米津玄師 いつも通りの通り。 米津玄師の病気は鬱だけじゃない!両親の影響で発症した残り2つの重病とは?

米津玄師の病気は鬱だけじゃない!両親の影響で発症した残り2つの重病とは?

米津玄師 いつも通りの通り

「もう終わりだ」って悲観的になっても 仕方がないじゃないですか。 生きるんだったら、 前を向いて生きなければいけない。 その方が難しいし、 安易な方に流れていきたくないな、 というのはありますね。 難しい方が面白いじゃないですか。 「もう終わりだ」って悲観的になっても 仕方がないじゃないですか。 生きるんだったら、 前を向いて生きなければいけない。 その方が難しいし、 安易な方に流れていきたくないな、 というのはありますね。 難しい方が面白いじゃないですか。 ミュージシャン — しずこの夢応援ツイート jewel817 どうせ生きるなら前を向いて生きていきたい。 難しいことを面白いと思えるように生きていきたい。 スポンサーリンク 子供の頃から自分の中に積み重なったもののうち、 もう取り返しがつかないものを信念と呼んで片付けているだけなんじゃないか。 自分は今いったいどこにいるのか、 これから何がしたいのかと考えるのはとても大事だと思う。 信念と、受け入れるしかなかった自分をはき違えてはいけない。 なりたかった自分となってしまった自分をきちんと分析し、これからを考えていこう。 米津玄師の名言・格言まとめ この記事では、米津玄師の名言・格言を紹介した。 不思議な説得力のある名言がたくさんあったが、 「未来は過去の集積によって出来るものだっていうのを忘れてはいけない。 」 「好きな人には好きって言っておかないと、いついなくなるかわからないからね。 言っておきな。 」 という言葉が私はとくに印象に残っている。 あなたはどの名言が心に残っているだろうか。

次の

米津玄師『LOSER』歌詞の意味と考察。歌詞の意味がやばい4つの理由とは。

米津玄師 いつも通りの通り

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや懲り懲り もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら 歩き回ってやっとついた ここはどうだ楽園か? 今となっちゃもうわからない 四半世紀の結果出来た 青い顔のスーパースターがお腹すかしては待ってる アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声 アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた いつかポケットに隠した声が ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候 ほら窓から覗いた摩天楼 からすりゃ塵のよう イアンもカートも昔の人よ 中指立ててもしょうがないの 今勝ち上がるためのお勉強 朗らかな表情 踊る阿呆に見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆 デカイ自意識抱え込んではもう 磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄 膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ 笑っちまうねパッと沸き立って フワッと消えちゃえるこんな輪廻 愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね 永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ ああわかってるって 深く転がる 俺は負け犬 ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ 耳をすませ遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて いつかは出会えるはずの 黄金の色したアイオライトを きっと掴んで離すな アイムアルーザー なんもないならどうなったっていいだろう うだうだしてフラフラしていちゃ今に 灰 左様なら アイムアルーザー きっといつかって願うまま 進め ロスタイムのそのまた奥へ行け 愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね 永遠の淑女もそっぽ向いて 天国は遠く向こうのほうへ ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ 聞こえてんなら声出していこうぜ アイムアルーザー どうせだったら遠吠えだっていいだろう もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声 アイムアルーザー ずっと前から聞こえてた いつかポケットに隠した声が ここいらでひとつ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がっていこうぜ 聞こえてんなら声出していこうぜ ひいらぎの解釈 あーだのこーだの責任やら家庭なんて知ったもんか。 これからの人生は(自分にとっちゃ)厳しいものかもしれない。 ほら、目の前にある高い頂までの道のりは厳しいじゃないか。 イアン・カーティスとカート・コバーンはもう昔の人だから 逆らってもいいじゃないか。 それがすごく満たされているんだ。 踊る阿呆に 見る阿呆 我らそれを端から笑う阿呆 でかい自意識を抱え込んでは もう 磨耗 すり減って残る酸っぱい葡萄 膝抱えてもなんもねえ ほら 長い前髪で前が見えねえ 笑っちまうね パっと沸き立って フワっと消えちゃえる こんな輪廻 ひいらぎの解釈 愛されたいなら口に出そう。 思ってるだけじゃ何にも変わらない。 ここいらで一つ、新しいことを初めて見ないか? 今の自分が変わるまで止まらずに進んでみよう。 新しい音が聞こえるなら、声に出して自分を変えていこう。 今回の解釈は めちゃくちゃかもしれません。 (いつもだろっていうツッコミはなしね) でも、そんな僕も思うところがあってこの解釈にしました。 最初は、「LOSER」って米津さんのことを歌ってるんだろうなぁ。 なんて漠然と意識して解釈を始めました。 でも、途中でその意識を捨てました。 なぜなら普段「この曲いい」と言わない父が 「LOSER」はいい曲だと言っているのを思い出したから。 なぜ「LOSER」はいい曲だ。 と言ったのか... 解釈しながら僕なりに考えて見ました。 おそらく父、いや、世の中の多くの人生の先輩は 新しいことに挑戦したい そう思っているのではないかと。 でも、人生の先輩、特に家庭を持っている人は リスクが大きすぎて 新しいことに挑戦することができない。 そんな、どうしようもない状態を脱してもいいんじゃないか。 と 米津玄師は「LOSER」という物語を通して 伝えているから 父は「LOSER」はいい曲だ。 と言ったのだろうと。 こんな未熟な僕を大学に行かせてくれ、 自分のことは置いておいて 新しいことにチャレンジさせてくれている両親。 そんな両親に敬意じゃない。 最高の敬意を払い、 早く自分のことに集中させてあげなくてはならない。 と これを見た僕と同じくらい年齢の人にも この気持ちが伝わって欲しいと強く願っています。 全然まとまってない文章で、 「LOSER」の歌詞について書いてないじゃないかって言われるかもしれませんが 許してください。 それくらい僕は歌詞解釈をして衝撃を受けました。 こんな大事なことに気づかせてくれた「LOSER」と 米津玄師に感謝を。

