インスタストーリー動画投稿できない。 インスタの投稿が遅い・急に落ちる!アップできない原因と解決策!

TikTokの動画をインスタストーリーにシェアする方法!シェアできない時の原因と対処方法も解説|StudyAppli

インスタストーリー動画投稿できない

このページの目次 CLOSE• 1.インスタのストーリーはリアルタイムしか投稿できないのか? インスタグラムの新要素であるストーリーは、通常の投稿とは操作方法が異なるので不慣れな人は、どう投稿したら良いのか分からないですよね。 またインスタグラムの操作はある程度慣れている人でも、 リアルタイムの撮影分しか投稿できないと思われがちです。 というのも、「ストーリーはその場で撮影されたデータしか投稿できない」という噂が、他のSNSを中心に広まっています。 この情報を信じた人が、口コミなどでさらに広めた為、「 リアルタイムでの投稿のみ」という条件が、当たり前になっているのです。 結論から言えば、世間に広まっているこの情報は全くの ガセであり、過去に撮影された写真や動画もカメラロールから選択して投稿が可能。 しかし全てではなく、とある条件に当てはまっていないと、投稿はできません。 では、その条件とは何なのでしょうか? 2.インスタのストーリーは24時間以内に撮影されたデータしか投稿できない ストーリーに投稿できる写真は、基本的にその場で起動するカメラアプリで撮影されたものに限られます。 ですが、それしかダメという訳ではなく、カメラロールに保存されている写真や動画もアップロードできるんですね。 しかし投稿できるのは、「 24時間以内に撮影された写真や動画のみ」となっている点に注意してください。 カメラロールからデータを選択する際、24時間以上経過した写真などに関しては、表示すらされません。 つまり選ぶ候補から漏れているので、選ぶことができないのです。 ストーリーはリアルタイム性を追求しており、投稿も24時間経過すると自動的に 削除されます。 そうした機能性を重視しているため、投稿できるデータも24時間以内のものに限られているのでしょうね。 3.カメラロールから投稿データを選びストーリーにアップする方法 インスタグラムで普段使っている通常の投稿ではなく、ストーリーにデータをアップロードする方法について、以下から紹介していきます。 操作方法は、iPhone、Android共に変わりありませんので、参考にしてみてくださいね。 まずはインスタグラムのアプリを起動し、トップページを表示します。 そこから画面右下にある、「 プロフィール」アイコンをタップし、自身のプロフィールページに移動してください。 カメラロール内のデータを選ぶには、撮影モードの時に画面を上から下へ スワイプしてください。 すると撮影モードではなく、カメラロール内のデータが一覧で表示され、そこから投稿する写真を選ぶことができます。 これにより以前に加工した写真や動画を載せられるので、いちいち加工する手間などが省けて便利です。 もし24時間経過したものでも、その写真をカメラロールから表示し「 スクリーンショット」で撮影すれば、ストーリーにアップロードはできますが、画質が荒くなる難点があります…。 投稿するデータを選んだら、後は通常と同じく投稿アイコンをタップすれば、投稿が完了します。 4.ストーリーでカメラロールに切り替えられない場合の対処法 インスタグラムに追加されたストーリーでは、カメラロール内から写真や動画などの投稿も可能です。 しかし一部ユーザーの間では、「 カメラロールに切り替えるとフリーズが起こる」という不具合も発生しています。 一部の機種との相性が悪いのか、それともカメラロールアプリとの間で問題が生じているのか、具体的な原因は分かっていません。 カメラロールに切り替えた瞬間にフリーズし、アプリを強制終了するしかない事態が起きた場合の対処法がいくつかあります。 その一つは、「 スマートフォンを再起動する」という方法です。 フリーズをしたらアプリを強制終了し、そのついでにスマートフォンの再起動を行ってください。 これにより、フリーズするという不具合のほとんどは解決します。 もしスマートフォンを再起動しても、不具合が直らないのであれば、アプリをアンインストールし、 再インストールしましょう。 もしかしたらバージョンの問題かもしれないからです。 インスタグラムのストーリーのカメラロールまとめ.

