リザードン ハイパーリーグ。 【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

【ポケモンGO】ハイパーリーグの最強ランキング|ゲームエイト

リザードン ハイパーリーグ

概要 伝説や御三家が入り乱れるハイパーリーグ ハイパーリーグでよく選出されるポケモンを紹介していきます。 スーパーリーグとは違い、伝説ポケモンも参加できるのがハイパーリーグの特徴。 そしてCP上限が2500と高めに設定されているため、未進化や上限に届かないポケモンがハイパーリーグで活躍するのは難しくなっています。 伝説ポケモンを使ったり、CPを2500近くまで育成するので、用意するのもスーパーリーグに比べてハードルが上がっています。 そんなハイパーリーグで勝つためにも、この記事で紹介するポケモンたちを選んでみてください。 圧倒的な耐久力と非常に速いスペシャルわざの発動で、安定の活躍を見せる。 ノーマル、スペシャルともに自分の好みで選択。 ドラゴンクローは確定。 シャドークロー、かげうちを選べば、はがねやフェアリーに対抗できるが、カビゴンとアローラベトベトンには弱くなる。 りゅうのいぶき、げんしのちからを選べば攻撃力UPを見込めるが、フェアリー、はがね相手にはつらくなる。 アナザーは強力なため、あらゆるポケモンに対策されているが、それでも十分戦えるので、おススメしたいポケモンの1つ。 アナザーのような耐久力はないが、高い攻撃力で放つシャドーボールで相手に大ダメージを与える。 あやしいかぜでステータスアップを狙いつつ、シャドーボールのブラフとしても使える。 シャドーボールとあやしいかぜは1タップ差しか変わらないため、基本的にシャドーボールを使ったほうが吉。 耐久力がさほど高くないため、短期決戦用。 りゅうのはどうにすることで、カビゴンに抵抗できる。 あまえるで相手のHPをゴリゴリ減らしながら、スペシャルわざで追い詰める。 かえんほうしゃはゲージのたまりがとても遅いので、1発撃てるかどうか。 はがね相手の対抗として使う。 少しでも早く、少しでも威力の高いわざを使いたいなら、つばめがえしも有効。 ひこうタイプなのでラグラージ対策としてもトゲキッスは採用される。 代わりにいわ、こおり、でんきに弱いのでメルメタル、フリーザー、げんしのちからに弱い。 トゲキッスと違ってひこうタイプがないので、弱点が少ないのがメリット。 バリアを張ってスペシャルわざを使うかは状況次第。 苦手などくタイプ対策にサイコキネシスを持っているのは安心。 最後にムーンフォースを使って、相手の弱体化を狙うのも有効。 上限が2500に届かないので、がんばリボンで補強したい。 インファイトではがねやノーマルタイプに大ダメージを与え、かみくだくでギラティナやエスパーに善戦できる。 じゃれつくはフェアリー同士の時に。 インファイトはグランブルがやられる直前の、締めとして使うことが多い。 バークアウト型にすることで、インファイトと見せかけたかみくだくブラフ作戦もできる。 インファイトを撃ったらすぐに交代。 ギラティナ・アナザーと同格のハイパーリーグ代表ポケモン。 高耐久に強力なスペシャルわざで安定の活躍を見せる。 ラグラージ、かくとう、ほのおに弱いので、カバーできるポケモンをパーティに加えたい。 アナザーorオリジンと組まれることが多い。 はがね特有の耐性の多さで活躍しやすいが、かくとうやじめんを覚えているポケモンがハイパーリーグにも多いので過信は禁物。 CPが2500に届かないので、がんばリボンで補強。 伝説ポケモンなので育成難易度が高い。 ゲージの貯まりが早いでんきショックで、スペシャルわざをガンガン放てる。 ばかぢから発動後のステータスダウン対策として、交代でリセットするのが基本。 2ゲージ分ためてから一気にばかぢからを発動するか、ブラフでいわなだれを放つかは状況次第。 