アイメイク 奥二重。 末広二重のアイメイクの方法!奥二重との違いも紹介!

プチ整形級ナチュラルメイク:奥二重のアイメイク法 [アイメイク] All About

アイメイク 奥二重

『まぶたが腫れぼったく見える』 『目をパッチリ大きく見せたいけど、やぼったくなる』 『化粧映えしない』 こんな悩みを持つ奥二重の女性も多いのではないでしょうか。 筆者も奥二重なので、奥二重特有のメイクに関する悩みはよく分かります。 Aletta編集部の私も奥二重で、アパレル販売のお仕事に就いていた頃は倖田來未が大ブレイクしていた時代で、とにかく目ヂカラ重視で、印象に残るアイメイクを研究しました。 今回はそんな私たちと同じ悩みを持つ奥二重さんに、 実際に奥二重の筆者とAletta編集部が実践して良かった、お気に入りの『奥二重さん向け』のアイメイク方法とコスメについてご紹介していきます。 ・アイシャドウ ・アイライン ・ビューラー ・マスカラ まで、奥二重に特化したメイクポイントを多数お伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 奥二重さんのアイシャドウは「マット」「縦塗り」「陰影」がキーワード! マットなブラウンカラーがセットされた多色パレットがマスト! 奥二重特有のまぶたの腫れぼったさを軽減しつつ、くっきりとした目元をつくるためにも肌馴染みの良いマットブラウン系を使用して目元の立体感を演出するのがポイント。 マットカラーだけのパレットだと、目元のくすみや暗さをカバーしたいときにアラが強調されてしまう場合も・・・ その点、いろんな質感がセットされているアイシャドウパレットのほうが、気分や日によって違ったメイクを楽しみやすくなるのでおすすめです。 『横塗り』ではなく、『縦塗り』を意識して。 上まぶたをマットなブラウンカラーでグラデーションしていきます。 グラデーションは単色でも、お手持ちのアイシャドウパレットのハイライトカラーを除いた2~3色を使用してもOK。 重要なのはグラデーションの仕方。 グラデーションをするときは、目のキワが濃く、眉に向かって明るくなるようにグラデーションさせます。 この時、『縦塗り』を意識してみてください。 グラデーションというと、ブラシやチップ、指をワイパーのように横方向に動かして馴染ませていく方が多いと思います。 奥二重さんは二重幅が狭いので、横方向にカラーをのせることでわずかな二重幅を濃いシャドウで潰してしまい、余計に目が小さく見えてしまう場合があります。 最後のダメ押し! 目尻側に締め色プラスで陰影アップ!くっきり印象的な目元に。 目尻側に、二重幅にのみぽんぽんっと締め色をプラス。 すると程よい陰影ができ、なおかつ目の横幅も広く見える効果があるので、ぱっちり大きく印象的な目元に仕上がります。 マットだけのアイシャドウパレットでも良いのですが、それだと日によって目元のくすみや暗さが気になる場合があるので、できれば質感が複数入っているものの方が、気分や日によって違ったメイクを楽しみやすくなると思います。 アンティークテラコッタ 画像出典元: 参考価格:780円 税抜 02 写真左 が、ベーシックな黄味よりブラウン、03 写真右 がトレンドのレンガカラーがセットされたピンクブラウンのパレット。 02は細かいパール感がありながらどちらもマットな質感で、アイシャドウはもちろんアイブロウにも使える万能カラーが5色セットされています。 各パレット同系色でまとまっているので、グラデーションが作りやすいのも嬉しいポイント。 