特急あずさ 乗車率。 特急あずさ自由席券の買い方や混雑状況は?座る為には何分前から並ぶ?

【特急も維持困難?まさかの乗車率1割!74D特急オホーツク4号網走→旭川】北海道の維持困難線区を見る⑫

特急あずさ 乗車率

あずさ、スーパーあずさ、かいじ あずさ、スーパーあずさはJR東日本中央本線の新宿~松本を結ぶ特急電車で、新宿~松本を約2時間40分から3時間程度で結んでいる。 停車する駅は列車によって異なるが、あずさは停車駅が多く、スーパーあずさは停車駅が少ない速達タイプとなっている。 一方のかいじは、新宿~甲府・竜王を結ぶ特急電車で都心から山梨県までの区間列車的な位置付けとなっており、あずさやスーパーあずさが通過する主要な駅にも小まめに停車する列車である。 車両はE257系とE353系が使用され、E257系は間もなく中央線特急電車からの運用を終える予定となっており、全ての列車がE353系に統一される見込みである。 基本的にはE257系は基本編成9両+付属編成2両の11両編成か基本編成のみ9両編成、E353系は基本編成9両+付属編成3両の12両編成か基本編成9両編成で運転され、普通車指定席、普通車自由席の他にグリーン車指定席がある。 E257系あずさの指定席は1号車、2号車、6号車~11号車うち8号車の松本寄り半室がグリーン車指定席、自由席は3号車~5号車の3両である。 基本編成のみ9両の場合は1号車~2号車はなく、3号車自由席以降は同じである。 E353系あずさの指定席は1号車、2号車、7号車、8号車、9号車~12号車。 グリーン車が9号車となっており、3号車は場合によっては指定席になることもある。 かいじは自由席車両の構成比があがりE257系の場合の自由席は3号車~6号車の4両、E353系の場合は一部を除いて基本編成9両編成で運転され4号車~7号車の4両が自由席となっている。 なお2019年の春に自由席は廃止され全席指定席となることが発表されている。 運用方法は常磐線特急ひたち、ときわと同じ運用となりE353系の荷棚にもランプが設置されている。 停車駅 特急あずさ、スーパーあずさ、かいじの停車駅は列車によって違いがある。 簡単に説明すると、あずさ、スーパーあずさは新宿~甲府までは主要な駅以外は停車せず、甲府~松本はこまめに停車し、かいじは新宿~甲府までをこまめに停車する区間列車タイプであるということである。 最速のスーパーあずさは新宿・立川・八王子・甲府・茅野・上諏訪・松本に停車。 一番鈍足のあずさは新宿・立川・八王子・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府・韮崎・小淵沢・富士見・茅野・上諏訪・下諏訪・岡谷・塩尻・松本に停車。 最速のスーパーあずさが停車する駅は全列車が必ず停車する駅であり、鈍足の列車が停車する駅は列車によって停車したり通過したりするということである。 かいじは全て共通で新宿・三鷹・立川・八王子・大月・ 勝沼ぶどう郷 塩山・山梨市・石和温泉・甲府・ 一部列車 竜王。 勝沼ぶどう郷は季節停車で、竜王は朝と夜の一部列車のみが竜王まで運転。 あずさ、スーパーあずさは列車によって停車する駅が違うので所要時間も列車によって違い、利用するさいは注意が必要である。 高速バスとの競合 さて、中央線特急電車の乗車率は高くビジネスや観光に幅広く利用されている。 