すき家メニューランキング。 「牛丼(中盛・大盛)ランチセット税込600円」が新たに登場!

【牛丼チェーン店ランキング】「吉野家 vs 松屋 vs すき家」最強の牛丼屋は?人気投票中!

すき家メニューランキング

5位 鉄火丼並 545kcal 今日の昼ごはんは、すき家の鉄火丼にしました。 他のランクインメニューの多くが、ミニ盛りにすることでカロリーが抑えられているのに対して、こちらの鉄火丼は並盛りでのカロリーなので、しっかり食べながらカロリーを抑えたい方におすすめです。 さっぱりとしたマグロの切り身がたっぷりと乗せられているので、満足感はありながら胃に負担を感じずさらっと食べられます。 とろろをプラスするのもおすすめ。 4位 牛丼ミニ盛り 496kcal すき家で牛丼ミニととん汁おんたまセットいただきます。 — とみりん tmrnAbout20pct 定番の牛丼のミニ盛りが、4位にランクインしました。 どうしても牛丼が食べたいけれど、カロリーや糖質が気になる…という方は、ミニ盛りにして頼むのがおすすめ。 すき家では 卵や味噌汁、サラダなどサイドメニューも充実しているので、糖質を抑えた分サイドメニューで満足感を補うのがダイエット中におすすめの選び方です。 ミニ盛りをゆっくりと味わうことで、満足感や満腹感がアップしますよ。 すき家らしい牛肉がたっぷりとトッピングされていて、お肉を食べたい方も満足できるメニューとなっています。 温と冷から選ぶことができるので、季節を選ばずにいつでも食べられるのが嬉しいポイント。 さらっと食べられる麺は、ランチタイムにもぴったりですね。 2位 ポークカレーミニ盛り 413kcal 昼飯はポークカレー🍛 — くまぷー pblogweb お肉と野菜がたっぷり入ったポークカレーのミニ盛りが、2位にランクインです。 ゴロゴロ野菜で満足感もしっかりと感じられるのが、嬉しいポイント。 カレーは基本的にはカロリーの高いものですが、ミニ盛りにすることで 500kcal未満で食べられます。 満足感が足りない、という方はサラダやお味噌汁をサイドメニューから選んでセットするのがおすすめですよ。 1位 牛丼ライト 並306kcal・大359kcal 正解はぁ?…牛丼ライト! — RED・シルヴァーナ Vキャスター、ダイエット中 tetorisuteramis ご飯がわりに豆腐が使われていて、野菜もたっぷり入った新しいタイプのメニューです。 さっぱりとしたゆずポン酢がかかっているので、しつこくなくいくらでも食べられる味に仕上がっています。 ご飯が入っていなくて満足できるのか不安に感じる方もいるかもしれませんが、牛肉と野菜、豆腐の相性が抜群で、食べきった時には満腹感が感じられますよ。 ダイエット中でとにかく糖質をカットしたい方におすすめです。 ローカロリーメニューとともに減肥茶を試してみよう すき家でもローカロリーな食事ができることがわかりましたが、牛肉は比較的脂質が高いのも注意しなくてはいけないポイントです。 脂質が高い食事が増えると、脂肪の増加につながってしまうため、 脂肪を減らす「減肥茶」を飲んで、体の脂肪を燃焼させたり、体外に排出させましょう。 まとめ すき家では、ミニ盛りを選んだり、低糖質メニューを選ぶことで、ダイエット中でも安心して食べられることがわかりました。 外食を続けてしまうと、どうしてもダイエットをするのが難しくなりますが、手軽にランチをとりたい時や、友人と食べに行く機会ができた時などは、こちらのカロリーランキングを参考にしてみてくださいね。

次の

すき家のおすすめ人気メニューやトッピングランキング!一番美味しいのは?