ブラシもセットされていますが、細すぎてグラデーションを作るには向いていないので、ブラシは別で用意するか、指で使うのがおすすめ。 定番カラー6色に、限定カラーが頻繁に発売される人気シリーズですが、色選びに迷ったら万能カラーの01番が断然おすすめ。 細かいパールの入ったしっとりとした粉質で、ほんのり艶感がありながらもフォギーな仕上がりで、腫れぼったさはありません。 セットされているチップも粉含みがよく使いやすいですが、ブラシや指で仕上げるほうが薄付きで濃さを調整できるのでおすすめです。 店舗カウンターであなたにぴったりのブラウンカラーをチョイスしてくれます。 私は26番の明るめのキャメルブラウンの2色シャドウがフィットしました。 今回紹介する中でAletta編集部イチ押しがこのパレット。 BE303はニュートラルなブラウンカラーでどんな人にも似合いやすく、肌に溶け込むような自然な発色で洗練された目元に仕上がります。 特筆すべきは右上のざくざくのラメと、内臓のチップ&ブラシ。 ラメは大粒ながらしっとりとしてラメ落ちしにくく、シャドウの色ともマッチしているので大人なキラキラメイクがこのパレット1つで仕上がります。 内臓のチップ&ブラシの品質もよく、粉含みがよく綺麗に発色するので、ブラシを別に持ち歩かなくてもパレットひとつでメイク・お直しが完了できます。 プロのメイクアップアーティストからの支持も厚い名作です。 締め色のブラウンはラメ感が強いですが、ラメの粒子が繊細なので、厚ぼったくなりません。 色と光でまぶたの陰影をコントロールし、立体的で洗練された目元に仕上がります。 下まぶたにカラーシャドウや質感をプラス。 奥二重さんは下まぶたでトレンド感を演出しよう。 奥二重さんが、くっきり二重さんのように上まぶたでカラーや質感を主張しようとすると、逆に目が小さく見えてしまったり、腫れぼったく見えることがあります。 でもトレンドのメイクだってチャレンジしたいですよね。 そんなときは『下まぶた』にポイントを置いてみて。 下まぶたであれば、奥二重の影響を気にせず自由にメイクすることができるので、メイクの幅がグッと広がります。 下まぶた全体にカラーや質感をのせるのには抵抗があるという方は、涙袋だけや目尻だけなど、部分的にのせてみましょう。 こうすることで全体にのせるよりは控えめだけど、輝きやカラーはキレイに見せることが出来るので、ナチュラルメイクのときにも大人っぽいメイクの時にもおすすめです! 奥二重さんにオススメのアクセントカラーアイシャドウ Aletta編集部おすすめ ポイント使用がメインなので、シーズンのトレンドに応じて、色んなカラーを試せたほうが楽しいですよね。 ベースカラー、グリッターカラー、アクセントカラー、ヌーディカラー、ダークカラーの豊富なバリエーションからぴったりのものが必ず見つかります! 一色800円とプチプラで、パッケージもコンパクトでスタイリッシュなので、持ち運びしやすく、化粧直しの際にさっと色を重ねたいときにも最適。 見た目は鮮やかですが、肌にのせると意外となじむので、ポイントカラーに最適。 オイルが配合されたしっとりとしたパウダーで、クリアな発色が長続きする単色シャドウ。 これで400円は破格すぎる・・・ 02. ニュアンスピンク 写真 は春先にかけて活躍しそうなくすみピンク、03. マットレッドはトマトのようなマットな赤みオレンジ、04. クリアラメは透け感のあるキラキララメ。 ラメの粒子が程よく、年齢・シーン問わず使いやすいです。 02、03は目尻にちょんと、04は下まぶた中央にのせることで瞳の透明感がアップします! アイラインは細く&長く! インライン+目尻長めがおすすめ 上まぶたは陰影を重視している奥二重さんにとって、アイラインは目元の印象を左右する重要なポイント。 