このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。。 【解決】「iOS8.4」で「iCloudミュージックライブラリ」を有効できないバグ不具合の設定方法

【iPhone】iCloudミュージックライブラリが表示されないときの対処法!

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

Window10の自動更新の後,OutlookのiCloudのカレンダーを見ようとしても「このフォルダーのセットを開けません。 インフォーメーション ストアが開けませんでした」となり,予定表が見られません。 iCloudの修復,Outlookのアドインの確認は実施。 プログラムからiCloudを立ち上げ,メール,連絡先,カレンダー,およびタスクを一旦解除してからOutlookに再設定を行っても解決しません。 この時,iCloud用Outlook設定のウィンドウにダウンロード中の表示後に「設定が完了しました。 Outlookのカレンダー,連絡先,タスクがiCloudを使用するように設定されました。 」の表示になりますが,実際には使用できません。 以前は,Outlookの上のバーにiCloudの表示やタグがあり,クリックしてアップロードが可能でしたが,現在はOutlookの上にiCloudの表示は全くありません。 iPhoneとOutlookのカレンダーの同期ができないと大変不便です。 対策をご教示頂きたく,どうぞよろしくお願いします。 iCloud for Windows を Uninstall してから Windows の コントロールパネルの メール から 新しい Profile を作成して、 新しい Profile に Email アカウントの設定を実施しなおしてから 新しい Profile で Outlook を起動させても、 最新の iCloud for Windows を導入しなおしてみてください。

次の

【iPhone】「iCloudにメッセージを保管は現在無効になっています」の原因と解決方法

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

スポンサーリンク 僕のiTunesライブラリはこんな状態になってます。 カオスです。 (問題点1)既存の曲とApple Musicとの重複 (問題点2)既存のプレイリストとApple Musicプレイリストの重複 (問題点2)アップロード待機中のままグレー表示になっている項目(ライブラリのアップデートでも変化なし) (問題点3)そしてこれが一番困るのですが 別のApple IDで購入した曲はたとえ認証が済んでいてもiCloudにはアップされません。 僕はもうiTunesを10年以上使ってきていますが、その間に生活環境の変化等でいくつかApple IDを持っていてそれぞれで曲を購入しています。 クラウドという仕様上仕方がないこととはいえ、これではiCloudミュージックライブラリを利用するメリットは全くありません。 さらに問題なのは・・・ お約束のアルバムカバー不具合・・・たとえば上は矢野顕子さんの名盤「ごはんができたよ」なんですが、いったいこの方はどなたなんでしょう?ご存知の方教えてください。 100歩譲って同じアーティストのカバー違いならまだ我慢できますが、さすがにはこれは、、、しかもこんな感じのが結構あって凹みます。 iCloudミュージックライブラリを整理する この状況をなんとか打開したくてネットで調べまくりました。 Apple MusicとiTunes Matchの関係、iCloudミュージックライブラリの仕様など大体理解できましたが決定的な解決策はないようで・・・とりあえず母艦MacのiTunesをリセットしようと思いiCloudミュージックライブラリをオフにすることにしました。 iCloudミュージックライブラリをオフにするだけでは解決しない これは当たり前なんですがクラウド上の曲は手動で消していかなければなりません。 これも色々なやり方があるようですが、僕は次の方法でライブラリ内の曲を整理しました。 iCloudミュージックライブラリはオンのまま次の方法で進めていきます。 2.母艦PCでのApple Musicのプレイリスト作成、曲のダウンロードはできなくなります。 視聴は可能。 2.iCloudミュージックライブラリをオンにしている端末と曲の同期ができなくなります。 (回避方法は後述) コメント失礼します。 私もまったく同じ(Apple Musicは利用するがiTunes内の曲はiCloudと同期しない、iTunesではApple Musicの曲を管理しない)状況で悩んでおり、(アップルサポートに問い合わせても具体的な解決には至らず、、、)こちらのブログを偶然見つけ、拝読させて頂きました。 2017年11月2日現在のWindows版iTunes(12. 1)でそちらの方法を試させて頂いたところ、どうもライブラリから曲を削除しますと「iCloudミュージックライブラリから曲を削除」というダイアログが表示されるにも関わらず、ローカル保存の元ファイルから削除されてしまいます。 元の曲ファイルは全てバックアップ(移行ではなくコピー)を取っておく必要があるのでしょうか? この件で何か新たな方法などお分かりでしたらお返事いただきたいです。 よろしくお願い致します。 こんにちは、コメントありがとうございます。 Apple Musicに登録するとiCloudミュージックライブラリがオンになります。 母艦のiTunesもiCloudミュージックライブラリをオンにしないとiPhoneとの同期はできません。 CDから取り込んだ曲の扱いですが、以下の2通りとなります。 1.Apple Musicに同じ曲がある場合Apple Music上の曲に置き換わります。 2.Apple Musicに同じ曲がない場合はiCloudミュージック~にアップロードされクラウド上で聴くことができます(アップロードには時間がかかる場合があります)。 これでCDの曲もApple Musicの曲もシームレスに共有することができるようになります。 母艦に取り込んだオリジナルの音楽データ自体には影響を及ぼすことはありませんが、一応バックアップを取っておくことをおススメします。 ただ、本記事のように曲が違うバージョンに置き換わったりジャケットが入れ替わったりなどのトラブルも多いので個人的にはお勧めできないです。 母艦iTunesのiCloudミュージックライブラリをオンにする時はご注意ください。 僕自身は、少し手間がかかりますが以下のような方法で曲を管理しています。 参考になれば幸いです。