首都圏を走る在来線特急の中でも常磐線特急に次ぐ乗車率であり本数も多く早朝から深夜まで運転されているため利便性は高い。 房総方面、鹿島神宮方面の在来線特急電車は高速バスに敗れ鹿島神宮方面の特急は全滅、館山方面も週末のみの臨時に格下げされたが中央線特急は健闘していると言えるだろう。 高速バスと所要時間と運賃を比較してみる。 オンライン決済などを利用すると2980円に割引となるサービスがある他、グリーン車にあたるSクラスシートがあり+1000円で利用できる。 JRの特急電車で行くと運賃+指定席特急料金で片道6900円 通常期 で所要時間は最速で2時間40分程である。 えきねっとトクだ値を利用すると運賃+指定席特急料金で4480円 通常期 と約35%割引となる。 なおえきねっとトクだ値は前日までの予約が必要。 グリーン車は9470円で割引はない。 所要時間は2時間10分~20分程である。 JRの特急電車で行くと運賃+指定席特急料金 通常期 で4130円、所要時間は最速で90分程である。 えきねっとトクだ値を利用すると運賃+指定席特急料金 通常期 で2670円、35%割引となる。 グリーン車は5670円で割引はない。 所要時間はJRの特急電車が早く運賃は高速バスの方が安いのは、中央線に限らずどこの競合路線でも同じであるが、中央線の特急電車は毎時2本と高頻度で運転され車両の数も11両や12両編成と長く定員数も多く確保されており、利用者が多いことがわかる。 一方の高速バスも新宿~松本だけで1日あたり44往復設定され日中は毎時2本と、新宿~松本線に限れば本数は鉄道より多く、また新宿~甲府線も毎時2本程度運転され、鉄道と同じく利用者が多いことがわかる。 松本、甲府線の他にも茅野、上諏訪、岡谷へ向かうバスも毎時1本程度運転され新宿~岡谷で往復6000円となっている。 鉄道のメリットは速くてバスよりも揺れないため快適に移動ができることと、渋滞することもないので人身事故などがない限りは定時に目的地に到着することができる。 デメリットは高速バスに比べて運賃が高く、繁忙期になれば満席となる場合が多く、長い時間自由席に立って移動しなければならない。 また鉄道は駅に停車するため駅から移動が伴う。 例えば石和温泉に出掛けようとした場合、鉄道だと石和温泉駅に到着し石和温泉の中心地まで歩かなければならなかったりするが、高速バスなら直接石和温泉の中心地まで連れていってくれる。 駅から目的地まで再び移動しなければならないなどのデメリットがあるのだ。 高速バスのメリットは安さ。 場合によっては半額程度で移動できてしまう。 さらに新宿~松本線に限ってはプラス1000円で快適なSシートがありグリーン車よりも更に格安で快適な移動ができる。 また繁忙期で満席になった場合は続行便がでる。 高速バスは高速道路を走るため立ち席はできないため、必ず座って移動ができる。 また上に記したとおりバスは柔軟に経路が設定できるため、直接目的地に向かって移動ができるのである。 デメリットは渋滞に巻き込まれた場合は時間がかかってしまうこと、鉄道に比べると揺れることと遅いことだろう。 乗車時の感想とまとめ 私は中央線特急電車は何度も利用させてもらっている。 観光はもちろん仕事で使うこともたまにある。 