グラビア 意味。 ヘリオグラビア(へりおぐらびあ)とは

伊藤詩織のグラビア撮影現場が問題のホテル?隠された意味や勝訴!

グラビア 意味

「グラビア」とは、「グラビア印刷」という印刷方法の一つです。 「 版に凹みを作り、そこにインキを流し込む」手法を言います。 インキの量で色の濃淡や明るさを調整しやすいので、写真の印刷に適しています。 昔は水着のアイドルなどの写真を印刷する為にグラビア印刷を使っていました。 決して、水着姿のアイドルという意味ではありません。 極端な話ですが、動物の写真でもグラビア印刷で印刷すれば、「グラビア写真」と呼ぶことができます。 しかし、最近は印刷技術が発展し、グラビア写真もグラビア印刷を使わないことが多いです。 グラビア印刷より安く高品質な「オフセット印刷」が主流になっています。 厳密に言えば、正しい意味での「グラビアアイドル」や「グラビア写真」は存在しないことになります。 特に最近では「グラビアアイドル」を「グラドル」と略すことも多いので、いずれ「グラビア」という言葉すら無くなるかも知れません。

次の

「グラビア」とは?意味や使い方を解説!

グラビア 意味

概要 [ ] グラビア印刷は通常、やと同様、回転式の印刷機を用いる。 したがって、印刷イメージは シリンダ(ロール状の版胴)の上に彫り込まれる。 また、グラビア印刷が枚葉紙(シート状の用紙)ではなく、 ロール紙に印刷することを意味している。 なお、雑誌でよく見かける「 」というページは、「芸術印刷といえばグラビア印刷」だった時代の名残であり、現在は、ほとんどすべてがオフセット印刷である。 これは、ドイツの印刷会社 Rotogravur に由来し、会社名が普通名詞化したものである。 Rotogravur 社は、Rotophot 社と Deutsche Photogravur 社の合併によって作られたであり、さらに語源に遡ると、roto- は回転、photo- は写真、gravure はで彫ることを意味する。 グラビア印刷の特徴 [ ] シリンダ(版胴) [ ] シリンダは鋼管に80-100の厚さで銅を施し、その表面に製版を行う。 印刷が終わればその銅めっき層を剥がし取った後、再めっき、研磨してリサイクルする。 製版方法 [ ] 写真製版法の腐食による手段のほか、近年では腐食によらず、先端にまたはを付けた機での彫刻法(電子彫刻法)が用いられる。 版面 [ ] グラビア印刷のシリンダの上に彫り込まれたイメージは、小さい凹型のくぼみから構成されていて、それらのくぼみは「セル」と呼ばれる。 そのセルにインクが付き、印刷される紙などの素材に転写される。 グラビア印刷には、インキを保持するセルの深さで印刷濃度再現をするコンベンショナル法、このセルの深さと大小とを併用して印刷濃度再現する網グラビア法、やはりセルの深さと大小とを併用する電子彫刻法があり、それらセルの深さや大きさによって、紙などの素材に転写するインクの量をコントロールする。 利点 [ ] セルの深さによって色の濃さを変えることが可能であるため、写真などの階調を持つ画像の再現性を高めているのがグラビア印刷の最大の特徴である。 網グラビア法ではオフセット印刷と原版の互換性があるため、校正刷りがオフセット印刷で出せること、調子再現が良いことなどの利点がある。 しかし、オフセット印刷の改良により、今日では雑誌などのではほとんどがこの形式を用いている。 また、シリンダはクロムメッキ処理することにより耐久性を持ち、印刷速度の速さとその耐久性から大量部数の印刷に適している。 グラビアインキはオフセットインキと比べて高濃度である一方、理論上のCMY 藍紅黄 色相からはずれているため、それを補うために特色インキと呼ばれる印刷版を用いることが多い。 グラビア印刷機 [ ] 構造 [ ] 輪転グラビア印刷機はごとに1つの印刷ユニットを持っている。 ユニットの数は、どんな色が最終的なイメージを作り出すために必要とされているかによって決まる。 各カラーユニットは次の5つの基本的な部品から構成される。 グラビア版シリンダ(版胴)、インク溜め(インキパン)、ドクターブレード(インク掻き落とし刃)、圧着ローラー(圧胴)、および乾燥機である。 印刷の流れ [ ] 印刷するにあたっては、以下の工程が繰り返される。 グラビア版シリンダの一部がインク溜めに浸され、セル(版面のくぼみ)をインクで満たす。 シリンダの回転時に、インク溜めから引き上げる。 ドクターブレードがシリンダをこすって、印刷されない(凹んでいない)部分からインクを取り去る。 紙は圧着ローラーとグラビア印刷シリンダに挟みこまれる。 ここでインクがセルから紙に移される。 圧着ローラーの目的は、インクがなるべく多く均一に紙へ移るよう、グラビア版シリンダの上で紙を押すことである。 紙は乾燥機にかけられる(それが次の色ユニットに移り、別の層のインクを吸収する前には完全に乾燥していなければならないため)。 次の色ユニットに移る。 グラビア印刷に適用する素材 [ ] 紙や薄紙、、金属箔、紙カップなどの印刷に使用され、特に、、、、などのに多く用いられる。 脚注 [ ].

