ファビ エル フェルナンデス。 ビージャ ファナ, 地下鉄 コトネル ラファエル トマス フェルナンデス駅 周辺のホテル・宿泊予約。格安ホテル予約・最安値検索|ホテルズドットコム

ミゲル・エル・ルビオとカライメ・アマヤ

ファビ エル フェルナンデス

のSPにて 基本情報 生年月日 1991-04-15 (29歳) 代表国 出生地 173 cm 70 kg 、 選手情報 元コーチ イヴァン・サエズ カロリーナ・サンス ジョルディ・ラファルガ 元振付師 アントニオ・ナハロ ニコライ・モロゾフ イヴァン・サエズ カロリーナ・サンス 所属クラブ Club Hielo Valdemoro 元所属クラブ 元練習拠点 、 週間練習時間 18~13 開始 1997 引退 2019年1月27日 1 2014—15,2015—16 1 2014—15 1 2012—13 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 271. 59 91. 84 2019 欧州選手権 179. 75 2019 欧州選手権 記録• スペイン初 優勝• の所属。 主要な戦績は、銅メダリスト。 2連覇(・)。 のスペイン代表としては3大会連続で出場。 14位。 7連覇 2013年~2019年 など。 のもとに開催された国際大会において、史上2人目にで100点、で200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手である。 のエキシビション 姉のが始めたのをきっかけに6歳でフィギュアスケートを始める。 2006年以来スペイン男子シングル競技の第一人者である。 スペイン選手権ではジュニアクラスでの優勝を続けたが、この間に男子シングルでシニアクラスの競技者はのべ一名しかおらず、フェルナンデスなどジュニアクラスの選手のほうがはるかに高いスコアを記録していた。 4回転はとの2種類を跳ぶ事ができ、2011年のでは、サルコウにターンが入ったものの、両方を成功させた。 2008年、当時17歳だったフェルナンデスはのサマートレーニングキャンプに参加し、モロゾフにアメリカに渡ってトレーニングをしないかと誘われたことをきっかけに、ニュージャージー州に拠点を移し、モロゾフに師事する。 その1年半後、モロゾフがアメリカを離れてロシアに帰ることにしたため、モスクワやラトビア、イタリアなど世界各地のリンクを数か月ごとに移動しながら練習することになり、拠点の定まらない生活に疲弊したと語っている。 2009-2010シーズン、オリンピック初出場のでは14位。 翌で2011年、満足な指導を与えてくれないとして、コーチをからに変更。 2011-2012シーズン、で2位となり、初めてグランプリシリーズの表彰台に立った。 さらにでも2位となったことで、スペイン人として初めてに進出した。 ファイナルでも2種類の4回転ジャンプをすべてクリーンに決め、3位と好成績を収めた。 しかし、続くではFSでジャンプミスが相次ぎ、6位に終わった。 では5位以内に入ることを目標とし、SPで5位に付けるも、FSでスタミナ切れからミスが目立ち14位と失速し、9位に後退した。 2012-2013シーズン、で優勝。 スペイン人のフィギュアスケート競技において、ISU主催の大会での初の金メダルとなった。 ではに僅か0. 04点及ばずメダルを逃すも、FSでは3度の4回転ジャンプに成功した。 3度の4回転ジャンプに成功したのはでが達成して以来6年ぶり、5人目である。 ではSPでは2位だったが、FSで逆転し優勝。 スペイン人初めての欧州王者に輝いた。 ではSPで7位と出遅れたがFSで挽回して総合3位に。 スペイン人で初めてとなる世界選手権の銅メダルを手にした。 2013-2014シーズン、で5位、3位で、3年連続の進出はならず。 その後のスペイン選手権で3年連続優勝、続くで2年連続優勝を果たし、2大会連続五輪代表となる選出となった。 その・男子シングル(個人戦)のSPは3位につけた。 しかしFSでは終盤の3サルコウがシークエンス扱い・4回目のコンビネーションとなるを犯してしまい、無得点になるミスが響き総合4位入賞に。 総合3位のとは僅か1. 18のポイント差で、惜しくも五輪メダル獲得はならなかった。 ではSPで自己ベストを更新し2位、FSでは3ルッツのコンボが1ルッツとなるミス等で順位を落とすも、トータルスコアで自己ベストをマークし総合3位、2年連続で銅メダルを獲得した。 2014-2015シーズン、で2位、ではグランプリシリーズ2勝目を果たす。 地元ので開催されたではSPで5位と出遅れるも、FSで挽回し銀メダルを獲得した。 では以来26年ぶりの3連覇を達成した。 ではスペイン人の選手としては初めて金メダルを獲得した。 2015-2016シーズン、、とで初めて連勝。 2年連続で地元スペイン開催となったでは、FSで初めて200点を超えるなどし、前年と同じくに次ぎ銀メダルを獲得した。 スペイン選手権のSPでは自身初の2度の4回転ジャンプに成功した。 ではSPで自身初めて国際大会で100点を突破し1位。 FSでも1位となりトータルスコアでは自身初めて300点を超えた。 2位に60点以上の差をつけて圧勝し、以来44年ぶりの4連覇を達成した。 では、SPで12. 04点の差をつけられ2位スタート。 FSでは全てのジャンプをクリーンにランディング。 振付・音楽の解釈の2項目で10. 00点満点を得る高評価で逆転優勝を果たした。 2016-2017シーズン、を連勝するも、では4位となり、表彰台を逃した。 では5連覇を果たした。 はSPで自己ベストを更新し首位に立つも、FSのジャンプが乱れ4位に順位を落とし、5年ぶりにメダルを逃した。 2017-2018シーズン、3大会連続五輪出場となる(個人戦)では、SPでほぼ完璧な演技を披露し、に次ぐ2位につけた。 