仕事の場合は必ずJRを使わなければならないので高速バスを選択することはできないが、仕事以外で利用するときはJRを使ったり、高速バスを使ったりと目的地によって使い分けている。 松本まで高速バスを利用したことはないが、甲府は何度か利用したことがある。 私が高速バスを利用したときは8時発の甲府行きで、ほぼ満席であった。 平日ということもあり道路も空いておりほぼ定刻に甲府に到着した。 ただ4列シートで狭く感じるのと自由に立ち上がることもできないので辛く感じたのだが、運賃が安いのである程度の窮屈感は納得できる。 帰りは16時のかいじで新宿へ。 甲府16時発のかいじは比較的空いており自由席も空いていた。 私はいつもえきねっとトクだ値を利用するので指定席を利用するのだが、自由席より指定席の方が人がいるように感じた。 恐らくえきねっとトクだ値で予約すれば指定席の方が安くなってしまうからなのか、確実に座れる指定席を選ぶからかだとは思う。 かいじは石和温泉、塩山、山梨市とこまめに停車していくが僅かな乗客を拾いながら進み、ある程度まとまった乗車があったのは大月であった。 海外の人が目立ったので富士急線方面からの観光帰りなのだろう。 八王子~三鷹までは乗車はなく降車が続き、終点新宿に到着。 新宿に着いた時点でも私の乗車した9号車の乗車率は50%程度だったと思われ、行きの高速バスに比べるとかなり寂しい。 もちろん乗った時間帯や曜日によって、またシーズンによっての違いはあるのでJRの負けと言うわけではない。 別の日の月曜日に乗車したスーパーあずさ1号は甲府まで満席だったし、また別の日に松本から乗車したスーパーあずさ28号のグリーン車も松本の時点では空いていたが甲府からは満席であった。 運行頻度や乗車率を見ても同じであることを見れば、高速バス、JRとも互角なのである。 私はどっちがいいとも思わない。 目的地によって選ぶしその時の状況で選ぶので、どちらを利用しても満足できる。 皆様はどうだろうか?是非乗り比べをしてみてほしい。 高速バスの良さ、JRの良さがそれぞれわかるのではないかと思う。 高速バスとJRが互角に競合する路線はお互いにサービス合戦をしているので、意外な得が待っているかもしれない。 当サイトは、国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイト「Parties(パーティーズ)」です。 婚活パーティーの掲載数は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・横浜・京都・広島・岡山含めて国内最大級!20代・30代・40代・50代の婚活パーティー・お見合い・街コンをご紹介し、「婚活コラム」ではあなたの婚活の悩みに応えます。 婚活パーティーの口コミや体験談・ブログにて、「婚活パーティー行ってきた」、をチェックしてから、あなたにぴったりの婚活パーティーを見つけることが出来ます。 当サイト「Parties(パーティーズ)」にてご紹介している婚活パーティー・恋活パーティー・街コンパーティーを、初心者・1人参加OK・個室、半個室・連絡先交換自由・趣味コン・バスツアー・今日開催・平日開催・人気職業・高学歴・ハイステータス・ぽっちゃり女性・高身長男性・低身長女性・子連れ理解者・再婚理解者・立食形式、といったこだわり検索機能を使って探すことで、あなたにぴったりの婚活パーティーが必ず見つかります。