すき家メニューランキング

すき家の有名な裏メニュー「キング」 まず紹介する裏メニューはキング牛丼です。 こちらのメニュー状にあるサイズで一番大きい「メガ」よりもさらに大きい「キング」というサイズで、 ご飯が並盛の2. 5倍で約650g、牛肉が並盛の6倍で約510g、合わせて1200g弱という驚きのサイズです。 2009年8月にレギュラーメニューとして発売しましたが、1年ほどでメニューからなくなりました。 しかしメニューからなくなった今でも「キング牛丼」と注文することができます。 値段は税込1140円で、量からするととてもお得です。 カロリーは成人男性の1日摂取カロリーとほぼ同じの約2240カロリーとなっています。 キング牛丼は容器のサイズがないため、お持ち帰りできません。 食べきれず残したものも持ち帰れないので注意してくださいね。 もしどうしても家で食べたいときは約70gご飯が増えますが、メガサイズを2つ注文するとキング牛丼に近い量を食べることができます。 そして牛丼だけではなく豚丼とカレーもキングサイズにすることができ、豚丼が牛丼と同じ税込1140円、カレーは税込990円になります。 カレーはルーの量が並盛の約4倍の880gで総重量がなんと1500gを超えます。 食べる量に自信がある方はキングサイズに挑戦してみてはいかがでしょうか。 すき家の有名な裏メニュー「エンペラー」 続いての裏メニューはエンペラー牛丼と言われているもので、こちらはあるYouTuberが動画をあげたことで話題になりました。 キング牛丼のさらに2倍の量ということです。 ですが、多くのすき家クルーと名乗る方たちから「そんなメニューは存在しません」とコメントが寄せられ、実際にエンペラー牛丼を求めて注文した方達はメニューにないと断られたそうです。 すき家では「レジに打ち込めないメニューは提供しない」というマニュアルがあるみたいなのですが、動画では「エンペラー」という文字はなくキング牛丼が2回打たれていました。 これはすき家の会社内でも大きな問題となり、「もし注文されても出してはいけない」と業務連絡まであったそうです。 現在その動画は削除されているので見れませんが、 エンペラー牛丼という裏メニューは存在しないということで間違いなさそうです。 すき家の裏メニュー8選【牛丼編】 こちらでは 牛丼に関する裏メニューをご紹介します。 店舗によって対応していない裏メニューもありますので、そのときは無理に言わないでくださいね。 つゆの量• 玉ねぎの量• チーズ肉下• ご飯の量を減らす• ご飯の熱さを指定• 5倍になる「つゆちょいだく」、2倍になる「つゆだく」、3倍になる「つゆだくだく」と増やしていけます。 それ以上は「つゆだくだくだく」、「つゆだく限界」までありますが、対応してくれない店舗もありますので、できないときは無理にお願いしないでくださいね。 反対に少なくしたり抜いたりすることもでき、「つゆ少なめ」や「つゆ抜き」という風に注文しましょう。 つゆと同じように増やすときは「ねぎちょいだく」「ねぎだく」「ねぎだくだく」、減らすときは「ねぎ少なめ」「ねぎ抜き」と頼みましょう。 店員さんが玉ねぎを選んで作らなければならないので混雑時は注文を遠慮しましょう。 脂身を多くしてもらいたいときは「とろだく」、脂身を少なくしてもらいたいときは「とろ抜き」、赤身を多くしてもらいたいときは「赤多め」と頼みましょう。 こちらの裏メニューは対応してくれない店舗が増えているので、できない場合は無理にお願いしないでくださいね。 ご飯だけが残ってしまうことなく、最後までバランスよく食べることができます。 先に味噌汁などと白米を食べたい方にも人気な裏メニューです。 またお持ち帰りもでき、ご飯がベチャベチャにならないのでおすすめです。 ご飯と肉の間にチーズを入れてもらうことができ、熱でチーズが溶けてさらにおいしくなります。 