次の

Instagram投稿にまつわるエラー/トラブルと対処法

インスタストーリー動画投稿できない

Instagram(インスタ)のストーリーとは?保存・シェア・非表示方法など解説! 公開日時 : 2020-01-09 17:40 更新日時 : 2020-07-07 15:08 インスタグラムのストーリー機能はどのようなものか解説します。 ストーリーの保存やシェア方法、足跡をつけずに見る方法など、知っておくと便利なストーリーの使い方を説明します。 インスタグラムのストーリーは、タイムラインへの投稿とは異なる点がいくつもあります。 ストーリーの主な特徴には、投稿してから24時間後に自動消滅することや、ストーリーを見たアカウントの足跡が残ることなどがあります。 通常の投稿では、自動で消滅することもなければ足跡が残ることもありません。 この記事ではストーリー独自の特徴に着目し、本来であれば24時間で消えてしまうストーリーを保存する方法や、足跡をつけずにストーリーを見る方法について、手順の画像とともに詳しく解説します。 インスタのストーリーとは? インスタグラムのストーリーとは、撮影した写真や動画を24時間限定でアップロードできる機能です。 ストーリーは複数の写真や動画を投稿しても、通常のタイムラインへの投稿のようにいくつも連なって表示されることはありません。 複数の写真や動画を一度にアップロードでき、フィルターをかけたりスタンプや文字入れをしたりと、様々なアレンジができます。 最近ではゲームができるフィルターも登場し、ストーリーの楽しみ方はますます広がっています。 ストーリーは投稿から24時間で自動的に消える インスタグラムのストーリーは、投稿から24時間経過すると自動的に削除されます。 ストーリーが削除される時間は通知されないため、見逃さないように気をつけなければなりません。 ストーリーは24時間限定の公開であることから、タイムラインへの投稿よりも気軽に発信でき、一時的な情報発信として使える便利な機能です。 ストーリーは「ストーリートレイ」に表示される インスタグラムのストーリーは、「ストーリートレイ」に表示されます。 ストーリートレイとは、通常の投稿が表示されるタイムラインの上部にある別枠の部分です。 通常の投稿はタイムラインに表示されますが、ストーリーは表示されません。 ストーリーと投稿は表示場所が異なることを覚えておきましょう。 ストーリーが投稿されるとアカウントのアイコンが虹色に縁取られる インスタグラムにストーリーが投稿されると、アカウントのアイコンが虹色で縁取られます。 アイコンをクリックすると、ストーリーが表示されます。 ストーリーは投稿されてから24時間限定で公開されます。 しかし一度ストーリーを見ると、24時間以内でもストーリーが投稿されたサインである虹色の縁取りは消える仕様になっています。 特定の相手にストーリーを非公開にすることができる ストーリーを見せたくない相手がいる場合は、その相手だけストーリーを非公開にすることができます。 ストーリーを非公開にすると、相手のストーリートレイに表示されなくなります。 また、非公開にしたことを相手に通知する機能はありません。 完全なブロックではないため、非公開になるのはストーリーだけで、タイムラインへの投稿は通常通り表示されます。 ストーリーの撮影画面を開き、左上の歯車マークをクリックします。 「ストーリーズを表示しない人」をクリックし、非公開にしたいアカウントを選択します。 関連ページはこちら インスタのストーリーを保存する方法 インスタグラムには、他人のストーリーを保存する機能はありません。 しかし、スマートフォンの機能を使えば、他人のストーリーを保存することができます。 ここでは、静止画のストーリーと動画のストーリーをiPhoneで保存する方法を紹介します。 静止画のストーリーを保存する方法 インスタグラムの静止画のストーリーを保存するには、スマートフォンのスクリーンショット機能を使用します。 保存したいストーリーを表示した状態でスクリーンショットを撮り、保存します。 