なまいきざかり 97。 なまいきざかり97話ネタバレ!風邪を引いた成瀬は・・!?

なまいきざかり 漫画17巻のネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

なまいきざかり 97

Contents• 由希が指輪を気に入っていないと思ったことや、きれいになった由希がちやほやされていることに渡したこと少しだけ後悔しています。 しかし由希は勇気を出して翔呼びで指輪が気にいっていることを伝えます。 初めて名前呼びされ、心臓が高鳴っている成瀬は由紀を自宅に連れて行こうとします。 看病しながらも指輪をもらって嬉しかった想いが伝わっていないことが気になっているようです。 まだ終電がある時間だったため帰ろうとしますが成瀬に「帰っちゃやなんだけど…」と引き留められます。 由希は成瀬の甘えた態度に調子が狂ってしまっているようです。 対して成瀬は喉の調子が悪そうなので、熱を測ってみると38. 6度の高熱を出していました。 熱を出している上に、由希が帰ることにふてくされている成瀬の態度に由希は帰るに帰れなくなってしまいます。 由希のお泊りが決まり、成瀬は嬉しそうです。 引用:花とゆめ7号 成瀬のご飯を作っている最中は指輪を外そうとした由希は、指輪を気に入っていないと勘違いさせてしまったことを思い出します。 嬉しいと感じていたのに伝わっていなかったことにショックな様子です。 考えている最中、成瀬がいきなり背後から抱き着き、おかしなテンションで新婚夫婦ごっこを始めます。 ごっこの最中に成瀬が外した指輪に目を止めていることに気づいた由希は料理のために外しただけで気に入っていないわけではないと弁解をします。 しかし、成瀬は逆に怪しいと離れて行ってしまいます。 由希は疲れがたまっていた成瀬を日曜日に人ごみに連れっていったせいで熱を出しているのではないかと責任を感じ、「何かしてほしいことはない?」と尋ねます。 「ひざまくら」 不真面目な成瀬の要求を突っぱねようとしますが、すねられたのでひざまくらをしてあげます。 引用:花とゆめ7号 熱のせいでふにゃっとした表情になる成瀬に非常識とおもいつつも、由希はときめいてしまいます。 「何で突然あんな女子感出してきたの」 「モテ期突入しよーとしてんの?」 成瀬のひどい言い草に対して由希は素直な気持ちを伝えます。 「指輪…もらったから……」 「ちゃんと自信もって指輪したくて 似合うようになりたくて…っ」 「変わろうって思ったの…!そのくらいうれしかったの!」 引用:花とゆめ7号 自分のために由希が変わろうとしてくれたこと気づいた成瀬は、由希を抱き寄せマスク越しにキスをします。 具合悪くても由希のことをいつも心配してくれているのに、全然気付けなかったことに 「ごめんね、翔」と今度は由希からマスク越しにキスを送ります。 成瀬は由希からの名前呼びの破壊力にノックアウト寸前です。 「まだ「成瀬」でいい」 「名前で呼ぶのは2人きりで部屋真っ暗な時だけにして」 名前呼びについてはハードルが上がったのか下がったのかは不明ですが、 お互いに言葉が足りないことを自覚し、さらに仲が深まりました。 なまいきざかり。 単行本を無料で読む方法 本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。 もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。 興味のある方はどうぞー。 そして、かわいくもなっていく。 間違いなく成瀬の力なのにうまく伝わらなくてもどかしかったのですが、 諏訪のアドバイスと由希の素直な言葉でようやく伝わりましたね。 これをきっかけにもっと成瀬が自信持って、嫉妬の回数が減ってほしいものです。 由希がかわいくなった原因ははっきりしているので、それにたいして袴田がまた アピールしていく展開になるのではないでしょうか。 次回は3月20日発売の花とゆめ8号に掲載されます。