次の

特急の乗車率

特急あずさ 乗車率

今回は2018年3月17日のダイヤ改正前に特急スーパーあずさ・あずさ、新幹線あさまの グリーン車を1日で乗り比べてみた、ということをやってみたのでその紹介になります。 ダイヤ改正前はE351系、E353系、E257系と三種類の特急車両が走っていました。 2020年現在ではすでに引退している車両も登場します。 新宿~松本 1本目は新宿から松本までE351系スーパーあずさ5号で移動です。 E351系は中央本線の山岳路線のカーブなどに対応するため、制御付き自然振り子装置を組み込んだ特急になります。 先頭の非貫通の先頭車にはLED表示器が特徴です。 グリーン車の外観 側面表示器 LED表記ではなく幕表記なのもいいですね。 AZUSAの表記とデザインです。 座席の座り心地は非常によいです。 写真でもわかるように、頭の横の部分はかなり高く、隣の人との遮断性はかなり高いです。 また信州の寒い地方に行くことも考えられてか、座席にはヒーターのスイッチもありました。 松本~新宿 2本目は松本から新宿まで、当時営業開始したばかりのE353系スーパーあずさ18号のグリーン車に乗車です。 E353系はE351系の置き換え用として2017年12月23日から営業を開始しました。 E351系と同様に車体傾斜装置を備えていますが、E351系は制御付き自然振り子式を採用していますが、E353系は空気ばね式に変更となっています。 側面表示器 新型のあずさは フルカラーLED表記となっておりきれいでした。 グリーン車の車内 グリーン車の床はレッドカーベットとなっておりとても豪華な車内です。 座席はやはり座り心地よく、頭の部分の遮断性もE351系と変わらず高いです。 東京~松本~長野 3本目は東京から松本まで あずさ25号に乗車です。 このあずさ25号は少し特徴があるので後程紹介します。 E257系は貫通型と非貫通型の先頭車があります。 写真の先頭車は貫通型の先頭車になります。 E257系はE353系とは異なり、振り子装置はついておりません。 スピードや速達性よりも基本的な特急としての性能を求めて作られました。 側面表示器 側面表示器はLED表記ですが、まだフルカラーLEDではないです。 E257系は半室グリーン車であること、窓は各座席ごとに仕切られていることが特徴です。 各座席はこのような感じとなっています。 特急から快速へ 先ほどあずさ25号は特徴あると書きましたが、東京発あずさ25号は松本到着後、快速となり 松本発長野行の列車となります。 普通席は乗車券のみで乗れる「乗り得列車」となります。 松本到着後、先頭車に回ってみるとすでに行先は「快速」幕となっていました。 側面幕も「快速 長野行」となっています。 駅の発車案内も「快速 長野行」となっています。 この列車は結局、 東京発長野行の列車となります。 この列車で長野まで乗り通します。 長野駅到着 この列車は長野駅到着後回送となります。 長野駅到着後は回送幕となっています。 あずさの車両が長野駅に止まっているのは違和感がありますね。 長野~東京 この乗り比べ旅、最後はE7系あさまのグリーン車になります。 長野発東京行、あさま630号に乗ります。 最新型の新幹線ということもあり、コンセントは各座席についています。 座席の座り心地は今まで乗った座席の中で最高です。 2020年現在では注意!! 2020年では 中央線特急は既にE353系に統一、一部臨時列車にE257系が使われています。 また、 あずさ25号は東京発松本行きとなり、松本から長野までの直通運転は終了となっています。 E257系は今後、リニューアルされ東海道線で活躍の場を移していくので今度はそちらでも乗ってみたいものです。 お得な切符 今回の旅の乗車券は「週末フリーパス」を使いました。 とても便利な切符なのでぜひ週末(土日)の旅行には使ってみてください。 tomotabitrip.

