電子コミック メリット。 漫画レンタルは万人におすすめではない理由!賢く漫画を読む方法をコスパで比較しました!

コミックシーモアを実体験!使ってわかったメリット・デメリットとその感想

電子コミック メリット

じゃあ、品揃え、サービス内容が素晴らしくて、特徴がしっかりとあるオススメの電子書籍ストアを紹介するね 電子書籍販売に携わっている書店員のトミー()です。 電子書籍を買おうと思った時、 どこの電子書籍ストアで購入するか悩みますよね。 僕も電子書籍ストアを選ぶときにめちゃくちゃ悩みました。 電子書籍デビューをするなら、 品揃えが豊富で、少しでもお得に安く電子書籍が買えるストアを選びたいですよね。 そこでこの記事では、電子書籍販売に携わりサービス内容も把握している僕が、数ある電子書籍ストアの中から実際に利用したうえで 本当にオススメできる電子書籍ストア10社の紹介&比較します。 この記事を読んでいただければ、きっとあなたにぴったりの電子書籍ストアが見つかります。 素敵な電子書籍読書ライフの参考してもらえたら嬉しいです。 ストア名 品揃え ストアの特徴 こんな人にオススメ 70万冊以上• 電子書籍市場シェアNo. ビジネス書の品揃えNo. 誰でもお得に電子書籍が買える• 電子書籍専用リーダー「kindle」• Amazonの通販を利用している人• ビジネス書が読みたい人• プレミアム会員のような優待がなくてもお得に電子書籍が買いたい人• 電子書籍専用リーダー「kindle」を利用したい人 100万冊以上 (洋書含む)• 電子書籍市場シェアNo. 楽天ポイントが貯まる&使える• 楽天経済圏利用者のメリットが超特大• 初回購入時に2,000円以上購入で1,000ポイントもらえる• 電子書籍専用リーダー「Kobo」• 楽天市場、楽天ブックスなどの通販を利用している人• 楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなど楽天のサービスを利用している人• 電子書籍専用リーダー「Kobo」を利用したい人 60万冊以上• 漫画の品揃えがトップクラス• Yahoo! PayPayボーナスポイントライトがたまる• 週末にお得なクーポンを配布• 漫画を中心に読む人• Yahoo! プレミアム会員の人• スマホがソフトバンク・Y! mobileの人• PayPayを利用している人 55万冊以上• ライトノベルの品揃えNo. 出版社が運営する電子書籍ストア• 特典付きや先行配信など出版社の強みを活かしたサービスを展開• 初回購入金額の半額がコインで還元されるクーポン配布 上限なし• ライトノベルを中心に読む人• 特典ペーパーや特典イラストなどが欲しい人• 本を毎月5,0000円以上買う人 80万冊以上• 書店・通販・電子書籍が融合したストア• 丸善・ジュンク堂・文教堂で紙の本を買う人• hontoで紙の本の通販を利用している人 ストア名 品揃え ストアの特徴 こんな人にオススメ 80万冊以上• 使いやすいサイトNo. クーポンガチャで毎日割引クーポンがもらえる• 初回購入時1冊だけ半額で買えるクーポンを配布 上限なし• 漫画、小説、ラノベ、ビジネス書などオールジャンルの本を読む人• Tポイントを貯めている&使う人• 毎日割引クーポンが欲しい人 不明• オトナ向け作品の品揃えNo. 1(FANZA)• 連休に大型キャンペーンを実施• 初回購入金額が半額になるクーポン 上限なし、登録後1時間以内• オトナ向け作品が読みたい人(FANZA)• 全ストアの中で一番すごい初回利用半額クーポンを使いたい人 14万タイトル• マンガレンタルで安く読める• ボーイズラブの品揃えが豊富• マンガレンタルで少しでも安く漫画が読みたい人• ボーイズラブが好きな人 55万冊以上• ポイント購入のお得度No. 