目立たせたいからといってアイラインを太くすればいい! というわけではなく、目のキワは細く&目尻側は長めに引いてあげると、目元をぱっちり大きく見せるすることができます。 目のキワはまつ毛の隙間を埋めるだけでOK 奥二重さんは二重幅の部分にまぶたが被ってしまっているので、アイラインを引いてしまうと少ない二重幅を潰し、逆に目を小さく見せてしまう結果に・・・。 そうならないために、アイラインを引く際にはまつ毛の隙間を埋めるだけ、いわゆるインラインのみ引くようにするのがおすすめです。 こうすることで、しっかりと目元を引き締めつつ二重幅には影響しないので、自然なデカ目効果を演出できます。 インラインを引くときはまぶたを軽く持ち上げ、目の粘膜側からまつげの隙間にアイライナーを当て、点で置いていくと書きやすいですよ。 目尻側のラインは長めに引いて、目の横幅を大きくカモフラージュ 奥二重さんはアイラインを細くしながらデカ目に見せたいので、目尻側は長めに引くのがポイントです。 アイラインを目の流れに沿って好みの長さに引いたら、バランスを見ながらアイラインの下側を足すように少し太さを調整しましょう。 まぶたのラインに沿って、目尻ぎりぎりまでインラインを引き、そこから少し跳ね上げるようにして横に長く引いてあげると今っぽいアイラインに仕上がります。 ウォータープルーフ&スマッジプルーフ処方で滲みにくく、高いキープ力があるのに通常のクレンジングで簡単に落ちる優れもの。 メイク中だけでなく落とすときにも助かるアイライナーになっています。 5mmの超細芯で、まつげの細かい隙間までスルスル描ける描き心地が秀逸です。 ブラックとブラウンの二色展開で、上まぶたのインラインは黒でくっきり、下まぶたの黒めの下だけブラウンで引くと、デカ目効果バツグンです。 ブラウンブラックの絶妙なカラーと、細くコシのある筆で細いラインが描きやすいリキッドライナー。 ウォータープルーフで滲みにくく、繊細なラインが長時間キープできます。 ビューラーでまつげをしっかりカール! 奥二重さんはまぶたの重みでまつ毛のカールが取れやすいので、ビューラーの時点でまつ毛を根元からしっかりとカールさせることが大事。 まつ毛をしっかりとカールさせることで目にかかったまつげの重みがなくなり、クリアな目元に。 目元ぼんやり、ぼやけやすいと悩んでいる方はビューラーで丁寧にまつげを上げてみてください。 目頭・目尻まで忘れずにカール! ビューラーをするときには、まつ毛の根元からしっかりとカールさせるだけでなく、目頭側・目尻側まで忘れずにカールさせることをおすすめします。 目尻、目頭のまつ毛もしっかりキャッチした状態で扇状に広げましょう。 目元の濃さ・強さの違いが分かるはずです。 ビューラーをするときには、手首の角度を変えながら何段階かに分けてしっかりと上げていきましょう。 まつげの長さにもよりますが、Aletta編集部は8~10段階と細かくしっかりカールさせていきます。 ホットビューラーもおすすめ カールが落ちやすい方、目頭・目尻の細かい毛がうまくカールできないという方は、ホットビューラーを組み合わせるのもおすすめです。 単体でしっかりとカールさせるのは難しいかもしれませんが、ビューラーした後にカール力を高める、細かい毛を拾う、まつ毛を整えてセパレートさせるようなイメージで使うのがおすすめ! ただし、長時間あてるとまつげが傷んでしまうので、さっと軽く熱を通す程度で使用してください。 