いづれ にし て も。 「いつか」と意味 「いづれ」と「いずれ」

源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(いづれの御時にか〜)』の現代語訳・解説 / 古文 by 走るメロス

いづれ にし て も

原文(本文) の御時にか、 女御、更衣候ひける中に、いと際にはあらぬが、 給ふありけり。 はじめより我はと給へる御、ものに 給ふ。 同じほど、それよりの更衣たちは、ましてず。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを積もりにやありけむ、いとなりゆき、 を、 あかずものにて、人の そしりをも えせ給はず、世のにもなりぬべき御もてなしなり。 上達部、上人なども、目をつつ、いと人の御なり。 唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、けれと、天の下にも、人のもてなやみぐさになりて、楊貴妃の例もつべくなりゆくに、いとこと多かれど、御心ばへのを頼みにて給ふ。 父の大納言は亡くなりて、母 古の人の由あるにて、 親、世のおぼえ御方々にもいたう劣らず、なにごとの儀式をも給ひけれど、てしなければ、事ある時は、なほ拠り所なく。 (宮廷に仕え始めた)当初から、自分こそは(帝の寵愛を受ける)と自負していらっしゃる方々は、(寵愛を受けていた女性を)気に食わない者としてさげすみ、ねたみなさいます。 (寵愛を受けていた女性と)同じ身分、それよりも下の身分の更衣たちは、なおさら心安らかではありません。 朝夕の宮仕えにつけても、(その女性の行動は)人の心を動揺させ、恨みを身に受けることが積もったからでしょうか、(その女性は)たいへん病気がちになり、なんとなく心細そうに実家に帰っていることが多いのを(見た帝は)、ますます限りなく気の毒なものとお思いになって、周りの人が悪くいうのも気兼ねなさることもおできにならず、世間の語り草にもなるにちがいない(ほどのご寵愛の)なさりようです。 上達部や殿上人たちも、(そのご様子を)感心しないことだと思って目をそむけており、とても見ていられないほどのご寵愛ぶりです。 唐(中国)でも、このようなこと(帝が女性を寵愛しすぎたこと)が原因で、世の中が乱れて具合が悪いことになったのだ、と次第に世間でもまともでないことと、人の悩みの種となっていて、(唐の皇帝であった玄宗の寵愛を受け、国を傾けたと伝わる)楊貴妃の例も引き合いに出してしまいそうになっていくので、(その女性は)大変きまりが悪いことが多いのですが、もったいないほどの(帝の)ご愛情が比べるものがない(ほど強い)のを頼りにして、宮仕えをしなさっています。 (女性の)父である大納言は亡くなっており、母親である(大納言の)奥方は、昔風の人で由緒ある家柄の方であって、両親がそろっていて、今のところ世間の評判が時めいている方々にもたいして見劣りすることなく、どのような儀式でも、ひけをとらずに取り計らいなさったのですが、取り上げてしっかりとした後見人もいないので、何か事があるときには、やはり頼るあてもなく、心細い様子です。