次の

乗車率 ‐ 通信用語の基礎知識

特急あずさ 乗車率

あずさ、スーパーあずさ、かいじ あずさ、スーパーあずさはJR東日本中央本線の新宿~松本を結ぶ特急電車で、新宿~松本を約2時間40分から3時間程度で結んでいる。 停車する駅は列車によって異なるが、あずさは停車駅が多く、スーパーあずさは停車駅が少ない速達タイプとなっている。 一方のかいじは、新宿~甲府・竜王を結ぶ特急電車で都心から山梨県までの区間列車的な位置付けとなっており、あずさやスーパーあずさが通過する主要な駅にも小まめに停車する列車である。 車両はE257系とE353系が使用され、E257系は間もなく中央線特急電車からの運用を終える予定となっており、全ての列車がE353系に統一される見込みである。 基本的にはE257系は基本編成9両+付属編成2両の11両編成か基本編成のみ9両編成、E353系は基本編成9両+付属編成3両の12両編成か基本編成9両編成で運転され、普通車指定席、普通車自由席の他にグリーン車指定席がある。 E257系あずさの指定席は1号車、2号車、6号車~11号車うち8号車の松本寄り半室がグリーン車指定席、自由席は3号車~5号車の3両である。 基本編成のみ9両の場合は1号車~2号車はなく、3号車自由席以降は同じである。 E353系あずさの指定席は1号車、2号車、7号車、8号車、9号車~12号車。 グリーン車が9号車となっており、3号車は場合によっては指定席になることもある。 かいじは自由席車両の構成比があがりE257系の場合の自由席は3号車~6号車の4両、E353系の場合は一部を除いて基本編成9両編成で運転され4号車~7号車の4両が自由席となっている。 なお2019年の春に自由席は廃止され全席指定席となることが発表されている。 運用方法は常磐線特急ひたち、ときわと同じ運用となりE353系の荷棚にもランプが設置されている。 停車駅 特急あずさ、スーパーあずさ、かいじの停車駅は列車によって違いがある。 簡単に説明すると、あずさ、スーパーあずさは新宿~甲府までは主要な駅以外は停車せず、甲府~松本はこまめに停車し、かいじは新宿~甲府までをこまめに停車する区間列車タイプであるということである。 最速のスーパーあずさは新宿・立川・八王子・甲府・茅野・上諏訪・松本に停車。 一番鈍足のあずさは新宿・立川・八王子・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府・韮崎・小淵沢・富士見・茅野・上諏訪・下諏訪・岡谷・塩尻・松本に停車。 最速のスーパーあずさが停車する駅は全列車が必ず停車する駅であり、鈍足の列車が停車する駅は列車によって停車したり通過したりするということである。 かいじは全て共通で新宿・三鷹・立川・八王子・大月・ 勝沼ぶどう郷 塩山・山梨市・石和温泉・甲府・ 一部列車 竜王。 勝沼ぶどう郷は季節停車で、竜王は朝と夜の一部列車のみが竜王まで運転。 あずさ、スーパーあずさは列車によって停車する駅が違うので所要時間も列車によって違い、利用するさいは注意が必要である。 高速バスとの競合 さて、中央線特急電車の乗車率は高くビジネスや観光に幅広く利用されている。 首都圏を走る在来線特急の中でも常磐線特急に次ぐ乗車率であり本数も多く早朝から深夜まで運転されているため利便性は高い。 房総方面、鹿島神宮方面の在来線特急電車は高速バスに敗れ鹿島神宮方面の特急は全滅、館山方面も週末のみの臨時に格下げされたが中央線特急は健闘していると言えるだろう。 高速バスと所要時間と運賃を比較してみる。 オンライン決済などを利用すると2980円に割引となるサービスがある他、グリーン車にあたるSクラスシートがあり+1000円で利用できる。 JRの特急電車で行くと運賃+指定席特急料金で片道6900円 通常期 で所要時間は最速で2時間40分程である。 えきねっとトクだ値を利用すると運賃+指定席特急料金で4480円 通常期 と約35%割引となる。 なおえきねっとトクだ値は前日までの予約が必要。 グリーン車は9470円で割引はない。 所要時間は2時間10分~20分程である。 JRの特急電車で行くと運賃+指定席特急料金 通常期 で4130円、所要時間は最速で90分程である。 えきねっとトクだ値を利用すると運賃+指定席特急料金 通常期 で2670円、35%割引となる。 グリーン車は5670円で割引はない。 所要時間はJRの特急電車が早く運賃は高速バスの方が安いのは、中央線に限らずどこの競合路線でも同じであるが、中央線の特急電車は毎時2本と高頻度で運転され車両の数も11両や12両編成と長く定員数も多く確保されており、利用者が多いことがわかる。 一方の高速バスも新宿~松本だけで1日あたり44往復設定され日中は毎時2本と、新宿~松本線に限れば本数は鉄道より多く、また新宿~甲府線も毎時2本程度運転され、鉄道と同じく利用者が多いことがわかる。 