次の

【なまいきざかり。】最新98話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年8号3月20日発売

なまいきざかり 97

いろんな意味で珍しい回なのでぜひ!! なんと100話まであと少し…! — ミユキ蜜蜂 miyukibee1129 お家に連行されたらまぁ、成瀬くんですからヤることはひとつでして(笑)。 シーツだけ取り換えて帰ろうと身支度をする由希ちゃん。 偉いなぁ、さすが主婦力高い女子。 「…帰んの?」 寝ぼけ眼の成瀬くんが引きとめますが、由希ちゃんは粛々と身支度を…(笑)。 まぁ、普通にそうするだろうけれども、熱量が違うって言われても仕方ないと言えば仕方ない(苦笑)。 しかし、成瀬くんも負けてはいないのです。 これには由希ちゃんもぐらんぐらんと決意が揺らぎますが、洗面所借りると部屋を出ます。 しかし、そこでのどに違和感を感じた成瀬くんが熱を計ると、なんてこったい38. 「なんかノドいてーなって思って計ったら38度あった そーいやいつもよりボーっとしてるわ」 おなかをガリガリかきながら言う成瀬くん。 分かりにくいよ!!ていうか起きるなよ!!そしてえっちしてる場合じゃなかろうもん!! 「あー 由希センパイ帰っちゃうっつーし 明日まで一人かぁ…」 動揺しまくる由希ちゃんに、つらっとソファに横たわって言う成瀬くん。 この、甘えん坊将軍状態からのスネスネ状態までの由希ちゃんの動揺っぷりがものすごくおもしろい…!! そしてもはやこの熱も成瀬くんの策略なんじゃないかと思えるほどなのだけれど、成瀬くんから連絡を受けた成瀬母の様子がまたおかしい…! この親子、どこかで遺伝子操作が働いたのではないかと思うほどのほほんぶりが違いますよね(笑)。 もはや生命の神秘。 そんなこんなで、成瀬くんの「看病」という名目でお泊りになった由希ちゃん。 かいがいしくお世話をするべく冷蔵庫をのぞいて、雑炊を作るようです。 キノコ雑炊、おいしいですよねー。 ここから由希ちゃんの指輪に関する反省が始まって、これはこれでまたおもしろい(笑)。 もらった時にもっと劇的に喜ぶべきだったのでは、とか、 翌日さっそくつけていってスチャッと見せるべきだったのでは、とか。 …うん、それはそうかもだけど、その感じはナイと思う、というようなコマです(苦笑)。 このぶきっちょさが由希ちゃんですよねぇ。 それすらも愛しぬけよ、成瀬くんよ…。 」と太字で言うところがなんともおかしい。 それに対する成瀬くんの返しもいつも通りでもうおかしい…! 気持ちを伝えるって、ほんとに難しいものですねぇ(水野晴郎みたいになる読者)。 そして、食事を終えたところにシャワーあがりの由希ちゃんが。 しかし、さすが由希ちゃん、短パンはいてるのね…。 オバカちゃーん。 …もうスゴイしか言いようがないよ キミのその情熱…(遠い目)。 由希ちゃんは猛烈に心配していて、どうしようと静かにアワアワしています。 しかし、成瀬くんは冷却シートもいらないと言うし、「なんでもいいからしてほしいことがあれば言って」と言います。 いじらしい…! でもさすが成瀬くん。 「乗っかってほしい…」 「元気なら帰るよ」 「じゃあ…ひざまくら」 このコマの、由希ちゃんの表情!! 侮蔑の眼差しがスゴイ(笑)。 まぁ、結局成瀬くんの巧みな作戦にヤられてひざまくらしちゃうんだけど(笑)。 髪をなでてとか言う成瀬くん。 ここからラストまでがもう、激甘すぎて読者マジで頭痛くなりました。 もう、この二人はどんだけかわいいんでしょうか!!!(思わず叫ぶ) ラストは、由希ちゃんの心情吐露とかわいいシーンで終わりです。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる•