次の

いづれ鯛

いづれ にし て も

「いずれ」とは?意味は? 「いずれ」の意味とは「複数のうちの1つ」 「いずれ」の意味とは「複数のうちの1つ」という意味です。 「いずれの商品も捨てがたい」などという使い方がされます。 この場合、「どの商品にも魅力があって選ぶことが難しい」といった意味合いになります。 「いずれ」という言葉が「複数のうちの1つ」といった意味合いになる場合、代名詞として使われます。 代名詞とは、「これ」や「あれ」という言葉のように、物事や場所についている固有の名称で呼ぶのではなく、直接的に指示する言葉のことです。 「いずれ」という言葉が代名詞として使われる際には、「複数のうちの1つ」といった意味合いになりますが、副詞として使われる際には、その意味合いが少し異なります。 「いずれ」という言葉を副詞として使う際の意味合いについて詳しく見てみましょう。 「いずれ」の副詞的用法の意味は「どんなことがあっても」「近いうちに」 「いずれ」の副詞的用法の意味は「どんなことがあっても」、「近いうちに」といったものがあります。 代名詞として使うのではなく、副詞として使う場合には、「いずれ」という言葉のニュアンスが異なることに注意が必要です。 具体的には、「いずれわかる時がくる」などといった使い方がされる時などが「いずれ」を副詞として使う場合に該当します。 副詞とは、動詞や形容詞、副詞にくっついて意味を付加する役割をもつ言葉です。 「君はとても早く食べるんだね」といった文章においては、「とても」という言葉が「早く」という言葉に意味を付け加えています。 また、「早く」という言葉は同様に「食べる」という言葉に意味を付け加えています。 このように、動詞や形容詞、副詞にくっついて意味を付加する役割をもつ言葉が副詞です。 いずれを漢字で書く場合は「何れ」と表現する いずれを漢字で書く場合は「何れ」と表現します。 「何」という漢字は、明確な表現を避け、物事を曖昧に言い表す際に使われる文字です。 また「何」という漢字は、明確でなく、断定できない物事を言い表す際に使われる文字であることから、「いずれ」を漢字で書く場合には「何れ」と表現します。 ちなみに「何れ」という漢字表記の他にも「孰れ」という漢字表記がされることもあります。 「孰れ」という漢字表記は、中国語にルーツがあると言われています。 「孰れ」という漢字表記を用いても間違いではありませんが、あまり見受けられない漢字表記であることから、第三者に伝わりにくい表記であると言われています。 「いずれ」「いづれ」の違いとは?正しいのは? 「いずれ」と「いづれ」の違いとは「現代仮名遣いかどうか」 「いずれ」と「いづれ」の違いとは「現代仮名遣いかどうか」という点にあります。 「いずれ」という表現は現代仮名遣いです。 その一方で「いづれ」という表現は歴史的仮名遣いです。 「いずれ」と「いづれ」の違いとは「現代仮名遣いかどうか」という点のみであり、いずれにしても意味については違いがありません。 現代の表記は「いずれ」が正しい 現代の表記は「いずれ」が正しいとされています。 「いずれ」が現代仮名遣いだからです。 仮名遣いは、昭和時代に変化を遂げたと言われています。 歴史的仮名遣いとは、平安時代中期より前の基準を用いたものを言います。 一方、現代仮名遣いとは、歴史的仮名遣いから変化を遂げた、現代の仮名遣いのことです。 歴史的仮名遣いから現代仮名遣いに変化を遂げたのは、昭和21年の内閣の告示によるものと言われています。 歴史的仮名遣いは、その表記が古く、現代の発音とは異なる部分が多くあったことから、現代仮名遣いへと移行するような施策が取られました。 歴史的仮名遣いの例としては、「今日」を表す「けふ」や、「遠慮」を表す「ゑんりょ」などがあります。 これらの歴史的仮名遣いが現代風の仮名遣いにされましたが、未だに歴史的仮名遣いの「いづれ」という表記が使われることがあり、「いずれ」と「いづれ」の2つの表記が見受けられるということです。 「いずれにしても決断が必要だ」という表現は、「どんなことがあっても決めなければいけない」といった意味合いになります。 人生においては毎日が選択の連続ですが、重大な選択であるほど、迷いが生じてしまうと言われています。 そういった際に「いずれにしても決断が必要だ」といった表現が使われます。 ビジネスにおいても、定められた範囲内に決断を下さなければいけないケースは珍しくなく、いずれにしても決断をしないケースがあります。 どの決断をするべきか頭を抱えている時に、「いずれにしても決断が必要だ」と言うことで、決断を迫る際に使われます。 いずれにしても決断が必要な場合には、一方を立てると一方を見捨てるようになってしまうケースも少なくありません。 そのため、感情に流されやすい人は優柔不断になってしまうと言われています。 「いずれかのコースをお選びください」という表現は、「複数のコースの中から、どれか1つを選んでください」といった意味合いになります。 こういった表現はレストランなどで使われることが多いと言われています。 洋食のコースや和食のコースなどがあらかじめ決められていて、どちらかのコースを選ぶことによって、好きな料理を堪能できるというものです。 