レジスチルの代用感は否めないが、ゲージの貯まりの早さといわなだれで、ほのおタイプに勝てるのが大きな強み。 フリーザー、リザードンはいわに2重弱点なのでメルメタルの活躍は十分期待できる。 レジスチルと同様にラグラージに弱いので、対策用のポケモンを用意したい。 大幅アップしたらバリアを駆使して、相手を削られるだけ削る。 れんぞくぎりはむしタイプなので耐性を持つポケモンが多い代わりに、ゲージの貯まりが早い。 バレットパンチだと耐性受けされることは少ない代わりに、貯まりは平均的。 どちらにするかは好みに。 ハッサムははがねタイプといっても耐久力は低く、等倍でも5割以上減らされたりと、安定はあまりしない。 ギラティナ、エスパー、フェアリー対策に有効なポケモン。 耐久力は低くはないので、レジスチルのきあいだまも1発耐える。 メガホーンでエスパーや等倍相手にも大ダメージ。 ドリルライナーはメガホーンのブラフとしても有効。 アシッドボムを持つシュバルゴもうまく扱えれば脅威に。 相手の交代先に撃てれば有利に戦える。 CP上限が2300代なので、がんばリボンで少しでも補強したい。 ばくれつパンチではがね、ノーマル、みずを圧倒するので、対応の幅は広い。 れいとうパンチがあるとはいえ、ギラティナ・アナザーの圧倒的な耐久力には押し負けてしまう。 くさ相手にもやはり不利なので、素直に交代。 ラグラージやカメックスなど、みず同士での戦いでは一番強い。 はがね、ノーマル、こおり相手にかくとうわざで大ダメージを与えられる。 グロウパンチ以外 ハッサムのように、はがねタイプでも耐久力が低いため、バリアを確保した短期決戦用。 ラグラージ相手でもシールドを張り合えば突破できるのも大きな強みの一つ。 リザードンやフリーザーもいわなだれで倒せてしまうのも、驚異的。 ザングースのように低耐久かつ、相手を選ぶポケモンなので扱い方次第ではエース級に活躍できる。 弱点があく、むしのみと等倍で戦う場面が多いため、出し負けが少ないのが魅力。 ただしはがねのような耐性の多さはないので、過信は禁物。 ギラティナ対策の影響がアーマードにも及ぶため、出すタイミングがなかなか難しい。 カビゴン、アローラベトベトン、ハッサムが苦手。 ギラティナ相手にも押し負ける。 ねんりきからのスペシャルわざ発動は相手に交代受けされたり、抱え落ちしやすいので、玄人向けのポケモン。 アーマード同様、ギラティナ対策の影響を受けるので出す時は慎重に。 シーズン2でムーンフォースが強化され、レガシーわざでくさむすびを覚えるようになったので、採用率が大幅に上がった。 ムーンフォースでギラティナやあくに留まらず、あらゆるポケモンに撃ってデバフ効果を期待できる。 ムーンフォースが強力なため、不利対面のはがねですら覆すことができてしまう。 クレセリアに絶対的に勝てるポケモンが現状いない。 レジスチルでも運が悪ければ押し負ける。 アローラベトベトンは高い攻撃力を持ち、あくのはどうでギラティナのHPを半分近く削る。 対フェアリー用にどくタイプであるヘドロウェーブを使う。 トゲキッスなら8割近いHPを減らす。 ギラティナ、フェアリー、エスパー、フシギバナに強いため、出すタイミングが多いのでおススメのポケモン。 代わりにそれ以外のポケモンとは押し負けることが多いので、状況を見て選出。 ラグラージやシュバルゴなど、じめん技持ちに弱い。 ギラティナのシャドークローや、オリジンのシャドーボールを封じながら、つじぎり連発でステータスUPが狙える。 ハッサムやザングースのように、つじぎりでバフを狙いながら戦うスタイル。 耐久力も低くはないので、即やられることもないのが魅力。 弱点が少ないノーマルタイプなのも魅力。 かくとうタイプが苦手なので、ニョロボンをはじめとしたかくとう技持ちに注意。 じしんは、はがねやギラティナ相手に使えるが、たまりが遅いのでブラフののしかかりを撃つのはかなりのリスク。 