青楼 オペラ ネタバレ 48。 青楼オペラ【最終回】ネタバレ!幸せそうな二人…娘にデレデレの惣右助もかわいい│シロカミエンタ

青楼オペラ【最終回】ネタバレ!幸せそうな二人…娘にデレデレの惣右助もかわいい│シロカミエンタ

青楼 オペラ ネタバレ 48

スポンサーリンク 青楼のオペラ最終話のネタバレ プロローグ 「新しい番付見たかい 曙楼の深雪野花魁がとうとう天辺取ったじぇねぇか」 町民は深雪野花魁は振新の頃から評判がよかったから、こうなることはわかっていたなど談笑する。 2人の町民は数年前、菊之丞が大当たりを取った芝居がまた始まったことを話題にするーーー…あその作品はとてもよい作品だと。 一方、とある札差ーーー…数年前の棄捐令ではたいそう痛手をおった。 しかし近江屋がずいぶん仲間内を盛り立てて立て直しを図ってくれたので、持ち直したのだそう。 そしてこの度代替わりをし、威勢の良い若旦那が店を継いだーーー…一時入れ上ていた吉原の女郎とはすっぱり手を切って、もう大門をくぐることもないのだとか。 若旦那は材木商の松坂屋の遠縁の娘を嫁御にもらい、次々子宝にも巡られた、と男は話す。 「夫婦仲も良いのでしょう ほんに 何よりでございますよ……」 惣右助の嫁 「あいつァどこだ!」 近江屋の中をバタバタと走るものーーー…それは惣右助だった。 惣右助はさっき派手に喧嘩した嫁を探していた。 嫁は赤ん坊を放ってどっか行ってしまったーーー…それもお手伝いさんが、気晴らしにお嬢さんと散歩に出るようおススメしたからだった。 それを聞いた惣右助がどこかいこうとすると、お手伝いさんが「内儀 おかみ さんお迎えに行くんですね」と言うも、惣右助は「違ェわ!」と散歩に行くと言って出て行くのだった。 散歩ついでに嫁のことを周りに聞いて回るがどこにもいないーーー…何でいないのだ…と嫁を探してを切らす惣右助だが、探しているわけではない…と心と体が真逆の反応を起こしている。 そんな時茶屋で嫁の姿を見つけるーーー… 「おい!朱音!」 やっと見つけた嫁・朱音に怒ろうとする惣右助だったが… 朱音に「あれだけ怒鳴っておいてまだ言い足りないことがあるの?それとも謝りに来たのかしら」と言われ、尻込みする。 「…おまえがもっと俺を」と小さな声で訴えようとする惣右助ーーー…しかし「何?聞こえません」と一蹴されるのだった。 事件 「捕まえろ!そいつ人攫いだ 娘っ子拐かそうとしやがった!」 喧嘩をしている2人だったが、この報せを聞き茶屋を飛び出すーーーー…。 惣右助は男を見つけ、足をひっかけ転ばせることに成功。 しかし男は懐に小刀をもっており、それで周りを威嚇するーーー… 惣右助も脇差を置いてきていたので、どうしようか考えた末、何も持たない状態で男に近づいて行く。 朱音の一撃により倒れ込む男ーーーー…朱音に引き続き、男たちが男を捕らえてくれるのだった。 朱音が持っていたのは天秤棒で、用が済んだのでお返ししていると… 惣右助が無茶しやがって…とプンスカしてくる。 「だって!ゆるせないじゃない」 拐かされたのは向こうで泣いている女の子ーーー…きっと廓に売ろうとしてたんだ…と朱音は涙する。 そんな涙を流す朱音を惣右助はぐっと引き寄せ「あぁ 救えてよかったな」と、朱音を落ち着かすのだったーーーー…。 傾城夜明英 朱音の活躍を見ていた男2人が、惣右助に「やるなァあんたの女房かい」「別嬪だな」と話しかけてくる。 朱姫…?と疑問系で声を出す朱音ーーー…それに男らは 『傾城夜明英』という今話題の芝居だと教えてくれる。 菊之丞演じる朱姫は武家の出たが、不幸が重なって苦界に落ちるーー…そこで親を殺した憎っくき敵を見つけ出して、見事仇討ちを果たすというストーリ。 男らに面白そうだ、と惣右助は今度見てみるよ…と言い、その場を去ろうとするーーー… 「見つけた おまえさんだ」 そんな時朱音の肩を掴むものーーーー…それは絵師の菊川英水だった。 彼は朱音が振新だった頃絵を描いてくれた者ーーーー… 「おまえ『茜』だろ」と英水は朱音に聞くも、「…なんのことでしょう」と白々しく返す朱音ーーー…しかし男は自分の目はごまかせないという。 