松本、甲府線の他にも茅野、上諏訪、岡谷へ向かうバスも毎時1本程度運転され新宿~岡谷で往復6000円となっている。 鉄道のメリットは速くてバスよりも揺れないため快適に移動ができることと、渋滞することもないので人身事故などがない限りは定時に目的地に到着することができる。 デメリットは高速バスに比べて運賃が高く、繁忙期になれば満席となる場合が多く、長い時間自由席に立って移動しなければならない。 また鉄道は駅に停車するため駅から移動が伴う。 例えば石和温泉に出掛けようとした場合、鉄道だと石和温泉駅に到着し石和温泉の中心地まで歩かなければならなかったりするが、高速バスなら直接石和温泉の中心地まで連れていってくれる。 駅から目的地まで再び移動しなければならないなどのデメリットがあるのだ。 高速バスのメリットは安さ。 場合によっては半額程度で移動できてしまう。 さらに新宿~松本線に限ってはプラス1000円で快適なSシートがありグリーン車よりも更に格安で快適な移動ができる。 また繁忙期で満席になった場合は続行便がでる。 高速バスは高速道路を走るため立ち席はできないため、必ず座って移動ができる。 また上に記したとおりバスは柔軟に経路が設定できるため、直接目的地に向かって移動ができるのである。 デメリットは渋滞に巻き込まれた場合は時間がかかってしまうこと、鉄道に比べると揺れることと遅いことだろう。 乗車時の感想とまとめ 私は中央線特急電車は何度も利用させてもらっている。 観光はもちろん仕事で使うこともたまにある。 仕事の場合は必ずJRを使わなければならないので高速バスを選択することはできないが、仕事以外で利用するときはJRを使ったり、高速バスを使ったりと目的地によって使い分けている。 松本まで高速バスを利用したことはないが、甲府は何度か利用したことがある。 私が高速バスを利用したときは8時発の甲府行きで、ほぼ満席であった。 平日ということもあり道路も空いておりほぼ定刻に甲府に到着した。 ただ4列シートで狭く感じるのと自由に立ち上がることもできないので辛く感じたのだが、運賃が安いのである程度の窮屈感は納得できる。 帰りは16時のかいじで新宿へ。 甲府16時発のかいじは比較的空いており自由席も空いていた。 私はいつもえきねっとトクだ値を利用するので指定席を利用するのだが、自由席より指定席の方が人がいるように感じた。 恐らくえきねっとトクだ値で予約すれば指定席の方が安くなってしまうからなのか、確実に座れる指定席を選ぶからかだとは思う。 かいじは石和温泉、塩山、山梨市とこまめに停車していくが僅かな乗客を拾いながら進み、ある程度まとまった乗車があったのは大月であった。 海外の人が目立ったので富士急線方面からの観光帰りなのだろう。 八王子~三鷹までは乗車はなく降車が続き、終点新宿に到着。 新宿に着いた時点でも私の乗車した9号車の乗車率は50%程度だったと思われ、行きの高速バスに比べるとかなり寂しい。 もちろん乗った時間帯や曜日によって、またシーズンによっての違いはあるのでJRの負けと言うわけではない。 別の日の月曜日に乗車したスーパーあずさ1号は甲府まで満席だったし、また別の日に松本から乗車したスーパーあずさ28号のグリーン車も松本の時点では空いていたが甲府からは満席であった。 運行頻度や乗車率を見ても同じであることを見れば、高速バス、JRとも互角なのである。 私はどっちがいいとも思わない。 目的地によって選ぶしその時の状況で選ぶので、どちらを利用しても満足できる。 皆様はどうだろうか?是非乗り比べをしてみてほしい。 高速バスの良さ、JRの良さがそれぞれわかるのではないかと思う。 高速バスとJRが互角に競合する路線はお互いにサービス合戦をしているので、意外な得が待っているかもしれない。 当サイトは、国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイト「Parties(パーティーズ)」です。 婚活パーティーの掲載数は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・横浜・京都・広島・岡山含めて国内最大級!20代・30代・40代・50代の婚活パーティー・お見合い・街コンをご紹介し、「婚活コラム」ではあなたの婚活の悩みに応えます。 婚活パーティーの口コミや体験談・ブログにて、「婚活パーティー行ってきた」、をチェックしてから、あなたにぴったりの婚活パーティーを見つけることが出来ます。 当サイト「Parties(パーティーズ)」にてご紹介している婚活パーティー・恋活パーティー・街コンパーティーを、初心者・1人参加OK・個室、半個室・連絡先交換自由・趣味コン・バスツアー・今日開催・平日開催・人気職業・高学歴・ハイステータス・ぽっちゃり女性・高身長男性・低身長女性・子連れ理解者・再婚理解者・立食形式、といったこだわり検索機能を使って探すことで、あなたにぴったりの婚活パーティーが必ず見つかります。

次の