漫画の品揃えがトップクラス• ボーイズラブやティーンズラブなど女性向けが強い• マンガレンタルで安く読める• 初回購入時1冊だけ半額で買えるクーポンを配布 上限なし• 女性向け作品やボーイズラブ、ティーンズラブが読みたい人• 漫画レンタルで少しでも安く漫画が読みたい人 30万冊以上• 雑誌の読み放題• 映画、ドラマ、アニメなどの動画サービスも利用したい人• 電子書籍を600円分タダで読みたい人• Amazonの通販を利用している人• ビジネス書が読みたい人• プレミアム会員のような優待がなくてもお得に電子書籍が買いたい人• 電子書籍専用リーダー「kindle」を利用したい人 Amazon Kindleストアは世界最大のECサイト「Amazon. com」が運営する電子書籍ストアです。 電子書籍市場のシェアNo. 1、品揃え豊富で誰でもお得に電子書籍が購入できます。 特に、 ビジネス書の品揃えは全ストアの中でNo. 1でキャンペーンやセールも豊富です。 通勤するとき、経済新聞やビジネス書などを読んでいるサラリーマンの方はKindleの利用をオススメします。 ほかにも電子書籍専用のリーダー端末Kindle、月額980円で電子書籍が読み放題になるなどAmazon Kindleストアでしか体験できない電子書籍サービスがたくさんあります。 楽天市場、楽天ブックスなどの通販を利用している人• 電子書籍専用リーダー「Kobo」を利用したい人• 楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなど楽天のサービスを利用している人 楽天Koboは日本最大級のショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天株式会社が運営する電子書籍ストアで、シェアはAmazon Kindleストアに次ぐ第2位です。 楽天Koboを利用するメリットは 「楽天スーパーポイント」が貯まって使えるところと割引クーポンです。 楽天には 「楽天SPU」というポイント制度があり、 楽天のサービスを利用すればするだけポイント還元率が上がります。 楽天市場や楽天ブックスで買い物をしたり、楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなど楽天のサービスを利用すればするだけポイント還元率が高くなるとてもお得な制度です。 他にも楽天スーパーセール、お買い物マラソン、「0と5のつく日」ポイントアップ、楽天のスポーツチーム勝利ポイントアップなどとにかくポイントが貯まりやすい仕組みがほかのストアとは段違いに多いです。 ポイントアップに加えて、毎週水曜日のレディースデー、毎週木曜日のメンズデー、楽天お買い物マラソン・楽天スーパーセールなどで 電子書籍の購入金額が割引になるクーポンを配布してくれます。 ライトノベルが好きな人• 特典ペーパーや特典イラストなどが欲しい人• KADOKAWAは電撃文庫、角川スニーカー文庫、MF文庫Jなどの人気ライトノベルレーベルを多数保有しているので、 ライトノベルの品揃が素晴らしく、キャンペーンにも力を入れています。 特に注目すべきキャンペーンは 特典付き電子書籍です。 イラストやショートストーリー、ドラマCD音源などファンなら思わず「欲しい!!」と思ってしまう特典が付いてきます。 Kindleや楽天Koboにはない魅力ですね。 ほかにも 電子書籍を買えば買うほどポイント還元率が上がる優待制度「ブックウォーカークラブ」や 初回購入時の合計金額から半額分がコインで還元されるキャンペーンを実施中でお得度も高いストアです。 全ストアの中で一番すごい初回利用半額クーポンを使いたい人• オトナ向け作品が読みたい人(FANZA) DMM. comは一般向け、FANZAは大人向けの作品を取り扱う電子書籍ストアです。 サイト名は違いますが会員ページ、リーダーアプリはDMM. comとFANZAで共通になります。 オトナ向けの通販で有名なDMM. com(FANZA)の電子書籍ストアということで、オトナコミックの品揃えやキャンペーン・セールはNo. 1です。 FANZA限定配信や先行配信の作品くが多く、オトナコミックが読みたいならFANZA一択と言っていいでしょう。 