びっばー速報。 キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドラ9イバー

ハプバーに行ってきたけど質問ある?

びっばー速報

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドライバー コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2015年11月23日0時00分 キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドライバー どーもです。 キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)シリーズと「APEX」(エイペックス)シリーズのアイアンを試打できました。 まずはグレートビッグバーサ(以下GBB)ですが、今回ラインアップされているのはドライバーとFWでした。 GBBといえば大型ヘッドの走りだったようにも記憶していますが、現代に甦ったGBBがどんな形で甦ったのか。 早速いってみましょう。 まずは見た目から。 今回のGBBはソールのフェース後部にウエートを装着した上で、ソール後部に「ペリメーター・ウエイティング」を採用していましたね。 従来のビッグバーサよりもネック側へのスライド幅を増やすことで、ドローバイアスを強くしているようです。 また、ウエートも2. 5g重くなっているようです。 フェースはシャローっぽいような、ディープっぽいようなフェースでした。 ネック側はシャローですが、トゥ側がディープってな感じなんですよね。 ボディを見る限りはシャローですよね。 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 なんか、懐かしい形状ですね!! やや三角形っぽい形状で、クラウンの投影面積も適度にあって、安心感のある見た目でした。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角10. 5度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量310g、バランスD1. ヘッド体積460cm3。 シャフトスペックは、重量53g、トルク5. 5、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 試打ポジションですが、基本性能を確認するためにペリメーター・ウエイティングがデフォルトポジション、アジャスタブルホーゼルのセッティングは「N」「S」ポジションでした。 重量的にはいい感じですが、気持ち軽めかな。 素振りしてみた感覚は、ムチのようにシャフトがしなるようなイメージでした。 実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の弾道が印象的でしたね。 ボクのスイングのクセでやや右に抜ける感じはありましたが、これはいわゆるコスッて右ではなく、振り遅れて右に抜けるような感じでした。 それにしても、とにかく球が強いっすね!! ボクの記憶に残っている昔のGBBもドーンと高弾道が印象に残っていますが、弾道イメージはまさにそのままですね。 しかも、ミスヒットの寛容性が高く、特にフェース下部のミスヒットにはめちゃめちゃ強かったっす!「あっ!! 」と思っても、出球はしっかりした感じで、弾道をみて「あれっ!? 」ってなっちゃうシーンもありました。 GST-3Bの3球平均データは、HS46. 43で、ベストは写真の通りでした。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで、 その各球データがこちら。 【3球平均】 HS47. 1度、バックスピン量2532. 3rpm、サイドスピン-148. 2rpm、飛距離252. 9y 【ベスト】 HS47. 3度、バックスピン量2361. 3rpm、サイドスピン-305. 3rpm、飛距離253. 8y 打感はマイルド系。 シャフトのトルクもあるかもしれませんが、いわゆる分厚いインパクトでしたね。 音は中音域が強調された感じでした。 弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちらでした。 弾道的には、高弾道。 スピン量少なめの弾丸ライナー系ですが、基本的につかまりはいいモデルだと思います。 しかも、サイドスピンがめちゃめちゃ少ないので、直進性が高いってのが最大の特徴かもしれませんね。 出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。 シャフトが柔らかめなので、ボクだと若干ヘッドが遅れて来て右に抜けるような感じはありましたが、その辺をキッチリ意識したらほぼストレートの弾丸ライナー弾道を楽しめます。 振り感ですが、シャフトの挙動的には結構全体がムチのようにしなるイメージでしたね。 でも、手元から先までが素直にしなるので、クセはないですね。 ただ、ボクのようにタメちゃうタイプだと、若干ヘッドが遅れる感じはありました。 そういう意味では、切り返しがおとなしめで、むしろ若干アーリーリリース気味のほうがシャフトがタメを作ってくれそうにも感じました。 デフォルトポジションで試打する限り、オートマチックにつかまえてくれるモデルだと思います。 ある種究極のオートマチック系かもしれませんが、ペリメーター・ウエイティングがあるので、スイングとの相性でチューニングすれば誰でも使えるモデルですね。 オリジナルシャフト装着モデルは、若干アーリーリリース気味の方のほうが、クラブが仕事してくれるようにも感じました。