ホームボタンのあるiPhoneの場合 本体の上部か側面にあるスリープボタンとホームボタンを同時に押すとスクリーンショットが撮影できます。 ホームボタンのないiPhoneの場合 本体の側面にあるサイドボタンとボリュームボタンを同時に押すとスクリーンショットが撮影できます。 動画のストーリーを保存する方法 iPhoneには、画面を録画する「画面収録」という機能があります。 インスタグラムの動画のストーリーを保存するには、画面収録を使用します。 「設定」を開き、「コントロールセンター」をクリックします。 「コントロールをカスタマイズ」をクリックします。 下までスクロールし、一番下にある「画面収録」の+ボタンをクリックします。 コントロールセンターに「画面収録」が追加されました。 録画したいストーリーを開き、画面収録ボタンをクリックすると3秒後に録画が開始されます。 録画を終了したいときは、画面収録を開き「停止」をクリックします。 録画した動画はiPhone内に自動で保存されます。 インスタのストーリーをシェアする方法 インスタグラムのストーリーにはシェア機能があり、フォロワーにダイレクトメッセージで送信することができます。 シェアしたいストーリーを開き、右下にある紙飛行機のようなアイコンをクリックします。 シェアしたいユーザーを選び送信ボタンをクリックすると、ダイレクトメッセージでストーリーが送信されます。 インスタのストーリーを非表示にする方法 インスタグラムのストーリーは、非表示にすることができます。 また、どのアカウントのストーリーを非表示にするか選べ、個別に非表示設定できます。 タイムラインへの投稿は表示したいけれど、ストーリーのみを非表示にしたい場合に便利な機能です。 ストーリーを非表示にしたいアカウントを開き、右上の「…」をクリックします。 「ストーリーズを非表示にする」をクリックします。 インスタのストーリーにコメントする方法 インスタグラムのストーリーには、通常のタイムラインへの投稿と同様にコメントを送ることができます。 コメントしたいアカウントのストーリーを開き、「メッセージを送信」をクリックします。 「メッセージを送信」にコメントを入力します。 「送信」をクリックします。 ストーリーのコメントは、ダイレクトメッセージとして相手に届く仕様になっています。 ストーリーへのメッセージ送信は、コメントだけではなく画像や動画も送れます。 写真や動画を送る場合は、「メッセージを送信」の左にあるカメラのアイコンをクリックし、撮影機能を起動させます。 カメラロールに保存されている写真や動画の他、撮影機能で新たに写真や動画を撮って送ることもできます。 足跡をつけずにインスタのストーリーを見る方法 足跡をつけずにインスタグラムのストーリーを見るには、下記のような方法があります。 サブアカウントからストーリーを見る• ストーリーが消えるまでアカウントをブロックする インスタグラムのストーリーは、他のユーザーが閲覧した履歴が残る仕様になっています。 そのため、投稿者は足跡を確認し、誰がストーリーを見たのか知ることができます。 しかし、上記の方法を使えば、足跡をつけた相手を特定できなくなります。 相手のストーリーを見たいけれど、自分が見たと特定されたくない場合に使ってみてください。 サブアカウントからストーリーを見る 足跡をつけずにインスタグラムのストーリーを見るには、サブアカウントを作成してストーリーを見る方法があります。 この方法では、相手のストーリーに足跡は残ってしまいます。 しかし、普段使用しているアカウントからではなく、誰にも教えていないサブアカウントからストーリーを見ることで、誰が見たのか特定できなくなります。 普段使っているインスタグラムのアカウントを表示し、右上の「…」をクリックします。 一番下にある「設定」アイコンをクリックします。 「アカウントを追加」をクリックします。 「新しいアカウントを作成」をクリックします。 新しいアカウントで使用するユーザーネームを入力し、アカウントを作成します。 