次の

【米津玄師がなぜ売れたか?】「lemon」発表から考える、才能の多様性。│Xi藤のサイト

米津玄師 いつも通りの通り

米 津玄師は、なぜここまで売れたのだろうか? 米津玄師はアーティストとして、それこそほんのちょっと前までは「サブカル界の新星」の様な扱いだった。 と思う。 少なくとも僕の周りの同世代の人間で、「米津玄師」という名前を知っている者はいなかった。 それがこの数年の間に、いつの間にやら「天才アーティスト」、「年間ベストアーティスト」の様な扱いを受けるまでになった。 彼は今やサブカルチャーという枠を飛び越えて、現代のJ-POP界全体のアイコンである。 最も大きなきっかけはなんだったか。 おそらく本当に米津玄師が世に知られる、つまりは僕のようなおっさん世代にまで認知されるきっかけになったのは、この曲だろう。 本人もインタビューで下記の通り語っている。 ハッシュタグでドラマの感想を見ていると、主題歌『Lemon』に言及してくれている人も多く、この曲をきっかけに初めて米津玄師の名前を知った人へも届いている手応えがあります。 -BuzzFeed インタビューより 2018年1月から放送されたテレビドラマ「アンナチュラル」の主題歌タイアップとなったこの曲。 ドラマと歌詞の内容がリンクし、なおかつドラマの演出上でも、本当にここぞというシーンで使われることが多く、多数の視聴者の反響を呼んだ。 この記事では、米津玄師の「魅力」と、ひいては何故彼がここまで世間に認知されるようになったか。 僕の考えを一方的に、妄想チックに語る。 「天才」米津玄師の、最も豊かな才能とは 結論から言うと、米津玄師がここまで売れた理由は、一つの特別な才能があったからだ。 もちろん彼にはいくつもの才能がある。 しかしその中で、 最も素晴らしい才能を挙げるとすれば、自身の見せ方を含めた「自己プロデュース力」だろう。 要するに、「売れる」為に、自身の能力を「広告」する才能だ。 「は?いやちげーし。 米津の良さは、そういう商業的なとこじゃなく、芸術性だから。 」 という意見がもしかしたら多数派かもしれないが、ここは僕のウェッブサイトなのでご容赦を。 きちんと根拠について説明する。 才能の可視化と見せる順番 知っている人も多いと思うが、「米津玄師」として世に出る前、彼はいわゆる"ボカロP"だった。 僕が、最初にこのMVを観た時に湧いてきた感情は、驚きや動揺という類のものだった。 少なくとも賞賛や感動でない事は確かである。 人はあまりに予想外の事を目にすると、ポジティブな感想が浮かんでこないらしい。 ちなみにこの「LOSER」における振付師 辻本知彦氏は、米津玄師の踊りについてこう評している。 「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている。 ・・(中略)彼は踊りの天才だ!!」 この辻本氏という人物は、あのシルク・ドゥ・ソレイユに初めて日本人男性ダンサーとして起用された、正真正銘、一流のプロダンサーだ。 その辻本氏をして、天才といわしめる米津玄師。 普段ほとんど運動をしないという設定はどうした。 3.文章 実は彼は文才もある。 「そろそろ勘弁してくれ」と思う方もいらっしゃるかもしれないが、もう少しなので我慢して欲しい。 自分の生活がたまたま面倒臭くなくて済んでる人の、複雑な問題に対する無関心を目の当たりにすると、怒りや失望がどんどん湧いてくるんだけど、怒りや失望だけでは届かないからニコニコする。 表面上はとてもポジティブでも、構造を紐解いて行くとそれは悪意に近くって面白くなるよ。 まだ少しわかりづらいかもしれないので、ブログの中で、僕が好きな一文を引用しておく。 自由ってのは基本的に何かと何かの隙間にしかないもので、岩の裏に住む日陰のダンゴムシにとって、歯車が正常に機能し始めるまでのわずかな深夜の隙間だけが、外に這い出すことを許されるフィーバータイム。 ちょっとなに言ってるかわからない。 ようで、わかる。 米津玄師の天才的な「仕掛け」 話は二つ前の章に戻る。 自分を見せる順番の話だ。 すこし大げさに言えば、ファンやリスナーは皆、米津玄師の魔法にかけられている。 それは、「ミステリアス」という甘い罠。 才能は一度に魅せない 「ハチ」の楽曲から米津玄師に出会ったあなたの「発見の過程」はこうだ。 