「最近流行りの『傾城夜明英』ーー朱姫の元になったのは おまえさんだってな」 芝居小屋の太夫元や狂言作者に本当にあったことを語って、芝居にする権利を売ったのだろうーーー…と話す男はいい画題になりそうだから、と朱音にそこらへんの話を聞かせてもらえないかと言う。 芝居の中じゃ時代も変えて、敵は足利の家臣ということになっているがーー…実のところは数年前に腹を切った勘ーーーー… 「そこまでだ」 そんな時間に入ってくれたのは真木村先生ーーー…先生は男の右の指をギリギリと握り、絵師が筆を握れなくなったら困るだろう…と少し脅して英水を追いやってくれるのだったーーー…。 もういない自分 朱音は助けてくれた先生にお礼をし、『夜明英』の噂が立っているのか…と心配そうに聞く。 「噂が立ったところで よもやあれが事実だちは誰も思いますまい」 先生の言葉にほっとするーーー…そう、朱音は自分の半生を売ったのだった。 自分で見受け金を作るためのことーーー…しかしこれは菊之丞のおかげーーー、太夫元との間を取り持って、熱心に説き伏せてくれたのが菊之丞だったからだ。 先生は変わらず、医師と御庭番2つの顔を持っているーーー…しかしこの度、お役目を賜る…出征をすることになる先生。 「そういうことですので しばらくこうしてお目にかかることはなかろうと思います」 そう言って先生は朱音たちの元を去っていったーーーーー… 大門を出たあと、松坂屋様たってのご好意で朱音は養女にしてもらい、近江屋に嫁ぐことができた。 曙楼の新造茜も、永倉家長女朱音ももうどこにもいないのだーーー…。 利一郎と紫 2人は娘・初音を預けている近江屋の奉公人となった、利一郎の元へと行く。 お前が女房と娘を連れ回してやがったのか…と喚く惣右助ーーー…、しかし利一郎からしたら護衛なしで大事な2人を出歩かせるほうが問題。 そもそも惣右助の嫉妬が喧嘩の元なんて、どんだけ焼きもちを焼くんだ…と言い返してみせるのだった。 惣右助は小舅みたいな利一郎にプンプンしていると「りーちいじめないで!」と、初音に言われてしまい大層ショックを受けるーーー…初音は利一郎になついていたのだ。 「あ おまえそりゃあ深雪野花魁の姿絵じゃねぇか」 そんな時聞こえてくる他所の会話ーーー…大門の外まで評判はたつのはさすが彼女…。 「当然よ 紫ちゃんだもの」 紫にご執心の大名・真堂は、あの直後大樹公のご息女うを賜るこおtになり、泣く泣く身請けを諦めた。 紫はこれにほっとした様子ーーー…光君一人をただ待つのみは自分の性に合っていないと感じていたからだ。 「望むのは わっちを巡って男たちが争う かぐや姫じゃ」 そう言っていたゆかりは、とうとう言葉通り番付で一番をとるのだったーーー…。 私のいる場所お 利一郎は先に戻ると言い去っていったので、惣右助は初音を抱き、かわいい娘にデレデレする。 そして娘を左腕にのせ、右腕で朱音を自分の方によせるーーーー…そして3人で家に帰ろうと歩き出した。 空に雲 地には人が行き交う 照る日も 降る日も あの天地のーーー…私はここにいるーーー…朱音は心からそう実感していた。 帰り道の途中の橋の上…惣右助は初音を眺め、大したことではないのだが朱音に似ていないことが気になる。 自分に似ているのは確かなのだがーーー… 「それよりもっと 誰かに似ている…」 それを聞いた朱音は色々思うところがあったーーー…。 少し間をおき、朱音は子供たちがもう少し大きくなったら遠出したい、と話す。 この川を遡れば川越に行けるーーー…そこには姉・朝明野がいる。 「私たちが今こうして 幸せにくらしている姿を見せたいのよ」 きっとね…と朱音と惣右助は約束を交わすのだったーーーー…。 最初の数ページ…はじめはハテナがたくさん浮かんだのですが、読んでいくうちに納得です。 朱音は自分の半生を売り、そして養女となったので『茜』のことを知られず惣右助と一緒になれたんですね。 寂しい気持ちもまだ強いのですが、また先にでる単行本を買って楽しみたいと思います。