ばかぢから持ちでも、ギラティナ相手ならじしんと見せかけたブラフでのしかかりを使い続けて、バリアを消耗させることも期待できる。 つじぎりでギラティナやエスパーを倒し、インファイトでレジスチルに大ダメージを与える。 ハッサムに似た立ち回りで耐久力が低く、対応できるポケモンは多くないので安定はしない。 入手のしやすさが魅力。 ギラティナやレジスチルが多い状況で、意外性で勝ち抜きたい時に選ばれる。 確定で相手の攻撃力を1段階下げるこごえるかぜが脅威。 ラグラージ相手でも1回バリアを張ってからこごえるかぜを使えば、安定して勝てる。 やられそうな時でも、最後にこごえるかぜを使って退場できればベスト。 いわに2重弱点なので、げんしのちから持ちやメルメタルのいわなだれに弱いのに注意。 耐久力も高いほうなので、幅広く対応できるのでおススメしたい。 フリーザーも準伝説なので育成難易度は高い。 こおりに耐性のあるはがねもなみのりで対応できる。 耐久力も高いので、安定性がある。 みず相手だと時間のかかる泥仕合になりがち。 一瞬で死ぬようなことはないので、安定した勝ちを狙いたいならラプラスを採用したい。 ギラティナ・アナザーの次に採用率の高いポケモン。 ゲージが即たまるマッドショットで、強力なハイドロカノン、じしんが撃てるので、ラグラージ以上の突貫力のあるポケモンは恐らくいない。 ギラティナ相手でも相手のバリアが0〜1枚なら、じしん2発で沈めることもできる。 くさの2重弱点以外の脅威がほとんどないので、相手がラグラージ対策していなければ、壊滅状態まで追い込むことができる。 ハイパーリーグではっぱカッター持ちはまずいないのが、ラグラージが多用される要因の一つ。 伝説ポケモンやラプラスのような高耐久のポケモンには押し負ける点は、考慮しておきたい。 くさ相手のフシギバナでさえ、はっぱカッターでない限り勝ててしまう。 対応の幅が広く、耐久力も低くないので安定した活躍を見せる。 こおりのキバだと、はがねやみず相手に苦戦するので、それを考慮してパーティーを考えたい。 たきのぼりはゲージの貯まりが早くはないので、そこをどう扱っていくか。 みずに耐性をもつギラティナがいるため、活かす場面は難しいかもしれないが、環境次第ではカメックスも一つの選択肢に。 ハイパーリーグはでんき技を使うポケモンはほとんどいなく、げんしのちから持ちとメルメタルに気をつければ、かなりの活躍が期待できる。 耐久力は高くないが、みずひこうという複合タイプのおかげで、即やられることがなく安定性がある。 レガシーわざもなく、伝説ポケモンというわけでもないので、用意しやすいのが嬉しい。 ドラゴンクローのおかげで勝てはしないものの、ギラティナ相手にも十分対抗できる。 ブラストバーンのブラフとしてドラゴンクローを撃つこともできる。 はがね、フェアリー、フリーザーが多く登場するハイパーリーグで活躍できる。 みずポケモンも多くいるので、出番がないことも多い。 うまくパーティー構成を考えたい。 ハイパーリーグではギラティナ、ラグラージが多用されるため、なかなかバクフーンを使う機会がないのが難しいところ。 ソーラービームを使う機会はほとんどないが、みず相手に1発で仕留めた時の快感はデカい。 ハードプラントでみずタイプを倒し、ヘドロばくだんでフェアリーを沈める。 肝心のギラティナには手も足も出ないので、パーティの構成が重要になる。 アローラベトベトン、はがねに苦戦するのも起用しづらい原因に。 ラグラージ対策を基礎に、じしんではがねやギラティナとも対抗できる。 フリーザーにはどうしようもないので、対面した時は素直に引く。 回転率の高いリーフブレードか、高威力のハードプラントかは好み。 リーフブレードのほうが採用率は高い。 じしんがあるので、はがねやギラティナ相手にも対抗できる。 耐久力は高くないため、やられる前にやるスタンスになる。

