アイコス シトラス。 アイコス全20種類の味比較!フレーバーおすすめランキング【2020最新評価一覧】

アイコス全20種類の味比較!フレーバーおすすめランキング【2020最新評価一覧】

アイコス シトラス

2020年5月29日:「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」コンビニ発売• 2020年5月15日:期間限定フレーバー「ディメンションズ」3銘柄を追加(合計20種類に)• 2020年3月20日:ブライトメンソールのレビュー評価を追加• 2020年3月16日:ヒートスティック新フレーバー「ブライトメンソール」追加(合計17種類に)• 2020年3月:ヒーツ新フレーバー2種類追加(合計16種類に)• 2020年1月:廃盤のヒートスティックを取り下げ(合計14種類に)• 2019年9月:ヒートスティックの価格が20円値上げ・値段更新• 2019年8月:新フレーバー3種類追加(合計16種類に)• 2019年8月:新フレーバー3種類追加(合計16種類に)• 2018年10月:ヒーツフレーバー4種類追加(合計13種類に)• 2018年6月:ヒートスティックの新フレーバー3種類追加(合計9種類に)• 2017年6月:ヒートスティックの新フレーバー2種類を追加(合計6種類に)• それぞれの銘柄内で複数のフレーバーが登場していますが、価格や味わいが銘柄毎に大きく異なります。 マールボロ ヒートスティック(heatstick)• ヒーツ(HEETS) また、非公式の「互換たばこ」というものも存在します。 ざっくり見てみましょう。 【1】マールボロ ヒートスティック 「マールボロ ヒートスティック」は、IQOSが日本に登場した2016年頃からある、由緒正しき正当なるアイコス専用タバコです。 IQOSはフィリップモリスが製造販売していますが、 フィリップモリスといえばマルボロといえるくらい純正のたばこ。 文字通り、マルボロをベースに作られたアイコス専用タバコとなっています。 なので味わいはかなりしっかりしています。 加熱式たばこなので蒸気を楽しみますが、蒸気といえどしっかりとタバコの旨味を味わうことが可能です。 価格は520円。 【2】ヒーツ 「ヒーツ」は、2018年頃から日本で販売が開始したIQOS専用のたばこスティックです。 しかし実のところ、海外では「ヒートスティック」よりも、この「ヒーツ」の方が主流に販売されています。 味はヒートスティックより薄めであり軽め。 また、たばこの苦味が強い味わいに仕上がっています。 価格は470円。 「ヒートスティック」よりも値段が安いことも特徴ですね。 【3】ニコレス、コバト…互換たばこ• なにしろ強いメンソールが味わいたい!なら、メンソール• メンソールと共にタバコ感を味わいたい!なら、イエローメンソール• ほんのり甘い香りと共にメンソりたい!なら、トロピカルメンソール• 甘めな香りを楽しみたい!なら、パープルメンソール• ほんわりメンソールを楽しみたい!なら、ミント 通常のメンソールタイプと、味付きのメンソールタイプでは、だいぶ選ぶ嗜好が異なると思います。 特に、パープルメンソールはかなり特異なメンソールですよね。 あまーい香りが楽しめるので、雰囲気変えたい時ならばっちり。 アイコス初体験なら「ミント」がほんわり入りやすい感が強いのでおすすめ…ですが、最近私はもっぱら「イエローメンソール」を選択しています。 フレッシュな爽快感が良い。 新フレーバーの「トロピカルメンソール」がかなり良い味わいだったので、切り替えしちゃおうか迷っているアイコスさんです。 2020年、本当にヒーツ利用者が増えています。 やはり理由は 価格です。 2019年10月にヒートスティック価格が値上げされ、ヒーツとの価格差は50円となりました。 今現在、ヒーツの味わいはそこまで悪くないので、1箱50円の違いがあるのであればヒーツを買ってしまう心理はよくわかりますよね。 アイコス専用たばこ、5つの「裏話」 この章では、ヒートスティック・ヒーツ限らず、アイコス専用たばこに関する裏話をピックアップしてお伝えします。 実はこんなヒソヒソ話が隠れて…!!? 現在の価格は、2019年10月から適用されているもの。 例えば、それまではヒートスティックは500円…1コインでしたし、もっと前は400円台でした。 それを知っていると今の520円は高く感じますね。 