最近はも始まりました。 キャンペーン・セールもたくさん実施しています。 特に注目したいものが2つ。 1つは年末年始・ゴールデンウィーク・シルバーウィークなど長期の 連休に必ず実施する大型セールです。 たくさんの電子書籍が半額以上の値引きあるいはポイント還元で購入できます。 特にオトナコミックの半額が・・・楽しみですね(笑) もう1つは無料会員登録をすると必ずもらえる 「初回購入半額クーポン」です。 もちろん、DMM. comとFANZAの商品どちらにも使えます。 混ざっていてもOK! すべての電子書籍を半額で買うことが出来るのはヤバすぎます。 初回利用時に使えるクーポンを配布している電子書籍ストアはたくさんありますが、DMMのクーポンが一番お得なです。 関連記事• マンガレンタルで少しでも安く漫画が読みたい人• ボーイズラブが好きな人 Renta! は株式会社パピレスが運営する電子書籍ストアです。 あまり名前を聞かない会社ですが、 1995年から電子書籍の販売を開始して20年以上この業界に携わっている老舗会社になります。 Renta! のサービスの最大の特徴はストアの名前にも採用されている 「レンタル機能」です。 「レンタル機能」は48時間しか読めないかわりに100円からレンタルできるので定価で買うより安くマンガを読むことができます。 ちょっと気になってるけど買うか悩む、でも読んでみたい、でも買うには・・・というときはとりえずレンタルで読んでみましょう。 また、Renta! のレンタルには 「無期限グレードアップ」という嬉しい機能がります。 レンタルして読んだ漫画が気に入ったらレンタルから無期限レンタル(つまりは購入)に切り替える機能です。 気になった本は安くレンタル、気に入ったら無期限アップグレードという使い方がとても便利。 気軽にレンタルすることができますね。 女性向け作品やボーイズラブ、ティーンズラブが読みたい人• 漫画レンタルで少しでも安く漫画が読みたい人 「ウィラコミ〜(We Love コミック)」のテレビCMでお馴染みのコミックシーモアはエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社が運営する電子書籍ストアです。 コミックシーモアは女性向け漫画、ティーンズラブ、ボーイズラブの品揃えが特に優れています。 マンガのレンタル機能もあるので安く読むことも可能です。 サービスの目玉はポイント購入時のボーナスポイント付与率がすごいところ。 都度購入と月額メニューどちらも1回にたくさんポイントをチャージするとより多くのボーナスポイントが付与されます。 映画、ドラマ、アニメなどの動画サービスも利用したい人• 電子書籍を600円分タダで読みたい人 映画・ドラマ・アニメなどの動画配信で有名な「U-NEXT」は電子書籍配信も提供しています。 有料会員にならないといけませんが、動画配信と電子書籍を一緒に楽しむことが出来るサービスはU-NEXTだけです。 有料会員になっても 1ヶ月目は無料で利用できて、 会員登録をするといきなり600ポイントがもらえます。 600ポイントは1ポイント=1円で利用できて、動画や電子書籍を買うときに使えます。 使ってみて自分に合わないと思ったら1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりませんのでご安心を。 関連記事 動画も電子書籍も1つのサイトで楽しめるのでエンタメ好きの方にはお得なストアです。 おすすめ電子書籍ストア10社のサービス比較|まとめ 数ある電子書籍ストアから実際に利用してみてサービスが素晴らしい本当にオススメの電子書籍ストアを10社ご紹介しました。 今回ご紹介した10社の特徴から以下のような方に利用をオススメします。 