次の

ポケモンGOのハイパーリーグ用にパーティ組んだら、いつの間にかギラティナ許さないパーティになってた|Mr_noise|note

リザードン ハイパーリーグ

ご了承ください😉 コンテンツ• 1位クレセリア 技1:サイコカッター 技2:みらいよち <クレセリアのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 0 13 15 37. 5 2499 3033 2 0 14 14 37. 5 2499 3031 3 0 13 11 38 2499 3029 4 0 15 12 37. 5 2494 3029 4 0 15 13 37. 5 2495 2800 3 2 13 15 29. 5 2500 2797 4 0 13 12 30 2498 2797 5 0 11 13 30 2495 2795 3位レジロック 技1:ロックオン 技2:ストーンエッジ <レジロックのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 0 12 15 31 2499 2814 2 0 14 14 31 2500 2814 3 0 15 10 31. 5 2500 2809 4 1 14 15 30. 5 2498 2466 3 0 15 13 36. 5 2499 2465 4 0 14 11 37 2500 2465 5 1 13 15 36. 5 2498 2516 3 2 15 15 38. 5 2499 2515 4 0 14 14 39. 5 2498 2514 5 0 10 15 40 2497 2514 7位レジアイス 技1:ロックオン 技2:ふぶき <レジアイスのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 0 12 15 31 2499 2814 2 0 14 14 31 2500 2814 3 0 15 10 31. 5 2500 2809 4 1 14 15 30. 5 2500 2809 5 0 11 15 31 2495 2808 8位レジスチル 技1:ロックオン 技2:ラスターカノン <レジスチルのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 15 15 15 40 2447 2843 2 15 14 15 40 2443 2837 3 15 15 14 40 2441 2832 4 14 15 15 40 2431 2831 5 15 13 15 40 2439 2831 9位ユクシー 技1:ねんりき 技2:みらいよち <ユクシーのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 14 14 14 40 2498 2783 2 13 15 14 40 2488 2779 2 13 15 15 40 2494 2779 4 14 15 13 40 2496 2777 5 14 13 14 40 2494 2776 10位バクフーン 技1:シャドークロー 技2:オーバーヒート <バクフーンのパイパーリーグ理想個体値> 個体値 順位 攻撃 防御 HP PL CP D力 1 0 13 15 35 2500 2383 2 0 15 15 34. 5 2494 2378 3 0 12 13 35. 5 2500 2377 4 1 14 15 34. 5 2499 2376 5 1 15 11 35 2500 2376.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグ(CP2500以下)最強選抜【PvP(対人戦)】

リザードン ハイパーリーグ

弱点が草タイプしかないため、多くのポケモンと打ち合うことができます。 等倍同士の打ち合いではほぼほぼ負けないため、対面性能も高いポケモンになっています。 また、ドラゴンタイプを複合しているため耐性が8つある点も優秀です。 更に、こちらも回転率が高く等倍範囲が広い「かげうち」を覚えるため攻撃面に関しても隙がありません。 強敵になりうる「レジスチル」や「ハガネール」に対して弱点を突くことができるため、パーティに1匹入れておくと安心です。 攻撃種族値が高いため、大ダメージを狙えるのが魅力です。 しかし、 ギラティナの「げんしのちから」が2重弱点になる点に注意しましょう。 ですので、 これらのポケモンをまとめて対策できるアローラベトベトンは必然的にハイパーリーグにて数を増やしているポケモンです。 攻撃種族値は並程度のアローラベトベトンですが、技のお陰で攻撃面も優秀です。 さらに、HPと防御種族値が高く攻撃を受けきれるのも魅力です。 SP技の「のしかかり」が溜まりやすいため、ゴーストポケモン意外には有効です。 通常技「したでなめる」もギラティナの弱点を突くことができます。 覚えられる技の数が多く、型が読まれにくいのが特徴と言えます。 ハイパーリーグは耐久寄りの種族値のポケモンが活躍しやすいルールなため、ハガネールも例に漏れず活躍できます。 また、ピクシーとトゲキッスを始めとするフェアリータイプやギラティナを始めとするドラゴンタイプをハガネール1匹で対策可能です。 ゲージ技でも等倍範囲が広く回転率の高い「かみくだく」や、高火力のタイプ一致技の「じしん」を覚えるため技に恵まれたポケモンです。 さらに、通常技の「ロックオン」はエネルギー獲得量が多く、SP技の回転率が高いので、シールド破壊役としても重宝します。 レガシー技「のしかかり」で安定してSP技を出すことができ、解放技で「シャドーボール」や「ソーラービーム」も覚えることができるため、対面性能も高いポケモンです。 同じフェアリータイプのピクシーよりも圧倒的に攻撃が高いため、手早くこれらのポケモンを処理することができます。 ただし、「かえんほうしゃ」はタイプ不一致ですので鋼タイプに対して打ち勝てるわけではない点は注意です。 さらに、SP技を撃つ回転率が高く、ギラティナだけで敵のパーティを壊滅させるスペックを誇ります。 また、耐久力があっても弱点を取られやすくては意味がないため、同時に耐性の優秀さも考慮しました。 技の範囲と質を考慮 覚える技の範囲と質は、ポケモンの強さに直結するため考慮に入れています。 特に、格闘技のグロウパンチは回転率が高く攻撃も上げられるため、覚えることができるポケモンは高く評価しました。 環境ポケモンに対して強いポケモンを評価 単体性能はSSランクやSランクのポケモンに劣るものの、タイプ相性や覚える技によって環境トップのポケモンに対して有利なポケモンは評価基準にしています。 関連記事 リーグ別最強ランキング ハイパー最強.

次の