アクサ生命保険 寮。 2010年ニュース一覧|会社情報|アクサ生命保険株式会社

アクサ生命保険株式会社の採用情報・募集要項

アクサ生命保険 寮

Drive浜松西SS エネオス スポーツクラブアクトス浜松 テニスコート 緑ケ丘幼稚園 幼稚園 ウィキペディア検索 アクサ生命保険株式会社 ( アクサ せいめいほけん)は、フランス発祥の 保険 企業である アクサ が日本に設立した アクサ生命 と、日本団体 生命 が統合して生まれた 生命保険 会社 である。 アクサ グループは世界57カ国、約1億200万人の顧客を持つ世界最大級の 保険 グループである。 本項では、当社の前身で、2014年10月1日に傘下の アクサ生命保険株式会社 (2代、法人格は初代と同一)を吸収合併し、 アクサ生命保険 (3代)へ社名変更するまで存続していた アクサ ジャパン ホールディング株式会社も併せて述べる。 アクサジャパンホールディングが アクサ生命保険 を合併して事業 会社 となり、 アクサ生命保険 に社名変更(逆さ合併による統合)。 2019年4月 - アクサ生命保険 が「 アクサ ・ホールディングス・ジャパン」を設立し、 アクサ生命保険 ・ アクサ 損害 保険 ・ アクサ ダイレクト 生命保険 が同社の傘下に入る。 アクサ ・ホールディングス・ジャパン 保険 契約締結の媒介を行う)。 アクサ ・エス・アー(フランスの親 会社 ) アクサ ・ホールディングス・ジャパン 株式会社 アクサ生命保険株式会社 アクサ ダイレクト 生命保険株式会社 (2010年5月12日にSBI アクサ生命保険 からネクスティア 生命保険 へ商号変更、2013年5月14日にネクスティア 生命保険 から現社名へ商号変更) 住信SBIネット銀行 株式会社 - 住友信託銀行(現:三井住友信託銀行)と共同で設立 JAL SBIフィンテック 株式会社 - 日本航空と共同で設立 SBIインシュアランスグループ 株式会社 (東証マザーズ上場) SBI 生命保険株式会社 - ピーシーエー 生命保険 を2015年に買収・商号変更 SBI損害 保険株式会社 - - 退官 東京ガス 株式会社 特別顧問 アクサ生命保険株式会社 特別顧問 財団法人日本盲導犬協会 理事長 NPO法人日本子ども交通科学協会 理事長 財団法人合気道養神会 理事長 学校法人日本体育大学理事 学術社団日本安全保障・危機管理学会 副会長 株式会社 朝日工業社社外取締役 株式会社 NHC 客員顧問 アクサ レディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(AXA LADIES GOLF TOURNAMENT in MIYAZAKI)は2013年から日本女子プロゴルフ協会の公認、FNN・NNN・ANNトリプルクロスネット局であるテレビ宮崎(UMK)の主催、 アクサ生命保険 アライアンス・バーンスタイン 株式会社 (英語:AllianceBernstein Japan Ltd. 、略称:AB)は、米国ニューヨーク州に本社を置く世界有数の資産運用 会社 アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーの日本法人。 AXA( アクサ )グループに属する。 東京都千代田区に本社を置く。

