七夕飾り 折り紙。 七夕飾りの工作!幼児(2~5才)が折り紙で簡単に作るならコレ|30代ママの子育てとマイホーム

七夕飾りは折り紙で!【作り方まとめ】手作りで子どもと一緒にできる

七夕飾り 折り紙

折り紙で星を作る方法は、折り紙1枚を折って作る、2枚星、1枚を星型に切る、立体星など作り方が色々。 簡単な星の折り方と七夕やクリスマスに使えるアレンジアイディアを紹介! 折り紙の星は、折り紙1枚を折って作る方法や切って作る方法、折り紙2枚で作る方法などあります。 七夕、クリスマスなどの季節イベントや誕生日など、様々な場面で大活躍! 幼児の子どもも作りやすい星の折り紙を、分かりやすい手順で動画付きで解説します。 【星の折り紙・目次】• 折った「折り紙星」に目をつけます。 目は、穴開けパンチを使って作ります。 丸く切った色画用紙に、[1]の星をテープで貼ります。 星の精の体部分は、コーヒーフィルターを使います。 コーヒーフィルターに水性ペンで模様を描き、その上に水を含ませた絵筆でにじませます。 [3]のコーヒーフィルターが乾いたら、[2]の星とテープで貼りあわせると完成です。 コーヒーフィルターを広げて立たせ置き人形にしたり、糸をつけて笹にぶら下げてもいいですね。 七夕飾り「折り紙星」の応用編!クリスマス装飾も簡単に手作りしよう 折った「折り紙星」を使って、クリスマス飾りを作ってみませんか。 いくつものかわいい星達が、クリスマスパーティを盛り上げてくれますよ。 「折り紙星2枚」を、小さな折り紙を使って折ります。 色画用紙や和紙を使って短冊を作ります。 短冊の下部に、クラフトパンチで穴開けをします。 「折り紙星2枚」と短冊をテープで貼りあわせます。 糸をつけると完成です。 大きな星の七夕飾り「折り紙星2枚」のレターラックを手作りしよう 大きな星がインパクトのレターラックはいかがでしょうか。 色画用紙を半分に折り袋状にし、真ん中に折った「折り紙星」を貼ります。 上部に穴を開け好きなリボンを通すと、星のレターラックの完成です。 天使や雪の飾りなどを貼り付けると、クリスマスムードが高まります。 好きな折り紙や色画用紙で作ってみてくださいね。

次の

七夕飾り折り紙の簡単でおしゃれでかわいい作り方。幼児でも作れます。

七夕飾り 折り紙

Contents• 七夕飾りは折り紙で簡単にできる 七夕飾りって、自力で作るのは難しそうに感じますよね。 七夕飾りには、これで作らなければという決まりはありません。 最近では七夕の飾りがセットになって売っていたりもしますが、頻繁に使うものでもないので何だか勿体無いですし、七夕本来のやり方では飾る期間が短いせいか安くすむなら済ませたいものです。 それを叶えてくれる方法は、 折り紙とハサミとノリがあれば七夕飾りは簡単に作ることができます。 折り紙はメリットだらけ 折り紙は安いので気軽に購入できますし、どこでも買えます。 そして子どもにとっても身近であり、指先と目と頭をよく使うので脳を刺激して想像力を育てると言われ、教育現場でもよく用いられています。 更には、七夕が終わった後に処分するときもかさばりませんし、処分もしやすいと いいことづくめですよ。 折り紙を使って、願い事を書く短冊の他に織姫と彦星や星飾り、吹流しや天の川、提灯 ちょうちん なんかも作るとかなり七夕の雰囲気が出ますので、是非チャレンジしてみましょう。 七夕飾りの作り方 七夕飾りには様々な種類がありますが、ここでは折り紙で作る七夕飾りの中でも ハサミとノリで簡単に作ることができるものをご紹介していきます。 を見てみる 子供でも簡単に作れるものを中心に紹介しましたので、是非作ってみてくださいね。 子供も喜びますし、子供と一緒に作っている様子を録画して動画を残したり、写真を撮って願い事を書いた短冊と一緒にアルバムに入れておけば、良い思い出にもなりますよ。 折り紙とハサミとノリがあれば手作りできるので、 ハサミを使う時だけはしっかりと手を添えたり見守れば、楽しく気軽にできますね。 七夕飾りを片付ける時 七夕が終わって、後片付けや七夕飾りを処分をする時は 地域で決められた方法でゴミに出すのが一般的です。 その時に、もし子供が処分することを嫌がったりするようなら、手作りした七夕飾りを子どもと一緒に安全な場所で燃やすと、天の神様 または織姫と彦星 に捧げたと子どもに説明できます。 または、神社に持っていて 「お焚き上げ」をしてもらっても理由づけしやすいですよね。 子供に、ただ単に悲しい思いをさせるのではなく、何かの学びになったらいいと私個人としては考えます。

次の

七夕飾り折り紙で簡単!おしゃれで可愛い作り方【16選】

七夕飾り 折り紙

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の