半分や欲しい分をグラム数で指定することも可能です。 ご飯を減らしても値段は変わらないので、場合によっては牛皿を頼んだ方がお得になることがあります。 すき家の通常のご飯と牛肉の量は以下の通りです。 冷めたご飯がよければ、「つめしろ」と頼んでください。 ただし、つめしろを頼んでも牛肉は熱々のままですので注意してください。 硬めの玉ねぎがよければ「かたねぎ」、軟らかい玉ねぎを入れて欲しい場合は「やわねぎ」と注文しましょう。 すき家の裏メニュー5選【サイドメニュー編】 こちらでは すき家のサイドメニューに関する裏メニューをご紹介します。 たまごを温玉に変更 2. ポン酢やわさびを増量• 味噌汁の濃さを調整• 黄身と白身に分ける• セットのたまごやたまごを使ったメニューなら10円プラスすれば温玉に変更することができます。 「牛丼大盛、3点セットでたまごを温玉にしてください」や「ねぎ玉牛丼の並盛、温玉でお願いします」という風に注文しましょう。 ポン酢でさっぱり食べたいときやわさびのツンとした刺激が欲しいときなどにおすすめです。 熱々のまま薄めたい場合は「お湯割り」、冷ましながら薄めたい場合は「水割り」と注文してください。 チーズをトッピング• 福神漬け多め• ねぎ玉牛丼セットをお得に• 「チーズをトッピングしてください」と注文しましょう。 2倍量まで無料で増やしてもらうことができるので注文するときにお願いしましょう。 しかし、牛丼のたまごセット(120円)や3点セット(150円)を頼み、サイドメニューのネギ(60円)とコチュジャンだれ(20円)をトッピングすれば、ねぎ玉牛丼にお得に味噌汁やおしんこを付けることができます。 味噌汁のみなら10円、おしんこと味噌汁なら40円お得に付けられます。 「味噌汁や冷やっこのねぎ抜き」や「山かけわさびのわさび抜き」、「かつぶしオクラのかつおぶし抜き」などです。 苦手なものがある場合は抜くことができることが多いので店員さんに確認してみるとよいですよ。 すき家の裏メニューアレンジアイデア10選 こちらではみなさんが試しておいしかった アレンジ裏メニューをご紹介します。 アレンジ次第でさっぱりにもこってりにもできますよ。 牛丼茶漬け• フレンチドレッシング• 「熱いお茶ください」と頼めば無料でもらうことができるので、スルスルと食べたいときや途中で味変したいときなどにおすすめです。 わさびや紅しょうがなどの薬味を加えてもおいしいですよ。 牛丼とフレンチドレッシングというあまり見ない組み合わせですが、意外なおいしさです。 チーズ牛丼にかけたり、紅シしょうがをトッピングしたり、タバスコや七味をかけたり、さらにアレンジして食べる方も多いようです。 チーズがトッピングされることによりキムチがまろやかになりおいしいです。 チーズ牛丼にキムチトッピングするより、キムチ牛丼にチーズをトッピングする方が10円お得なのでおすすめです。 がっつり食べたいという日におすすめで、670円で食べることができます。 カロリーは気になりますが、チーズがたっぷり濃厚でチーズ好きにはたまらないですね。 チーズが多くなる分溶けづらいので、チーズ肉下で頼むことをおすすめします。 スルスルさっぱり食べられるので夏にぴったりなアレンジ牛丼です。 牛丼との相性も抜群でこってりだけどハマると人気の裏メニューです。 こちらは とりそぼろ丼に明太マヨをトッピングするアレンジです。 あまり見ない組み合わせですが「最高の組み合わせ」「絶品」との声が多い裏メニューです。 たまごを温玉に変更するのもおすすめですよ。 健康的なメニューになりますね。 キムチを足したり、温玉に変更してもおいしいですよ。 チーズ牛丼にコチュジャンだれをトッピングするより、こちらの方が10円お得です。 タバスコをかけてもおいしいのでお好きな方は店員さんに頼んでもらってくださいね。