なんですが、実はその分アイコス本体の価格が下がっています。 例えば、アイコス2. 4プラスの発売時の定価は1万円を超えていましたが、今では5000円以下になっています。 アイコス発売当初…2016年時点では4種類のヒートスティックから始まりました。 それが2017年には6種類、2018年には9種類…2018年後半にはHEETS(ヒーツ)も加わり…最大16種類のフレーバーに達したこともあります。 そう、つまり廃盤になった銘柄が存在します。 これらは生産が終了となっています。 なんとも不思議な名前の2銘柄ですが、地域限定販売から始まり、アイコスストア限定の販売までいったのですが、結局廃盤となり『幻のフレーバー』となってしまいました。 その理由は・・「ヒーツの販売に大きなコストをかけた」とか「メンソールを今は増やすべきと判断された」とか、色々な噂があります。 ちなみに味わいは賛否両論ありました。 帰り際に池袋でアイコスの新フレーバー買ってきた。 ブラウンはちょっと鼻につく感じがあるけど、喫味はレギュラーより濃厚。 キャビンとかラーク系なのかな? オレンジは喫味こそレギュラーぽいけど、香りが芳香剤臭い。 隣に置いといて匂い移りしたような感じ。 — 河童使い copperuser IQOS新フレーバーお試し 結論から言うと普通のレギュラーでいいかなって感じ。 イメージで言うとレギュラーが普通の水だとするとオレンジはいろはすみかんのみかん味をめちゃ薄くした感じ ブラウンはまじでチョコ味。 私も試喫してきましたが、• ブラウン = チョコ+洋酒で濃厚• どちらもレギュラーテイストの濃厚さ(特にブラウンは濃い)がありつつも、特徴的な味わいが広がります。 そして、これまでのミントやメンソールとも一線を画すものでした! 最近よくある、プチっと潰すと芳醇な香りーー!が出るタイプのメンソールが強めのタバコあるじゃないですか。 あんな感じ! 香りが異常に強く、メンソールも強めです。 また、甘さがあるベリー系のものでした。 ちなみにどのくらい香りが強いかと言うと、 吸いおわりのホルダーに香りが残るくらい!だいぶ香ります。 この段階で臭いをかいでみると、もう既にほんわり芳醇な香りを体験することができます。 ほとばしってます。 しかし、かと言って、嫌な匂いではありませんでした。 なんというか、本当に「アロマ」という言葉がぴったり。 是非機会があればアイコスストアを訪れてみて下さい。 その秘密を分解すると、この3つに分けられます。 登場タイミング• ターゲットの設定• プロモーション方法 値段が安いからこそ人気なのですが、単純に安いことだけで人気になっているわけではない。 アイコスの販売戦略について以前記事をまとめてみましたが、総じて「プロモーション」がやたらとうまいのです。 上から、プルームテックの「たばこカプセル」、アイコスの「ヒートスティック」、グローの「ネオスティック」 当サイトアイコスさんでは、ここまで紹介したヒートスティックだけでなく、や、のフレーバーもレビュー中。 アイコスのように、プルームテック・グローもそれぞれ数種類のフレーバーを展開していますが、実は やっぱりデバイス毎に味って違うんです。 「アイコスとグローの味って違うよね」というのが比較してみると明らかにわかるんです。 なかなか全ての加熱式タバコを手に入れるのって大変だと思うので、もし購入前に興味がある方は是非加熱式タバコ同士の比較記事も参考にしてみて下さい。 様々なアイコス専用タバコ、あなたにあったフレーバーを見つけて。 ここまでアイコス専用タバコである「ヒートスティック」と「ヒーツ」の全種類を見てきました。 数々の新フレーバーが登場することによって、アイコスで絶妙に欠乏していた選択肢が良い感じに拡充されてきています。 この拡充により、例えば「今日は気分を変えてこっちを吸ってみよう」とか、「この味があるならアイコス始めてもいいかも」とか、新たな動きが発生することは間違いありません。 そういった気づきに、この記事が貢献できたら幸いです。 しかし、その分「歩きアイコス」などが増えている傾向があるのも事実。 加熱式タバコのマナー違反は避けつつ、ルールを守って楽しく利用していきましょう。 アイコス新着情報をゲット!そして感想を教えてね。

次の

今回のアイコス新フレーバー【HEETS】は大当たり!シトラスもパープルもかなり美味いじゃん!

