フレイヤ。 フレイヤ アイラッシュサロン(FREYA)|ホットペッパービューティー

横浜市元町/ヘアカラー、パーマ/横浜市元町の美容室Freya(フレイア)

フレイヤ

アーカイブ• 107• 226• 215• 231• 212• 241• 250• 227• 253• 247• 239• 183• 162• 157• 190• 156• 161• 131• 125• 139• 154• 159• 125• 150• 166• 180• 148• 146• 135• 131• 146• 184• 219• 229• 206• 211• 193• 192• 262 リンク集• 新着コメント• に 名無しのエムブレマー より• に より• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より.

次の

フレイヤ アイラッシュサロン(FREYA)|ホットペッパービューティー

フレイヤ

フレイヤ(a, )とは、に登場するの一柱である。 、アとも。 概要 美、欲、豊、、などをどる。 非常に美しく奔放な性格をしたで、の美徳と悪徳をすべて兼ね備えた存在とされた。 豊との々・族の出身。 は豊と富と港のであるニヨルド、は女のジ、もしくはニヨルドのであるとされるがはっきりはしていない。 族と族の争いが決着して和解する際に、人質として・ニヨルドおよび・とともに族のに移り住んだ。 オードという夫がおり、フノッスとというをもうけた。 美しき豊のであるがゆえに、族に狙われることもしばしば。 の鎚が族に盗まれたときには代わりにフレイヤを要されたが、フレイヤはこれをつっぱねた(結果困り果てたがフレイヤにして奪い返すというまさかの展開に)。 性的に奔放で、々・問わず多くのがおり、であるとすら関係を持った。 中でもオッというのがお気に入りだったという。 ーガメン(詳細後述)を手に入れる際に、要されるがままに4人の小人とをともにしたという記述が、々をとして書いた『フト』の「リの」にみられる。 一方で夫・オードがに出たまま帰らなかったときには中を探し回すという健気な面も持ち合わせる。 フレイヤは夫が見つからにを流し、それが地中にしみこんでに、に流れてになったという。 このの間、各地でヴァナ(族のの意)、ゲヴィン、スュール、ン、マルデル、シル、スフ、トルングなど様々な名前を使い分けた。 所有物 く炎の首飾りーガメン(またはー)を所有し、のあいだ身につける。 これを身に着けたフレイヤの魅は更に高まり、も人もその前には逆らえなかったという。 また身にまとうとの姿に変わりを飛ぶことのできる「の羽衣」も所有する(に関係なくただを飛ぶことのできる羽衣という記述も見られる)。 ただしフレイヤが実際にこれを使ったという話はなく、奸智のが使う話のみが見られる。 ルクグという館に住み、その中にある間ムニルでが連れてきた戦死者の中から勇敢なを選び取る(残りはのものとなる)。 の際には2匹のが牽くか、ディスヴィーニというに乗って移動する。 余談 の "y" はもともと「フレイヤの日」を意味する(の妻であり、近年フレイヤと同一である可性を摘されているフリッグの日とする場合もある)。 またで(の)を意味する "" のとも言われる。 創作作品におけるフレイヤ このをにして多数のでというが生み出された。 「」も参照。 という名前で登場する。 幼い外見と邪気な性格をもつが、とてつもない破壊のを秘めた。 をに持つ。 々の熱き戦い ワルハラ宮に仕える強い信念を持った祭・が登場する。 これもの。 登場の一人・がにした際の3のうちの一つが「ヴァナ」(前述のフレイヤの別名の一つ)である。 このでは「」を使うことができる。 「」および「」にそれぞれとして登場する。 が操作として選択できるうちの一人。 ではの姿から人に変わる様子も描かれている。 「」「いるじゃない!」 関連商品 関連項目•

