ライン メッセージ 取り消し 通知。 LINE送信取消機能で誤爆は防げない!未読で削除でも見られたかも?

『LINE』メッセージの取り消し方 復元方法は? 通知でバレる? 削除との違いは?

ライン メッセージ 取り消し 通知

メールやメッセージを本来送信したい相手ではなく、別の相手に間違って送ってしまうことを「 誤爆」と呼ぶことがあります。 1つのアプリで多くの相手と同時にメッセージのやりとりをするLINEでは、誤爆の発生は必然とも言えるでしょう。 過去に「やってしまった...... 」という経験がある人もいるかもしれませんね。 この対策として、かねてから公式に「送信取消」機能がアナウンスされていましたが、ついに提供が開始されました! さっそく使い方を見ていきたいと思います。 メッセージの送信を取り消す方法 1取り消したいメッセージを長押しする 「送信相手を間違えた!」と思ったら、メッセージを長押し(ロングタッチ)します。 このとき「既読」になっていたら、時すでに遅しです。 2[送信取消]を実行する 表示されたメニューで[送信取消]をタップします。 さらに確認画面で[送信取消]をタップしましょう。 3メッセージの送信が取り消された メッセージの送信が取り消され、それを示す履歴が表示されました。 テキストのメッセージだけでなく、スタンプや画像・動画、位置情報なども同様の操作で送信を取り消せます。 「送信取消」は相手にはどう見える? 自分のトーク画面で送信取消を確認できても、肝心なのは「相手にどう見えるか」ですよね。 送信取消を実行すると、相手には次のように表示されています。 送信取消を実行したメッセージは、ほぼリアルタイムで相手のトーク画面から消えます。 ただし、送信を取り消したことを示す履歴は残っています。 さらに注意すべきなのが、このiPhone(iOS)標準の通知機能。 こればかりは仕方なく、相手がメッセージを受信した瞬間に表示されてしまいます。 しかし、 LINEで送信取消を実行すると、この通知も消えます。 なお、送信取消が行えるのは メッセージを送信してから24時間以内で、相手も最新バージョンのLINEアプリを使っている必要があります。 以下の2点を心がけつつ、使うようにするといいでしょう。 「間違えた!」と思ったら、とにかく速やかに送信取消を実行する• 相手のiPhoneの通知機能やアプリのバージョンにより、メッセージが見られてしまう可能性も考慮する 送信取消の履歴は削除できる? 送信を取り消したあと、自分と相手のトーク画面には送信取消の履歴が残ります。 これが邪魔なときは以下の操作で消せますが、自分のトーク画面から消えるだけで、相手には残ります。 送信取消の履歴を長押しし、[削除]をタップします。 削除したいメッセージを選択し、[削除]をタップします。 確認画面で[削除]をタップします。 この画面にある通り、相手のトーク画面にはメッセージが残ります。 いかがでしたか? 送信取消は画期的な機能ですが、「痕跡まで完全に消せるわけでない」ことがおわかりいただけたかと思います。 ここで解説したことに注意しつつ、うまく活用してくださいね。 close 閉じる.

次の

LINE(ライン)の送信取り消し方法、見る方法や削除との違いも解説

ライン メッセージ 取り消し 通知

メッセージの送信を取り消しましたと表示される。 LINEの送信取消機能を使った場合「メッセージの送信を取り消しました」と表示されるようになりました。 この「メッセージの送信を取り消しました」の通知は自分だけ届くなら問題ないですが、残念ながら相手にも届いてしまいます。 誤爆してしまったメッセージがせっかく取り消せるようになったのはいいですが、 この通知が相手にも届いてしまうと、 「不快になるようなメッセージを送ってしまったから取り消したのか?」と逆に怪しい雰囲気を醸し出してしまいます。 送信が取り消せても通知が送られてしまうならあまり意味がないという意見が多数。。 新しく追加された「送信取消」機能を試した人の中では 「取り消したことを通知されるのならあまり意味がないじゃないか」という意見が多く上がっています。 LINEの新しい機能である『送信取り消し』を試すべく女友達に下ネタ送ってすぐ消すって遊びやってるけど「メッセージを取り消ししました」っていう履歴は残るっていうことが発覚して。 はぁ — ふ ぃ ず risagaicchan46 LINEのメッセージ取り消し機能。 送信を取り消したことを相手に通知しない・バレないようにする方法は・・・・ない。。 送信を取り消した場合トークに「メッセージの送信を取り消しました」と表示されてしまうので、残念ながら完全にメッセージを取り消す(なかったことにする)方法はありません。 逆を言うと、 相手にメッセージが通知される前にメッセージの送信を取り消すことができればなかったことにできる可能性はあります。 相手のスマホが機内モードの状態だったり、圏外で電波が入らない状態などの際にメッセージを送信した場合、相手にメッセージが届く前に取り消せば相手にはメッセージを取り消したことも通知されないと言う情報もあります。 (実際はそんな状況になることは稀なので現状は難そう。。 ) LINEの送信取消機能についての疑問 まとめ 今回はLINEの送信取り消し機能についての疑問をまとめてみました。 「メッセージの送信を取り消しました」の通知が届いてしまう件を不満に思う人が多いようです。 のぞみ薄ですが、ユーザーの意見を元に今後のアップデートで送信取り消し通知を送らない設定を追加するかもしれないので、 不満に思う方はLINEアプリのレビューやサポートへ連絡してみるのもありかもしれませんね。 その他おすすめ記事.

次の

【LINE】送信メッセージの取り消し方法|通知相手の表示等の仕組みまとめ

ライン メッセージ 取り消し 通知

私が使用しているiphoneで試したところ、プッシュ通知もホーム画面の新着バッジも自動的に削除されていました。 ただし、androidで見た場合にはプッシュ通知にメッセージ内容が残る仕様となってます。 ロック画面に表示される新着通知の仕組みがiphoneとandroidで違うようなので注意が必要ですね。 相手の使用しているスマホがiphoneの場合なら送信取消したメッセージ内容を見られる事はありませんが、androidの場合ならロック画面で確認される可能性があるので覚えておきましょう。 完全に送信内容が削除されて相手の画面に履歴が残らない仕組みが良かったんですけどね。 少し残念な気もします。 それと、トークには送信取消以外にも『削除』機能などがあるので間違えないようにしなければいけません。 一度削除したメッセージは復旧できないので送信取消もできなくなってしまいますからね。 誤送信に焦って『削除』をしないように注意しましょう。 トークの削除に関しては以下の記事で詳しく解説してるので気になる方は参考にして下さい。 関連リンク•

次の