ストア名 こんな人にオススメです• Amazonの通販を利用している人• ビジネス書が読みたい人• プレミアム会員のような優待がなくてもお得に電子書籍が買いたい人• 電子書籍専用リーダー「kindle」を利用したい人• 楽天市場、楽天ブックスなどの通販を利用している人• 楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなど楽天のサービスを利用している人• 電子書籍専用リーダー「Kobo」を利用したい人• 漫画を中心に読む人• Yahoo! プレミアム会員の人• スマホがソフトバンク・Y! mobileの人• PayPayを利用している人• ライトノベルを中心に読む人• 特典ペーパーや特典イラストなどが欲しい人• 本を毎月5,0000円以上買う人• 丸善・ジュンク堂・文教堂で紙の本を買う人• hontoで紙の本の通販を利用している人• 漫画、小説、ラノベ、ビジネス書などオールジャンルの本を読む人• Tポイントを貯めている&使う人• 毎日割引クーポンが欲しい人• オトナ向け作品が読みたい人(FANZA)• 全ストアの中で一番すごい初回利用半額クーポンを使いたい人• マンガレンタルで少しでも安く漫画が読みたい人• ボーイズラブが好きな人• 女性向け作品やボーイズラブ、ティーンズラブが読みたい人• 漫画レンタルで少しでも安く漫画が読みたい人• 映画、ドラマ、アニメなどの動画サービスも利用したい人• 電子書籍を600円分タダで読みたい人 特徴的なサービスとキャンペーンで魅力があふれるストアばかりです。 興味を持ったストア、使ってみたいと思うストアがあればぜひ利用してみてください。 電子書籍は本当に便利で、これまでの読書体験をガラッと変えてしまう素晴らしいサービスです。

次の

どれがいい?電子書籍(コミック)レンタルの比較とメリットデメリット 漫画をもっと安く読もう!

電子コミック メリット

メリット デメリット 手軽に購入できてすぐに読める 紙の書籍よりも種類が少ない かさばらないので、本棚等の管理する場所が不要 スマホやタブレットなどのバッテリーが無くなると読めない かさばらないので、どこにでも持ち歩ける 自由にハイライトしたり書き込んだりできない データなので経年劣化がない 中古本のように下取りに出せない 水に濡れて破けたりしない 紙の質感を感じられない ほこりが溜まってしまうこともない 貸し借りできない 紙の書籍よりも比較的安い 厚さや大きさなどのサイズ感が分からない 暗いところでも読むことができる 紙の書籍よりも目が疲れやすい 賛成意見 反対意見 紙媒体の書物を電子書籍に置き換えることにより様々なコスト削減が可能となりとても助かります。 まず大きいのが金銭的なコスト減が挙げられます。 その他にもデジタル化することにより本そのものの場所を確保する必要がなくなります。 これは置き場所としても持ち運びのために必要となる場所としてもそうですので、いずれも狭く軽くすることが可能です。 個人的には持って歩くのがデバイス一つで済むというのはとても助かっています。 更に液晶画面でしたらどんな暗いところでも読むことができます。 電子書籍が良くないと思う点は、ついつい時間を忘れて、読み過ぎてしまうことです。 部屋の灯りを消しても、端末自体が明るいので、暗闇でも時間を気にせず読めるため、ドライアイの原因になったり、睡眠不足になりやすいです。 実際ドライアイになってしまいました。 また、気になった箇所を切り抜きして、取っておく事ができないこと。 もう1つが、コミックなどデータ容量が多いと、ダウンロードに時間がかかることです。 文字だけならデータ容量が少なくて済みますが、コミックはその何倍もかかるので、容量不足になるのがちょっと良くない点だと思います。 電子書籍は、ネット上にデータとして書籍が存在しているため、紙媒体では絶版になっている本もで購入することができるところが良い点だと思います。 加えて、元々電子書籍でしか出版されていない本もあります。 それらの本をまとめて、ネット上で探し、そのまま購入できる手軽さが電子書籍の魅力だと思います。 また、遠出する時などに複数冊の本を持ち歩くとかさばってしまいますが、電子書籍なら端末一つで大量の本を持ち歩くことができる点も良いと思います。 家の本棚もすっきりするので、収納面での悩みもありません。 