FSでは、中盤での4回転サルコウが2回転に抜けてしまったが、3位入賞を果たして念願だった五輪初の銅メダルを獲得した。 現役続行を表明したものの、1か月後のへは出場を辞退した。 2018年11月、2019年1月開催のを最後に引退することを表明した。 同大会では7連覇を達成し、1929年~1936年に8連覇したに次ぐ男子シングル歴代2位の記録を以って競技生活を締めくくった。 主な戦績 [ ]• 84 1 179. 75 1 271. 59 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年2月16日-17日 () 2 107. 58 4 197. 66 3 305. 24 2018年1月15日-21日 () 1 103. 82 1 191. 73 1 295. 55 2017年12月15日-17日 (ハカ) 1 107. 73 1 180. 57 1 288. 30 2017年11月17日-19日 () 1 107. 86 2 175. 85 1 283. 71 2017年11月3日-5日 () 3 90. 57 6 162. 49 6 253. 06 2017年9月20日-23日 () 2 101. 20 1 177. 87 1 279. 07 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年3月27日-4月2日 () 1 109. 05 6 192. 14 4 301. 19 2017年1月25日-29日 () 1 104. 25 1 190. 59 1 294. 84 2016年12月16日-18日 () 1 99. 39 1 201. 56 1 300. 95 2016年12月8日-11日 () 3 91. 76 4 177. 01 4 268. 77 2016年11月11日-13日 () 1 96. 57 1 188. 81 1 285. 38 2016年11月4日-6日 () 2 91. 55 1 201. 43 1 292. 98 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年3月26日-4月3日 () 2 98. 52 1 216. 41 1 314. 93 2016年1月25日-31日 () 1 102. 54 1 200. 23 1 302. 77 2015年12月19日-20日 () 1 104. 68 1 191. 29 1 295. 97 2015年12月9日-13日 () 2 91. 52 2 201. 43 2 292. 95 2015年11月20日-22日 () 2 86. 99 1 184. 44 1 271. 43 2015年11月6日-8日 () 1 93. 19 1 177. 36 1 270. 55 2015年10月3日-日 () - 2 176. 24 3 団体 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年3月23日-29日 () 2 92. 74 2 181. 16 1 273. 90 2015年1月26日-2月1日 () 1 89. 24 1 173. 25 1 262. 49 2014年12月19日-21日 () 1 87. 06 1 168. 05 1 255. 11 2014年12月11日-14日 () 5 79. 18 2 174. 72 2 253. 90 2014年11月14日-16日 () 1 93. 92 1 171. 09 1 265. 01 2014年10月31日-11月2日 () 1 86. 36 2 158. 51 2 244. 87 2014年10月4日-日 () - 2 155. 47 1 団体 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月24日-30日 () 2 96. 42 3 179. 51 3 275. 93 2014年2月6日-22日 () 3 86. 98 5 166. 94 4 253. 92 2014年1月13日-19日 () 1 91. 56 1 175. 55 1 267. 11 2013年12月19日-21日 () 1 97. 91 1 187. 66 1 285. 57 2013年11月22日-24日 () 3 81. 87 5 145. 12 3 226. 99 2013年11月8日-10日 () 2 84. 78 8 145. 67 5 230. 45 2013年10月5日-日 () - 1 176. 91 3 団体 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年3月10日-17日 () 7 80. 76 4 168. 30 3 249. 06 2013年1月21日-27日 () 2 88. 80 1 186. 07 1 274. 87 2012年12月14日-16日 () 1 79. 02 1 149. 76 1 228. 78 2012年12月6日-9日 () 5 80. 19 1 178. 43 4 258. 62 2012年11月23日-25日 () 3 86. 23 5 146. 55 4 232. 78 2012年10月26日-28日 () 1 85. 87 1 168. 07 1 253. 94 2012年10月4日-7日 () 1 80. 77 3 154. 43 3 235. 20 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年3月26日-4月1日 () 5 81. 87 14 144. 00 9 225. 87 2012年1月23日-29日 () 4 80. 