エクセル スパークラインとは。 【エクセル時短】「スパークライン」使ったことある? 表の数値を視覚化したミニグラフをセル内に入れる方法

【Excel】セル内グラフのスパークラインで集計表を分かりやすく

エクセル スパークラインとは

データを入力するのが大変な方は下記からダウンロードできます。 74 KB 9,975 バイト 操作対象 リボンの 「挿入」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。 スパークライン 折れ線 B3からE15のセルを選択します。 次に「挿入」タブの「折れ線」アイコンをクリックします。 すると「スパークラインの作成」ダイアログが表示されます。 「スパークラインの作成」ダイアログの「場所の範囲」の右側の青い枠で囲まれたボタンをクリックします。 「スパークラインの作成」ダイアログが小さくなりますので、F3からF15のセルを選択します。 Enterキーを押します。 すると「スパークラインの作成」ダイアログの「場所の範囲」に指定した範囲が入力されました。 OKボタンを押します。 「スパークライン」の「折れ線」が作成されました。 スパークライン 縦棒 「縦棒」は「折れ線」と同様な操作で作成できます。 スパークライン 勝敗 「勝敗」は「折れ線」と同様な操作で作成できます。 スパークラインツール 作成した「スパークライン」を選択するとリボンの一番右に「スパークラインツール」が表示されます。 説明が必要な機能に番号を振りましたので順に説明します。 スパークライン データの編集 「データの編集」アイコンではスパークラインの範囲などを編集できます。 次はスパークラインを「勝敗」に変更して「頂点 山 」のチェックをオンにした例です。 左の3つの数値データと見比べてみると「頂点 山 」の部分が赤くなっていますね。 エクセル講座のクイックリンク Webアプリ このブログのマスターが作成した無料ツールです。 3Dゲーム このブログのマスターが作成した無料ゲームです。 ブラウザゲーム パズルゲーム スマートフォン このブログのマスターが作成したアプリです。 カメラの写真や画像ファイルを「高品質に減色」する AI 人工知能 が「あなたの顔はどんな芸能人、有名人に似てるか」を判定する顔診断アプリ 女性向け ロボット このブログのマスターが作成したロボットです。 試作機.

次の

【Excel】スパークラインって知ってる?表を見やすくする超便利な機能

エクセル スパークラインとは

チャンネル登録35万人超! スパークラインを使う事によって、セルに折れ線グラフを作ることができます。 グラフと違って大きくないので、、パッと見で分かりやすい表を作る事が出来ます。 例えば下の図はとあるパソコンショップの売上を集計している表ですが、この表を見て各商品の売上金額の増減を把握しようと思うと、各数字を目で追いながら確認しなくてはいけません。 このような場合に良く利用される機能が「グラフ」です。 表の数値データをグラフ化することで、視覚効果として情報を相手に伝えることができます。 ですが、グラフを作成しようとするとその分手間がかかりますし、場合によってはグラフを追加するほどスペースに余裕が無い場合もあります。 このような時に役に立つのが「スパークライン」と呼ばれる機能です。 このスパークラインを利用することで、グラフほど手間やスペースを取ることなく、数値データを視覚化できます。 スパークラインの作成方法 まず、スパークラインを作成するためのセル(例ではE4:E10)を準備します。 そして、準備したセル範囲を選択し、「挿入」タブのリボン内にある「スパークライン」グループの「折れ線」ボタンをクリックします。 表示された「スパークラインの作成」画面の「データ範囲」欄で、視覚化したい数値データの含まれているセル(例ではB4:D10)を指定します。 そして、「場所の範囲」欄で、予め範囲選択しておいたセルが指定されていることを確認します。 以上で設定は完了です。 「OK」ボタンをクリックします。 すると、予め選択しておいた範囲に小さな折れ線グラフのようなものが表示されました。 これがスパークラインです。 スパークラインとは見ての通り、セルの中に表示する簡易的なグラフです。 スパークラインのサイズ調整 ただ、作成直後のスパークラインはとても小さくて見づらい場合もあります。 スパークラインのサイズはそのセルの大きさに依存するため、セルの幅や高さを調整することで、大きく表示することもできます。 スパークラインの種類の変更 スパークラインのデータの表現方法は折れ線グラフだけではなく、他に2つの表現方法があります。 スパークラインの表現方法を変更するためには、スパークラインの描画されているセルをアクティブにしたときにだけ表示される「スパークラインツール」の「デザイン」タブを利用します。 「デザイン」タブのリボン内にある「折れ線」ボタンと「縦棒」ボタン、「勝敗」ボタンでそれぞれ切り替えます。 例えば「縦棒」ボタンをクリックすると、スパークラインが下の図のような表現に変わります。 マーカーの表示 「折れ線」のスパークラインを選んでいる場合には、折れ線グラフの要所要所にマーカーを表示できます。 「スパークラインツール」の「デザイン」タブのリボン内にあるにチェックを入れます。 また、「マーカー」のように値全てではなく、「最も大きな値」や逆に「最も小さな値」にだけマーカーを表示することもできます。 この場合は、「頂点(山)」と「頂点(谷)」を利用します。 色の変更 スパークラインとマーカーの色をそれぞれ変更できます。 変更する場合は、「スパークラインツール」の「デザイン」タブのリボン内にある「スパークラインの色」ボタンと「マーカーの色」ボタンを利用します。 スパークラインの削除 スパークラインはグラフと良く似ているため、削除する際にセルを選択して「Delete」キーで削除しようとしがちですが、この方法では削除できません。 スパークラインを削除する場合は、対象のセルを範囲選択して、「デザイン」タブのリボン内にある「クリア」ボタンをクリックします。 まとめ ただ、いくらセルのサイズを大きくしても本当のグラフと比べるととてもシンプルです。 スパークラインはあくまでも「グラフを作成するほどでもないけど、数字だけでは見づらいな」という時に活躍する機能です。 スパークラインは横に置いてあるだけでも、視覚的に見えるので実は結構使える機能の1つです。 あまり使われることがないですが、どれがどのようになっているかが一瞬で把握することができます。 なので、グラフを作るほどではないけど、どれがある程度どうなっているかを知りたいときは、このスパークライン機能をつかいこなすようにしましょう。