読書をするというよりも画面 光 を眺め続けることになりますので、やはりある程度目は疲れてしまいます。 そして、現状では世に出回っている書籍すべてが揃っているわけではないので嗜好によってはあまり意味のないことかもしれません。 OCRやAIの技術進歩によりもっと手軽に電子化が可能となるといいのですがそれでも「あるものすべて」をというわけにはいかないでしょう。 この点では紙媒体に負けてしまいます。 また、スマホなどと同じようにバッテリー残量は常に気にする必要があります。 電子書籍は、従来の本を持ち歩く場合と比べると、コンパクトで持ち運びがしやすい点が何より便利です。 旅先に複数の本を持っていきたいような時、紙の本だと荷物になることを考えてあきらめてしまいますが、電子書籍にはその心配がありません。 場所をとらないので、売れなくて在庫になる心配がないので、出版社側にとってもメリットがあると思います。 紙の本より値段が安いのも助かります。 電子書籍は文字の大きさを変えることができるので、高齢になって老眼になっても読みやすいという利点もあります。 電子書籍は紙媒体の本の持つアナログな魅力が損なわれている点が良くないと思います。 例えば、データとして本を持つので所有欲が今一満たせません。 本好きにとっては本棚に並んだ本をあれこれ手に取るのは大きな楽しみの一つです。 また、ページを繰る楽しみがないので寂しく感じます。 紙媒体の本では、ページを繰る時の感触や音なども楽しみの一つです。 なのでそういう本は紙に拘ったものもあります。 それに、繰り返し一冊を読む場合には、よく読むページに少しずつシワが寄ったりページを開いた時の癖がついたりして、読者の個性が反映された本に成長していきます。 なので紙媒体の本は手に取ると、それを読んだ時の記憶が喚起されやすく、読む楽しみや喜びが大きく感じます。 以上のような魅力がない点が、電子書籍の良くない点に感じます。 マンガ類を例に挙げさせて頂きますと、電子版ですと、本のタイプと違って、日焼けなどの心配が無い点、そして、段々と棚が一杯になってしまう、なんて事も無い点が魅力の一つかなと思います。 本ですと、元々が紙ですので、日がそんなに当りやすい場所ではなくとも上部なんかは日に焼けてしまいますし、集めれば集める程にかさ張ってしまい、いざ売ろうという時にも日焼けをしていると値段が下がってしまったり…なかなか取り扱いに気を使う点があるので、そういうのを気にせずにいられるのも良いなと思います。 そして、何よりコンパクトに管理出来、いつでも気軽にスマホを開けば読めてしまうのがすごく嬉しいです。 好きなマンガを常に持ち運びが出来る点は私の中で、すごくポイントが高かったりします。 小説なんかを一冊はカバンに入れて持ち運んではいるのですが、ちょっとした空きの時間にマンガが読めるのは良いですし、マンガ本を出先で読んでいても書物よりはスマホの方が、人の目を気にせずに居られる所も良い点です。 そんな点から、まずは電子版で読んで、それから余程好きな場合は本も買ったりを、私はしています。 紙の書籍の場合は、手に取って厚さや重み、文字の大きさなどを確かめて、どの程度のボリュームの本なのか、中身はどんな感じなのかを確認してから購入できますが、電子書籍は店頭でパラパラ見て購入ということができないのが不便です。 ネット上で口コミを見て購入することが多いので、本との新鮮な出会いがなくなります。 どの程度まで読み進んだのかはページ数から判断するしかなく、厚さとして実感できないので物足りなく感じます。 また、読んでいる途中で、数ページ戻って内容を確かめたいという時や、あの本のどこかに確かこんな記述があったので確かめたいという時は、紙の本より手間がかかってしまいます。 電子書籍が良い点は、何冊購入しても部屋のスペースを取らない事です。 マンガならシリーズで集めたくなりますし、雑誌なら月刊で12冊も毎年溜まってジャマなので捨てるのがもったいない気分になりがちです。 