「ハチ」は楽曲制作の天才だ ボカロP時代• 「ハチ」は絵も描けるのか MVの作画が自身の手によるものと知る• 「ハチ」は声もいい! 「米津玄師」名義へ• 米津玄師はダンスも上手い! 「LOSER」で披露• 米津玄師はこんな曲も書けるのか!「ピースサイン」、「lemon」等の楽曲制作 彼のブログまでチェックしていた場合、これに「文章力の発見」も加わる。 恐ろしい。 まさに「常に"発見をさせる"天才」だ。 しかも彼の才能の内、「楽曲の振れ幅」以外は現在のところ、ほとんど姿を見せない。 MV作画はほぼなくなってしまったし、ダンスは「LOSER」一度きり。 ブログも更新頻度は数か月に一度だけだ。 ただ、見せてはいないが、できることは皆が知っている。 ここまで順番に、一つずつ、彼が見せたからだ。 この「ほとんど見せない」ことと「一度に全て見せない」ことがとても重要で、リスナー・ファンは自然と「米津玄師は未だ謎が多い人物」、「実はまだ秘めた才能があるんじゃないか」と想像する。 これにより、いつまでも彼に対する「飽き」がこない。 目が離せない。 「謎が多いこと」=「底を見せないこと」は、アーティストにとってとても重要で、メリットしかないことなのである。 おそらく、しばらく姿を見せなくなった才能も、またどこかのタイミングで彼はまた見せる。 しかしそれは、「欲しがる人」が増え始めたと彼が感じた時、「一つずつ、順番に」だ。 再度登場した天賦の才。 彼の輝く才能の一つ、「ダンス」をMV上で再度披露した。 しかし、「LOSER」とは違い、全編を通して踊り続けるという構成にはなっていない。 彼にとって、今「出し過ぎる」のは良くないという判断なのだろう。 とことんファンを飢えさせる、ある種のドSアーティストである。 米津玄師は飽きさせない。 これは彼の「自己プロデュース力」により、ファンが「まだまだ新しい彼を見られる」と期待しているからだ。 疑っているといってもいい。 彼が「新しい1面を見せ続けてくれる可能性がある」と思っているのである。 最近では、他のアーティストとコラボレーションする楽曲も目立つ。 本人の言。 ようやく最近になって、いただいたオファーやコラボをうまく形にできるだけの、自分の音楽に取り入れられるだけの力がついてきた感覚です。 -BuzzFeed インタビューより これもまた、彼の「新しい一面」と言えるだろう。 そして、「力がついてきた」と本人が言っている通り、彼は元から持っているものをただ順番に出しているだけではない。 「次の自分」を見せ続ける為に、日々「進化の準備」をしているのだ。 彼の楽曲のクオリティと、そのバリエーションの豊富さに文句のつけようはない。 当然これが全ての大前提。 しかしその上で彼は、その「見せ方」や「届け方」も知り尽くしている。 ファン心理を捉える天才なのだ。 もちろん、アーティスト活動の全てを彼ひとりで考えているはずはない。 しかし、「ハチ」から「米津玄師」までの流れを考えれば、その活動のほとんどに彼自身の意向が大きく作用している事は明白だろう。 「アーティストなのにダンスが上手い」、「ミュージシャンなのに絵が描ける」という表面だけを見ていては、きっと彼の本質は理解できない。 「なぜダンスを踊ったのか」、「なぜMVのイラストを自分で描いたのか」を考える。 もっと言えば、「なぜMVで唐突にハイヒールを履いたのか」、「なぜ読み辛いとも思える本名を、アーティスト名として採用しているか」という細かいところまで"理由"を考える。 そうすれば、なぜ彼がここまでのビッグアーティストに成れたのか、その理由もおぼろげに見えてくるはずだ。 「芸術性」と「商業性」が同居した人間。 それが彼の正体。 そして米津玄師の最も恐ろしいところは、この商業的な才能が、本人が持つ芸術性と「無自覚にリンクしている」可能性すらあるところと。 名前の読み方が初見殺しであるところ。 申し訳ねえな〜。 これは申し訳ない。 よねづけんしなんだよな〜。 けんし。 げんしではなく。 づは濁るけどけは濁らないんです。 あ〜これはわからない。 覚えにくい。 申し訳ないですよ。 申し訳なさがとんでもない。 げんしじゃなくけんし。 声に出した時も違いが微妙すぎて訂正しづらい。 とてもすいません。 おわり.

次の