシュロトムのウォッシュバーン構築が環境トップになりそう。 真面目にエースバーン対策考察してみた エースバーンとウォッシュロトムの構築が強いといっても使用するプレイヤーが多くなれば結局プレイングが強い人が有利になる。 そこでエースバーン対策でウォッシュロトム対策を考察することにした。 スカーフヌメルゴンがウォッシュバーンに強そうかな。 基本性能 ダイマックスしてダイアジットで特攻を上げながら攻撃してダイマックスが解除されたタイミングでこだわりスカーフにより無双する構成。 こだわりスカーフを持たせることで本来不利になるドラパルトに一方的に勝てる可能性がある。 対エースバーン性能 スカーフでエースバーンよりも早く行動できて、ハイドロポンプで弱点攻撃ができる。 但し補正無ハイドロポンプだと耐久無振りのエースバーンが乱数50パーセントなので奇襲が成功しても40パーセントなので注意が必要。 600族だけど思ったより特攻低くないか。 耐久は無振りでもエースバーンの補正無とびひざげりまで確定耐えできるので最低限の耐久はある。 600族だけど思ったより耐久低くないか。 対ウォッシュロトム性能については特殊耐久の高さと耐性によりウィッシュロトムから有効打が無く、数回受けだせるくらいの有利対面と言える。 使用感 未使用で机上論なので強そうに見えるが強さは未知数なのでご了承ください。 まとめ シーズン7は最終日良くて最終日深夜数時間対戦できるくらいなのでよほどのことが無い限り今期は上位を目指せないがエースバーン一強なのはシーズン7だけなので対策だけは考察したかったので本記事を作成しました。 鎧の孤島が公開されればマリルリや原種ヤドランなどエースバーンに強いポケモンも増えるためさすがにエースバーン一強は無いと思われる。 あれマリルリやヤドランもウォッシュロトムに弱いような。 ボーマンダくらい解禁されなければ冠の雪原までウォッシュバーン環境になりそうかな。 tenku64.

次の

【剣盾s4】ガエンナットサイクル【最終483位】

剣盾 環境トップ

ドラパルトの強力な点• 環境トップの素早さ• 広い技範囲• 両刀可能な種族値• 多数のダイマックス適性の高い技 非常に高いSに噛み合った「とんぼがえり」によってサイクル戦を仕掛けてくる事も多く、有利対面を作っても上から「とんぼがえり」を使用するなどして 盤面をコントロールされやすくなります。 HPや火力を強化出来るダイマックスアタッカーとしての適性も高く、「ダイジェット」「ダイスチル」「ダイホロウ」などを使用可能なので、構築内でも選出内でも柔軟に攻め手を変える事が可能です。 特殊技も炎や電気、水など様々なタイプの技を使用可能なのでタイプ受けがしづらく、火力も一定以上あるので型がはっきりするまで動きづらくなります。 「こだわりスカーフ」などで素早さを上げてドラパルトの上から攻撃するのが安定した対処法ですが、同じく「こだわりスカーフ」を持たせたスカーフドラパルトも増加してきているので、こちらも一撃で倒される可能性がある場合は安定性に欠けてしまいます。 その他にも壁張りなども考えると全ての型への安定した対策はありません。 しっかりと流行を把握しつつ、相手のパーティから型を見分けて型毎に対処を考えておきましょう。 具体的な対処法 高い耐久数値で受ける 技範囲こそ広いものの、火力が飛びぬけて高いわけではないので抜群を取られづらい高耐久ポケモンで受けが安定しやすいです。 カビゴン、ドヒドイデ、マタドガス、バンギラスなどがオススメです。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 特化ドラパルト(ドラゴンアロー) H252振りバンギラス 36. 相手のドラパルトも「こだわりスカーフ」を持っていて先制された場合を考えると、 こちらは一撃で落とされないポケモンが好ましいです。 ヒヒダルマが特にオススメです。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 特化ドラパルト(ドラゴンアロー) H4振りヒヒダルマ 71. 「とんぼがえり」で交代される前提の積み技や高火力で圧力をかける事が出来ればドラパルトを 即時処理は出来ずとも試合全体の流れとして非常に有利になります。 「とける」や「めいそう」が使えるマホイップ、「ハイパーボイス」で圧力をかけられて壁なども使用出来るニンフィア、壁身代わりで処理を迫れるオーロンゲ、マタドガスなどがオススメです。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 特化ドラパルト(ゴーストダイブ) H244振りマホイップ 54.

