寝ながら笑う なぜ。 「寝言がひどい、多い」のは病気?見分け方と対処法 [不眠・睡眠障害] All About

赤ちゃんが寝ながら笑うのはなぜ?新生児微笑について紹介!

寝ながら笑う なぜ

癒しでもある赤ちゃんの笑顔。 赤ちゃんが笑うと、自然と誰もがにっこりとしてしまいますよね。 実はその笑顔には生命的な本能がひそんでいることをご存じですか? 【 赤ちゃんが笑う理由 】 生まれたばかりの赤ちゃんは泣いているか寝ているかのどちらかです。 実は、赤ちゃんは「笑顔」というものを身につけずに生まれてきます。 ただ、嬉しいから笑っているわけではないのです。 例えば、笑っているように見えたり、眠りながらふっと笑顔を見せてくれる瞬間などに見せるものです。 実はこの頃の笑顔は、赤ちゃんがちゃんとお母さんに可愛がって育ててもらうための本能的の微笑みなのです。 この時点の赤ちゃんは意識して笑顔を作っているわけではありません。 本能の働きで笑うことにより「周りの人が笑顔になり、優しくしてくれる」ということを体験し、「この表情は役に立つんだ」と感じて笑顔を繰り返すようになるのです。 赤ちゃんにあやすことにより笑ってもらうには、顔の筋肉がゆるんで笑ったような表情になった時に、「可愛い顔だね~」というように、あなた自身もニコニコとしてあやしてあげてあげることです。 それにより「表情の状態」と「あやされて気分がいい状態」を覚えてもらいやすくなるので、ぜひ試してみてください。 赤ちゃんは人の表情をじっと見つめますね。 このころの赤ちゃんは、お母さんだけでな視線の合った人にはだれにでも笑いかけてくるので、とてもかわいらしい時期ですが、笑顔の場合、それを脳が情報としてキャッチし、同じような表情を作るように指令を送ることで、赤ちゃんに笑顔が生まれてくるのです。 こういった日ごろの地道な笑顔の積み重ねが、赤ちゃんの笑顔につながるのです。 赤ちゃんの頃のお母さんや周りの人の笑顔は、その後の子どもの社会性に大きな影響を与えます。 無表情ぎみかもしれない、あまり笑わない、と感じる方、ご心配いりません! 赤ちゃんはこれからめまぐるしく成長しますから大丈夫なのです。 きっとあと少しでお母さんの声や顔を見てはキャッキャッと笑うはずなのでそれまで楽しみにしていてください。 無表情ぎみかもしれない、あまり笑わない、と感じる方、ご心配いりません! 赤ちゃんはこれからめまぐるしく成長しますから大丈夫なのです。 きっとあと少しでお母さんの声や顔を見てはキャッキャッと笑うはずなのでそれまで楽しみにしていてください。 また、幼児教室などで、赤ちゃんが笑うために、いろいろな工夫がなされたカリキュラムが取り入れられたりしているところもあります。 リズムを取り入れたものなどは、赤ちゃんの興味を惹くと評判の声も多いです。 無料の教室見学を行ってるところもありますので、お住まいの近くの教室を探してみてはいかがですか?.