新しいアカウントを作成する場合、過去に使用したことのあるユーザーネームを登録することはできません。 また、インスタグラム上で使用されているすべてのユーザーネームも登録できない仕様になっています。 サブアカウントを作成したあとの注意点 サブアカウントを作成したら、連絡先が同期されないようにインスタグラムへのアクセスを拒否しておくと安心です。 連絡先とインスタグラムのアクセスが許可されている状態だと、同期したときにサブアカウントが相手にバレてしまう可能性があります。 サブアカウントを連絡先やFacebookとリンクさせないように気をつけましょう。 「設定」を開き、インスタグラムのアプリをクリックします。 「連絡先」の右にあるツマミを左に動かし、連絡先とインスタグラムのリンクをオフにします。 iPhoneの場合、ツマミが灰色だとオフの状態、緑だとオンの状態になっています。 ストーリーが消えるまでアカウントをブロックする 足跡をつけずにインスタラムのストーリーを見るには、ストーリーが消える24時間後まで相手のアカウントをブロックする方法があります。 ストーリーを見てからアカウントをブロックし、ストーリーが消えたあとに再度フォローし直すというやり方です。 インスタグラムのストーリーは、ブロックされているアカウントの足跡は残らない仕様になっています。 ストーリーを見た段階では足跡は残りますが、その後ブロックすることで自動的に削除されます。 アカウントをブロックする方法 相手のストーリーを見終わったら、右上の「…」をクリックします。 「ブロック」をクリックします。 ブロックを解除する方法 相手のストーリーが消えていることを確認し、右上の「…」をクリックします。 「ブロックを解除」をクリックします。 注意:アカウントを非公開にしても足跡はつく インスタグラムのアカウントを非公開にしても、ストーリーを見ると足跡はついてしまいます。 アカウントを非公開にすると、自分の投稿やストーリーはフォロワーにのみ公開されます。 しかし、相手のストーリーに足跡を残す・残さないとは無関係です。 アカウントを非公開にしても、相手のストーリーを見ると足跡は残ると覚えておきましょう。 インスタのストーリーが見れない原因と対処法 インスタグラムのストーリーが見れないときは、下記のような原因が考えられます。 インスタグラムが最新の状態になっていない• メールアドレスが登録されていない• 相手のストーリーを非表示にしている• 相手のアカウントが非公開になっている 上記の状態になっていると、ストーリーを見ることができません。 該当する項目がないか確認し、下記の対処法を試してみてください。 インスタグラムが最新の状態になっていない場合 インスタグラムは常に最新のバージョンにアップデートしておきましょう。 インスタグラムが最新の状態になっていないと、ストーリーが見れない場合があります。 メールアドレスが登録されていない場合 インスタグラムのストーリーを見るには、アカウントのプロフィールにメールアドレスを登録する必要があります。 メールアドレスが登録されていない場合は、下記の方法で登録しましょう。 自分のアカウントを開き、「プロフィールを編集」をクリックします。 「メール」をクリックします。 メールアドレスを入力し、「完了」をクリックします。 相手のストーリーを非表示にしている場合 インスタグラムのストーリーが見れないのは、相手のストーリーを非表示に設定していることも考えられます。 その場合、ストーリーを表示設定に変更することで、ストーリートレイに表示されるようになります。 相手のアカウントを開き、右上の「…」をクリックします。 「ストーリーズを表示する」をクリックします。 相手のアカウントが非公開になっている場合 相手のアカウントが非公開になっている場合、そのアカウントをフォローしている人しかストーリーを見ることができません。 非公開アカウントのストーリーを見るには、相手にフォロー申請し承認してもらう必要があります 関連ページはこちら.