マスカラは速乾性・カールキープ力を重視! マスカラはロングタイプ・ボリュームタイプなど、お好みで選んでいただいてOK! マスカラ液の乾きが遅いものだと、奥二重さんの場合は特に液がまぶたに付きやすいので、できるだけ速乾性のあるもの、カールキープ力のあるものを選ぶと失敗しにくいですよ。 マスカラは根元にたっぷりと。 毛先はつけすぎ注意! まつ毛を長く見せたいからと、ついつい毛先にたっぷりとマスカラを塗りがちですが、そうするとマスカラ液の重みでまつ毛のカールが下がりやすくなってしまいます。 できるだけマスカラはまつ毛の根元を中心に塗り、毛先は塗り過ぎないようにしましょう。 お好みでマスカラ下地も組み合わせて マスカラのカールキープ力が物足りない、まつ毛のボリュームや長さをしっかりと出したいという方は、マスカラ下地を組み合わせるのもおすすめです。 マスカラを何度も重ね塗りするよりも自然で、まつ毛のカールもしっかりとキープすることが出来るので、ぜひお好みに合わせて取り入れてみてください。 ボリュームはそこまで感じませんが、自然な仕上がりとカールキープ力があるので気に入っています。 ただ、時間が経っても滲みはしないのですが、固まったマスカラが少しだけポロポロと落ちてくるように感じるので、マスカラを塗った後にコームなどで余分なマスカラを払ったりした方が良いかと思います。 半透明で白残りせず、何よりカールキープ力がスゴい!すぐまつげが下がってくるような残念マスカラもこの下地の後に塗るとカール力がぐんとアップするんです。 汗、皮脂に強いので、夏場やマリンアクティビティのアイメイクにも使えます。 ブラシが適度にマスカラ液を拾ってくれるので、ぼてっと付きすぎたりダマになることなくサラサラ塗れて、まつげをセパレートしてくれます。 液が軽くまつげ落ちしにくくカールまつげを長時間キープしてくれるので、ずっとリピートしているマスカラです。 目尻や目頭の短く細いまつげもしっかりキャッチしてくれます。 大きいブラシだとまぶたに当たってしまいがちな奥二重さんも、このマスカラブラシなら使いやすいはず。 特にすごいのが滲みにくさ。 下まつげのマスカラの滲みが一切なく一日中キレイなまつげをキープしてくれるのは、ウォータープルーフコスメの代名詞とも言えるFASIOならでは。 その中でも非の打ち所がない万能マスカラがこちら。 マスカラで5,000円弱と決して安くないにも関わらず、ネット通販では欠品が相次ぐほど大人気。 独特なカーブを描いたブラシは密度が高く、短いまつげや細いまつげまでしっかりキャッチし、マスカラ液をまとわせるので、ボリューム、カール、セパレート、滲みにくさどれをとっても文句なし! これ一本で毎日理想的なまつげがメイクできる一本です。 少量でもボリュームが出るので、少しお高めですがまだ使ったことのない方はお試しの価値ありです。 目元にブルーカラーを置くことで白目がクリアに見える効果があります。 白目にしっかりと明るさが出ることで目の印象を引き立て、ぱっちり大きな目元に仕上がります。 いつものマスカラをネイビーにするだけで、ぐっと洗練された大人っぽい目元になりますね。 まつげとの相性もありますが、ちょっとカール落ちしやすいので、マスカラ下地と合わせて使うのがおすすめです。 まとめ 奥二重さん向けに、奥二重の私がおすすめするアイメイク方法とコスメについてご紹介しました。 奥二重のメイクについて悩んでいた私がたどりついたおすすめのメイク方法、コスメをご紹介しているので、同じように奥二重のメイクに悩んでいる方の参考になるのではないかと思います。 ぜひ、「奥二重だから・・・」とメイクの幅を狭めず、「奥二重だからこそ」色々なメイクを楽しんでみてください!.