アイコス シトラス

ここ数年の間に、紙たばこではない、加熱式タバコの勢力が増している。 コンビニでもずらりと薄型の綺麗なパッケージが一段と目を引く。 従来の紙たばこは、たばこ葉を燃やすので煙や副流煙が発生し、周りにも影響を及ぼします。 加熱式たばこは葉を燃やすのではなく、蒸気を発生させる仕組みなので煙も副流煙も灰もでない。 環境に優しいのが加熱式たばこの良さだ。 特に臭いやヤニが気になる女性の愛煙家にはうれしい商品。 その先駆けとなったのが【アイコス】追従するようにグロー、プルームテックと勢いが止まらない。 その中で、アイコスが本格的なフルモデルチェンジを果たした。 その名も「アイコスマルチ」 今までは一回ずつしか吸えなかったのが、連続で吸えるようになりました。 わざわざ一回吸っての充電という待ち時間がなく、連続吸い可能になりパワーアップしてくれた。 今回は新しくなったマルチと従来型の違いについて紹介していきます。 まずは使いやすさや性能だけではない、デザイン機能までアップしたことだ。 実際にマルチタイプで吸ってみると、ヒートスティックを刺す感じはそんなに違いはない。 スティックの抜き差しも、変わらない。 従来型は太目なペンのようなラインだが、マルチは手になじむ握りやすいサイズ感を感じる。 性能に関しては充電時間が短縮されただけでなく、充電機能もよりコンパクトになった。 今までは充電する方と吸う方は別々だったのが、マルチは一体化になったこと。 それでいて手軽に持ち歩ける軽量50g。 胸ポケットに入れても邪魔にならない。 操作もボタンひとつなので、初心者でもできるほど簡単だ。 操作が簡単なら、気軽に試しやすい。 実際吸ってみたが、初代から比べるとそんなに差は感じなかった。 臭いや吸いごたえも問題ない。 そのフレーバーを使っても、安心して味わえることができる。 ただ違うのが、マルチは連続吸いが可能だということだ。 ちょっと休憩したい時や、飲み会などはつい手が伸びてしまう。 そんな時、充電を気にすることなく味わえるのはマルチゆえの強みだろう。 新型アイコス3マルチの本体カラーとキャップ色の種類• ゴールド• ブルー• ブラック• ホワイト 新型アイコス3マルチの本体カラー色の種類は4色が揃っている。 また限定カラーとしてレッドも販売しているようです。 ゴールドは ブリリアントゴールドで、メタリックな感じが特徴。 上品なシャンパンのような輝きが魅力的だ。 曲線に映える。 ブルーは ステラーブルー。 ゴールドと同じくメタリックな雰囲気が素敵だ。 爽やかな海のような煌めきが魅力的だ。 クール色だが、男性受けだけじゃない、女性にも人気なカラー。 ブラックは ベルベットグレー。 黒ではなく、トーンの落ち着いたグレー。 高級なベルベットをまとったような色でありながら、マットな仕上がりが安定の高級感を醸し出している。 ホワイトは ウォームホワイト。 こちらもマット感のあるホワイトだ、さりげない落ち着いた仕上がりになっている。 ホワイトは男女関係なく持てるマルチカラーだ。 アイコスの魅力はフォルムの美しさ。 この曲線が、鮮やかなカラーをさらに際立たせている。 グローも見ていこう。 グロー・ハイパーは3,980円 加熱時間は通常20秒、ブースト15秒。 使用時間は通常4分、ブースト3分。 充電時間は約90分、連続で20回使用できる。 グロー・プロは2,980円 加熱時間は通常20秒、ブースト10秒。 使用時間は通常4分、ブースト時は3分。 充電には90分、約20回使用できる。 グロー・ナノは1,980円とよりリーズナブル。 加熱時間は40秒かかり、使用時間は3分30秒。 充電時間には60分、約10回使用できる。 ただ、グローは他のスティックより差し込みが細いため、実際吸うときに加熱した熱が他の加熱式たばこよりダイレクトに感じやすかった。 その熱が苦手な場合は、むせることも考えられる。 