次の

Instagram投稿にまつわるエラー/トラブルと対処法

インスタストーリー動画投稿できない

インスタグラムの「ストーリー」とは? インスタのストーリーとは、通常のフィード投稿(タイムライン)とは別に、より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能です。 フィードでは逆時系列か独自のおすすめ度によって投稿が流れてきますが、ストーリーは画面上部の別枠(ストーリートレイ)に表示されます。 ストーリーは投稿後24時間以内に、ライブ配信も配信終了後24時間以内に削除されるのも大きな特徴です(いずれも自動的に消えずできる設定あり)。 これは映画1万本分の投稿数であり、日本は世界でも有数のストーリー大国なのだといいます。 ストーリーで動画・写真を投稿する(作成) インスタグラムでストーリーを投稿する手順と、加工テクニックをいくつかピックアップして紹介します。 途中で指を離すだけで、動画撮影は止まります。 端末のカメラロールから写真・動画を選択する場合 自分の端末に保存してある写真や動画から、1枚をストーリー用に選択するには、ストーリーの撮影画面で左下の四角いアイコンをタップします。 端末のアルバムが表示されたら、ストーリーに投稿したい写真や動画を選びましょう。 3 ストーリーへ投稿する 画面下部の[ストーリーズ]をタップすれば、ストーリーに投稿できます。 簡単な手順がわかったら、ストーリーの醍醐味である「加工」を楽しみましょう。 加工1:文字入れ・フォント 写真や動画には、手書きで文字を書いたり、いくつかのフォントを使ったりして文字の入力がおこなえます。 文字入れ(フォント選択) ストーリーに用意されたフォントを使って文字入力する方法です。 ストーリーズ画面上部の[Aa]をタップ。 カラーは下のカラーパレットから、大きさは左側のバーで変更する 編集画面上部の[Aa]もしくは画面の空欄をタップすると、文字列が入力できるようになります。 カラーパレットを左へスワイプすると、別の色も表示できます。 文字のサイズは画面左端に隠れているバーで調節してください。 画面上部の一番左にあるボタンでは文字の左右位置が、その右隣の[A]ボタンでは文字の縁取り(白抜きスタイルなど)が変えられます。 真ん中のフォントボタンをタップすると、字体をネオンやクラッシク、タイプライターなどに変更可能です。 ストーリーズの雰囲気にあったフォントやカラーを選んでみるといいでしょう。 自分・他人のストーリーを保存する方法• 投稿したストーリーを端末に保存する ストーリーは、自分のスマホ端末へ保存ができます。 自分のストーリー投稿を開いたら、右下の[…(その他)]をタップ。 ストーリーが1枚の場合はメニューから[保存](Android版では[写真(動画)を保存する])を選択すれば端末への保存が完了します。 iPhone版では、2枚以上のストーリーで[保存する]をタップすると、次のメニューで[写真(動画)を保存]または[ストーリーズを保存]が表示されます。 [写真(画像)を保存]では、その時に表示されている画像もしくは動画のみを端末に保存できます。 一方で[ストーリーズを保存]を選択すると、自分のストーリーに投稿されている画像と動画をまとめて1本のスライドショーとして保存できます。 ストーリーアーカイブから保存する インスタの「アーカイブ」には、自分が投稿したストーリーズが保存されています。 24時間が経過すると消えてしまうストーリーも、自分のアーカイブにはずっと残っているため安心です。 過去のストーリーから保存したいものをタップし、右下のメニューボタン[ ]から[動画(写真)を保存]で端末への保存が完了します。 ストーリーアーカイブとは別に、投稿のアーカイブ機能も存在します。 投稿のアーカイブ機能は、プロフィール画面からの一時的な非表示機能となっており、ストーリーとは別の役割を果たしています。 詳しくは以下の記事で解説しています。 自分・他人のストーリーをシェア・リポストする方法• 自分のストーリーをフィードにもシェア(投稿)する ストーリーをそのまま自分のフィードに投稿として反映させるには、ストーリー再生中に右下のメニューボタン[ ]から[投稿としてシェア]をタップします。 投稿の編集画面へ切り替わったら、フィルタやキャプション、位置情報など、通常通りのフィード投稿編集をおこない[シェア]するだけでOKです。 ストーリーが動画であれば、フィード投稿にも動画のままで反映されます。 自分や他人のストーリーをDM経由でシェア 自分や他人のストーリーは、ダイレクトメッセージ(DM)で簡単に共有できます。 自分のストーリー 自分のストーリーをシェアするには、ストーリー再生中に右下のメニューボタン[ ]から[宛先を指定して送信]をタップします。 次の画面から送信先アカウントを選択して[送信]するだけです。 他人のストーリー 他人のストーリーを再生した状態で、右下の送信(紙飛行機)ボタンをタップすると送信先リストが表示され、DM経由でのシェアができます。 ストーリーの「リポスト」 他人のストーリーにタグ付けされると、その投稿を自分のストーリーでリポスト(シェア)できます。 タグ付けされると、画面下に[これをストーリーズに追加]と表示されます。 ここをタップするだけです。 また、インスタ公式機能ではありませんが、専用アプリなどを利用して他人のストーリーをリポスト(引用シェア)するテクニックもあります。 詳しくは下記記事で紹介しています。 appllio. com メッセージ/シェアの許可 投稿者からストーリーに寄せられるメッセージ、あるいはストーリーのシェアを制限する設定方法です。 メッセージの制限を活用して、誹謗中傷といった不快なメッセージを受信しないよう対策をしているアカウントも少なくありません。 左:メッセージ欄が見つからない 右:「送信できませんでした」と表示される 制限機能を使ってストーリーの「メッセージ返信を許可」を無効にすると、閲覧者側にはメッセージ欄が表示されない、あるいはコメントすると「送信できませんでした」と表示されます。 メッセージ受信設定と同じ画面にある「シェア」の項目をオフにすると、ストーリーのシェアを制限できます。 閲覧者側には、シェアボタン(紙飛行機マーク)が非表示になります。

次の