次の

【漫画】青楼オペラ最終回12巻ネタバレ感想や無料で読む方法

青楼 オペラ ネタバレ 48

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 青楼オペラ48話のネタバレ まるで夢のような 火鉢に角がはいってひと月余り…もうすぐ師走ーーーー…外では雪も降っていた。 姉さんたちは火鉢にあたりながら、「昨日の客がしつこかった」「あんたに間夫はどうしてんだい」「客がつくだけ重畳 重畳」など談笑する。 それを少し離れたところで聞きながら朱音は、若旦那…惣右助が自分の間夫になるような真似なんてするはずもないわね…と辛そうに目を瞑る。 なんという鮮烈な日々だったんだろう それこそ 一本の芝居を観ていたようだわ しかしどうしようもないことはお互いわかっている…『終わり』なのだ、と朱音は自分に言い聞かせるのだった。 そして朱音に水揚げの話が出る。 水揚げの話を聞いた朱音はなんだか気分が悪かったーーーー…というか近頃あかねが胸が悪く、朝餉を残すことも度々あった。 こんな体たらくでやっていけるのかーーー…朱音に不安が募る。 いつかまた惣右助と会える…客としてきてくれるーーーー… そう思って待っていなければ耐えられない…そんな気が朱音はしていた。 近江屋の景気が戻った後なら叶わないかしら…捨て置けなんて自分で言っておいて身勝手すぎる…けどそう思わずにはいられなかったのだーーーー…。 朱音の身体 「茜ちゃんちょいと」 思いつめた様子の朱音に声をかけたのは紫ーーー…朱音を外へ連れ出し、利一郎と合流する。 「どういうこと…?」と、戸惑う朱音に紫は切り出す。 「腹にやや子がいるんじゃないかえ?」 近頃の朱音が、前に見世にいた姉さんがしくじったときとよく似ている…と紫は気づいたのだ。 朱音には心あたりがあったーーーーそれは惣右助との子どもーーーー…本当にあの人の子どもが自分のお腹に…と、朱音は何とも言えない嬉しい気持ちになった。 「まずいことになったわいな」 しかし紫と利一郎は表情は困り顔ーーー…それは振新が子を産めるはずがないからだ。 紫の知るしくじった姉さんは、曙楼と比べようもない小見世に替えさせられ…結局 年季明けを待たずに投げ込み寺行きだった。 「悪いことは言いんせん 流すんじゃ」 紫の言葉を受け、朱音は利一郎の顔も見るーーー…が、利一郎も「無念ですが」と紫の意見に賛成だった。 紫と利一郎は中条流に相談しようと話し始める…が、朱音はお腹の子を失うのは嫌だと叫ぶ。 「では 吉原を抜けますか」 それなら従うと利一郎は話した。 紫は「阿呆が2人もおる」と鼻で笑い、自分らしくもないことして損したとその場を去ろうとする。 そんな紫に朱音は「ありがとう」と伝える。 それは紫が親切で言ってくれていたことが伝わっていたからだ。 朱音は、惣右助と体を重ねた日… 今後惣右助と会えなくなっても、生きていける支えが欲しいと願ったーーーー…それが今 叶ったのなら、またあのときと同じ道を選ぶ…と朱音は考えた。 朱音は利一郎に、使いに立つようにお願いをするのだったーーー…。 お願い 「200両 ですか…」 真木村先生は振新1人の身請代の高さに驚いた声を出す。 今後朱音が稼いだであろう分も入っているから、見世としてはふっかけもするだろうと先生は話す。 朱音は利一郎を使いに出して、親戚筋の家に自分を受け出してくれるように頼んだ、と先生に話す。 ただ永倉の分家であるその家はさほど家禄が高くなく、親元請けだから半額になるとはいえ少し厳しい。 さらに自分は厄介になっている身でありながら、勝手に飛び出して来てしまった故に無理ももうせない状況ーーーー…なので朱音は先生に助けを求めるのだった。 