ちなみに「堪能」という言葉には「十分楽しむ」などといった意味があります。 「堪能」という言葉の読み方は「たんのう」と読むのが現在では一般的ですが、「かんのう」呼ばれる場合もありますので、あわせて把握しておいてください。 「いずれも甲乙つけがたい」という表現は、「どれも優れていて選ぶことが難しい」といった意味合いになります。 コレクションをしている人や趣味に没頭している人の中には、その人にしかわからない商品や芸術品があります。 予算の関係などがあり、いくつもの逸品の中から1つしか選ぶことができない場合に、「いずれも甲乙つけがたい」といった表現がされます。 他にも、企業が新入社員を採用する際、優秀な人材が集まった場合には嬉しい悲鳴を上げることがあります。 そういった際に「どの応募者も将来が期待できる逸材だ。 いずれも甲乙つけがたい」といった言い回しで、嬉しさや悩ましさを言い表すことがあります。 「いずれは親の店を継ぐつもりだ」という表現は、「将来的には親が経営している店を継ぐつもり」といった意味合いになります。 自営業のお店を経営していたり、企業の社長をしている人の中には、子供に自分のあとを継いでもらいたいと考える人が少なくないと言われています。 自分の子供の方が信頼できますし、懇切丁寧に仕事のことを教えることができるといったメリットがあるからだと言われています。 そういった考えを持っている親は、早いうちから自分の子供に仕事の話をしたり、仕事内容を教えたりすることが珍しくありません。 そういった背景があり、子供も親のあとを継ぐという意識が芽生え、無意識のうちに「自分が親のあとを継ぐことは当然だ」と考えている子供も少なくありません。 「いずれチャンスが巡ってくるよ」という表現は、「今はチャンスに恵まれないけど、そのうちチャンスが来るよ」といった意味合いになります。 人生においては、チャンスに恵まれない時期があり、災難が続くことも少なくありません。 そのような時に「いずれチャンスが巡ってくるよ」と言うことによって、自分自身を励ます時などに使う表現です。 また、周囲の人がピンチに陥っている時などに、激励の言葉として伝えることもあります。 ピンチに思える状況は、考え方によってはチャンスであることが少なくありません。 「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、困難な状況でこそ得られるものがあるケースも見受けられます。 そういった考え方を身につけておくと、今後の人生に役立つと言われています。 「いずれの日程がよろしいでしょうか」という表現は、「どの日程がいいですか」といった意味合いになります。 「いずれの日程がよろしいでしょうか」という表現は、趣味や習いごとなどで、施設の予定などを押さえる時に聞かれることが多いフレーズです。 いくつか予約できる日程を教えてもらったうえで、1つを選ぶ際に聞かれるケースが多いと言われています。 「いずれ運が味方してくれるよ」という表現は、「いつかまた幸運がに恵まれる時が来るよ」といった意味合いになります。 「いずれ運が味方してくれるよ」という表現は、何をやっても裏目に出てしまう時や失敗が続いてしまう時などに使われることが多いフレーズです。 良くないことが続く人に対して、「運が悪いことはそう長くは続かないよ」と元気づけて前向きな気持ちにさせたい時に使われます。 このように前向きな気持ちになる言葉の1つとして「ケセラセラ」という表現があります。 「ケセラセラ」は「なるようになる」、「明日は明日の風が吹く」といった意味で、将来を前向きにとらえる際に役立ちます。 「どれか」という表現には、「複数あるうちの1つ」といった意味合いがあることから、「いずれ」の意味と似通っており、類語であると言われています。 ちなみに以下の記事では、どれかを選ぶ際に迷いやすいと言われているスマホについて紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。 4インチ以下の小型スマホについてお伝えしています。 「やがて」という表現には、「そのうち」といった意味合いがあります。 そのため「いずれ」という言葉に含まれる「近いうちに」と似ていることから、類語であると言われています。 このようにいずれ(いづれ)という言葉には、状況によって異なる意味が含まれることから、その使い方や読み取り方には注意が必要であると言われています。 いずれといづれの違いを把握して正しく使いこなしましょう いずれといづれの違いは現代仮名遣いか歴史的仮名遣いかの違いにあります。 言葉は時代と共に変化していくものですので、その時代に適した表記になることもあります。 また、言葉が持つ意味も時代によって変わっていくことがあります。 その時の状況や話し手の意図によって、意味合いが変わることが多く、誤解が生じるケースも少なくありません。 正しく言葉の意味や使い方を把握して、適切な表現をすることが大切ですので、いずれといづれという言葉についても、違いを把握して正しく使いこなしましょう。 いずれやいづれという言葉はビジネスの世界で使われることも多いと言われています。 ビジネスの世界では俯瞰的に物事をとらえることが重要であり全体がうまく進行するように仕事を進めることが大切だと言われています。