次の

奥二重のアイメイクのやり方!眉・アイシャドウ・アイラインなどパーツ別に紹介

アイメイク 奥二重

その「余白」って、つまりどういうこと?「ピンクに限らず、パール系のキレイ色は膨張色。 だから、上まぶた全体にのせてしまうと、はれぼったく見えるわけですが、さらに眉から目のキワまでの距離が間延びして見えることに。 それが『余白』です。 とくに『余白』が目立つのは目頭側。 手持ちのアイブロウやアイシャドウのノーズシャドウでも代用可能。 レ キャトル オンブル 292 ¥6900/シャネル 【c】一重、奥二重のために考えられた形状。 根元からきっちりカールできる。 資生堂フルラッシュ マルチディメンション マスカラ ウォータープルーフ BR602 ¥3800/資生堂インターナショナル 【e】優しげな印象にするためにブラウンのライナーをチョイス。 にじみにくい。 まぶたに余白があるように見えてしまうんです。 だから、目頭をカゲ色で締めてからピンクを使うのがポイントに」(AYAさん) <OTHER ITEMS> 左・みずみずしい仕上がり。 フレッシュセント ルージュ 05 ¥3800/エレガンス コスメティックス(2/18発売) 右・薄づきコーラル。 もとの目の形を生かしつつ、丸みと立体感を引き出して」さらに勝負は目尻と下まぶたにあり。 「効果があるところにメイクすることが大事。 色を感じさせるのは目尻側、下まぶたは目の形を問わずみんな平等だからちゃんとメイクするべき。 まつ毛をしっかり上げれば、華やかさも引き出せます」オフィスにも最適なメイクに、いざ挑戦を。 そのため、目頭から目の中央までがはれぼったく、重みのある印象。 まつ毛も直線的でさっぱりしている。 ちょっとだけタレ目風にすることで優しげな印象に。 パール感が控えめで大人っぽい。 デザイニングカラー アイズ 05 ¥6800/SUQQU 【b】まつ毛ギワを埋めるのはリキッドで。 濃い黒が適任。 ケイト デジタルメモリーライナー BK-1 ¥1400/カネボウ化粧品 【c】ネイビー。 ヴィセリシェ カラーインパクト ジェルライナー BL900¥950(編集部調べ)/コーセー 【d】ロングタイプ。 マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング BK999 ¥1200/資生堂 HOW TO MAKE-UP 1. 目のキワから眉下まで骨格の丸みに沿ってのせることで、アイホールから鼻すじにかけての立体感にエッジが出てくる。 横幅は黒目の幅よりも少しだけ広くする。 目頭側は1でのせたホワイトとうっすら重ね、繊細なグラデになるように。 目尻側はブラウンで陰影を強調する 右下のブラウンを目尻に。 チップだと色が出すぎるのでブラシでのせて。 目尻を起点に、キワにそってひとはけ、アイホールにそってひとはけして「く」の字っぽくのせる。 目頭から目尻までインサイドライン リキッドライナーでまつ毛の下からインサイドラインを。 黒目がちに見えるのはもちろん、まつ毛が濃くふさふさ見えるといううれしい効果が! 5. 見えるところだけネイビーのラインを 二重幅があるところに限定してネイビーのラインをオン。 後ほどシャドウでぼかすので、ラインは長めにしても大丈夫。 目のフレームを延長させつつ、色が見える程度までのばして。 締め色でラインのエッジをぼかす パレット左下の締め色を、5で描いたラインと少しだけ重なるようにのせてぼかす。 まばたきしたり伏し目にしたときにラインとシャドウの境目がぼけていることがポイント。 縦割りのグラデで立体感がアップ マスカラはカーラーでまつ毛をがっつり上げ、根元から塗って縦方向に目を大きく見せる演出を。 完成した縦割りグラデは、なんともいえない色っぽさまで漂ってキレイ! 完成! 「奥二重の目は、二重には出せないノーブルさがある。 それが魅力です」と千吉良さん。 奥二重だからメイクが上手にできない、なんて嘆くより、自分の目の美しさを引き出すメイクを意識してみよう。 「メイクの目標は、知的なノーブルさのなかに色っぽさを感じさせること。 オシャレ見えアイテム厳選 目幅全体の二重幅が細く、すっぴんではかなりの小粒目。 