シマノ ストラ ディック。 シマノ ストラディックCI4+長期インプレ。 バス釣り初心者にすすめる3つの理由。

シマノ 18ストラディックSWと19ストラディックを比較!|テルヤスの釣り情報

シマノ ストラ ディック

この記事の目次• ストラディックSWとは ストラディックSWは、ショアジギングや磯でのヒラスズキ狙いなど、過酷なソルトウォーターシーンでの使用を想定して設計されたスピニングリールです。 2018年に発売となり、良い性能を持ちながらも手にしやすい価格で人気となっています。 しかし、シマノにはサステインやバイオマスターSWのように、ストラディックSWとの違いがわかりにくい製品もあり、購入時に迷ってしまう人が多いです。 この記事ではストラディックSWの搭載テクノロジーから、ほかのリールとの違いまでをわかりやすくご紹介します。 ストラディックSWの搭載テクノロジー ストラディックSWは、大きな魚を掛けても大丈夫なギアシステムやボディ、水が浸入しにくい構造としてあるのが特徴です。 以下に主な搭載テクノロジーの詳細をご紹介していきます。 Xプロテクト 「Xプロテクト」は、防水壁構造と特殊グリスにより水の浸入を防ぐ、シマノ独自の防水構造です。 ストラディックSWにおいては、ローラークラッチ部分とラインローラーに採用してあり、水しぶきを浴びるような環境であっても水の浸入を気にせず釣りをしていくことが可能です。 HAGANEギア 金属を切削するのでなく、約200トンの圧力でプレス加工することによって生み出されている 「HAGANEギア」。 切削なしでミクロン単位の仕上げをしてあり、強度が高く、かつ巻き心地が非常に良い定評のあるギアとなっています。 HAGANEボディ 防水構造や高い強度を誇るギアも、ボディが歪んでは意味がありません。 ストラディックSWには 「HAGANEボディ」が採用され、歪みの少ない高い強度を持ちあわせています。 多少の衝撃であれば問題ない耐久性を持っているので、過酷な使用シーンでも安心して使えるでしょう。 AR-Cスプール 「AR-Cスプール」は、ライントラブルを軽減しながら飛距離を伸ばせる高い清流効果を持ったシマノ独自のスプール。 長年このスプールを搭載したリールを使っていますが、糸が一気に出て絡むトラブルに見舞われた記憶がないです。 ストラディックSWに関しては 「カーボンクロスワッシャ」の採用でドラグシステムの強化が図られています。 丸型のハンドルノブは、ショアジギングのような縦にアクションを加える釣りでは特に使いやすいです。 ストラディックSWとほかのリールの違いとは? ストラディックSWを購入する際には、同じようなラインナップや性能・価格帯となっている「サステイン」や「バイオマスターSW」との違いを気にされる方が多いです。 ここではそれぞれの違いをわかりやすくご紹介します。 「NEWマグナムライトローター」は巻き始めの回転の軽さが魅力で、「リジッドサポートドラグ」は安定したドラグ性能を発揮してくれるシステムとなっています。 これらの違いから、 磯でのシーバス狙いやライトショアジギングのような比較的ライトタックルで使用するのであれば、サステインがおすすめです。

次の

18カルディアと19ストラディックは比較するとどうですかね?

シマノ ストラ ディック

なるほど、コアソリッドシリーズですか。 確かにステラもそうですし、この19ストラディックもシリーズの仲間ですね。 ヴァンキッシュのような軽いローターではなく、その代わりに剛性感その他を得ているのだと。 ミノーのステディリトリーブに、コアソリッドシリーズのリールをよく使うのですが、一定のスピードで巻き続けていると伝わってくる使用感というのが存在します。 それは途切れないリズムであり、雑音の無さであり。 そういう使用感の中でルアーを泳がせたいなら、19ストラディックはとても適していると、その結論に共感を覚えます。 この番手・1000Sは、アジングで使っています。 3号のPEラインを巻いて、シンキングミノーをやはりステディリトリーブ。 ちょっとした水流の変化でもラインや穂先に出ますから、手元感度として染み渡ってくるのに、さほど時間はかからないでしょう。 ストラディックの4000番や5000番なら、SWシリーズと同じような用途、つまりショアジギングに使うケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。 こちらのユーザーさんは、サーフで使う目的で4000XGを入手したとのこと。 ダイワの同価格帯のスピニングリールは、やはり気になるところでしょうか。 実際に4000番を釣りで使ってみました。 ターゲットはシーバスで、河口域の干潟エリアにフローティングミノーを投入してはリトリーブを繰り返すアプローチを実践。 最初は重く感じる回り出しも、勢いが乗ってくると極めてスムーズ。 何者かにゆったりと後押ししてもらっているような感じでしょうか。 シーバスが掛かってやり取りになってからは、強引に引き寄せても何ら問題点は発生しませんでした。 終始アングラー側に釣りの主導権があるイメージ、となれば代わりが登場してくるまでは、19ストラディックの登板は続くといっていいのではないでしょうか。

