ながら スマホ 信号 待ち。 ながらスマホ運転厳罰化、信号待ち中に使うのはいいの?

信号待ちのスマホ操作は道路交通法違反!?

ながら スマホ 信号 待ち

携帯電話(スマホ)を走行中に使用することは違反です 運転中の携帯電話の使用は違反となることはご存知のことと思います。 使用とは具体的に停止しているときを除き、「携帯電話等を手に持って通話したり、画面に表示された画像を注視すること」と道路交通法で規定されています。 以下略)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 以下略)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(略)に表示された画像を注視しないこと。 出典:道路交通法 第71条5の5 赤信号で携帯電話(スマホ)のハンズフリー通話はできる? 道路交通法ではこの携帯電話を「手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないもの」としています。 ハンズフリーでの通話はハンズフリーキットを利用したり、車に備え付けの装置で行うことができます。 つまり、いずれも手で保持して通話をするものではないので道路交通法では問題ないと解釈できます。 しかし、都道府県が定めている道路交通法施行細則によっては、ハンズフリーでの通話が問題となる場合があります。 例えば、東京ではイヤホンの使用について以下の条例が定められています。 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。 出典: イヤホン型のハンズフリー装置を使用して「安全な運転に必要な音または声が聞こえない状態で運転してしまった」という場合では違反となります。 ここで、赤信号でハンズフリー通話をしているだけで「違反」とするのは無理があるようです。 必要な交通に関する音というのは救急車のサイレンや警笛、クラクションの音などを指しており、これらが聞こえない場合は条例違反になると言えます。 沖縄県警のサイト上の自動車運転中の携帯電話等使用等の禁止規定Q&Aでは、「運転中は携帯電話等、無線通話装置の使用を控えるようにしましょう」としているものの、「ハンズフリー装置を併用している携帯電話、据え置き型や車載型のタクシー無線機等については規制の対象となっておりません」と説明しています。 神奈川県などでも同様の説明がなされています。 イヤホンマイクの使用を禁止している都道府県もあるので注意を! 都道府県によりイヤホンマイクの使用を禁止や使用自体は認めていたりとさまざまです。 以下の都道府県ではハンズフリー通話に関する条例が定められていますが、道路交通規則や条例は変更される可能性がありますので最新の情報は各都道府県警のホームページでご確認ください。 25以上で25点 0. 25未満で14点。 交通事故の減点点数や罰金に関する記事はこちら! 携帯電話(スマホ)の使用で一番大切なのは安全を確保すること 道路交通法での違反やこのように難しい携帯電話と運転の関係ですが、大切なことは違反かどうかということよりも、安全を確保して運転することです。 赤信号といっても通話が赤信号のうちに終わるとは限りませんし、携帯電話を注視していると、いつ信号が変わるかも分かりません。 携帯電話の操作に気を取られ、気が付いたら青信号になっているのを見て慌てて発進し、周囲の確認を怠ったために事故に遭ったというケースもあります。 道路交通法では以下のようになっていますが、あまり具体的ではありません。 実際は現場の警察官の判断に委ねられる要素が大きいようです。 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。 出典:道路交通法第70条・安全運転の義務 さらに、ハンズフリーでの通話の場合、イヤホンマイクの使用を条例で禁止している都道府県もあるので使用する際は注意が必要です。 携帯電話の使用については酒気帯び運転をしていたなど状況により罰則が異なります。 大切なことは違反にならないように注意するよりも、自分自身が安全に配慮することです。 そしてそれは赤信号で停止していても同じことです。 周囲に気を配り安全を確保することが、悲惨な事故を起こさないためにも運転者には常に求められることなのではないでしょうか。 運転マナー・交通ルールに関する記事はこちら!.

次の

信号待ちでスマホを操作……捕まる? 捕まらない?【ながら運転厳罰化】

ながら スマホ 信号 待ち

2017年に行われた「運転中の携帯電話使用に関する世論調査」(内閣府)によれば、「信号待ちなどで車両が停止しているときにスマートフォンなどの携帯電話で通話をしたり、または、その画面をじっと見たりしたことがある」と回答した人は23. には運転中の携帯電話などによる通話や画像表示装置の注視の禁止について規定されています。 ここでポイントとなるのが以下の3点です。 自動車が停止しているときを除き• 通話しないこと• 注視しないこと つまり、違反となるのは走行中であって、自動車が完全に停止しているときは道路交通法違反の対象ではありません。 赤信号では車は停止しなければなりませんから、信号待ちで完全に停止していればスマホを操作することは道路交通法には抵触しないということになります。 しかし、赤信号や渋滞中で完全に停止していたとしても、スマホ操作などをしていれば信号がいつ変わるか、前の車がいつ動き出すのかなど、周囲の状況を的確にキャッチすることができません。 赤信号や渋滞のたびにスマホの操作をするのは、非常に危険です。 交差点などで停止したときは「D(ドライブ)」のまま、ブレーキペダルをしっかり踏んでおき、念のためにハンドブレーキをかけておきましょう。 ブレーキペダルをしっかり踏んでいないと、アクセルペダルを踏まなくても自動車がゆっくり動き出すクリープ現象で、追突などの思わぬ事故を起こす可能性があるからです。 でも、停止するときは合図をし、これらの行為が終わるまで合図を継続している必要があると規定しています。 つまり停止の場合は停止行為が終わるまで、ブレーキランプが継続されていなければなりません。 「D(ドライブ)」でブレーキペダルをしっかり踏んでおくことが大切です。 信号待ちの間は、追突防止のためにブレーキペダルを踏んだままにします。 待つ時間が長くなりそうなときはサイドブレーキをひきます。 信号待ちの間は信号が変わるタイミングを予測し、スムーズな発進に備えておきましょう。 信号待ちの停車中、スマホの通知チェックやナビの確認などを行うのは、道路交通法違反にはあたりませんが、周囲の交通状況などに対する注意が不十分になり、安全運転に集中している状態とはいえません。 警察庁でもスマホなどの携帯電話などについては、運転前に電源を切ったり、ドライブモードに設定したりするよう呼びかけています。 どうしてもスマホを操作する必要がある場合は、車を安全な場所に停止したうえで操作するようにしましょう。

次の

ながら運転厳罰化へ|信号待ちでのスマホ・カーナビ操作やハンズフリーも対象?ながら運転の事故は保険で補償される?

ながら スマホ 信号 待ち

グーネット編集チーム 改正前と改正後の変化が分かるように上図にまとめました。 「交通の危険」と「保持」の項目を含めた、道路交通法の改正後の内容について詳しく解説していきます。 ・交通の危険があった場合 反則点数は2点から6点に変更され、一発で免許停止となります。 懲役が3ヶ月以下から1年以下になり、罰金は50,000円以下から300,000円以下に変更されます。 また、反則金が6,000円〜12,000円から刑事罰が適用されます。 ・保持していた場合 反則点数は1点から3点に変更になります。 50,000円以下の罰金のみから6月以下の懲役か100,000円以下の罰金が適用になります。 反則金は最大7,000円以下から最大25,000円以下に変更となります。 道路交通法の改正後、「保持」「交通の危険」の両方の罰則が大幅に強化されています。 特に大きく変わったのは、「交通の危険」に対して刑事罰が適用された点です。 改正前は、軽微な違反であれば、反則金を払うことで刑事罰は適用されませんでしたが、改正後は反則金の支払いはなくなり、軽微な違反に対しても刑事罰が適用されます。 また、違反の前科がないドライバーでも、ながら運転で一発免停になりますので、注意してください。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の