ウーバーイーツ 問題点。 Uber Eatsの危険運転が多発、専門家が問題視する「事故が増えて当たり前の教育」(週刊女性PRIME)

ウーバーイーツの配達員は労働組合法の労働者か?

ウーバーイーツ 問題点

Contents• UberEatsのデメリットとは まずは配達者パートナーにとってのデメリット 事故リスクが怖い 配達パートナーにとってもっとも怖いのが事故時のリスク。 配達というジャンルから、事故の危険は常に付きまといます。 また、Uber Eatsの歯車として配達しているにも関わらず、その実体は配達パートナーとして提携を結んでいる外部の人間であるため、当然ながら事故の際に労災が補償されることはありません。 ウーバーイーツのドライバーは個人事業主であり、言ってみれば経営者扱い。 労働基準法の保護の対象外になってしまう。 労働者のように最低賃金や労災補償といった保護はない。 自転車利用の配達員に対しては、対人対物の保険を適用しているというが、自分がけがをしたときに治療費が支払われるようなことはない。 自己責任といえばそれまでだ。 だが、本家の海外ライドシェアでは、こうした不透明な雇用関係やトラブル、事故時の責任の所在といった問題点が指摘されている。 英国では、ウーバーのドライバーを実質的な労働者として認める判決もあり、ドライバーを保護する体制づくりが社会的に要請されつつある。 各産業が渇望する配達員という労働力だが、きちんとした仕組みづくりと理解の共有がなければ、労働力搾取の構造に陥るだろう。 あくまで個人事業者として参加する孤独な世界のため、万一の事故に対しては保険などで十分に備える必要があります。 悪い意味でも稼ぎやすい 上記の事故リスクとも関連しますが、UberEatsの配達パートナーは実力主義とも言われる完全歩合制であり、配達パートナーの育成や先ほど挙げたような保護は無きに等しいものです。 また、配達オーダーのマッチングシステムは完全なるブラックボックスであり、ある日から突然オーダーが鳴らなくなった、という声も見かけることができます。 時給で働いているワケではないので、長時間オーダー待機しながらも鳴らなかった時間ぶんが丸損、という怖さもあります。 病気をすれば当然無報酬で「我々(UberEats社)は無関係ですよー」といった一貫したスタイルには、日本の労働様式とは異なるデメリットが存在します。 その分、ブーストや時給保証インセンティブといった共存のためのプログラムが準備されているのも特徴的ですね。 とはいえ、分が悪くなればすぐに撤退するのは明白。 UberEatsの配達パートナーとして生涯を捧げようなどとは決して考えず、向こうが向こうならこちらもうまく利用してやろうくらいの、板を割ったような付き合い程度に利用を留めておくことが得策だと言えます。 続いては注文者にとってのデメリット お店に比べて料理が割高 セレブな方にはあまり問題視される点ではありませんが、通常の店頭提供に比べると明らかな割高感が拭えないUberEatsのお品書き。 つまり料理の注文者は 配達手数料とともに、レストラン側の手数料と二重に手数料を負担しているために割高だと感じるのです。 他のデリバリーサービスに比べて到着時間が遅め 都市圏でピザなどを注文するとお分かりかもしれませんが、多くのデリバリーサービスでは注文から30分以内には料理が届けられます。 これには調理時間も含まれているため、届いたピザの箱が熱くて落としそうになるほど(期待に満ち溢れる瞬間ですね)。 お住まいの環境にも大きく左右されますが、UberEatsでは注文を行うと、• 配達パートナーへの配達リクエスト• リクエストが受領されて調理開始• 配達パートナーの料理受け取りを待つ• 配達パートナーが注文者の元まで料理をお届け 上記のように複数のステップを踏むことから、注文開始時点から料理の到着までに時間が掛かる仕様となっており、UberEatsのシステム上、 注文者の優先度が低めに設定されていることがお分かりになるかもしれません。 配達パートナーがリクエストを受けてくれずに配達オーダーがたらいまわし(それまでは調理を開始できない)• 遠距離からの自転車受け取り(ピック)だと、完成した料理がレストランでしばらく放置されることも• 配達先がレストランから離れていれば料理の配達(ドロップ)だけで30~40分かかることも 上記のような条件が重なると、注文から1時間以上待つこともざらであるため、出来立てがおいしい料理だと注文しにくいという弊害を持ち合わせます。 まとめ 今回はUberEatsに隠されたデメリットについて、ざっくりとですが見てみました。 料理の注文者、配達パートナー、提携レストラン、そしてUberEatsと、それぞれが微妙なバランスで成り立つシステムではそれぞれにデメリットが潜んでおり、とくに配達パートナーとして参加するにあたっては事故に対しての注意や備えが必要となります。 注文者は(ある程度)寛容に、配達パートナーは事故に気をつけて、UberEatsと向き合うようにしたいですね。 また、 Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)クーポン、プロモーションコード初回1000円割引