11 7 142. 15 6 222. 26 2011年12月17日-18日 () 1 63. 68 1 154. 06 1 217. 74 2011年12月8日-11日 () 3 81. 26 4 166. 29 3 247. 55 2011年11月25日-27日 () 4 78. 50 1 163. 13 2 241. 63 2011年10月28日-30日 () 1 84. 71 2 165. 62 2 250. 33 2011年9月20日-24日 () 6 66. 87 4 137. 59 4 204. 46 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年4月24日-5月1日 () 14 69. 16 10 149. 10 10 218. 26 2011年1月24日-30日 () 11 60. 48 7 139. 17 9 199. 65 2010年12月17日-19日 () 1 71. 50 2 120. 63 2 192. 13 2010年11月19日-21日 () 8 66. 46 10 117. 60 9 184. 06 2010年10月29日-31日 () 6 66. 74 4 144. 11 5 210. 85 2010年10月13日-17日 () 6 66. 88 4 132. 43 5 199. 31 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月22日-28日 () 13 71. 65 10 144. 01 12 215. 66 2010年2月12日-28日 () 16 68. 69 10 137. 99 14 206. 68 2010年1月18日-24日 () 13 66. 50 6 138. 33 8 204. 83 2009年12月12日-13日 () 1 65. 55 1 119. 59 1 185. 14 2009年11月14日-15日 () 4 64. 70 1 134. 17 1 198. 87 2009年11月4日-8日 () 11 53. 75 1 130. 58 3 184. 33 2009年10月15日-18日 () 10 60. 56 11 109. 60 11 170. 16 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月23日-29日 () 20 63. 75 19 119. 80 19 183. 55 2009年1月19日-25日 () 12 65. 75 11 117. 16 11 182. 91 2008年12月5日-7日 () 3 67. 08 5 123. 61 3 190. 69 2008年9月24日-28日 () 10 45. 20 3 111. 98 4 157. 18 2008年9月10日-14日 () 4 54. 57 8 92. 78 6 147. 35 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年3月17日-23日 () 30 47. 87 - 30 2008年2月25日-3月2日 () 14 52. 25 11 108. 76 13 161. 01 2008年1月21日-27日 () 16 51. 94 17 102. 16 17 154. 10 2007年11月8日-11日 () 12 47. 06 12 98. 66 13 145. 72 2007年10月18日-21日 () 9 49. 81 10 97. 82 11 147. 63 2007年9月20日-23日 () 9 46. 18 9 93. 24 9 139. 42 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年3月29日-30日 ジュニアクラス() 7 45. 11 5 86. 63 5 131. 74 2007年3月19日-25日 () 35 41. 57 - 35 2007年2月20日-22日 () 4 42. 64 3 91. 50 4 134. 14 2007年1月22日-28日 () 28 41. 73 - 28 2006年11月9日-12日 ジュニアクラス() 8 37. 18 4 82. 15 5 119. 33 2006年10月5日-8日 () 18 37. 38 24 51. 46 23 88. 84 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2006年4月12日-16日 ノービスクラス() 2 38. 23 4 66. 09 4 104. 1897:• 1898:• 1899-1900:• 1901-1905:• 1906:• 1907-1911:• 1912-1913:• 1914:• 1922:• 1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929:• 1930-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948-1952:• 1953-1956:• 1957-1959:• 1960:• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989-1991:• 1992:• 1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998-2000:• 2001:• 2002:• 2003-2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011-2013:• 2014:• 2015-2016:• 