でもハードカバーの書籍も、コミック、雑誌、どんな種類でも、何冊買っても本棚はネット上にある感覚で、必要なときに購入した本が読めます。 またスマホやタブレット、パソコンなどの端末が1つあれば、好きなときに重い本を持ち歩かずに、本が読めるので本当に便利だと思います。 電子版も良いですが、本もやっぱり捨て難い所もあります。 手にとってこそ、小説もマンガも雑誌も、なんて古い考えもまだ捨てきれない部分があるのでどちらも捨て難い点が唯一、悩ませないで、ずっと書籍版だけにしといてよ!といった思いで、反対点でもあるのかな、なんて思ってしまいます。 単行本以外に、毎月発売する別冊版や、そのどっちもに、ならではの魅力ってありますから一概にどれも否定は出来ず、でも…実際に手に取って、ページを捲りながら話に浸って行く味わい深さや楽しみ方となると、否電子版なのかな、なんて気もするので何でもかんでも、人差し指でシュッシュとやれば済んでしまえば良いというものでもないのかもしれないな!って気もするんです。 あまり悪い点を見付けられはしませんでしたが、一生大事にする宝物となるべき、一冊の本があるとするなら、それは電子書籍より、手に書籍版として、持ち続け、日焼けや擦り切れが出来ても、それすらも味わいとして大事にしていける方が良いなって思ってしまいます。 なので、そういう面では反対派となるのかもしれません。 参考サイト.

次の

電子書籍・漫画をレンタルできるストアを比較!レンタルして読むメリットとデメリット

電子コミック メリット

どうも!最近が手放せない立川あつです。 みなさんは、漫画好きですか?私は毎月50冊以上は確実に読んでいます。 を手に入れてからというもの、琴線に触れたものは片っ端から読んで行くというスタイルでやってきました。 しかし、そのやり方はいかんせんお金がかかります。 最近は、(マンガ)の 48時間レンタル100円といった格安のサービスが出てきています。 さらに、 unlimitedには 月額980円読み放題まであります。 私は、レンタルサービスを利用することによって、年間10万円以上かけていた漫画代が半分以下になりました。 それらのサービスを実際に使ってみた結果、分かったメリット、デメリットどんな人に向いているかをシェアしたいと思います。 漫画レンタルサービスの選び方とは? 今までは、漫画を読むためにはネットや書店で新刊を買ったり、古本として売り出されるまで粘り強く待って安く買ったりという方法が主流でしたよね。 もちろん、ネットカフェやゲオなどで一部レンタルをもできますが、みじかにない人がたくさんいると思います。 そんな人は、(コミック)レンタルサービスや読み放題を利用する方がお得です。 レンタルを行っているサービス• 読み放題を行っているサービス• コンテンツ不足やで買うのと差別化が無かったですが、最近では多様なサービスが出てきています。 毎月書籍代としての支出がある人なら利用しなければ損と言って良いレベルです。 では、どうやってサービスを選べば良いのかということですが、 結論から言うと大手サービスを実際に利用してみて、満足できるかどうか判断するのがいいと思います。 その際のチェックポイントは以下の内容になります。 自分の好きな漫画に出会えるか? 自分の読みたい漫画が見つからないということはまずないです。 なので、ランキングの分類やレビューが充実していて面白いと思える漫画に出会えるかというのが重要なポイントの一つです。 自分が楽しめる漫画に出会えるようなサービスになっているかをチェックしてみてください。 コンテンツと料金 利用するサイトやコンテンツ毎にレンタルの期間や料金が違ってきます。 48時間100円のレンタルから、2泊3日のレンタルはたまた無期限レンタルまであります。 試しに使ってみた上で、以前の費用と使い勝手を考慮し「が良いな」と感じられることが重要なポイントになってきます。 表示速度やレンタル期間に不満がないか の場合、持ってるデのスペックによって表示速度が変わってきます。 無料漫画もあるのでストレスなく読めるかどうか確認してみてください。 