次の

iCloudのカレンダーがOutlook2016で見られなくなった。

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

iPhone、およびiPadを使用する時、 Apple Musicのアプリでグレーアウトで表示されているような曲をタップして再生しようする場合に、「この項目は使用できません、この項目は再生できません」というエラーメッセージが表示されます。 Apple Musicで聴きたい曲を聴こうと思った時にこのような表示が出たらイライラしてしまうでしょう。 しかし、なぜこのような問題がApple Musicで起こってしまったのかを本記事でご紹介していきます。 これが表していることは、 未発売のアルバムの予告で、これらの未発売のアルバムはあらかじめApple Musicでのライブラリに登録します。 しかし、未発売のアルバムの発売日が来るまで聴くことが出来ません。 そして、発売日になったら、Apple Musicですぐに聞けるようになり、その前に未発売のアルバム全体の曲目リストが表示されたとしても、既に発売したある未発売のアルバムに収録済の曲しか再生できないことが多いです。 これら未発売のアルバムのみに収録した曲はグレーアウトとなって、再生しようとしても「この項目は使用できません、この項目は再生できません」が表示されます。 また、Apple Musicでは、一般のユーザーが作成しているプレイリストをApple Musicユーザーと共有できる「 共有プレイリスト」という機能があります。 具体例を出すと、人気アーティスト米津玄師さんの名前でApple Musicを検索した場合、候補の一番上に「共有プレイリスト」が出てきます。 そして、タップすると、Apple Musicユーザーが作成しアップデートして、共有した米津玄師さんのプレイリスト出てきます。 そして、プレイリストに入っている米津玄師さんの楽曲は、そのユーザーがご自身で購入した音源の曲目が入っているものなのでApple Musicでは認証されていないので曲を再生できないのです。 まずは、iTunesで再生できない曲を右クリックして、「iTunesライブラリから削除」をクリックし、「曲を削除」をクリックして、曲を削除します。 その後、曲をもう一度、iTunesライブラリに追加し、再起動ではなく、アップデートします。 なお、曲をアップデートできない場合には、再起動ではなく、ネットワークを検査します。 およびApple Musicのサーバー状態をチェックします。 まず、iTunes で、 再生できない曲を右クリックして、「ライブラリから削除」から「曲を削除」の順に選択して、曲を削除しておきます。 なお、設定から「iCloudミュージックライブラリ」の設定を ON にする際に、結合か置き換えかの選択を迫られるので、「結合」を選択すれば問題ありません。

次の