次の

フレイヤ アイラッシュサロン(FREYA)|ホットペッパービューティー

フレイヤ

が描いた、の楽劇『』に登場するフライア。 フレイヤに相当するが、を管理するという女神の役割も持たされている 住処 配偶神 親 兄弟 子供 , 乗り物 猫が牽く車 フレイヤ(Freja, Freyja)は、におけるの1柱。 出身で、の娘、の双子の妹である。 フレイア、 フレイアー、あるいは風に フライア、 フライヤというカナ表記が用いられる。 綴りはやドイツ語では(専門家以外は)Freyaが多い。 他にFreiaなどがある。 生と死、愛情と戦い、豊饒とを司り、やとは対概念的な存在である。 非常に美しく力のある女神とされ 、豊饒神としての性格上性的に奔放であり、ヴァナ神族では普通のこととされているものの、父ニョルズや兄とも肉体関係があったほか、や 、たちが 身代金や報酬として彼女を望むなど、しばしば性的な欲望の対象になった。 名の由来 [ ] 詳細は ()を参照。 フレイヤという神の名は、こんにちはもう証明できない神の個人名を置き換えるのに用いられたに起源を持つと考えられている。 置き換えの結果、元の名前は完全にとなったか、他の既に知られている女神に引き写される、あるいは下位に置かれるなどの過程を経たかのいずれかであると考えられる。 概要 [ ] 来歴 [ ] フレイヤはの出身であり、ヴァン神族との抗争(ヴァン戦争)が終了し和解するにあたり、人質として父、兄とともにに移り住み 、アース神族にセイズをもたらした。 関係者 [ ] 海神ニョルズとニョルズの妹の間の子であり、豊穣神フレイの双子の妹である。 夫は (おそらくアース神族)。 と という娘がいる。 という人間の愛人がいる。 所有物 [ ] によって描かれた、猫が牽く車に乗るフレイヤ。 フレイヤの住む館はといい、その広間は広くて美しいといわれており、そこで戦死者を選び取るとされている。 もしくは という、神をも魅了する黄金製(もしくは琥珀製)の首飾りを所持している。 動物との関わり [ ] が多産であることから、豊饒の女神であるフレイヤの聖獣とされている。 フレイヤは2匹の猫が牽く車を持っており、移動手段としている。 というも持っていてこれに乗って移動することもある。 愛人のが変身した姿ともいわれている。 フレイヤ自身が動物に変身することがある。 フレイヤは夜になると、に変身して牡山羊と遊ぶという。 他に着るとに変身できる鷹の羽衣をもっており、この羽衣は何度かに貸している。 主なエピソード [ ] 愛を司る女神 [ ] の写本『』に描かれたフレイヤ。 性に関してだらしない面があり、首飾りを手に入れる際も、製作した4人のたちに求められるまま、4夜をともに過ごしたとされる。 人間や神々の中にも多くの愛人がいたという。 特にお気に入りだったのが人間の男性オッタルで、彼を猪に変身させてそれに乗って移動することもあったという。 そのためか、夫オーズに去られている。 フレイとも関係を持った事があるが、ヴァン神族においては日常的に行われる。 『』の『』においても、ロキから、フレイヤが兄と一緒にいるときに神々が乱入したことを指摘されている。 人間が恋愛問題で祈願すれば喜んで耳を傾けるともいわれている。 名前の類似から(別名)と混同されやすい。 また、愛の女神という点で、のと同一視されることもある。 豊穣の女神 [ ] 兄のフレイと共に豊穣神としてアース神族の最重要神とされる。 霜の巨人からしばしば身柄を狙われている。 たとえば、破壊されたアースガルズの城壁の建設を請け負った石工は、正体が山の巨人であったが、報酬として望んだのはフレイヤと太陽と月であった。 また、巨人がアース神のの持つ最強の武器を盗み、返却の条件として出したのは自身とフレイヤとの結婚であった。 巨人が宮内で酒に酔った時は、フレイヤとだけを自分の国へ連れて行き後は皆殺しにするなどと豪語した。 死者を迎える女神 [ ] 『古エッダ』や『ギュルヴィたぶらかし』では、戦場で死んだ勇敢な戦士を彼女が選び取り、オーディンと分け合うという記述がある。 なぜ彼女が主神と対等に戦死者を分け合うとされているのか、理由ははっきりしていない。 戦死者をオーディンの元へ運ぶのはの役割であるため、フレイヤが彼女たちのリーダーだからと考える研究者もいる。 あるいはフレイヤとオーディンの妻フリッグ(別名フリーン)は同じ女神の別の時期の名前であって2人は同一人物だった可能性もあるという。 フレイヤがオーディンの妻ならば死者を夫と分け合うのは不自然なことではない。 (詳しくはを参照。 )さらに、キリスト教への改宗が進んだ時期にはフレイヤがフリッグの地位を占めるようになっていたとも考えられる。 