次の

「いずれ」と「いづれ」の違い|いずれの意味と例文

いづれ にし て も

古語の世界では明らかに「いづれも」の表記がなされています。 いわゆる「旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)」と呼ばれます。 江戸時代など短歌や川柳の世界で使われているものは、この表記のものがほとんどです。 例えば有名な短歌で松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」の「つはもの」がこれにあたります。 他にも「にほひ」など現代では短歌の世界でしか使われていないものの読み方です。 さらに例を挙げていくと、「たそがれ(黄昏)」もそうですし、「みなかみ(水上)」も、また「わたつみ(わだつみ)」もそうです。 「まなこ(眼)」「たなごころ(掌)」「生きとし生けるもの」なども化石化して残っている表現です。 「我が子」は「吾子」と表記され、読みは「わこ、あこ、あご」呼ばれていた変遷が見られます。 変わって「いずれも」ですが、「現代仮名遣い」と呼ばれます。 これは後の章で詳しく書いていきます。 日本語の変遷を知る書籍として有名なものとして「古今和歌集」「新古今和歌集」「今昔物語」「太平記」「源氏物語」「枕草子」「万葉集」「伊勢物語」「竹取物語」「方丈記」「徒然草」「古事記」「日本書紀」「歎異抄」「宇治拾遺物語」「十訓抄」「東海道中膝栗毛」「雨月物語」などはおすすめの書です。 また現代に形を残す古典的日本語表現として「能楽」があげられますが、こちらを勉強されたい方には「風姿花伝」がおすすめです。 好き好きは人によって違いますが、「歌舞伎」も古典的日本語表現で構成されている舞台です。 「歌舞伎」で有名な演目といえば、「仮名手本忠臣蔵」「義経千本櫻」「勧進帳」「連獅子」「東海道四谷怪談」「曽根崎心中」「番町皿屋敷」この記事を読まれた機会に一度演舞場へ足を運ばれて古典的日本語の世界に浸ってみてはいかがですか。 みなさんご存知の「平家物語」の一部抜粋です。 有名な「那須与一が扇を狙う」一説です。 沖には平家、岸には源氏の見物の中、与一が弓を射る有名なシーンです。 頃(ころ)は二月(にんぐわつ)十八日の酉(とり)の刻ばかりのことなるに、をりふし北風(ほくふう)激しくて、磯(いそ)打つ波も高かりけり。 舟は、揺り上げ揺りすゑ(え)漂へば、扇もくしに定まらずひらめいたり。 沖には平家、舟を一面に並べて見物す。 陸(くが)には源氏、くつばみを並べてこれを見る。 いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。 他にも「竹取物語」などの古文に「いづれの」の表現がありかなり古くから使われている言葉であることが読み取れます。 「いづれも」は便利な表現として多用されていたようで、色々なところに書かれています。 古文を読む機会に「いづれも」探しをするのも楽しいです。 「いずれも」と「いづれも」の違いについて書いてきましたが、違いについてご理解いただけたでしょうか。 普段使いは「いずれも」、古文などの旧仮名遣いでは「いづれも」と使い分けしていただければ、間違いありません。 現代文と古文に混じり合うことがなければ使い方の間違いは防げます。 このように日本語は時代とともに読みや意味が変わったり、なくなってしまう表現があったりと、色々な変遷を経て成り立った言語です。 「いづれも」もその言葉の中の一つです。 けれども、日本語は外国語にはない素敵な表現、繊細な表現があります。 英語や他の国の言葉では表現できないものがたくさんあり、いずれも美しい言葉です。 日本に生まれたことに誇りを持ち、正しい日本語を後世に伝えるためも、先の章で紹介した言葉は覚えて損はないでしょう。 先頃「広辞苑」の新版が出版されましたが、追加された語句も多く日本語の変遷を楽しめます。

次の