上野 樹里 テセウス の 船。 【テセウスの船】 岸田由紀役の上野樹里の演技力が高い!理由は恋?

テセウスの船:“由紀”上野樹里の熱演に視聴者「涙が止まらない」

上野 樹里 テセウス の 船

上野樹里演じる由紀が「かっこよすぎ」と話題に (写真は1月撮影) が主演を務めるTBS系日曜劇場「テセウスの船」(日曜21時~)の第5話が16日に放送され、に惚れる人が続出した。 (以下、ストーリーに触れています) 「テセウスの船」は、の同名漫画が原作のミステリードラマ。 無差別殺人事件の犯人として逮捕された父親()の無実を、タイムスリップしたことで知った息子(竹内)が、事件の真相と真犯人を追う姿を描いている。 上野は、竹内演じる心(しん)がタイムスリップする前は心の最愛の妻で、タイムスリップしたことで変わってしまった現代では事件を追う記者になっていたという難しい役どころに挑んでいる。 [PR] 第4話でも、心の窮地を救う行動に出た記者の由紀に対して、上野の熱演に惜しみない称賛がネット上で寄せられていた。 注目が高まる中、第5話では父親の冤罪を晴らすための唯一の証言者が亡くなり、心が折れそうになる心を由紀が「私は諦めません」や「心さんを一人にさせないって決めたから」と目に涙をためて励まし、視聴者の胸を熱くさせた。 由紀を演じる上野には「最高すぎる」「惚れた」「かっこよすぎ」と魅了される人が続出し、タイムスリップ前後の演じ分けも含めた演技力に脱帽する人も相次いだ。 上野は由紀役について「一筋縄ではいかない役作りが必要になってくると考えています」と語っていた。 真犯人探しの考察でも盛り上がっている本ドラマ。 第6話では心のもとに真犯人から招待状が届き、決着をつけるために心は会いに行くことを決意する。 (清水一).

次の

テセウスの船の上野樹里のファッションが素敵!ネックレスはどこの?│マカロンノート

上野 樹里 テセウス の 船

音臼神社で霧に包まれて現代に戻った田村心(竹内涼真)。 しかし、そこは心の知らない世界だった。 『テセウスの船』(TBS系)第4話の舞台となるもう一つの未来で、佐野(鈴木亮平)と家族はさらに悲惨な運命をたどっていた。 心は母・和子(榮倉奈々)が一家心中を図り、長男の慎吾(番家天嵩)とともに亡くなったことを知る。 拘置所で佐野と再会した心は、姉の鈴(貫地谷しほり)の消息を聞き、早速訪ねることを決断する。 タイムスリップ・ミステリー『テセウスの船』では、過去を変えることによって時間の流れが変わり、未来も影響を受けることが前提となっている。 それはプラスにもマイナスにも作用するもので、変わってしまった未来で一人娘の未来(みく)が生まれていないという事実は示唆的だ。 一方で、心は自身が元にいた現実で何が起きるかを知っており、過去と照らし合わせながら、間違い探しのように事件の真相と向き合うことになる。 第4話で心が新たに出会うのは姉の鈴と内縁の夫である木村みきお(安藤政信)、そしてみきおの義理の母・木村さつき(麻生祐未)。 音臼小の教員だったさつきは、身寄りのないみきおを引き取って育てていた。 また鈴は養護学校を出た後整形し、村田藍に名前を変えていた。 さつきたちが自分の正体を知らないと思っている鈴は、贖罪の念から、事件によって足が不自由になったみきおと結婚し面倒を見ている。 変わってしまった未来は、まったく別のものではなく、やはりどこかその人を思わせる要素が垣間見える。 鈴やさつきの他に心が出会ったのが岸田由紀(上野樹里)。 本来なら夫婦になっているはずの由紀は妻ではなく、週刊誌の記者として心の前に姿を現す。 由紀の場合、ミルクティーが好物であることや、元の世界でも心の父である佐野のことを調べていたように、もう一つの未来でも音臼小事件の真相を追っていた。 有罪を覆すため必要な新証拠を探す心にとって、真実を追い求める由紀の記者魂が大きな力になる。 第1話で「心のお父さんだから信じてみたい」と言い残してこの世を去った由紀は、別の未来でも「裁判では明かされなかった真実が絶対にないと言い切れるでしょうか」と叫ぶ。 実質的に一人二役を演じ分ける上野樹里の演技が見事だった。

次の

上野樹里の演技が上手いって本当?演説シーンに感動!『テセウスの船』|ブログと育つ

上野 樹里 テセウス の 船

俳優の竹内涼真が主演を務める日曜劇場『テセウスの船』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が9日に放送され、週刊誌記者役の上野樹里がクライマックスで見せた熱演に、ネット上には「強い惚れる」「熱いぜ日曜劇場」「号泣した」といった声が集まった。 再び現代にタイムスリップした心(竹内)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。 父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母と兄は心中して亡くなっていた。 そんな中、心は妻・由紀(上野)が亡くなった歴史も変わっているのではと考え、由紀の実家を訪れる。 そこで遭遇した由紀は、心とは一切面識のない週刊誌記者となっていた…。 心は、インターネットで音臼小学校無差別殺人事件の被害者やその支援者が集まる「音臼小事件被害者の集い」が定期的に行われていることを知り、改めて由紀に接触。 心は文吾の無実を証明するための証言を事件を知る人たちから募るために、自分も「被害者の集い」に参加したいと懇願する。 「被害者の集い」の当日。 会場の扉の前に立つ心の前に由紀が現れる。 心は会場へ入ろうとするものの、中には姉・鈴(貫地谷しほり)の義母で、事件を知る木村さつき(麻生祐未)がいることを知る。 平穏な暮らしを手に入れようとしている姉のために、心が会場へ入ることを諦めると、隣にいた由紀が扉をあけ、そのまま壇上へ上がり「佐野文吾氏は本当に犯人なのでしょうか?」と声をあげる。 そして「もし仮に、別の真犯人がいるとしたら、佐野文吾氏とそのご家族を悪夢のような人生から救い出すべきではないでしょうか?」と必死に訴えかける。 由紀の大胆な行動に対してネット上には「ゆきさん強い惚れる」「かっこいい…泣きそう」「熱いぜ日曜劇場」などのコメントが相次ぎ、由紀役の上野の熱演に対して「樹里ちゃんに涙だわ」「こんなの泣くわ」「号泣した。 上野樹里最高」といった投稿も多数寄せられた。

次の