ウーバーイーツ 問題点

ウーバーイーツの問題点は?つまみ食いや異物混入のうわさは本当? 最近、メディアでもよく取り上げられているウーバーイーツですが、「本当に大丈夫なの?」という声もあります。 一見、 お店に行って並ばなくても人気店の料理が自宅や会社で食べられたり、時間指定も出来たりと良いことずくめです。 ですが、 一方で問題点もあるのではないかなと思うんですよね。 私も友人宅でウーバーイーツを利用した時に思ったのは、ウーバーイーツの会社はサービスを提供してくれているだけなんです。 つまり、 ある意味注文したい側と注文を受けたい人のマッチングアプリなんですよね。 なので、もし問題が起こってもウーバーイーツの会社が責任をとってくれるわけではないんです。 なので、 もし配達員が変な人だったらどうしようって心配になりました。 もちろん、まともな人がほとんどだと思うんですけどね。 女性の独り暮らしでいつもウーバーイーツを利用していて配達員に顔と住んでいるところを覚えられたりしたら、ちょっと怖くないですか? 何か起こりそうと勝手に想像してしまいます。 というわけで、今回はウーバーイーツを少し歪んだ目線から見てみたいと思います。 ウーバーイーツで起きたつけ麺事件! 評価の良い配達員はもちろん安心して利用できるんですが、悪評の配達員がいることも事実です。 一番有名なウーバーイーツでの事件は 「つけ麺事件」と呼ばれているようです。 事件の内容は、お客さんがつけ麺を頼んだら30分以上遅刻して届いた上に、スープもぐちゃぐちゃだったので受け取り拒否をしたそうです。 すると、マンションの共有部分に受け取り拒否したつけ麺が放置されていたとのことで、ウーバーイーツに問い合わせたようです。 すると、ウーバーイーツからは個人事業主として雇っているので、つけ麺を放置した配達員に何らかの措置は出来ないと断られてしまいました。 つけ麺はお客さんがきちんとかたずけたとのことです。 この事件のようなことが他にも広まっていないだけでたくさんあるのではないかなと思います。 事実口コミでは、 「商品延着の上、商品一部なし」「配達員のマナーが悪すぎる」といった悪い口コミも多数あります。 ネット上でも色々な声があがっています。 悪質な配達員はごく一部だろうけど、ウーバーイーツは使いたくない• 遅延は仕方ないにしても、料理を投げ捨てるというのは酷すぎる• こういう人が運んでいると思うと、料理が届いても怖くて食べられない• トラブルを想定して利用しないといけないなんて、サービスとして成立してるの? Uber Eats頼んだら、配送30分ぐらい遅れたうえに、スープこぼされてグチャグチャになってたから受取拒否したら、マンション共有部分に投げ捨てられてた。 かなりありえないんだけど、サポートに連絡したら、個人事業主だから関与できない、勝手に警察に連絡しろの一点張り。 ありえない…。 」ということが話題になりました。 これはアメリカの食品販売大手USフーズの調査結果なようで、 日本では配達員によるつまみ食いは出来ないようになっているそうです。 ちなみに、このアンケート結果はウーバーイーツだけではなく様々な宅配サービスの配達員500人に対して行ったアンケート結果です。 なので、ウーバーイーツでの結果とは言えないようですし信憑性も低いですね。 さらに、日本でつまみ食いが起きない理由は、次の3つかなと思います。 常に配達効率を考えている、どこにいるか利用者に分かる• 悪い評価がつくと、今後の配達がしにくくなる• お店側の商品が密封がしっかりされている 1つ目の理由の 『常に配達効率を考えている、どこにいるか利用者に分かる』は、配達員は30分で料理を届けないといけません。 そのため、配達効率を常に考えますし、 利用者が配達員の位置が分かるようになっており、同じ場所でずっと居続けていると不自然に思います。 なので、配達員は常に監視されているような気持になってつまみ食いをする余裕も生まれないのではないかなと思います。 2つ目の理由の 『悪い評価がつくと、今後の配達がしにくくなる』は、ウーバーイーツの配達員には評価システムがあります。 