また、レンタル期間があるというのが、購入して読んでいた私からすると慣れるまでに違和感がありました。 その点も不満がでないか試してみないとわからないところだと思います。 (マンガ)を利用する上での共通のメリット 紙の本ってなんだか、趣があるような気がしますよね。 私自身、昭和生まれなので紙のよさも十分理解できます。 しかし、使ってみた感覚としては、間違いなく電子コミックが主流になってくるなと思うほどのメリットを実感しました。 読みたいと思った時に楽しめる PC、、さえあれば、いつでもどこでもマンガを楽しむことができます。 また、ではないので、買いに行ったけど品切れだった。。。 なんてことがありません! 場所をとらない! 学生のころなんかは、部屋がマンガで溢れていて、整理片付けに時間も場所も労力もとられていました。 それが、に変えることで、すっきりとして整理整頓の時間もかからない。 ますます、マンガを読むのが捗るようになりました。 向いている人• 紙に対するこだわりがない• ・からいつでもマンガを見たい• マンガに部屋を占拠されたくない• 長距離移動、待ち時間が結構ある (マンガ)レンタルサービス『Renta』と『コミック』 最近は、たくさんのサイトやアプリがあるんですが、その中でも私が利用している大手のものを紹介したいと思います。 大手のものを使う理由は、儲けてる分サービスの安定や拡充が期待できるからです。 の場合、レンタル期間は短めなので一回読めれば良いという人にとっては非常にが良くなると思います。 Renta Rentaは、専用ソフトやアプリの必要なくブラウザからも読める電子漫画サイトです。 48時間100円からレンタルを行っており、気軽に利用する事ができます。 全巻無料サンプルがついているのも嬉しいね。 週替わりで1巻丸ごと無料の漫画も見る事ができます。 48時間100円からで気軽に始められる!• 全巻無料サンプル• 1巻丸ごと無料漫画200冊 コミック コミックは、10年の歴史があり月間利用者800万人をうたう国内最大級のサイトです。 こちらもアプリ不要。 運営は、NTTが行っているので信頼が置けるんじゃないでしょうか。 レンタルサービスと読み放題サービスを併用できるのが特徴ですね。 無料コミックも1000冊は用意されており充実していますし、キャンペーンもしょっちゅう行われています。 2泊3日200円から• 780円からの読み放題サービスもあり• みんなが知っている事業者が運営• キャンペーン利用でもっとお得! (マンガ)読み放題サービス unlimited が提供する読み放題サービスで、コミックのみならず小説、実用書、雑誌まで好きなだけ読むことができます。 はサービスの幅が広いため、買い物から動画視聴、読書すべてサービスで統一することで得られる利便性は計り知れないものがあります。 手に入らない物がない品揃えなのも魅力。 当然、サービスとしても安定しておりどんどんサービスの拡充も期待できます。 コミック コミックは、レンタルサイトでもあり読み放題サービスも提供するコストパフォーマンスの高いサイト。 読み放題サービスも780円のライトと1480円のフルが用意されているため、利用状況に応じて自分にあったサービスを洗濯することができます。 数あるサイトの中で漫画に特化して読みたい人が1つだけ選ぶとしたらここでしょう。 デメリット 最後にのレンタルをして感じたデメリットを紹介しておきたいと思います。 まず、自分が読みたいものがレンタル料金で提供されているとは限りません。 なので 自分が読みたいタイトルが納得の価格でレンタルできるかどうかはチェックしてみたほうがいいでしょう。 あとは、読みすぎてしまうということでしょうか。 笑 ランキングや無料コミックをチェックしてみると面白そうなものがたくさんあって、夜更かししてしまうということもしばしばでした。 レビューなんかも充実してるので、評判がいいとどうしても見ないわけにはいけないんですよね。 笑 以上の点に気をつければ、必ず充実したライフを送れるはずです。 是非、一度お試しあれ!• Kracpot.

次の