2017:• 2018-2019: 1891:• 1892-1894:• 1895:• 1898-1900:• 1901:• 1904:• 1905:• 1906-1907:• 1908:• 1909-1910:• 1911:• 1912:• 1913:• 1914:• 1922-1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948:• 1949:• 1950:• 1951-1952:• 1953-1954:• 1955-1957:• 1958-1959:• 1960-1961:• 1962-1964:• 1965-1968:• 1969-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977-1979:• 1980:• 1981:• 1982-1983:• 1984:• 1985-1986:• 1987-1989:• 1990-1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2019: 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979: (非開催)• 1980:• 1981:• 1982:• 1983-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996-1997:• 1998:• 1999-2001:• 2002:• 2003:• 2004-2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010-2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015-2016:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007-2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:•

次の

フランシスコ・ハビエル・フェルナンデス・トレホン

ファビ エル フェルナンデス

のSPにて 基本情報 生年月日 1991-04-15 (29歳) 代表国 出生地 173 cm 70 kg 、 選手情報 元コーチ イヴァン・サエズ カロリーナ・サンス ジョルディ・ラファルガ 元振付師 アントニオ・ナハロ ニコライ・モロゾフ イヴァン・サエズ カロリーナ・サンス 所属クラブ Club Hielo Valdemoro 元所属クラブ 元練習拠点 、 週間練習時間 18~13 開始 1997 引退 2019年1月27日 1 2014—15,2015—16 1 2014—15 1 2012—13 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 271. 59 91. 84 2019 欧州選手権 179. 75 2019 欧州選手権 記録• スペイン初 優勝• の所属。 主要な戦績は、銅メダリスト。 2連覇(・)。 のスペイン代表としては3大会連続で出場。 14位。 7連覇 2013年~2019年 など。 のもとに開催された国際大会において、史上2人目にで100点、で200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手である。 のエキシビション 姉のが始めたのをきっかけに6歳でフィギュアスケートを始める。 2006年以来スペイン男子シングル競技の第一人者である。 スペイン選手権ではジュニアクラスでの優勝を続けたが、この間に男子シングルでシニアクラスの競技者はのべ一名しかおらず、フェルナンデスなどジュニアクラスの選手のほうがはるかに高いスコアを記録していた。 4回転はとの2種類を跳ぶ事ができ、2011年のでは、サルコウにターンが入ったものの、両方を成功させた。 2008年、当時17歳だったフェルナンデスはのサマートレーニングキャンプに参加し、モロゾフにアメリカに渡ってトレーニングをしないかと誘われたことをきっかけに、ニュージャージー州に拠点を移し、モロゾフに師事する。 その1年半後、モロゾフがアメリカを離れてロシアに帰ることにしたため、モスクワやラトビア、イタリアなど世界各地のリンクを数か月ごとに移動しながら練習することになり、拠点の定まらない生活に疲弊したと語っている。 2009-2010シーズン、オリンピック初出場のでは14位。 翌で2011年、満足な指導を与えてくれないとして、コーチをからに変更。 2011-2012シーズン、で2位となり、初めてグランプリシリーズの表彰台に立った。 さらにでも2位となったことで、スペイン人として初めてに進出した。 ファイナルでも2種類の4回転ジャンプをすべてクリーンに決め、3位と好成績を収めた。 しかし、続くではFSでジャンプミスが相次ぎ、6位に終わった。 では5位以内に入ることを目標とし、SPで5位に付けるも、FSでスタミナ切れからミスが目立ち14位と失速し、9位に後退した。 2012-2013シーズン、で優勝。 スペイン人のフィギュアスケート競技において、ISU主催の大会での初の金メダルとなった。 ではに僅か0. 04点及ばずメダルを逃すも、FSでは3度の4回転ジャンプに成功した。 3度の4回転ジャンプに成功したのはでが達成して以来6年ぶり、5人目である。 ではSPでは2位だったが、FSで逆転し優勝。 スペイン人初めての欧州王者に輝いた。 ではSPで7位と出遅れたがFSで挽回して総合3位に。 スペイン人で初めてとなる世界選手権の銅メダルを手にした。 2013-2014シーズン、で5位、3位で、3年連続の進出はならず。 