利用者とレストランから評価を受け、この評価が低いとウーバーイーツの配達員として続けていけなくなります。 なので、 配達員は出来る限り良い評価がつくように頑張ります。 それに受け取り拒否されると自分のお金にもなりませんしね。 3つ目の理由の 『お店側の商品が密封がしっかりされている』は、日本ならではかもしれません。 日本のお店の商品はしっかり梱包されていることが多いです。 サービスの開始当初はお店側も要領が分からず梱包をきちんとしていなかったお店もあったかもしれません。 ですが、現在はしっかりと梱包しているお店が多いようです。 私も頼みましたが、中身がテープなどでしっかりと固定されていたので、もし配達員が開けたらすぐ分かります。 なので、ばれるリスクを背負ってまでつまみ食いをする配達員はなかなか現れないのではないかと思います。 アメリカでのウーバーイーツ異物混入事件の真相は? アメリカで起きたのが 「異物混入事件」です。 配達中の料理の中に異物を混入させたんです。 配達員が料理の配達を行った時に、もらったチップが少なかったことに激怒し、異物を混入している様子を撮影し料理をそのまま届けたそうです。 その後、この時に撮影をした動画をSNSに「チップが少ないとこうなる」と投稿し、大炎上をしたといいます。 これは アメリカの話で日本ではまだ異物混入は報告されていないようですが、こんなことがあったら怖いですよね。 ウーバーイーツって結局どんなサービスなの? ウーバーイーツで起きた事件やマイナス評価を挙げてきましたが、私が実際に利用してみて思ったのは 「ウーバーイーツって便利!」 これに尽きると思います。 外に行くことなく家でおいしい料理が食べられますもんね。 また、 女性の独り暮らしなどで配達員とも顔を合わせたくないという場合は「置き配」というサービスもあります。 これは、玄関先に商品を置いてくれるサービスで配達員とも顔を合わせることなく商品を受け取れるサービスです。 これは女性にとっては嬉しいですよね。 化粧などしていない時には誰にも会いたくないですし、そのために化粧したりもバカらしいですから。 しかし、ウーバーイーツ以外にも似たような食品宅配サービスが多数あります。 有名なのが出前館ではないでしょうか? 全国的に展開しているので、ウーバーイーツが無い地域でも出前館はあるという所は多いはず。 では、ウーバーイーツと出前館ってそもそもどこが違うの?といった疑問が生まれます。 そこでウーバーイーツと出前館の違いやそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう! ウーバーイーツと出前館の違いを比較 ウーバーイーツと出前館などの出前との大きな違いは3つです。 1つ目は、先ほどから言っているとおり お店の店員ではなく一般の方が配達にくるというところです。 出前館は時給で雇われたアルバイトが配達に来るため、ウーバーイーツとは大きく異なります。 一般の方による配達を怖いと思われるかもしれませんが、ほとんどの配達員はまともな方ですので安心して注文できるのではないかなと思います。 2つ目は、 最低注文金額がないということです。 出前館は店舗ごとに異なりますが、最低1000円以上や1400円以上といった料金を注文しないと届けてくれません。 ですが、ウーバーイーツは0円から注文を受けてくれるので、独り暮らしの方でも気兼ねなく頼むことが出来ます。 3つ目は、 支払い方法です。 クレジットカードや現金はどちらも可能ですが、 出前館の方が各種携帯キャリアなども対応しており支払いの選択肢が多いです。 また、出前館はTポイントが付くのでポイントを集めている方には嬉しいですね! ウーバーイーツ 出前館 最低注文金額 0円~ 店舗ごとに異なる 配送手数料 変動制(50円〜)+サービス料 店舗ごとに異なる 配達先の指定 どこでも可能 どこでも可能 配達の所要時間 10分~ 30分~ 利用時間 店舗ごとに異なる 店舗ごとに異なる 時間指定の配達 可能 可能 支払い方法 クレジットカード、現金 LINEPay、ApplePay クレジットカード、現金 LINEPay、ApplePay AmazonPay、各種携帯キャリア ウーバーイーツのメリット・デメリット ウーバーイーツの不安な点や怖い点なども多数ありましたが、メリット・デメリットはどんなものがあるでしょうか? メリット• 最低注文金額が無いので、気軽に新しいお店に挑戦出来る。 