次の

【2ch速報】NHK世論調査 安倍内閣を「支持しない」が「支持する」を上回る コロナ対策「評価しない」が「評価する」を上回る

びっばー速報

内閣を「支持しない」が「支持する」を上回る NHK世論調査 2020年5月18日 19時02分選挙 シェアするhelp NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって37%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は7ポイント上がって45%でした。 「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、おととし6月の調査以来となります。 NHKは、今月15日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。 調査の対象となったのは2075人で、61%に当たる1263人から回答を得ました。 それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって37%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は7ポイント上がって45%でした。 「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、おととし6月の調査以来となります。 内閣を支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が55%、「支持する政党の内閣だから」が14%などとなりました。 逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が36%、「政策に期待が持てないから」が26%などとなっています。 新型コロナウイルスの感染拡大で生活にどの程度不安を感じるか聞いたところ、「大いに不安を感じる」が29%、「ある程度不安を感じる」が53%、「あまり不安は感じない」が12%、「まったく不安は感じない」が3%でした。 新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応について、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が39%、「あまり評価しない」が37%、「まったく評価しない」が16%でした。 政府が、「特定警戒都道府県」の5つの県を含む39の県で緊急事態宣言を解除したことについて尋ねたところ、「適切なタイミングだ」が36%、「早すぎた」が48%、「遅すぎた」が7%でした。 緊急事態宣言が、期限となっている5月末までに、すべての都道府県で解除できる状況になると思うか聞いたところ、「そう思う」が22%、「そうは思わない」が69%でした。 政府は、月収が一定の水準まで落ち込んだ世帯などに現金30万円を給付することを取りやめ、すべての国民に1人当たり10万円を給付することを決めました。 これについて、「適切だ」が61%、「適切ではなかった」が26%でした。 検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、賛否を尋ねたところ、「賛成」が17%、「反対」が62%でした。 引用元: 最近の投稿• カテゴリー• 4,564• 3,343• 695• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• blog49. fc2.... アーカイブ• 389• 789• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

キャロウェイ「ビッグバーサ ベータ(2016)」FW

びっばー速報

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドライバー コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2015年11月23日0時00分 キャロウェイ「グレートビッグバーサ」ドライバー どーもです。 キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)シリーズと「APEX」(エイペックス)シリーズのアイアンを試打できました。 まずはグレートビッグバーサ(以下GBB)ですが、今回ラインアップされているのはドライバーとFWでした。 GBBといえば大型ヘッドの走りだったようにも記憶していますが、現代に甦ったGBBがどんな形で甦ったのか。 早速いってみましょう。 まずは見た目から。 今回のGBBはソールのフェース後部にウエートを装着した上で、ソール後部に「ペリメーター・ウエイティング」を採用していましたね。 従来のビッグバーサよりもネック側へのスライド幅を増やすことで、ドローバイアスを強くしているようです。 また、ウエートも2. 5g重くなっているようです。 フェースはシャローっぽいような、ディープっぽいようなフェースでした。 ネック側はシャローですが、トゥ側がディープってな感じなんですよね。 ボディを見る限りはシャローですよね。 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 なんか、懐かしい形状ですね!! やや三角形っぽい形状で、クラウンの投影面積も適度にあって、安心感のある見た目でした。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角10. 5度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量310g、バランスD1. ヘッド体積460cm3。 シャフトスペックは、重量53g、トルク5. 5、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 試打ポジションですが、基本性能を確認するためにペリメーター・ウエイティングがデフォルトポジション、アジャスタブルホーゼルのセッティングは「N」「S」ポジションでした。 重量的にはいい感じですが、気持ち軽めかな。 素振りしてみた感覚は、ムチのようにシャフトがしなるようなイメージでした。 実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の弾道が印象的でしたね。 ボクのスイングのクセでやや右に抜ける感じはありましたが、これはいわゆるコスッて右ではなく、振り遅れて右に抜けるような感じでした。 それにしても、とにかく球が強いっすね!! ボクの記憶に残っている昔のGBBもドーンと高弾道が印象に残っていますが、弾道イメージはまさにそのままですね。 しかも、ミスヒットの寛容性が高く、特にフェース下部のミスヒットにはめちゃめちゃ強かったっす!「あっ!! 」と思っても、出球はしっかりした感じで、弾道をみて「あれっ!? 」ってなっちゃうシーンもありました。 GST-3Bの3球平均データは、HS46. 43で、ベストは写真の通りでした。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで、 その各球データがこちら。 【3球平均】 HS47. 1度、バックスピン量2532. 3rpm、サイドスピン-148. 2rpm、飛距離252. 9y 【ベスト】 HS47. 3度、バックスピン量2361. 3rpm、サイドスピン-305. 3rpm、飛距離253. 8y 打感はマイルド系。 シャフトのトルクもあるかもしれませんが、いわゆる分厚いインパクトでしたね。 音は中音域が強調された感じでした。 弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちらでした。 弾道的には、高弾道。 スピン量少なめの弾丸ライナー系ですが、基本的につかまりはいいモデルだと思います。 しかも、サイドスピンがめちゃめちゃ少ないので、直進性が高いってのが最大の特徴かもしれませんね。 出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。 シャフトが柔らかめなので、ボクだと若干ヘッドが遅れて来て右に抜けるような感じはありましたが、その辺をキッチリ意識したらほぼストレートの弾丸ライナー弾道を楽しめます。 振り感ですが、シャフトの挙動的には結構全体がムチのようにしなるイメージでしたね。 でも、手元から先までが素直にしなるので、クセはないですね。 ただ、ボクのようにタメちゃうタイプだと、若干ヘッドが遅れる感じはありました。 そういう意味では、切り返しがおとなしめで、むしろ若干アーリーリリース気味のほうがシャフトがタメを作ってくれそうにも感じました。 デフォルトポジションで試打する限り、オートマチックにつかまえてくれるモデルだと思います。 ある種究極のオートマチック系かもしれませんが、ペリメーター・ウエイティングがあるので、スイングとの相性でチューニングすれば誰でも使えるモデルですね。 オリジナルシャフト装着モデルは、若干アーリーリリース気味の方のほうが、クラブが仕事してくれるようにも感じました。

次の