次の

法人向け損害保険の比較・見直し・無料相談|法人ほけんの窓口【公式】

アクサ生命保険 寮

【新型コロナウイルス感染症への対応】(2020年5月20日時点) エントリーをいただいた方には、当社マイページ上で、現在「オンラインセミナー録画」も配信しております。 年間休日125日以上• フレックスタイム制度あり• 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり• 独身寮・社宅あり• アクチュアリーは生命保険の商品開発、保険料設定、リスク発生確率予測、将来にわたる収益予測等も行います。 【ファイナンシャルコントロール(経理財務本部)】 決算関連業務、SOX対応、財務分析、事業費管理、経理業務等を行う所管です。 決算業務においては日本会計基準による決算報告と、AXAグループと連結決算を行うための国際会計基準による決算報告を行います。 また会社の経営状況を定期的にモニタリングし、効率的な事業運営を遂行するためにファイナンス面から会社をサポートします。 具体的には競合状況を分析し、顧客ニーズ、収益性、リスクの最適なバランスを取ることや、専門性を発揮し、革新性を追求することが求められます。 <オペレーション部門> 【カスタマーサービス】 顧客サービス全般を扱う部門で、申込書の処理や情報提供、保険料のお預かり、契約内容の変更受付、コールセンター業務、保険金の支払いなど、保険会社特有の業務を担っています。 【契約部(アンダーライティング)】 契約部では保険に申し込まれたお客様の健康状況や経済状況にもとづく適正な引受結果の導出(アンダーライティング)を業務としています。 お客様の期待を超え、かつ会社収支の安定成長に資するアンダーライティング手法の変革への分析と提言を行っています。 <人事部門> 【HRオペレーション】 HRオペレーションチームは、社員の入社から退職までのアクサ生活において一貫して、エンプロイー・エクスペリエンス(従業員が企業組織の中で経験する価値)の創造及び最大化を担っています。 人事手続き、給与計算、支給及び社会保険や税務業務、社員からの人事に関する問い合わせに対応など、HRとしての専門知識を活かし、組織全体への価値創造を行っています。 昇給・賞与・諸手当 【昇給】 年1回 【賞与】 年2回(6月、12月)+変動業績賞与 【諸手当】 通勤手当、借上独身寮(60%会社負担、上限60,000円)、営業手当(50,000円~)、時間外勤務手当等 勤務地 営業部門:全国 非営業部門:東京 勤務時間 9:00~17:00(ただし、フレックスタイムの適用部署もあります) 福利厚生 各種社会保険、退職金、弔慰金、借上独身寮、借上社宅、妊婦の短時間勤務、育児時間、介護時間、弔慰金、社内保険契約割引、財形、持株会、JTBベネフィット、社内クラブ活動、ERG(Employee Resource Group)等 休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、夏季特別休暇(5日)、年末年始休暇(12月30日~1月4日)、年次有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇、私傷病休暇、傷病積立休暇、産前産後休暇、育児休業(3歳まで)、子の看護休暇、介護休暇、介護休業(365日) 等 採用実績校 <大学院> 青山学院大学、お茶の水女子大学、京都大学、慶應義塾大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、名古屋大学、大阪大学、沖縄科学技術大学院大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学 <大学> 愛知淑徳大学、会津大学、青山学院大学、熊本大学、慶應義塾大学、駒澤大学、信州大学、専修大学、千葉大学、中央大学、東京理科大学、東洋大学、同志社大学、日本大学、一橋大学、法政大学、明治学院大学、山口大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学、大阪府立大学、京都大学、工学院大学、國學院大學、成城大学、東京大学、東京工業大学、東京農業大学 University of Glasgow Chadron State College Iona College Johns Hopkins University University of British Columbia University of Toronto Coventry University University of Edinburgh University of Sussex University of the Sunshine Coast University of Washington, Bothell Ahsanullah University of Science and Technology 採用予定学部学科 全学部全学科 今年度採用予定数 採用人数は、営業部門、非営業部門合計で30名程度を予定しています。 昨年度採用実績(見込)数 37名(すべて総合職) 試用期間 なし 研修制度 新入社員研修、新入社員フォロー研修、階層別研修、コンプライアンス研修、ビジネススキル研修、パーソナルスキル研修、e-learning、通信教育制度、公的資格取得奨励金制度、アクチュアリディベロップメント・プログラム等 自己啓発支援制度 公的資格取得援助(公認会計士、CPA、CFA、アクチュアリー資格奨励金等) メンター制度 入社3年まで人事担当がフォローアップする制度あり キャリアコンサルティング制度 社内公募制度 職場データ.