お店側も配達員をいちいち雇わなくて良いので、ウーバーイーツに加盟しやすい。 なので、注文できるお店の選択肢が多い。 事前支払いなので受け取りが簡単。 置き配も出来る。 デメリット• お店との距離によって配達手数料がかかる。 人気のお店の場合、時間がかかることがある。 悪天候や時間によって配達員が不足し、注文できない場合がある。 問題が起こった場合、ウーバーイーツは責任を取ってくれない。 悪評の配達員がまれにいる。 出前館のメリット・デメリット ウーバーイーツのメリット・デメリットはわかりましたが、一方で、出前館のメリット・デメリットはどんなものがあるでしょうか? メリット• 配達手数料はとられない。 全国どこでも利用できる。 悪天候でもいつでも利用できる。 事前支払いなので受け取りが簡単。 デメリット• 最低注文金額がある。 注文できるお店は全国似たり寄ったり。 ウーバーイーツと出前館を使ってみた感想 ウーバーイーツと出前館を使ってみた感想を書いてみたいと思います。 まず、最初に驚いたのが、 お店の種類が多いことです!しかも自分では知らなかったお店もたくさんあり、迷ってしまいました。 最低注文金額が無いので行ったことないお店でも気軽に挑戦出来たので嬉しかったです! 美味しかったらまたお店にも行ってみようってなりますしね。 一人の時に利用したんですが、 注文してから届くまでが本当に早く、20分くらいで届きました。 その間も、配達員が今どの辺にいるのか分かるので、「もうすぐ届くな、食べる準備しとこう。 」ってなりました。 注文してから届くまでワクワクして待っていられるので、ウーバーイーツで頼むことが自分へのご褒美のように感じました。 出前館を使った時は、晩御飯に家族で頼みました。 いつもはピザとお寿司を頼む場合、2つのお店に電話してから取りに行っていたのですが、 1つのアプリで気軽に頼むことが出来ました。 それだけでもう大満足だったのですが、 クーポンもあってちょっと得した気分になれます。 家族で待っていれば届けてくれたので、 休日の晩御飯や料理や洗いものが面倒な時にはもってこいでした! ウーバーイーツも出前館もどちらも大満足でしたので、誰といつ利用するかで使い分けたいなと思います。 まとめ• ウーバーイーツはサービスのみ提供で、配達して欲しい人と配達したい人のマッチングアプリ。 お客さんと配達員の間に問題が起きてもウーバーイーツは責任をとってくれない。 悪評の配達員もまれに存在する。 30分過ぎても料理が到着しないこともある。 人気のお店の場合は特に遅れることがある。 「つけ麺事件」などの事例もあるため、配達員の質はピンキリ。 つまみ食いは、基本的にないと思って良い。 アメリカでは異物混入なども過去にあったが、日本ではない。 ウーバーイーツは、配達員を雇う必要がないため個人経営の飲食店も参入しやすい。 最低注文金額がないため、初めてのお店の商品も挑戦しやすい。 最低注文金額が無い代わりに、配達料を別途取られる。 ウーバーイーツと出前館では、それぞれメリット・デメリットが異なる。 利用する目的でウーバーイーツと出前館を使い分けることがオススメです。 いかがでしたでしょうか?首都圏ではよく見かけるウーバーイーツの鞄ですが、まだ利用したことのない人も多くいらっしゃるかと思います。 最近メディアでもよく耳にしますし、利用できる地域がどんどん増えており、今後もさらに増える予定です! 基本的には便利なサービスと言って良いでしょう! ただ、まれに問題も起こるので、そのデメリットをよく理解した上で利用するのが良いと思います! また、ウーバーイーツとは違う出前サービスなどもあるので色々試してみるのも良いかなと思います!.