さらにまつ毛が直毛で短めという悩みとのダブルパンチ。 大人っぽくてオシャレに見えるメイクを日々探求。 にじまないコスメを選ぶ目は厳しい。 絶対に欠かせないアイテム! レ キャトル オンブル 268 ¥6900/シャネル 「赤が注目されがちですが、ブラウン3色をグラデにすれば疑似二重が完成します」 コレも頼りにしています! ラッシュセンセーショナル フル&リッチ 01 ¥1600/メイベリン ニューヨーク 「本当ににじまないマスカラ。 まぶたの重みに負けず、大人っぽく仕上がるのが優秀」 ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー BR-2 ¥1200(編集部調べ)/コーセー 「疑似二重幅でラインを描き、なじませたらメイク完成」 メイク歴=にじみッ子歴なんです! 目頭は完全にまぶたがかぶっている奥二重。 二重幅が見えるのは目尻側のみ。 そのためせっかくのアイラインもアイシャドウも見える範囲が少ない。 もちろん、すべてがにじんだり移ったりするタイプ。 絶対に欠かせないアイテム! ラッシュバージョンアップ ¥1000/エテュセ これまで使ったマスカラ下地のなかでベスト! 重たいまぶたでも目が開きます。 コレも頼りにしています! グランディオーズ ライナー 01 ¥4200/ランコム 細~いラインでもピグメントが濃いから締まった印象に。 にじみも気にならず。 かぶりマスカラはクリニーク! ラッシュ パワー フラッター トゥーフル マスカラ 01 ¥4000/クリニーク ダイヤルでボリューム調整できる。 「重ためまぶたに負けないボリューム感を信頼しています」(高橋) 「円錐形のブラシだから切れ長目でも失敗しません!」(佐野) かぶりライナーはフローフシ&THREE! モテライナー リキッド NvBk ¥1500/フローフシ にじまないのが優秀。 その日の気分でネイビーのラインにできるのがうれしい。 「絶妙発色のネイビー。 キワの締め役として大活躍」(高橋) モテライナー リキッド BrBk ¥1500/フローフシ 極細のインサイドも目尻のスッとしたラインも安定して描ける。 出番多し! 「軸が八角形だから、慎重にラインを描いてもぶれない!」(佐野) メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 08 ¥3000/THREE ぼかしやすいのがポイント。 これ1本でメイクの幅が広がります。 「太めに入れても、自然かつオシャレに見えるカラーライナー」(高橋) メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 10 ¥3000/THREE 深夜まで仕事をしてもにじみにくいのが最高! 「オシャレアイテムと思いきや、実はにじみに強くて優秀!」(佐野) 奥二重・一重用のアイシャドウは、果たして本当にキレイを引き出してくれるのか 「キレイを引き出す具体策」をコンセプトにするオーブ クチュールでいま一度検証! 使ったのはコレ! オーブ クチュール デザイニングインプレッションアイズ II 506 ¥3700/花王ソフィーナ 奥二重・一重の人は、比較的目の縦幅が狭いという点に着目。 パレット中央の色を思い切りよく幅広に入れるのが使い方のコツ。 このパッチリ感、結構頼れます! 見たまま塗るだけで、本当に目がパッチリするのか?を検証するべく、見たままにモデルの目元に使用。 開けると…… 二重がほとんど見えないタイプのため、上まぶたがはれぼったいが、オーブで明るく優しげな印象に変身! 閉じると…… 発色、パール感ともに控えめながら不思議と目元が立体的に見える。 すっきりしてるのにパッチリ! やりすぎ感とは無縁な、すっきり清潔感のあるデカ目に! 試したことのない人は、ぜひとも試す価値のある隠れ名品に認定!! 撮影:押尾健太郎 人物 、伊藤泰寛 商品 、モデル:川口優菜、スタイリスト:程野祐子、取材・文:丸岡彩子、構成:鬼木朋子 【奥二重の悩み克服】美のプロが実践するシャドウ技とは? 奥二重、一重のお悩みを解消すべく美のプロに徹底取材!