次の

なまいきざかり ネタバレ 97話(17巻)無料ですぐ全部読む方法

なまいきざかり 97

ここでは花とゆめ連載中である漫画「なまいきざかり」97話のネタバレと感想を紹介します。 前回までは・・・・・ キャプテン目当てでバスケ部マネになった由希は、その事を隠して完璧にマネージャーの仕事をこなしていました。 その秘密をある日、生意気な部の後輩・成瀬に知られてしまって大ピンチ・・・! 片想いはあっけなく散ってしまいますが、成瀬の強引なアタックにより由希に新しい恋が芽生え、二人は恋人になります。 そして成瀬も由希と同じ央崎大学バスケ部に入部します。 成瀬からペアリングを贈られた由希は、感謝の気持ちを伝えるためについに「翔」呼びを解禁・・・!? というあらすじでしたが、今回はどうなるのでしょうか? ちなみに前回96話のネタバレはこちらから読めます。 なまいきざかり97話ネタバレ。 最新話のあらすじや内容は? 成瀬の部屋で、由希は枕が成瀬の匂いがすると聞かれ、また「成瀬」呼びが戻っています。 成瀬に注意され、もう終わりと言いますが、まだ鼓動がおさまっていないため元通りなるまでダメだと言われてしまいます。 なぜ成瀬の家でこんなことになっているかというと、成瀬の家族が今日は全員用事で留守だからでした。 誰もいないと言われ、部活着のまま、玄関入るなり靴も脱ぎっぱなしのままこのようなことになってしまいました。 由希は大反省、なんという失態と思い、とりあえずシーツだけ取り換えて帰ろうなどと考えていると、成瀬が起きだし泊って行って、帰るのは嫌だと甘えてきます。 なんで今日はこんなに甘えてくるのかと思うとなんと熱を出していました。 火照っていたのも普通に具合がわるかったのかと由希は呆然とします。 帰るに帰れなくなってしまった由希は、成瀬の母の許可を取って看病のため泊ることになりました。 それを聞いている成瀬は、無表情なのに足をパタパタさせて喜んでいます。 由希は何か食べるものを作るとキッチンに立ち、料理中は指輪を外そうとした時、成瀬は由希が指輪を気に入ってないかと勘違いしていたことを考えていました。 もう少し大袈裟に驚いた方がよかったかとか、次の日にすぐつけていかないといけなかったかと、 せっかくプレゼントしてもらったのに、成瀬をがっかりさせていたのはショックが大きいです。 背後から成瀬が近づき抱きついてきました。 いつもとあきらかにテンションがおかしいのです。 指輪を外しているのをしっかり見られてしまいました。 また言い訳をする由希に必死になると逆にあやしいという成瀬。 由希はあまり伝わっていないような気がするのでした。 由希がシャワーを浴びて、キッチンに入ると、由希がシャツだけでなく、下に短パンを履いているのが不満げで、足にしがみついて脱いでと甘えてきます。 最近疲れがたまっていたところに自分が人込みに連れ出してからと反省したりして由希はとても気を遣っています。 何かしてほしいかと聞くと膝枕を頭の痛さが和らぎそうだからと要求されます。 由希は怒りをこらえながらそれに応えます。 つらそうな成瀬に少しかわいいと思ってしまう由希ですが、明日は学校を休むように言う由希に、成瀬は自分が休んでいる間もかわいくするのではないかと不安みたいです。 やはり気持ちが何も伝わっていないと思った由希は成瀬に伝えます。 指輪をもらったから、きちんと自信をもって指輪をしたくて、似合うようになりたかったため変わろうと思った! それくらいうれしかった、気に入っていないではなくてうれしすぎただけだと伝えるのでした。 成瀬も先輩に言われた言葉を思い出していました。 思い当たる節があって頭を抱えます。 具合が悪いのかと心配する由希を・・・・。

次の