次の

【Excel】セル内グラフのスパークラインで集計表を分かりやすく

エクセル スパークラインとは

スパークラインを使ってセル内にグラフを作成する:Excelの基本操作• スパークラインを使ってセル内にグラフを作成する スポンサードリンク• セル内にデータの傾向をグラフで表現する機能がスパークラインです。 グラフを表示するセルを選んで、グラフにするデータをセットすれば棒グラフや折れ線グラフが作成されます。 ただし、そのままでは使用に耐えないことが多く、カスタマイズする必要が出てくると思います。 まずは、スパークラインを挿入します。 スパクラインを複数セルに挿入する• スパークラインを挿入するセルを選択します。 下図では I2:I6セルを選択しています。 [挿入]タブのスパークライングループの[縦棒スパークライン]を選択します。 スパクラインの作成ダイアログボックスでデータ範囲とスパークラインを配置する場所を選択します。 下図ではデータ範囲で E2:G6セルを選択しています。 スパークラインを配置する場所には、選択していたセル I2:I6セルが設定されています。 [OK]ボタンをクリックします。 スパークラインが表示されました。 スパクラインを単一セルに挿入する• グラフを表示するセルを選択します。 [挿入]タブのスパークライングループの[縦棒スパークライン]を選択します。 スパクラインの作成ダイアログボックスでデータ範囲とスパークラインを配置する場所を選択します。 I2セルに縦棒スパークラインが表示されました。 I2セルを選択して、フィルハンドルをドラッグして、スパークラインをコピーしました。 セル内に作成されたスパークラインは同じ行の傾向を比較してみるのにはわかりやすいのですが、ほかの行との比較はできないというところがあります。 データ範囲の最大、最小値を基準にしてグラフ化してあるので、ほかのデータ範囲とは軸の目盛りが異なっています。 グラフの軸のメモリをすべて同じにしてみます。 I2セルを選択して、スパークラインツールの[デザイン]タブの縦軸の最小値のオプションで[ユーザー設定値]を選択します。 最小値を入力します。 0」と表示されていましたので、[OK]ボタンをクリックしました。 すべてのスパークラインの最小値が変更されました。 I2セルを選択して、スパークラインツールの[デザイン]タブの縦軸の最大値のオプションで[ユーザー設定値]を選択します。 最大値を100と入力し、[OK]ボタンをクリックします。 スパークラインの縦棒グラフの縦軸の最大値が100に変更されました。 これで、ほかの行との比較も可能になりました。 マーカーの色を設定する• 折れ線スパークラインのマーカーを目立たせて、値の推移がわかりやすくしてみたいと思います。 折れ線スパークラインの1つのセル I2セルを選択しています。 折れ線スパークラインのグループすべてにマーカーが表示されました。 スパークラインをクリアするには[スパークラインツール]の[クリア]から実行できます。 「選択したスパークラインのクリア」か「選択したスパークライン グループのクリア」が選択できます。 データ範囲が変更されたり、スパークラインの元データの範囲を変更したいケースでの操作方法です。 単一スパークラインのデータを編集する• データ表に、平均点の列を挿入しました。 この列のデータもスパークラインに追加したいと思います。 スパークラインが設定されているセルの1つ L5セルを選択しました。 スパークラインの元データの範囲を指定します。 ここでは、シートのG5:J5セルを選択しました。 [OK]ボタンをクリックします。 選択していたスパークラインが1つだけ変更されました。 グループの位置とデータを編集する• データ表に、平均点の列を挿入しました。 この列のデータもスパークラインに追加したいと思います。 スパークラインが設定されているセルの1つ L5セルを選択しました。 スパークライン ツールのデザインタブを選択し、[グループの位置とデータの編集]をクリックしました。 データ範囲で 追加するデータを含む範囲 G5:J9 を指定します。 スパークラインを配置する場所を選択してくださいで、L5:L9 を指定しました。 [OK]ボタンをクリックします。 スパークラインに追加したデータが表示されました。 非表示空白のセルの処理方法• データ表に、社会の列を挿入しました。 ところが二人のデータが空欄になっています。 スパークラインの折れ線ではゼロとみなされて折れ線が引かれています。 スパークラインが設定されているセルの1つ M5セルを選択しました。 「空白」を選択すると、下図のように社会が空欄の人は社会の部分の折れ線が表示されなくなりました。 「データ要素を線で結ぶ」を選択すると、社会の部分は無視され、国語と数学の値が線で結ばれています。 社会の列(H列)を非表示にしています。 「データ要素を線で結ぶ」を選択して、「非表示の行と列のデータを表示する」にチェックを入れます。 非表示のH列のデータがスパークラインに反映されました。 下図のように、M5セルのスパークラインはデータ範囲が G5:K5 となっています。 スパークラインが設定されているセルの1つ M5セルを選択しました。 M5セルのスパークラインはデータ範囲が G5:G9 となっています。 つまり、元は G5:K5 と行のデータ範囲が、G5:G9の列のデータ範囲に変更されました。 スポンサードリンク ||スパークラインを使ってセル内にグラフを作成する.

次の