次の

寝言で笑っているけど大丈夫?寝ながら笑う3つの状態を解明

寝ながら笑う なぜ

寝ていた子どもが急に起きたと思ったら、歩き回ったり呟いたりして、再びバタン…。 こんなことがよく起こるなら、それは「夢遊病」かもしれません。 意外に多いといわれる子どもの睡眠トラブル・夢遊病、いったいどのようなものなのでしょうか? 専門家にうかがいました。 深い眠りのなかで起こる夢遊病 「夢遊病は、子どもに多い睡眠障害の一つです。 眠りながら自覚なしに動き回ることが特徴で、別名『睡眠時遊行症』とも呼ばれています」 こう説明するのは、内科と睡眠障害を中心に診療する「阪野クリニック」の院長・阪野勝久さん。 「 夢遊病があらわれやすいのは、就寝して1〜2時間ほど経過した頃です。 ベッドやふとんから起き出し、歩き回ったり、ときにはゆっくり話したりしますが、目はうつろです。 その状態は数分続きますが、やがて自分で寝ていたところに戻り、再び眠ってしまうことが多いです」 「夢遊病」と「寝ぼけ」とは何が違う? 寝ぼけているのとはどう違うのでしょうか。 「 起き抜けでぼんやりしている寝ぼけ(half asleep)に対し、夢遊病は本人が深く眠っているときに起こります。 また、寝ぼけて何か変な行動をとったとしても、完全に目覚めれば言動は普通に戻り、『あ、いま寝ぼけていたな』と本人も気づきます。 ですが、 夢遊病による行動は、本人はまったく自覚しないのが普通です」 目覚めかけの状態にある寝ぼけと違い、あくまでも眠ったまま動いているのが夢遊病なのですね。 なお、「 夢を見ながら動いていると誤解されがちですが、夢遊病のエピソードは夢の内容と関連がありません」とのこと。 「眠りの状態にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。 夢遊病が起こるのは深い段階のノンレム睡眠のときですが、このときは脳も眠るといわれており、夢を見ることはほとんどありません」 もし夢を見ながら行動しているとしたら、「それは夢遊病とは別の睡眠障害」なのだそうです。 「夢遊病かな?」と思ったら、まずは動き回ったことを覚えているか、夢を見ていたかなどを聞いてみると、判断材料になるかもしれません。 なぜ起こるの? 夢遊病の原因 では、夢遊病の原因は何でしょうか。 「原因ははっきりしていません。 ただ、夢遊病の子どものご両親も夢遊病を経験していることが多いので、 遺伝が関係するのではといわれています。 また、発症そのものの原因ではありませんが、 睡眠不足や精神的なストレスがあったり、就寝・起床時間がバラバラの毎日を送っていたりすると、症状が出やすくなるようです」 阪野さんの実感としても、「新学期が始まって2〜3カ月後にクリニックを受診するお子さんが多い」とか。 「環境の変化がストレスになるのかもしれません。 なお、旅行などで眠る場所が変わったときに症状が出やすいということも、以前から言われています」 夢遊病とストレスの関係は大いにありそうですね。 まずは生活改善! 夜中の歩き回りが見られたら… 「 子どもの夢遊病のほとんどは、治療の必要はありません。 成長して思春期に入る頃には自然に治るのが普通です」と少し安心するお話も聞けましたが、何かしら症状を改善するための対策を取りたいと思うのが親心。 夢遊病の子のために、家庭でできるケアなどはあるでしょうか? 「まずは、子どもの睡眠を見直すといいでしょう。 子どもがいつ眠りについて、いつ起きたか、『睡眠日誌』をつけると有用です。 そのなかで、もし睡眠不足などの問題が浮かび上がってきたら、ひとまずそこを改善するよう心がけてみてください」 また、 身体的・精神的に負担がかかっていないか、確認することも大事だとか。 「なぜなら、すでにお話ししたとおり、夢遊病の発生はストレスと関連することが多いからです。 学校生活や友達との関係で何か問題がないか、夜遅くまでの塾や習いごとが本人の重荷になっていないかなどを確認しましょう」 そのほか、 夕方以降はカフェインをとらせないようにすることも大切だそう。 「カフェインに目を覚ます作用があるのはご存じのとおりです。 良い眠りを確保するためにも、なるべく麦茶や水で水分補給することをおすすめします」 生活リズムから飲み物、食べ物まで。 子どもの生活全般の見直しが、夢遊病の改善につながる可能性があるのですね。 こんなときは医師に相談を 考えられるかぎりの対策をしても、夢遊病が頻繁に起こる、しかも日中、本人が眠そうにしている場合は、専門医に相談をした方がいいとのことです。 「歩き回る回数が多かったり、範囲が広かったりする場合は、睡眠不足で日々の活動に影響が出るだけでなく、行動中に転ぶなどしてケガをする危険もあります。 ほとんどの場合、睡眠時間をしっかり確保したり、生活リズムを整えたりすることで対応できるそう。 夢遊病は子どもの疲れやストレスを示すサインなのかもしれません。 ちゃんと受け止めて、適切な対応をしてあげたいですね。