その後のスペイン選手権で3年連続優勝、続くで2年連続優勝を果たし、2大会連続五輪代表となる選出となった。 その・男子シングル(個人戦)のSPは3位につけた。 しかしFSでは終盤の3サルコウがシークエンス扱い・4回目のコンビネーションとなるを犯してしまい、無得点になるミスが響き総合4位入賞に。 総合3位のとは僅か1. 18のポイント差で、惜しくも五輪メダル獲得はならなかった。 ではSPで自己ベストを更新し2位、FSでは3ルッツのコンボが1ルッツとなるミス等で順位を落とすも、トータルスコアで自己ベストをマークし総合3位、2年連続で銅メダルを獲得した。 2014-2015シーズン、で2位、ではグランプリシリーズ2勝目を果たす。 地元ので開催されたではSPで5位と出遅れるも、FSで挽回し銀メダルを獲得した。 では以来26年ぶりの3連覇を達成した。 ではスペイン人の選手としては初めて金メダルを獲得した。 2015-2016シーズン、、とで初めて連勝。 2年連続で地元スペイン開催となったでは、FSで初めて200点を超えるなどし、前年と同じくに次ぎ銀メダルを獲得した。 スペイン選手権のSPでは自身初の2度の4回転ジャンプに成功した。 ではSPで自身初めて国際大会で100点を突破し1位。 FSでも1位となりトータルスコアでは自身初めて300点を超えた。 2位に60点以上の差をつけて圧勝し、以来44年ぶりの4連覇を達成した。 では、SPで12. 04点の差をつけられ2位スタート。 FSでは全てのジャンプをクリーンにランディング。 振付・音楽の解釈の2項目で10. 00点満点を得る高評価で逆転優勝を果たした。 2016-2017シーズン、を連勝するも、では4位となり、表彰台を逃した。 では5連覇を果たした。 はSPで自己ベストを更新し首位に立つも、FSのジャンプが乱れ4位に順位を落とし、5年ぶりにメダルを逃した。 2017-2018シーズン、3大会連続五輪出場となる(個人戦)では、SPでほぼ完璧な演技を披露し、に次ぐ2位につけた。 FSでは、中盤での4回転サルコウが2回転に抜けてしまったが、3位入賞を果たして念願だった五輪初の銅メダルを獲得した。 現役続行を表明したものの、1か月後のへは出場を辞退した。 2018年11月、2019年1月開催のを最後に引退することを表明した。 同大会では7連覇を達成し、1929年~1936年に8連覇したに次ぐ男子シングル歴代2位の記録を以って競技生活を締めくくった。 主な戦績 [ ]• 84 1 179. 75 1 271. 59 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年2月16日-17日 () 2 107. 58 4 197. 66 3 305. 24 2018年1月15日-21日 () 1 103. 82 1 191. 73 1 295. 55 2017年12月15日-17日 (ハカ) 1 107. 73 1 180. 57 1 288. 30 2017年11月17日-19日 () 1 107. 86 2 175. 85 1 283. 71 2017年11月3日-5日 () 3 90. 57 6 162. 49 6 253. 06 2017年9月20日-23日 () 2 101. 20 1 177. 87 1 279. 07 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年3月27日-4月2日 () 1 109. 05 6 192. 14 4 301. 19 2017年1月25日-29日 () 1 104. 25 1 190. 59 1 294. 84 2016年12月16日-18日 () 1 99. 39 1 201. 56 1 300. 95 2016年12月8日-11日 () 3 91. 76 4 177. 01 4 268. 77 2016年11月11日-13日 () 1 96. 57 1 188. 81 1 285. 38 2016年11月4日-6日 () 2 91. 55 1 201. 43 1 292. 98 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年3月26日-4月3日 () 2 98. 52 1 216. 41 1 314. 93 2016年1月25日-31日 () 1 102. 54 1 200. 23 1 302. 77 2015年12月19日-20日 () 1 104. 68 1 191. 29 1 295. 97 2015年12月9日-13日 () 2 91. 52 2 201. 43 2 292. 95 2015年11月20日-22日 () 2 86. 99 1 184. 44 1 271. 43 2015年11月6日-8日 () 1 93. 19 1 177. 36 1 270. 55 2015年10月3日-日 () - 2 176. 24 3 団体 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年3月23日-29日 () 2 92. 74 2 181. 16 1 273. 90 2015年1月26日-2月1日 () 1 89. 24 1 173. 25 1 262. 49 2014年12月19日-21日 () 1 87. 06 1 168. 05 1 255. 11 2014年12月11日-14日 () 5 79. 18 2 174. 72 2 253. 90 2014年11月14日-16日 () 1 93. 92 1 171. 09 1 265. 01 2014年10月31日-11月2日 () 1 86. 36 2 158. 51 2 244. 87 2014年10月4日-日 () - 2 155. 