その一例として、アイスランドの首領のがのの会場で旧来の神々を冒涜した際に謡った詩は、「2匹の犬つまり淫婦のフレイヤとオーディンを一緒にしろ」という趣旨の、2人の関係をほのめかす内容であった。 女性が死んだ際にフレイヤの元へ迎えられるという伝承もあり、サガにおいて、自殺すると決めた女性が、フレイヤの元で食事するまでは断食を続けると語る場面がある。 黄金を生み出す女神 [ ] 『』に登場する女性の正体は彼女だと考えられている。 「グルヴェイグ( Gullveig)」という名は「黄金の力」を意味し 、黄金の擬人化、または黄金の力が女性の姿をとった存在だとされている。 フレイヤが行方不明になった夫を捜して世界中を旅する間に流した赤い涙は、地中に染み入って黄金になったとされている。 そのため黄金は、フレイヤの名乗った別名から「マルデルの涙」と呼ばれることもある。 その他 [ ] グルヴェイグに関連したエピソードとして、グルヴェイグは「」という魔法を使って人々をたぶらかした が、フレイヤもセイズを使うことができ、オーディンに教えたとされている。 セイズの本質は人の魂を操る事にあり、霊を呼び寄せて予言を受けたり、己の肉体から魂を分離して遠くで起きた事を知る事ができたという。 セイズの使い手は女性とされ、男性が使う事は不快がられた(たとえば『ロキの口論』において、オーディンがセイズを使う事に対してロキが女々しいやり方だと罵倒している)。 行方不明のオーズを探す間にフレイヤは様々な異名を名乗った。 女神( Gefjun)にはフレイヤとの共通点がみられる。 フレイヤの別名の中には「ゲヴン」( Gefn)という、「ゲフィオン」に似た名前がある。 またフレイヤが女性の死者を迎えるように、ゲフィオンも処女で死んだ女性を迎えている。 は2人を同一神格と考えるには材料が不十分としている が、 ()は「ゲフン」とゲフィオンが関連していると考えている。 フレイヤに由来する命名 [ ]• 122. 菅原、264頁。 252. (『』第一部『』35章)。 菅原、262頁。 菅原、263頁。 菅原、264頁。 菅原、268頁。 菅原、264頁。 , p. 112. , pp. 55 — 56. , p. (『』の『』)。 (『古エッダ』の『』)。 (『ユングリング家のサガ』)。 251. (『ギュルヴィたぶらかし』35章)。 , p. 212. (『古エッダ』の『』)。 , p. (『古エッダ』の『グリームニルの歌』第14)。 245. (『ギュルヴィたぶらかし』24章)。 , p. (『古エッダ』の『 ()』第13聯)。 , p. 272. (『ギュルヴィたぶらかし』49章)。 , p. 188. , p. 124. , pp. 83-84. , pp. 258-259. (『スノッリのエッダ』42章)。 , pp. 89-92. (『スリュムの歌』)。 , pp. 24-25. , pp. 125-127. , p. 126. , p. 122. , p. 168. , p. 127. , p. , p. 171. , p. 186. 参考文献 [ ]• 「北欧神話」、、1984年10月。 、訳注「スノリ『エッダ』「」訳注」」『文学部紀要』第43巻No. 特輯号3、1983年12月、。 スノッリ・ストゥルルソン『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -』1、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社〈1000点世界文学大系 北欧篇3〉、2008年10月。 『北欧神話』米原まり子、一井知子訳、、1992年9月。 『エッダ 古代北欧歌謡集』V. ネッケル他編、谷口幸男訳、、1973年8月。 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』訳、、1993年12月。 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』〈世界の神話 8〉、1982年9月。 Orel, Vladimir 2003. A Handbook of Germanic Etymology. Brill Publishers. Grundy, Stephan 1998. In Billington, Sandra; Green, Miranda. The Concept of the Goddess. ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の