次の

【剣盾s4】ガエンナットサイクル【最終483位】

剣盾 環境トップ

これは対策をしっかりしてた方がいいね というわけでヴォーグルの強さとその対策を書いていこうと思います。 環境に多いドリュウズのじしんや、ドラパルトやミミッキュのゴースト技を無効にできるのがいいです。 素早さ種族値は80と少し物足りない数字です。 最速で運用しても抜けないアタッカーが多いのですが、ダイジェットアタッカーとして運用します。 80のラインはかなりの素早さ激戦区で、環境でよく見るポケモンであれば「ホルード」「ウオノラゴン」「パッチラゴン」「ストリンダー」よりは早く。 「ヌメルゴン」「バルジーナ」「シャンデラ」「マンムー」「トゲキッス」「サーナイト」と同速。 「ミロカロス」「ギャラドス」よりは1遅い。 防御面 HP100 防御75 特防75 適当に設定されたような数字ですが(笑)耐久値は少し高めです。 特化ロトムのボルトチェンジくらいであれば一撃は確定で耐え、ようきミミッキュの剣の舞を積んだじゃれつくも88%の確率で1撃は耐えてくれます。 素早さが少し低めですが、自慢の耐久で相手の攻撃を耐え、ダイジェットを1撃打ち込んでさえしまえば、ほぼ全てのポケモンに上を取れるので安心して暴れることができます。 (スカーフ持ちポケモンに注意) ヴォーグルの特性 まけんき 相手の技や特性で能力ランクがダウンすると、攻撃力が2段階アップする。 ヴォーグルが持つ高火力技のメインウエポンと一番相性がいい特性。 「ちからづく」も強いが、高火力技「ブレイブバード」「ギガインパクト」「インファイト」などを採用する場合は「ちからづく」が発動しないのでこちらがおススメ。 環境に増えてきた特性「いかく」を持つポケモンや、「がんせきふうじ」など素早さ操作技などに対して強く出れる。 ちからづく 技の追加効果が発動しない代わりに、技の威力が1. 3倍になる。 反動や能力ダウンなど自分に対してマイナス方面に効果が出る技は「ちからづく」の効果の対象外。 強い特性だがウォーグルの覚える技とはあまり相性が良くない。 「ブレイククロー」「シャドークロー」「いわなだれ」「アイアンヘッド」「しねんのずつき」などを採用する場合はこの特性でも可能。 また「いのちのたま」の反動ダメージが入らないので道具をいのちのたまにするのであれば実質耐久も上がる。 するどいめ 命中率ダウンの効果を無効にする。 「まけんき」「ちからづく」より発動機会が少ないのでオススメしません。 オススメ技構成+持ち物 フルアタダイマックスエース型 持ち物(いのちのたま)(じゃくてんほけん) 「ブレイブバード」「インファイト」「ギガインパクト」「シャドークロー」 積みエース型 持ち物(いのちのたま)(ラムのみ) 「ブレイブバード」「インファイト」「シャドークロー」「ビルドアップ」 こだわり型 持ち物(こだわりスカーフ)(こだわりハチマキ) 「ブレイブバード」「インファイト」「シャドークロー」「とんぼがえり」 基本的にはこの3つの技構成がほとんどです。 「ブレイブバード」「インファイト」が確定と、高火力が出る「ギガインパクト」ノーマル格闘が通らないゴーストへの打点の「シャドークロー」を覚えさせます。 他の技候補として「アイアンヘッド」「しねんのずつき」「いわなだれ」などもあり。 構築でどうしても思いポケモンがいるのであればこちらを採用しましょう。 覚える技の種類は広くなく、どちらかというと狭いほうですが、技範囲は優秀で「飛行」「格闘」「ゴースト」で全てのポケモンに等倍以上で火力を出すことができます。 ウォーグルまとめ(バンビーさんも動画で紹介されました!) 環境のミミッキュカビゴンナットレイなど環境トップに強い 「ウォーグル」の1番の魅力はここです。 絶妙な技範囲と高い耐久性能で、環境のミミッキュやカビゴンなど対策しないと絶対にランクマッチで勝ち越すことが難しいポケモンに対しても強く出ることができます。 抜き性能も高いし耐久もそこそこ高い 「ダイジェット」「ダイナックル」で火力を増強しながら、素早さを上げることができる。 同じ飛行ポケモンのルチャブルと似たような性能だが、弱点が少なく、耐久力が高いためダイマックスを切り返され辛い。 技範囲が広いので高火力を押し付けやすい また技範囲が広く等倍以上で攻撃を当てることができ、攻撃力も高いため、「いのちのたま」などの火力アップアイテムを持たせれば相当高い火力が出る。 まけんきで特性「いかく」相手にも止まらない 特性「いかく」のポケモンで相手でも、特性「まけんき」を駆使してダイマックスを凌がれてしまう展開を回避できる。 無効タイプが多くサイクルで活躍できる 「ゴースト」「じめん」の2タイプが無効で、耐久もそこそこあるため、「こだわりスカーフ」を持たせてサイクル型でも活躍できる。 ウォーグルの弱いところ ダイマックス型がほとんど ウォーグルの強いところはダイマックス前提です。 元の素早さもさほど早くないので上をとられてしまうことが多いです。 現状環境に多いヴォーグルは、ダイマックス型がほとんどです。 相手の構築にウォーグルがいた場合は、ほぼダイマックスエースと思って問題ないでしょう。 積み技が「ビルドアップ」 ウォーグルの積み技は「ビルドアップ」で、攻撃と防御ランクを1段階上げる技です。 火力が1段階しか上がらないので少し物足りません。 状態異常に弱い 「やけど」「まひ」などの状態維持で火力や素早さを削いでしまえば、ウォーグルはほぼ機能停止してしまいます。 「ラムのみ」を持たせることで対策になりますが、その場合火力が物たりません。 受けポケモンに弱い 「ビルドアップ」や「ダイナックル」で自身の火力を上げることはできますが、「てっぺき」で防御をあげて、さらに即時回復をもっているポケモンを突破できずに苦しめられます。 ウォーグルの対策ポケモン 「アーマーガア」「ナットレイ」 「てっぺき」で防御力をあげて、「はねやすめ」や「やどりぎのタネ」で回復しながら、立ち回られるとウォーグルでは突破できない場合が多い。 「水ロトム」「炎ロトム」 弱点を突かれず防御特化すればかなりの固さになる。 「おにび」や「でんじは」を搭載すれば、火力や素早さを削ぐこともできる。 「エルフーン」「オーロンゲ」 特性「いたずらごころ」で先行で「でんじは」を当ててまひ状態にしたり、コットンガードで防御を上げて突破できないようにすることもできる。 「トリック」でこうこうのしっぽを押しつけるムーブも強い。

次の