次の

シマノ ストラディック・ストラディックCI4専用 リールスタンドオリジン :Idl389846:安心・丁寧・真心堂

シマノ ストラ ディック

インプレ 巻き心地 今回、18カルディアを持ってるのにわざわざ19ストラディックを購入した一番の理由がマイクロモジュールギア。 ベイトリールでマイクロモジュールギア搭載機種が使ったことあるけど、スピニングではなかったらからどれくらい滑らかなんだろうと期待しておりました。 届いてからの初回し。。。 「なんて滑らかなんだ」 まさしく「 シルキーな巻き心地」という言葉がしっくりくる。 18カルディアももちろんかなり滑らかなんですが、シマノが絹なら、ダイワは綿という感じ。 実用にはダイワも十分すぎる。 ただ、この滑らかさを経験しちゃうと戻れないかも。。。 ルアーをキャストして巻いていてもそれは一緒。 巻きに関して一切のストレスを感じさせないような感覚があります。 18カルディアとの比較であれば、ストラディックの圧勝です。 軽さ(自重) リールは軽けりゃいいってものではないですが、軽さもやはり魅力の一つ。 そういう意味では、18カルディアの圧勝です。 今回購入した2500SHGは、220g。 18カルディアの2500Sは、185g。 30g以上違います。 番手は違いますが、170gの18カルディア2000を持ったあとに、220gの19ストラディックを持つと、激重で不安になります。 カルディアが軽すぎるのかストラディックが重すぎるのか。。。 個人的には筋力がない分軽い方が好きです。 剛性感 不思議なもので人間は、重いモノの方が強く感じるんです。 19ストラディックは、カルディアと比べると重いので、その分、持った時にガッチリした印象です。 ただ、重さを抜きにしても外部的な部分はストラディックの方が剛性感は強く感じます。 内部のギアなどはわかりませんが、そこはシマノなので、信用できるかと。 どのみちサンデーアングラーで2~3年でリール買い替えるタイプの人なら気にすることないです笑 ドラグ ドラグは滑らかです。 今の時代、ここら辺の価格帯なら引っかかるような感じはないのが当たり前ですが。。。 とはいえ、きもーちカルディアより滑らかな気がします。 ただ、シマノ派、ダイワ派でこのドラグの捉え方が変わってくるので、なんとも言えないですね。 18カルディアでも僕には十分、何一つ不満はないです。 バス釣りなら気にしなくていいでしょう。 オフショア系の釣りする人にはやはり剛性感がある(ように感じる?)ストラディックの方がよさそうです。 飛距離 メーカーは、ロングストロークスプールというのが搭載されていて、約5%飛距離がアップ!とうたっています。 実際には、カルディアより若干伸びたかな?程度です。 2000番のカルディアとの比較なので、完全な同条件ならほぼ変わらないか気持ちストラディックが勝つかな? キャストのうまさもあると思うので、断定はできないですが、ベイトのDCリールを使った時みたいに、劇的に飛距離が伸びる間隔はありません。 飛距離を出したいからこのリール!とはならないですね。 もちろん、飛距離は十分でますよ! デザイン これは好みですね~。 ほぼ全身シルバーです。 個人的には18カルディアの方がデザインは好きです。 ステラもシルバーになったし、汎用リールは、そっちに寄せてくんですかね。 こんな人におススメ ・ダイワよりも、断然シマノ派! ・高コスパリールを求めている! ・ヴァンキッシュは、金銭的に厳しいけど同じくらい良いリールが欲しい! ・軽さよりも巻き心地が重要だ! 総合評価 重さ(自重).

次の