47 1 団体 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月24日-30日 () 2 96. 42 3 179. 51 3 275. 93 2014年2月6日-22日 () 3 86. 98 5 166. 94 4 253. 92 2014年1月13日-19日 () 1 91. 56 1 175. 55 1 267. 11 2013年12月19日-21日 () 1 97. 91 1 187. 66 1 285. 57 2013年11月22日-24日 () 3 81. 87 5 145. 12 3 226. 99 2013年11月8日-10日 () 2 84. 78 8 145. 67 5 230. 45 2013年10月5日-日 () - 1 176. 91 3 団体 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年3月10日-17日 () 7 80. 76 4 168. 30 3 249. 06 2013年1月21日-27日 () 2 88. 80 1 186. 07 1 274. 87 2012年12月14日-16日 () 1 79. 02 1 149. 76 1 228. 78 2012年12月6日-9日 () 5 80. 19 1 178. 43 4 258. 62 2012年11月23日-25日 () 3 86. 23 5 146. 55 4 232. 78 2012年10月26日-28日 () 1 85. 87 1 168. 07 1 253. 94 2012年10月4日-7日 () 1 80. 77 3 154. 43 3 235. 20 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年3月26日-4月1日 () 5 81. 87 14 144. 00 9 225. 87 2012年1月23日-29日 () 4 80. 11 7 142. 15 6 222. 26 2011年12月17日-18日 () 1 63. 68 1 154. 06 1 217. 74 2011年12月8日-11日 () 3 81. 26 4 166. 29 3 247. 55 2011年11月25日-27日 () 4 78. 50 1 163. 13 2 241. 63 2011年10月28日-30日 () 1 84. 71 2 165. 62 2 250. 33 2011年9月20日-24日 () 6 66. 87 4 137. 59 4 204. 46 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年4月24日-5月1日 () 14 69. 16 10 149. 10 10 218. 26 2011年1月24日-30日 () 11 60. 48 7 139. 17 9 199. 65 2010年12月17日-19日 () 1 71. 50 2 120. 63 2 192. 13 2010年11月19日-21日 () 8 66. 46 10 117. 60 9 184. 06 2010年10月29日-31日 () 6 66. 74 4 144. 11 5 210. 85 2010年10月13日-17日 () 6 66. 88 4 132. 43 5 199. 31 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月22日-28日 () 13 71. 65 10 144. 01 12 215. 66 2010年2月12日-28日 () 16 68. 69 10 137. 99 14 206. 68 2010年1月18日-24日 () 13 66. 50 6 138. 33 8 204. 83 2009年12月12日-13日 () 1 65. 55 1 119. 59 1 185. 14 2009年11月14日-15日 () 4 64. 70 1 134. 17 1 198. 87 2009年11月4日-8日 () 11 53. 75 1 130. 58 3 184. 33 2009年10月15日-18日 () 10 60. 56 11 109. 60 11 170. 16 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月23日-29日 () 20 63. 75 19 119. 80 19 183. 55 2009年1月19日-25日 () 12 65. 75 11 117. 16 11 182. 91 2008年12月5日-7日 () 3 67. 08 5 123. 61 3 190. 69 2008年9月24日-28日 () 10 45. 20 3 111. 98 4 157. 18 2008年9月10日-14日 () 4 54. 57 8 92. 78 6 147. 35 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年3月17日-23日 () 30 47. 87 - 30 2008年2月25日-3月2日 () 14 52. 25 11 108. 76 13 161. 01 2008年1月21日-27日 () 16 51. 94 17 102. 16 17 154. 10 2007年11月8日-11日 () 12 47. 06 12 98. 66 13 145. 72 2007年10月18日-21日 () 9 49. 81 10 97. 82 11 147. 63 2007年9月20日-23日 () 9 46. 18 9 93. 24 9 139. 42 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年3月29日-30日 ジュニアクラス() 7 45. 