それは新見の殿や三橋様に、お力添えを願いたいということ。 しかしそうなれば朱音はまた武家娘に戻るーーーー… 惣右助の顔を見ることも叶わなくなるのだ。 少し悲しそうな表情をするが、なにも答えない朱音。 先生は惣右助が朱音のお腹の子のことを知っていのかを尋ねる。 「知りません 知らせるつもりもありません」 もとより、家の再興が叶った時にはこうなるはずだったのだから…朱音はそう話した…それはまるで自分に言い聞かせているようにーーーー…。 この手で 朱音は夜、神社にお参りにやってくる。 朱音の耳には今でも残っているものがあるーーー…それは惣右助の闊達な笑い声。 この先二度と会えなくても、どうかあの人が幸せにーーー…誰かと笑いあっていますようにーーーーー… なんて心にもないのにーーーーー…朱音が涙を流すと、後ろから人がやってきた。 朱音が振り返るとそこにはーーー…、 「また暗ェ道を一人歩きしやがって…」 惣右助がいた。 偶然…ではなく、朱音に会える機会を狙って見世を窺っていたのだ。 ようやく顔が見られた…と惣右助は朱音の顔を触ろうとする…が、朱音はその手をはじく。 「別れる気などさらさらねェってことは この前 芝居小屋で伝えたつもりだが…」 こんなになっても、まだ 惣右助が諦めていない…それは朱音にとってすごく嬉しいことだった。 しかし身請け金の200両を、松坂屋殿に借りる約束なのだと惣右助は話す。 そんなことをしたら近江屋はどうなる…朱音は自分のためにそんな…と惣右助の願い出を頑なに拒否する。 しかしそんなことは惣右助は御構い無しーーーー…むしろ怒っていた。 「なんだって そう容易く 俺の手を離すんだ…!!」 惣右助は朱音と出会ってこうなって、苦しい思いも随分したが一度だって不幸に思ったことなんてなかった。 朱音と一緒になれるのなら、世間を敵に回そうが、それは不幸じゃないーーー…なんでそれがわからないんだ…、と惣右助は辛そうな表情で朱音を抱きしめる。 わかって いたのに この人は 私のいないところで 幸せにはなれない 朱音は泣きながら、わかっていたけど認めなくなかったことを受け止めようとするーーーー…。 もう誰かに願って幸せにしようなんて思わない… 惣右助を幸せにしたい 私に この手で 朱音はそう決意し、惣右助に口づけをする。 しかし口づけを交わしたあと、朱音は吐き気をもよおしそっぽを向く。 自分との接吻が嫌だったのか…とショックを受ける惣右助だったが、朱音の様子で自分の子を身篭っていることに気づく。 言葉にならないよろこびで溢れかえる惣右助は、今すぐにでも金を工面して朱音を身請けしようとするーーーー…が、朱音に引き止められる。 「じゃあどうしようってンだよ!」 そう振り返ると、朱音はさっきとは打って変わって何か強い瞳で惣右助を見つめる。 自分たちの新たな物語を始めるために、諦めないーーーー…朱音の覚悟はいかにーーーー…。 素直に嬉しいですよね、こんなに恋い焦がれている相手の子供がお腹の中にいるって。 しかしそんな簡単な話ではないですよね…。 なんたってここは吉原ですもの…。 始めてしったのですが…この時代にも中絶するような医者がいるんですね…。 それを先生や殿の力を借りて…など朱音は切りぬけよう…としますが、やはり朱音を救うのも、そして惣右助を救うのもお互いでなければいけないですよね。 それが最後、朱音がしっかり解り覚悟を決めるのシーンはとてもよかったです。 最後の決意のこもった朱音の表情も素敵でした。 はたして、2人の結末はどうなるのかーーーーー…。