メイクのプロ、コスメのプロが自ら努力して生み出した目からウロコのテク&優秀すぎる相棒コスメをチェック。 シャドウ技で克服! 「アイメイクの勝負どころは、目尻と下まぶたです!彫り深な印象になれるパレットの新色は、本当に奥二重さん全員に猛プッシュできるほど優秀です」 教えてくれたのは 資生堂 PR 唐川舞奈さん 製品の情報を編集者やライターに紹介する、PRを担当。 目の形は全体的に二重幅が狭く、目頭側がつぶれている末広がりの奥二重。 使ったのはコレ! A 目もとを明るく。 ベネフィーク セオティスマートアイライナー BR88 ¥2500(編集部調べ)/資生堂 C 赤みブラウンのパレット。 マキアージュ ドラマティックムードアイズ BR616 ¥3000(編集部調べ、3/21発売)/資生堂 HOW TO 1. 目元を明るくする コンシーラーでクマとくすみをカバーしたあと、パレット上を上下のまぶたに。 ツヤ感をプラスする。 目尻側はシャドウを広めに アイホールにパレット中央左のベージュを。 ツヤによる立体感を引き出すべく眉尻ラインまで広めに。 下まぶたも広めにのせる 同じ色を下まぶたに。 ここは涙袋よりもやや広めにのせるのがカギ。 光の効果でぷっくり感がアップ! 4. カゲ色を目尻中心に パレット中央右のブラウンを目尻から目頭に向けてすっとのせて、上まぶたの引き締め効果を狙う。 まつ毛のすき間を埋める ジェルライナーでインサイドラインを。 まつ毛のすき間を念入りに埋めることで目の輪郭を強調する。 クリームライナーを長く パレット下のクリームライナーを黒目の上から目尻に向けてのせる。 目頭側が切れ込んで見えるので、すっぴんだとシャープな印象に。 目が全体的に横長に広がった。 上下まぶたを明るくしたのでふっくら。 ほんのり色っぽく。 撮影:押尾健太郎 人物 、伊藤泰寛 商品 、取材・文:丸岡彩子、構成:鬼木朋子.

次の

奥二重のアイメイクのやり方!眉・アイシャドウ・アイラインなどパーツ別に紹介

アイメイク 奥二重

【アイライナーはどんなものを?】 アイライナーは、細かいところまで引くことのできるリキッドタイプがおすすめです。 2|奥二重さん向けメイクのやり方! ここからは奥二重さん向けのメイク方法をご紹介します。 すべて写真付きで説明しますので、是非最後までチェックしてくださいね! 2-1.アイシャドウのつけ方! 最初は、アイシャドウのつけ方からです。 まぶただけではなく、下まぶたにもアイシャドウをのせましょう。 二重の部分が埋まっておらず、目が重たい印象になっていないか確認しましょう。 3|奥二重さんにおすすめのアイテム! ここからは、奥二重さん向けのアイメイクにおすすめしたいアイテムをご紹介します。 プチプラもデパコスなど価格帯のさまざまなものをご紹介しているので、最後までチェックしてくださいね! 3-1.アイシャドウおすすめ9選! 最初にアイシャドウのご紹介します! 使いやすい単色と、今回使うカラーであるピンクとブラウンがパレットになったものをご紹介いたします。 まつ毛の間の細かい部分まで、残さずしっかり埋めてくれます。 今回はブラウンをご紹介しましたが、ブルーやレッドなど全5色展開で、カラーメイクをたのしむこともできます! 4|奥二重メイクでやってはいけないこと! ここまでは、奥二重におすすめのメイクをご紹介しましたが、ここでは奥二重のメイクをする際に、やらない方がよいことをご紹介したいと思います。 二重線が埋もれてしまうほど、太いアイラインを引いてしまうことで、まぶたが重い印象になってしまい、逆に目が小さく見えてしまいます! 4-2.目頭から目尻を一気に引かない! 目頭から目尻までのラインを一気に引くことで、まつ毛のキワがしっかりと埋められず、浮いてしまい不自然な目元に見えてしまうことがあります。 キワ部分からしっかりとアイラインで埋めてあげることで自然な目元を演出できるので、先ほどご紹介したようにまつ毛のキワから埋めるようにしましょう! 4-3.締め色に濃すぎるカラーを使わない! 奥二重の方は、淡いカラーだけだとぼやけた目元になってしまいます。 濃すぎるカラーを使うことで、目元が引き締まりすぎて逆に小さく見えてしまうことがあるからです。

次の