販売当初からのヒートスティックアイテムといえばマルボロだろう。 新型アイコス3マルチのたばこ葉フレーバーでは現在マルボロ以外にも30円リーズナブルのヒーツシリーズも販売されている。 マルボロ・ヒートスティック・レギュラー 最もたばこらしい濃厚な味わいが魅力。 ガツンとした感覚が強いので、マルボロ本来の味を楽しめます。 マルボロ・ヒートスティック・バランスド・レギュラー 定番の一つ。 レギュラーよりクセがマイルドでありながら、うまみも味わいもしっかり感じることができる。 少し軽さがあるので、後味もさわやか。 タールの少ない方を好む人におすすめ。 マルボロ・ヒートスティック・スムース・レギュラー スムースとバランスドの中間で発売されたアイテム。 より紙たばこに近い味わいが楽しめます。 マールボロ・ヒートスティック・メンソール 特にメンソール感が強く、頭にまでくる爽快感や刺激も味わえる最強アイテム。 辛口が好む人におすすめ。 紙たばこから乗り換えるなら、十分満足できる味わいを楽しむことができる。 自分にはこのメンソールがダントツだった。 マールボロ・ヒートスティック・ミント メンソールよりソフト、吸いやすい味わい。 強さだけでない、柔らかさも残っている。 強いのは苦手だという方には試しやすいアイテムだ。 マールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソール これは好き好きがわかれるだろう。 メンソールとベリー系がミックスされたフレーバーだが、メンソールだけじゃない、ベリーの甘さも感じられる不思議な味わいだ。 ただ、加熱すると独特な臭いがする。 臭いに抵抗がある場合、「受け」の分かれ道かもしれない。 マールボロ・ヒートスティック・イエロー・メンソール パープルはベリーだが、こちらはシトラスの柑橘系だ。 メンソールとシトラスの爽やかさがミックスされ、クセはないです。 ほのかに香るシトラスの香りが、初夏を感じさせる。 ヒーツ・DEEP BRONZE ディープ・ブロンズ ヒーツの中でも、味のしっかりしているのが特徴だ。 クセがないので、強めの味が好きな人にはオススメだ。 ヒーツ・CLEAR SILVER クリア・シルバー 爽やかなパッケージだが、軽い口当たりが特徴。 はじめての人が試すにはクセもないのでちょうどいい。 ヒーツ・BALANCED YELLOW バランスド・イエロー 色のような柑橘系ではなく、味はしっかりしていて、ブロンズとシルバーの中間。 ヒーツ・FRESH EMERALD フレッシュ・エメラルド 爽やかなメンソール。 ヒートスティックと比べるとメンソールは弱いが、のどにくる刺激が苦手な人には勧めたい。 ヒーツシリーズはヒートスティックよりも安いのが魅力だが、物足りなさを感じる声も聞こえてくる。 しかし、軽い味わいが好む愛煙家には十分満足できる商品だ。 新型アイコス3マルチは連続吸いもできる加熱式タバコ アイコスマルチの魅力は値段だけじゃない、安定した使い勝手の良さが大きい。 弱点だった連続吸いを可能にしたことで、ヘビーユーザーの心を離さない。 そして、ヒートスティックを選べることも一つ。 様々なタイプがある中で、自分の好みに選べるのがいいところ。 これはわたしの感想ですが少し前のヒートスティックにはばらつきがあったため、満足できないことが多かったが、かなり改良されて問題は感じない。 よりアイコスがパワーアップしたことで、安定した使用感を得られるようになり、かなり満足している。 なかなか禁煙には踏み込めないのが現状だ! 最近はアイコスを使って、ニコチンゼロのNICOLESSという商品がでたのをご存じだろうか? 禁煙したい、少しずつ本数を減らしたいという方にもお助けアイテムとして出たのがこのニコレスだ。 タバコをすっているような感覚もしっかり感じられる優れものの登場で、アイコスシェアはまだまだ伸びていくのではないだろうか?.