次の

青楼オペラのネタバレ/最終回(50話)!朱音と惣右助の恋の行方がついに完結!

青楼 オペラ ネタバレ 48

ベツコミ11月号の青楼オペラ42話の感想です 青楼オペラ 第42話 桜小路 かのこ 先生 著 ネタバレありの感想ですので、ご注意ください! 別窓で記事がでます ・ ・ ・ ネタバレ大丈夫ですか? 単行本派の方、まだ発売されていない 10巻の内容を書いていますので、ご注意ください。 中村と朱音の対面から ひと月。 惣右助にも知らせる許可を得た 利一郎の、心配そうな表情が 何とも言えません…。 そして ついに、朝明野さんが 請け出される、その前日となりましたか。 様々な『別れ』が近づきますね。 たとえ、朝明野さんが 朱音を手元に置いたことに、下心が あったのだとしても、 朱音にしてくれた 優しさは、何も変わりません。 朝明野さんは、本当に 素敵な女性です。 だからこそ、朝明野さんの想いに 応えられなかったこと、朱音は 申し訳なく感じているでしょうね……。 それでも、最後に また1つ、朱音は 朝明野さんに甘えた。 厚かましくも お願いした。 そこに 朱音の必死さと、覚悟を 感じました。 「…今夜一晩 わっちを見世の外に 放り出しておくんなんし」 「放り…」「……そう それは」「わっちから あの子への せめてもの餞別にも なろうね…」 前回のラストを読んだ時に、朱音が 惣右助に手紙を送って、約束の夜を迎えるまでの 流れは、 てっきり省略されたものかと思ったので、今回で 丁寧に描かれていて、嬉しかったです。 手紙で惣右助を 九郎助稲荷に呼び出し、「捨て猫を拾え」なんて 洒落てますね。 惣右助の服を掴んで 恥ずかしそうに「………… にゃあ」と言った朱音の可愛さには、 読んでる こちらが、思わず キュンとしちゃいました!! いよいよ2人が 体を重ねる場面になって、朱音だけではなく 惣右助も緊張していることにも、 何だか 嬉しい気持ちになります。 自爆して余計なことを言ってしまう惣右助には 笑ってしまいます。 朱音が 惣右助の好みに合わせて髪を下ろしてくれたら、「これ夢なんじゃねェのか」なんて、 自分の頬をつねる惣右助は すごく可愛い!!!! そして、朱音にお願いされても 月明かりを遮ることはしなかった惣右助に、ドキドキしました。 惣右助が思い描いていた 立派な布団ではなくても、極上の夢が見られる 素晴らしい時間。 「やはり夢だな 極上の」「覚めた後が 残酷だ……」 今にも泣き出しそうな 惣右助の表情、本当に 切なくて仕方ありません。 ついに2人が一線を越えた 約束の夜。 最初で最後の夜に なってしまうのでしょうか…? 1月号 43話の展開は、一体 どうなっていくのか、まだまだ 目が離せませんね!!.

次の