次の

伊藤詩織のグラビア撮影現場が問題のホテル?隠された意味や勝訴!

グラビア 意味

第2回ではグラビア印刷とフレキソ印刷の違いについて当社の印刷機で印刷した印刷物で 比較しながら説明していきたいと思います。 印刷すると版を接着させ、基材の上から圧力をかけ凹版部分に残ったインキを基材に転移させ、 乾燥してから巻き取ります。 図1参照 版製作時、凹版部の深さ・形状に融通が利くため、インキの転移量の幅が広く、 細かい濃淡の表現を再現することに優れています。 版は鉄芯に銅メッキ加工し、柄を刻み(彫刻方式、腐食方式等あり)、 クロームメッキを行うことで耐久性を付与します。 基材はロール状(巻取)のものに印刷を行い、印刷後の形状もロール状(巻取)となります。 印刷前準備を終え作業スタートすると、印刷変動要因が少ないため、安定稼働が出来ます。 また版の耐久性が高いことも大ロット対応に向いています。 図2参照 かつてのフレキソ印刷はダンボールや紙袋の印刷がほとんどでしたが、 ギヤレスによるピッチ制限からの解放・の登場によるエンドレス化の実現・印刷機の改善・デジタル化による版の驚異的な進化により、グラビア印刷とのボーダレス化が進んでいます。 弊社のフレキソ印刷機はセンタードラム方式を採用しており、センタードラムと呼ばれる大きなロールに各色方式のインキユニットが取り付けられています。 図3参照 環境面においては弊社のフレキソ印刷では水性のインキを使用しており、グラビア印刷と比較してインキの使用量が少ないこと、インキにVOCがふくまれていないこと、燃焼装置を使わない、乾燥風量がグラビア印刷と比較し1/3程度とCO2の排出量が大幅に減少するため水環境に優しい印刷方式となっています。 凸版印刷のため、インキ塗工量は少量になり、細かい文字やシャープな表現を再現することに優れ、 また平滑性の低い基材に印刷する事にも適しています。 センタードラムとドクターチャンバーの仕組みにより印刷の各色のズレを示す見当精度はグラビア印刷より優位性があり、また印刷速度でも印刷柄によって優位性があり、弊社実績でグラビア印刷の2倍の速度で作業実績があります。 グラビア印刷は濃淡がハッキリと印刷される為、 陰影や質感などを表現するグラデーション部分が綺麗に再現されます。 フレキソ印刷では小さい文字までしっかりとシャープに再現され、 文字として認識しやすいことがわかります。 このようにグラビア印刷とフレキソ印刷には再現性の違いがあり、デザイン、基材、後加工、用途によって使い分けていくことが必要となります。 前述した内容以外にも違いがありますが、 詳細を知りたい場合は よりご連絡頂ければと思います。

次の