次の

寝言をいいながら子どもが笑うのはなぜ?寝言の原因と注意点を紹介

寝ながら笑う なぜ

夜、隣でねている夫や妻が急に笑い出して、びっくりしたことはありませんか? また、自分自身の笑い声で目が覚めてしまった…なんて人もいるのでは? 睡眠中に笑うというのは実はよくあることです。 泣いたり怒ったりするのは少し心配ですが、寝ながら楽しそうに笑っている様子は何だか微笑ましいですね。 よっぽど楽しい夢を見ているのかもしれません。 寝ている時でも脳は活動しているので、何かしらの反応が出ることはよくあります。 たまに「ふふっ」と笑うくらいなら、それほど心配はいらないと言われていますが、あまりにも大げさにゲラゲラ笑ったり、大爆笑をして目が覚めてしまうなどの場合には、重大な障害が隠れている可能性があります。 ここでは、人が睡眠中に笑う理由と、その解消法を見ていきたいと思います。 スポンサーリンク 目次• なぜ睡眠中に笑うの? 睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」があります。 ノンレム睡眠のときには体も脳も休息しています。 ストレスを取り去って心身を回復させたり、さまざまなホルモンを分泌したりして体のメンテナンスをおこなっている大事な時間帯。 この時は心拍数や血圧も下がり、全身が休息モードになっています。 逆にレム睡眠のときには、体は眠っていますが脳は休まず活動しています。 そのため、ちょっとした物音で目が覚めてしまったり、トイレに行きたくなったり、また金縛りに遭いやすくなったりします。 脳と体の連動がうまく行っておらず心拍数や血圧も変動し、体は不安定な状態と言えます。 脳が動いているこのレム睡眠中に人はよく夢を見ます。 通常であれば、何か怖い夢を見たとしても、そのまま体に反応が出ないように脳が体の動きを制御しています。 そのため、夢の中で危険な目に遭っても、とつぜん起き出して暴れたりすることなく、体はちゃんと布団の中で大人しくしているわけです。 しかし、何かの理由によって脳の制御が弱まると、笑ったり泣いたり寝言を言ったりすることがあるのです。 睡眠中に笑うのは治した方がいい?治し方は? 先ほども述べたとおり、軽く笑う程度ならあまり心配はないとされています。 明るい夢や楽しい夢を見て、愉快な気分になっているのでしょう。 しかし、まるで起きている時のように大声で笑ったり、自分の笑い声で目が覚めてしまったりといった、あまりに度の過ぎた大笑いは問題です。 なぜなら、体にこれほど大きな反応が出るという事は、脳がしっかり体を制御できていない可能性があるからです。 これを「レム睡眠行動障害」と言います。 レム睡眠行動障害とは スポンサーリンク レム睡眠中は脳が運動神経を麻痺させて、体が勝手に動かないように筋肉をゆるめています。 しかし、脳と体の連携がうまく取れなくなると、夢の影響によってとつぜん起き上がったり、大声を出したり、暴れたりといった異常行動を起こしてしまいます。 このような症状が出ると、物を壊したりケガをしたりといった危険も生じるので、本人にとっても家族にとっても非常に深刻な問題となります。 また、一番おそろしい点は、このレム睡眠行動障害になった人は、のちに「パーキンソン病」や「レビー小体病」を発症する可能性が高いという報告があることです。 ようするに、レム睡眠行動障害が「パーキンソン病」や「レビー小体病」の初期症状である可能性も否定できず、注意深く観察をしていくことが必要になります。 もしこのレム睡眠行動障害が疑われる場合は、早めに専門医を受診することをお勧めします。 その際には、睡眠障害を専門に扱っている病院を受診します。 「睡眠クリニック」などという名称で病院を探してみましょう。 もし見つからない場合には、総合病院でたずねてみると良いでしょう。 総合病院では睡眠外来を設けているところも多数あります。 まとめ 睡眠は自律神経の働きと大きな関わりがあります。 少し笑う程度なら問題ない場合がほとんどですが、あまり頻発するようだと、自律神経が乱れてしっかり熟睡できていない可能性があります。 ストレスの多い生活は自律神経を乱す原因になりますので、睡眠中に笑ったり寝言を言う頻度の高い人は、生活習慣を見直しストレスを溜めない工夫をすることをお勧めします。 スポンサーリンク.

次の