次の

【決定版】すき家のおすすめ牛丼メニューランキング!【トッピング別】

すき家メニューランキング

すき家の有名な裏メニュー「キング」 まず紹介する裏メニューはキング牛丼です。 こちらのメニュー状にあるサイズで一番大きい「メガ」よりもさらに大きい「キング」というサイズで、 ご飯が並盛の2. 5倍で約650g、牛肉が並盛の6倍で約510g、合わせて1200g弱という驚きのサイズです。 2009年8月にレギュラーメニューとして発売しましたが、1年ほどでメニューからなくなりました。 しかしメニューからなくなった今でも「キング牛丼」と注文することができます。 値段は税込1140円で、量からするととてもお得です。 カロリーは成人男性の1日摂取カロリーとほぼ同じの約2240カロリーとなっています。 キング牛丼は容器のサイズがないため、お持ち帰りできません。 食べきれず残したものも持ち帰れないので注意してくださいね。 もしどうしても家で食べたいときは約70gご飯が増えますが、メガサイズを2つ注文するとキング牛丼に近い量を食べることができます。 そして牛丼だけではなく豚丼とカレーもキングサイズにすることができ、豚丼が牛丼と同じ税込1140円、カレーは税込990円になります。 カレーはルーの量が並盛の約4倍の880gで総重量がなんと1500gを超えます。 食べる量に自信がある方はキングサイズに挑戦してみてはいかがでしょうか。 すき家の有名な裏メニュー「エンペラー」 続いての裏メニューはエンペラー牛丼と言われているもので、こちらはあるYouTuberが動画をあげたことで話題になりました。 キング牛丼のさらに2倍の量ということです。 ですが、多くのすき家クルーと名乗る方たちから「そんなメニューは存在しません」とコメントが寄せられ、実際にエンペラー牛丼を求めて注文した方達はメニューにないと断られたそうです。 すき家では「レジに打ち込めないメニューは提供しない」というマニュアルがあるみたいなのですが、動画では「エンペラー」という文字はなくキング牛丼が2回打たれていました。 これはすき家の会社内でも大きな問題となり、「もし注文されても出してはいけない」と業務連絡まであったそうです。 現在その動画は削除されているので見れませんが、 エンペラー牛丼という裏メニューは存在しないということで間違いなさそうです。 すき家の裏メニュー8選【牛丼編】 こちらでは 牛丼に関する裏メニューをご紹介します。 店舗によって対応していない裏メニューもありますので、そのときは無理に言わないでくださいね。 つゆの量• 玉ねぎの量• チーズ肉下• ご飯の量を減らす• ご飯の熱さを指定• 5倍になる「つゆちょいだく」、2倍になる「つゆだく」、3倍になる「つゆだくだく」と増やしていけます。 それ以上は「つゆだくだくだく」、「つゆだく限界」までありますが、対応してくれない店舗もありますので、できないときは無理にお願いしないでくださいね。 反対に少なくしたり抜いたりすることもでき、「つゆ少なめ」や「つゆ抜き」という風に注文しましょう。 つゆと同じように増やすときは「ねぎちょいだく」「ねぎだく」「ねぎだくだく」、減らすときは「ねぎ少なめ」「ねぎ抜き」と頼みましょう。 店員さんが玉ねぎを選んで作らなければならないので混雑時は注文を遠慮しましょう。 脂身を多くしてもらいたいときは「とろだく」、脂身を少なくしてもらいたいときは「とろ抜き」、赤身を多くしてもらいたいときは「赤多め」と頼みましょう。 こちらの裏メニューは対応してくれない店舗が増えているので、できない場合は無理にお願いしないでくださいね。 ご飯だけが残ってしまうことなく、最後までバランスよく食べることができます。 先に味噌汁などと白米を食べたい方にも人気な裏メニューです。 またお持ち帰りもでき、ご飯がベチャベチャにならないのでおすすめです。 