対数 関数 の 微分。 対数微分法

指数関数,対数関数の導関数

対数 関数 の 微分

複素数の指数関数・対数関数・べき関数 複素数の指数関数・対数関数・べき関数 大学で複素関数論の授業をはじめて習うとき、最初はあまり難しくないと感じる人が多いかもしれない。 例えば複素関数の微分の演算規則は実関数のときと同じだ。 しかしあるところで急にとても難しいと感じるようになる。 (もしまだ難しいと感じたことがないならば、それはよっぽど数学が得意か、もしくはまだ複素関数論をよく理解していないかのどちらかだろう。 )複素関数論を難しいと感じ始める点は人それぞれだと思う。 それは複素積分を習ったときかもしれないし、ローラン展開や留数定理を知ったときかもしれない。 中には複素数の対数関数やべき関数を習ったときという人もいるだろう。 ここではとくに複素関数の指数関数や対数関数、べき関数について丁寧に見ていく。 複素数についての特別な知識は仮定しない。 高校生レベルの複素数の知識があれば十分だ。 (むしろ余計な先入観はないほうがよい。 虚部が存在するし、そもそも1つの数ではない! したがって複素平面の原点以外で定義された(複素)対数関数は、正の実数に対してのみ定義された通常の(実)対数関数とは明確に区別する必要がある。 素朴に関数と言った場合、通常それは(いくつかの)独立変数に対してある「1つ」の従属変数を返すものと想定される。 (数学ではないがプログラミング言語のC言語の関数も2つ以上の値を返すことはない。 例えば、正の実数の平方根を取るという操作は二価の関数と見ることができる。 )複素数の有理数乗による多価性は偏角の部分にのみ現れ、絶対値は共通となる。 試しにその絶対値と偏角を計算してみよう。 複素数の指数・対数の性質 このページの最後に、複素数の指数や対数についての性質をいくつかまとめておく。 実数のときと同じ式が成り立つこともあればそうでないこともあるので複素数の指数や対数が現れる計算ではいつも丁寧な計算を行うように心がけよう。 まず最初に偏角の基本的な性質を示しておく。 ただし、この余分な項を無視しても差し支えない特別な場合がある。 (そしてそれ以外の値はとらない。 以上、いくつかの例を見てきてわかったと思うが、複素数の複素数乗という計算では直観的に成立しそうな式がまちがいとなることがある。

次の

指数・対数関数の微分

対数 関数 の 微分

複素数の指数関数・対数関数・べき関数 複素数の指数関数・対数関数・べき関数 大学で複素関数論の授業をはじめて習うとき、最初はあまり難しくないと感じる人が多いかもしれない。 例えば複素関数の微分の演算規則は実関数のときと同じだ。 しかしあるところで急にとても難しいと感じるようになる。 (もしまだ難しいと感じたことがないならば、それはよっぽど数学が得意か、もしくはまだ複素関数論をよく理解していないかのどちらかだろう。 )複素関数論を難しいと感じ始める点は人それぞれだと思う。 それは複素積分を習ったときかもしれないし、ローラン展開や留数定理を知ったときかもしれない。 中には複素数の対数関数やべき関数を習ったときという人もいるだろう。 ここではとくに複素関数の指数関数や対数関数、べき関数について丁寧に見ていく。 複素数についての特別な知識は仮定しない。 高校生レベルの複素数の知識があれば十分だ。 (むしろ余計な先入観はないほうがよい。 虚部が存在するし、そもそも1つの数ではない! したがって複素平面の原点以外で定義された(複素)対数関数は、正の実数に対してのみ定義された通常の(実)対数関数とは明確に区別する必要がある。 素朴に関数と言った場合、通常それは(いくつかの)独立変数に対してある「1つ」の従属変数を返すものと想定される。 (数学ではないがプログラミング言語のC言語の関数も2つ以上の値を返すことはない。 例えば、正の実数の平方根を取るという操作は二価の関数と見ることができる。 )複素数の有理数乗による多価性は偏角の部分にのみ現れ、絶対値は共通となる。 試しにその絶対値と偏角を計算してみよう。 複素数の指数・対数の性質 このページの最後に、複素数の指数や対数についての性質をいくつかまとめておく。 実数のときと同じ式が成り立つこともあればそうでないこともあるので複素数の指数や対数が現れる計算ではいつも丁寧な計算を行うように心がけよう。 まず最初に偏角の基本的な性質を示しておく。 ただし、この余分な項を無視しても差し支えない特別な場合がある。 (そしてそれ以外の値はとらない。 以上、いくつかの例を見てきてわかったと思うが、複素数の複素数乗という計算では直観的に成立しそうな式がまちがいとなることがある。

次の

指数関数,対数関数の導関数

対数 関数 の 微分

複素数の指数関数・対数関数・べき関数 複素数の指数関数・対数関数・べき関数 大学で複素関数論の授業をはじめて習うとき、最初はあまり難しくないと感じる人が多いかもしれない。 例えば複素関数の微分の演算規則は実関数のときと同じだ。 しかしあるところで急にとても難しいと感じるようになる。 (もしまだ難しいと感じたことがないならば、それはよっぽど数学が得意か、もしくはまだ複素関数論をよく理解していないかのどちらかだろう。 )複素関数論を難しいと感じ始める点は人それぞれだと思う。 それは複素積分を習ったときかもしれないし、ローラン展開や留数定理を知ったときかもしれない。 中には複素数の対数関数やべき関数を習ったときという人もいるだろう。 ここではとくに複素関数の指数関数や対数関数、べき関数について丁寧に見ていく。 複素数についての特別な知識は仮定しない。 高校生レベルの複素数の知識があれば十分だ。 (むしろ余計な先入観はないほうがよい。 虚部が存在するし、そもそも1つの数ではない! したがって複素平面の原点以外で定義された(複素)対数関数は、正の実数に対してのみ定義された通常の(実)対数関数とは明確に区別する必要がある。 素朴に関数と言った場合、通常それは(いくつかの)独立変数に対してある「1つ」の従属変数を返すものと想定される。 (数学ではないがプログラミング言語のC言語の関数も2つ以上の値を返すことはない。 例えば、正の実数の平方根を取るという操作は二価の関数と見ることができる。 )複素数の有理数乗による多価性は偏角の部分にのみ現れ、絶対値は共通となる。 試しにその絶対値と偏角を計算してみよう。 複素数の指数・対数の性質 このページの最後に、複素数の指数や対数についての性質をいくつかまとめておく。 実数のときと同じ式が成り立つこともあればそうでないこともあるので複素数の指数や対数が現れる計算ではいつも丁寧な計算を行うように心がけよう。 まず最初に偏角の基本的な性質を示しておく。 ただし、この余分な項を無視しても差し支えない特別な場合がある。 (そしてそれ以外の値はとらない。 以上、いくつかの例を見てきてわかったと思うが、複素数の複素数乗という計算では直観的に成立しそうな式がまちがいとなることがある。

次の