次の

ウーバーイーツの配達員は労働組合法の労働者か?

ウーバーイーツ 問題点

配達を行う配達パートナーは依頼受付から配達完了まですべて一人で行います。 最初の一回目から一人ですので、最初はアプリの操作や人とのやり取りなどに戸惑います。 ですが、操作感は直感的にわかるものとなっていますので、すぐに慣れることが出来ます。 上記動画が一連の流れをわかりやすく解説していますので、一度見ていただくと感覚がつかめるかと思います。 走りながらのマップ確認は危険! 配達中グーグルマップやウーバーイーツのアプリの画面で目的地を確認するのは必須です。 ある程度の位置がわかっていても移動中何度か確認することになります。 その際ポケットから出して確認をしていたらとても面倒です。 ではどうやって確認するのがよいでしょうか。 何も準備せずに配達を開始してしまうと不便に感じてしまいますので、準備できる物はあらかじめ確認しておくことをお勧めします。 ポケットからスマホを取り出して確認する方法はやめよう 片手スマホ片手運転をしている配達パートナーは一定数います。 ですが、当たり前ですが危険です。 ハンドル操作は不安定になり、ブレーキはかけづらくなります。 画面を見ている間は周りへの注意力が散漫になりますので事故の原因に直接つながります。 さらに、配達完了前に次の配達以来がくることがあります。 ポケットに入れていると誤作動で拒否や承認をしてしまったりするためお勧めしません。 もしポケットに入れておこなうのであれば、画面を見る際は立ち止まって安全に行うようにしてください。 スマホホルダーをあらかじめ用意しておきましょう 配達パートナーの便利グッズ第一位といっても過言ではないものがスマホホルダーです。 スマホホルダーには大きく分けて3種類あります。 なかでも一番人気は自転車の ハンドルに固定するタイプです。 ほかにはアームバンド型や首からぶら下げるタイプがあります。 人気の自転車用スマホホルダー。 タップでamazonに飛びます ゴムバンド(シリコンタイプ)で止めるタイプのほうが安いのですが、私が買ったものは2日目でゴムが切れて残念な思いをしました。 なので上記のような耐久性に優れたプラスチックタイプをお勧めします。 参考: 他にはモバイルバッテリーも入れられるスマホホルダー、防水防塵タイプなど種類が豊富です。 首からぶら下げるタイプの物であれば百均でも購入可能です。 ただ消耗品であることに変わりはないので、とりあえず気になったものを一つ買ってみればいいと思います。 結局スマホホルダーを使っていてもちょっと怖い! 自転車を走らせながらチラチラとスマホのマップを見るわけですが、ドキッとしてしまうことがたまにあります。 私のスマホの場合、グーグルマップ上の自分が向いている方向がかなりの率で間違っています。 なので、本当にこっち方面で会っているのか…?というのを、マップ上で移動する自分の位置で確認したりします。 そのくらいチラチラ見ていると、人がいなくても普通に怖いです。 安全第一で運転しましょう 私は自転車をレンタルして配達を行っているのですが、電動自転車に初めて乗ったのが配達パートナーになってからでした。 電動自転車は初動もスピードもグングン出る!昔から慣れてるママチャリの漕ぎ加減で進みながら加速してマップ見てたらかなり危ないと感じました。 参考: また、電動アシストなしのママチャリなどで配達している方も結構いますが、疲労度と効率がすごく悪いようです。 坂の少ないエリアであれば問題ないかと思います。 ロードバイクなどを持っていてもともと自転車が好きな人にとっては天職かもしれませんが、いずれにせよ疲れるので適度な休憩を挟んで安全運転で行きましょう。 自由な仕事だが頼れる人がいない! ウーバーイーツは会社勤めと違ってやり方を教えてくれる上司も助けてくれる同僚もいません。 わからないことはネットで調べ、問題が発生したらサポートセンターに電話し相談します。 しかしサポートセンターは回線が込み合っている場合が多く、つながらないこともしばしば。 可能であれば友達などから教えてもらいつつ慣れていくことをお勧めします。 自分から動かなければ誰も何も教えてくれないので、情報源は必然的にツイッターかこういったサイトになります。 特にツイッターは情報の拡散スピードが速いので、情報発信をしている配達パートナーのツイートはぜひチェックしておきたいところです。 大きなバッグの中で暴れてしまいます。 (フタが圧着されていて倒れてもこぼれないタイプが増えていますが、こぼれやすいものも多くあります) 初心者配達パートナー同士で「これどうやってバッグに入れたらいいでしょうか…」なんて話すことはよくあると思います。 そして意外とみんなパッキング(荷造り)に使う便利道具を用意していない! 簡単な解決方法としては、隙間に タオル入れたり 新聞紙などの紙をクシャクシャにして緩衝材にしたり、ちょっとしたもので隙間を埋めたりもできます。 注文者とのメッセージや電話のやり取り、問題発生時の対応などはすべてアプリを通して行いますが、そういった操作はアプリの色々なボタンを押してみて慣れていくしかありません。 慣れるまではどこを押せば何が表示されるのかわからずてこずります。 簡単な解決策として、商品受け取り時に店員さんや、もし近くに仲間の配達パートナーがいたらに恥ずかしがらず聞いてみましょう。 一人で悩まずコミュニケーション。 これが一番手っ取り早く、間違いがないです。 アプリの操作は、配達を受けてからしか見れない項目があるので、あらかじめ予習しておくことができません。 終わりに 最初はわからない事だらけで大変かと思いますが、あせらず徐々になれていきましょう。 第一優先すべきは交通安全です。 事故の無いように安全運転に気をつけて楽しくウーバーイーツ配達を満喫しましょう! オススメ記事:.

次の