次の

法人向け損害保険の比較・見直し・無料相談|法人ほけんの窓口【公式】

アクサ生命保険 寮

賠償責任のリスク• 施設の所有・管理に起因する事故• 仕事の遂行に起因する事故• 作業対象物の損壊• 生産物や仕事の結果に起因する事故• 役員の賠償責任• 個人情報の漏洩 財物のリスク• 地震・噴火・津波• 風災・雹災・雪災• 電気的・機械的事故• 破裂・爆発• 車両・航空機の衝突• 給排水設備事故• 騒擾・労働争議• 管理物件 人のリスク• 業務上の事故での通院• 業務上の事故で死亡• 経営者の長期入院• 経営者の死亡• 従業員への法定外補償 経営のリスク• 人材の確保• 人材育成• メンタルヘルス• 役員・従業員による不正• 情報システムの故障• 事業資金の平準化• 役員退職金の確保• 年金制度の積立不足• 事業継承対策• 経営者の相続対策 BCP(事業継続計画)とは? 東日本大震災(平成23 年3月11日発生)において、中小企業の多くが、貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで、廃業に追い込まれました。 また、被災の影響が少なかった企業においても、復旧が遅れ自社の製品・サービスが供給できず、その結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならないケースも見受けられました。 このように緊急事態はいつ発生するかわかりません。 BCPとは、こうした緊急事態への備えのことをいいます。 ただし、突発的な緊急事態がBCPの想定どおりに発生するはずもありません。 また、BCPを策定していても、普段行っていないことを緊急時に行うことは、実際には難しいものです。 緊急事態において的確な決断を下すためには、あらかじめ対処の方策について検討を重ね、日頃から継続的に訓練しておくことが必要なのです。 BCPの策定・運用、すなわち事業継続への取組は、特別なものではありません。 既にあなたが考えている雇用・人材育成等と同様に、日々の経営の一環として取り組んでいくものです。 そして、BCP を策定・運用することで、あなたの会社は、緊急時の対応力が鍛えられることに加え、平常時にも大きなメリットを得ることができます。 例えば BCPの策定により、自社の経営の実態(在庫管理の実態、顧客管理の実態等)が把握でき、こうした日々の経営管理を再確認することができます。 また、BCPの策定・運用により、防災に係る融資や保険の優遇が受けられる場合もある他、取引先や社外からの信用が高まり中長期的な業績向上も期待できます。 お客さまの声 自力で保険を探していたら、ここまで短時間で納得できる保険には辿り着けなかったと思います。 起業に伴い、弊社で加入できる保険を探すために、まず手はじめに相談だけ…という軽い気持ちで相談しました。 希望条件をお話しすると、数種類の保険をご提案くださり、その場で加入申込みすることを決めました。 もしも数多くの保険商品の中から自力で保険を探していたら、ここまで短時間で納得できる保険には辿り着けなかったと思います。 知識豊富なライフパートナーが親身になって相談に応じてくださった点も大変好感が持てました。 保険の種類の説明から弊社に合った保険の保障内容等、本当に沢山の提案をしていただき、とても勉強になりました。 起業のため、保険の加入を検討しておりました。 初めての起業ということで、保険についても無知の状態での相談でしたが、担当者は最初から契約申込み時まで本当に親切に対応してくださいました。 保険の種類の説明から弊社に合った保険の保障内容等、本当に沢山の提案をしていただき、とても勉強になりました。 今回、本当に納得のいく保険に加入できたのも担当者の方をはじめスタッフの皆さまのお陰だと思います。 経営者としてのリスクヘッジを考え相談しました。 予算や保険会社の信頼性などをトータルで考えた上でのご提案に感謝しています。 会社経営をしているので、経営者としてのリスクヘッジを考え生命保険について相談し、現時点で自分に合った保険に加入できたと思っています。 担当者の方はとても誠実で好感の持てる方でした。 会社がステップアップした時には改めてご相談したいです。

次の