ご飯と肉の間にチーズを入れてもらうことができ、熱でチーズが溶けてさらにおいしくなります。 半分や欲しい分をグラム数で指定することも可能です。 ご飯を減らしても値段は変わらないので、場合によっては牛皿を頼んだ方がお得になることがあります。 すき家の通常のご飯と牛肉の量は以下の通りです。 冷めたご飯がよければ、「つめしろ」と頼んでください。 ただし、つめしろを頼んでも牛肉は熱々のままですので注意してください。 硬めの玉ねぎがよければ「かたねぎ」、軟らかい玉ねぎを入れて欲しい場合は「やわねぎ」と注文しましょう。 すき家の裏メニュー5選【サイドメニュー編】 こちらでは すき家のサイドメニューに関する裏メニューをご紹介します。 たまごを温玉に変更 2. ポン酢やわさびを増量• 味噌汁の濃さを調整• 黄身と白身に分ける• セットのたまごやたまごを使ったメニューなら10円プラスすれば温玉に変更することができます。 「牛丼大盛、3点セットでたまごを温玉にしてください」や「ねぎ玉牛丼の並盛、温玉でお願いします」という風に注文しましょう。 ポン酢でさっぱり食べたいときやわさびのツンとした刺激が欲しいときなどにおすすめです。 熱々のまま薄めたい場合は「お湯割り」、冷ましながら薄めたい場合は「水割り」と注文してください。 チーズをトッピング• 福神漬け多め• ねぎ玉牛丼セットをお得に• 「チーズをトッピングしてください」と注文しましょう。 2倍量まで無料で増やしてもらうことができるので注文するときにお願いしましょう。 しかし、牛丼のたまごセット(120円)や3点セット(150円)を頼み、サイドメニューのネギ(60円)とコチュジャンだれ(20円)をトッピングすれば、ねぎ玉牛丼にお得に味噌汁やおしんこを付けることができます。 味噌汁のみなら10円、おしんこと味噌汁なら40円お得に付けられます。 「味噌汁や冷やっこのねぎ抜き」や「山かけわさびのわさび抜き」、「かつぶしオクラのかつおぶし抜き」などです。 苦手なものがある場合は抜くことができることが多いので店員さんに確認してみるとよいですよ。 すき家の裏メニューアレンジアイデア10選 こちらではみなさんが試しておいしかった アレンジ裏メニューをご紹介します。 アレンジ次第でさっぱりにもこってりにもできますよ。 牛丼茶漬け• フレンチドレッシング• 「熱いお茶ください」と頼めば無料でもらうことができるので、スルスルと食べたいときや途中で味変したいときなどにおすすめです。 わさびや紅しょうがなどの薬味を加えてもおいしいですよ。 牛丼とフレンチドレッシングというあまり見ない組み合わせですが、意外なおいしさです。 チーズ牛丼にかけたり、紅シしょうがをトッピングしたり、タバスコや七味をかけたり、さらにアレンジして食べる方も多いようです。 チーズがトッピングされることによりキムチがまろやかになりおいしいです。 チーズ牛丼にキムチトッピングするより、キムチ牛丼にチーズをトッピングする方が10円お得なのでおすすめです。 がっつり食べたいという日におすすめで、670円で食べることができます。 カロリーは気になりますが、チーズがたっぷり濃厚でチーズ好きにはたまらないですね。 チーズが多くなる分溶けづらいので、チーズ肉下で頼むことをおすすめします。 スルスルさっぱり食べられるので夏にぴったりなアレンジ牛丼です。 牛丼との相性も抜群でこってりだけどハマると人気の裏メニューです。 こちらは とりそぼろ丼に明太マヨをトッピングするアレンジです。 あまり見ない組み合わせですが「最高の組み合わせ」「絶品」との声が多い裏メニューです。 たまごを温玉に変更するのもおすすめですよ。 健康的なメニューになりますね。 キムチを足したり、温玉に変更してもおいしいですよ。 チーズ牛丼にコチュジャンだれをトッピングするより、こちらの方が10円お得です。 タバスコをかけてもおいしいのでお好きな方は店員さんに頼んでもらってくださいね。

次の