次の

【これで選べる】プルームSのフレーバー全8銘柄吸ってみた!

アイコス シトラス

アイコスユーザー500万人到達を記念して3,000円値下げ フィリップモリスジャパンは、アイコスの愛用者が500万人に到達した記念として、メーカー希望小売価格の値下げを発表。 これまでの10,980円(税込、以下同)から3,000円安い7,980円となる。 煙のない社会を目指すフィリップ・モリスによれば、価格を下げることで紙タバコユーザーがアイコスに移行しやすくなるとのことだ。 価格改定は2018年6月1日から開始なので、現在アイコスを購入しようとしている人は、少し待ったほうがいい。 加熱式タバコ市場で1位のアイコス。 喫煙所で目にする機会も多くなった ユーザー数500万人到達を記念して、6月1日から本体のメーカー希望小売価格が7,980円に また、IQOSストア限定でアクセサリーが最大50%オフになるキャンペーンも実施される。 期間限定で6月11日から7月15日まで実施予定 新フレーバーは爽やかなシトラスが特徴の「イエローメンソール」 発表会では、ヒートスティックの新フレーバーとして「イエローメンソール」もお披露目された。 このフレーバーは、シトラスの香りと強いメンソールが特徴になっている。 香りは、「パープルメンソール」からフルーツの香りを削ぎ落としたような感じだ。 ビニールを剥がしたパッケージから漏れて香るほど、シトラスは強い。 試しに吸ってみると、メンソールはきつめなのだが、パッケージから漏れ出る香りから想像していたほどシトラスは強くない。 「パープルメンソール」と比べてアロマ感は強くなく、ほんのりと香るだけ。 爽やかな口当たりで、夏にピッタリな吸いごこちだ。 普段は「メンソール」を愛用している筆者だが、しばらくは「イエローメンソール」に移行してもいいかなと感じた。 「イエローメンソール」という製品名とは違い、グリーン一色のパッケージ 味は、「パープルメンソール」を吸ったときにするフルーツの香りを抑えたような感じ。 シトラスの香りが爽やかで、スッキリとした味わいになっている。 メンソールが強いので「レギュラー」を吸う人には向かないだろうが、「ミント」や「メンソール」を吸っている人なら気に入りそうだ 「イエローメンソール」は1箱460円。 5月25日よりIQOSオンラインストアで先行予約を開始。 IQOSストア、IQOSショップで6月1日から、全国たばこ販売店で6月29日より発売開始となっている。 モータースポーツをイメージした限定版アイコスも登場 発売後すぐに売り切れることがあるほど人気のアイコス数量限定モデルに「Motor Editon」が加わった。 レーシングをイメージしたデザインで、グラファイトグレーの本体に鮮やかなレッドが際立つ。 メーカー希望小売価格は11,980円。 レーシングをイメージした特別デザインの「Motor Editon」 光沢のあるグラファイトグレーは高級感があり、スーツなどフォーマルなファッションに合いそうだ 「Motor Editon」特別デザインの純正アクセサリーも登場。 アイコスとヒートスティックを一緒に持ち歩ける「レザークリップ」と、使用後のヒートスティックを入れる「カートレイ」の2種類が用意される。 レザークリップのメーカー希望小売価格は2,980円 アイコスとヒートスティックを挟み込むようにして使用する 使用時は分厚くなるので、ポケットに入れて持ち運ぶのには向いていない 「カートレイ」のメーカー小売希望価格は3,980円 金属製でしっかりとした重さがあり、底面にシリコンがあしらわれていることもあって安定性は高め。 自動車のドリンクホルダーに設置するのもいいが、テーブル上などでも十分使えるだろう.

次の