11 5 86. 63 5 131. 74 2007年3月19日-25日 () 35 41. 57 - 35 2007年2月20日-22日 () 4 42. 64 3 91. 50 4 134. 14 2007年1月22日-28日 () 28 41. 73 - 28 2006年11月9日-12日 ジュニアクラス() 8 37. 18 4 82. 15 5 119. 33 2006年10月5日-8日 () 18 37. 38 24 51. 46 23 88. 84 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2006年4月12日-16日 ノービスクラス() 2 38. 23 4 66. 09 4 104. 1897:• 1898:• 1899-1900:• 1901-1905:• 1906:• 1907-1911:• 1912-1913:• 1914:• 1922:• 1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929:• 1930-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948-1952:• 1953-1956:• 1957-1959:• 1960:• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989-1991:• 1992:• 1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998-2000:• 2001:• 2002:• 2003-2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011-2013:• 2014:• 2015-2016:• 2017:• 2018-2019: 1891:• 1892-1894:• 1895:• 1898-1900:• 1901:• 1904:• 1905:• 1906-1907:• 1908:• 1909-1910:• 1911:• 1912:• 1913:• 1914:• 1922-1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948:• 1949:• 1950:• 1951-1952:• 1953-1954:• 1955-1957:• 1958-1959:• 1960-1961:• 1962-1964:• 1965-1968:• 1969-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977-1979:• 1980:• 1981:• 1982-1983:• 1984:• 1985-1986:• 1987-1989:• 1990-1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2019: 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979: (非開催)• 1980:• 1981:• 1982:• 1983-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996-1997:• 1998:• 1999-2001:• 2002:• 2003:• 2004-2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010-2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015-2016:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007-2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:•

次の

ミゲル・エル・ルビオとカライメ・アマヤ

ファビ エル フェルナンデス

エスペランサ フェルナンデス「Recuerdos」 エスペランサ フェルナンデス待望の第2作。 ヒターナの血の濃さと誇りの高さ。 動画は、テレビ番組で放映されたタンゴです。 Manolo Reyes 2. Lo Mismo Que los Metales 3. Mi David y Mi Miguel 4. Al Titi 5. Pastora 6. Antonio Vargas Heredia 8. Mi Cabellito 9. Celos Hasta del Aire 10. Gelem-Gelem エスペランサ・フェルナンデス待望の第2作。 ヒターナの血の濃さと誇りの高さ! トリアーナ出身の人気ジプシー歌手、エスペランサ・フェルナンデスの待望の第2作。 曲は伝統スタイルのソレア、タンゴ・デ・トリアーナ、ファルーカ、シギリージャ、カンティーニャス・デ・ピニーニなどの他、古いカンシオンをアレンジしたブレリアなどを歌っている。 タイトルのとおり、古い時代のフラメンコの思い出を歌った作品といえそうだ。 特にソレアやシギリージャでの熱唱が素晴らしく、ヒターナらしい血の濃さを感じさせる。 伴奏は人気ギタリスト、ホセ・アントニオ・ロドリゲスを中心に、ミゲル・アンヘル・コルテス、パコ・フェルナンデスといった実力者が参加。 最後の1曲はピアニスト、ドランテスとのコラボレーション。 全10曲。 歌詞付き。 伴奏はホセ・A・ロドリゲス、ミゲル・アンヘル・コルテス、パコ・フェルナンデス。 トランテスもピアノで1曲参加。 詳細/購入 詳細/購入 4,237円(税込) 詳細/購入• 索引 人物: スポンサー リンク.

次の