広州 地下鉄 路線 図。 中国・広州の地下鉄の乗り方と、交通カード「羊城通」の使い方ガイド(路線図・料金・アプリ)

中国・広州の市内バスの乗り方ガイド(アプリ・料金・乗り方)

広州 地下鉄 路線 図

広州地下鉄4号線 広州地下鉄4号線 広州地下鉄4号線は万勝圍(ワンシェンウェイ)〜金洲(チンチョウ)間13駅41. 3kmを結ぶ路線である。 うち、新造(シンザオ)の南側〜金洲 間が地上区間である。 全区間複線(右側通行)で、第三軌条方式による直流1,500V電化(第三軌条方式としては世界で最も高い電圧)。 軌間は1,435mm(標準軌)。 ワンマン・ATO運転を実施している。 地下区間の駅にはプラットホームスクリーンドア(PSD)が、地上区間の駅には可動式ホーム柵(APG)がそれぞれ完備している。 リニア地下鉄の技術は川崎重工の技術供与によるものである。 2005年12月26日に万勝圍〜新造 間、2006年12月30日に新造〜黄閣(ファンゲー)間、2007年6月28日に黄閣〜金洲 間が開通した。 車体長17m、車体幅2800mmの3扉車で、アルミ車体となっている。 架線方式の区間でも走行できるよう、Mc(制御電動車)にはパンタグラフも設置している。 この車両は現在建設中の5号線にも4両編成45本(180両)が導入される予定。 2010年までに黄村〜万勝圍 間(3駅間)の延伸開業が予定されている。 (路線図:管理人制作) 広州地下鉄4号線の電車。 中国初(アジアでは日本に次いで2番目)のリニア地下鉄である。 川崎重工と中国の南車集団四方機車車両の合作車両で、2005年から2010年にかけて4両編成30本が順次導入される。 黄閣汽車城にて 地上区間を行く4号線の電車。 4号線は全長41. 2kmが地上区間(うち0. 7kmが地平で、その他は高架)となっている。 黄閣汽車城にて 黄閣汽車城駅を発車する万勝圍行き列車。 黄閣汽車城〜東涌にて 黄閣汽車城〜黄閣 間は大通り(市南路)の中央に高架が建設された。 黄閣〜黄閣汽車城にて 沿線はまだまだ未開発の場所が多い。 一部の途中駅の駅周辺は広大な土地が有り余っている。 海傍にて 4号線は直流1500V第三軌条式だが、普段は使用されないパンタグラフも両先頭車に搭載されている。 車内の様子。 車幅は2800mmで、日本のリニア地下鉄(2490mm〜2500mm)より広い。 座席はステンレス製。 ドアの横には、液晶テレビを設置している。 各ドアの上に設置されているマップ式案内装置。 路線図は既に将来の延長区間まで掲載している。 また、車両は5号線(建設中)と共通のため、5号線の路線図も掲載している。 乗務員室仕切り扉には広州地下鉄の車両で唯一窓があり、前面展望が楽しめる。 地上区間の前面展望。 運転台の様子。 右手操作式ワンハンドルマスコンである。 運転台の左側には、車内に設置されている監視カメラからの映像を映すモニターが設置されている。 駅舎は各駅ごとにデザインが異なり、どの駅も斬新なデザインとなっている。 新造〜石碁にて ホームの様子。 地上区間の駅は可動式ホーム柵(APG)を完備。 また、すべての駅にエスカレーターとエレベーターが設置されている。 橋滴大橋、沙湾大橋、蕉門河大橋という名の3つの大橋が連続して架かり、最も高い地点は建物7階分(約30m)。 東涌〜低涌にて 珠江に架かる大橋からの車窓。 橋の下は大型船も通過する。 IGBT-VVVF制御で、制御装置は三菱電機製。 モーターの音は低速時を除いてほとんど聞こえない。 走行時の騒音は1・2号線の80デシベルから、75デシベルに低減された。 ドア閉時にドアチャイムが鳴るほか、ドアが開いている際は東武50000系列のように一定の間隔でチャイムが鳴る。 トンネルに進入する際に吹鳴する。

次の

広州地下鉄

広州 地下鉄 路線 図

路線データ [ ]• :右側通行 運行形態 [ ]• 嘉禾望崗 - 広州南駅間の列車と江泰路 - 嘉禾望崗間の列車の2つの運転系統があり、朝ラッシュ時のみ江泰路 - 嘉禾望崗間の列車が3本に1本の割合で運転される。 系統が重複する江泰路 - 三元里間は2分10秒間隔で運転される。 金曜日と土曜日の深夜時間帯は、広州南駅発嘉禾望崗行の列車が2便設定されている。 ただし、当該列車は快速運転を行い、広州南駅以外での乗車はできない。 停車駅:広州南駅 - 洛渓 - 昌崗 - 公園前 - 広州駅 - 嘉禾望崗 歴史 [ ]• 三元里 - 暁港間開通。 開業時から全駅にホームドアを設置。 暁港 - 琶州間(現8号線区間)開通。 琶州 - 万勝囲間(現8号線区間)開通。 - 路線切り替え工事のため、全線で運行停止。 2010年 嘉禾望崗 - 広州南駅間が新2号線として開業する。 暁港 - 万勝囲間はに編入される。 2017年 ダイヤ改正により、毎週金曜日と土曜日に広州南駅始発嘉禾望崗行き快速列車を最終列車の後に運転開始。 駅一覧 [ ] 現在の路線(2010年9月25日以降) [ ] 液晶ディスプレイ 営業 キロ 接続路線・備考 所在地 224 嘉禾望岗站 Jiahewanggang 31. 52 222 江夏站 Jiangxia 28. 27 221 萧岗站 Xiao-gang 26. 72 220 白云文化广场站 Baiyun Cultural Square 25. 68 219 白云公园站 Baiyun Park 24. 65 218 飞翔公园站 Feixiang Park 23. 03 217 三元里站 Sanyuanli 21. 86 216 广州火车站 Guangzhou Railway Station 20. 42 214 纪念堂站 Sun Yat-sen Memorial Hall 18. 52 213 公园前站 Gongyuanqian 17. 45 210 江南西站 Jiangnanxi 14. 37 209 昌岗站 Changgang 13. 47 206 南洲站 Nanzhou 9. 14 204 南浦站 Nanpu 5. 97 203 会江站 Huijiang 3. 51 202 石壁站 Shibi 1. 2010年9月22日から24日は全線で運行停止した。 暁港駅 - 万勝囲駅間は、現在に編入されている。 三元里駅 - 越秀公園駅 - 紀念堂駅 - 公園前駅 - 海珠広場駅 - 市二宮駅 - 江南西駅 - - - - - - - - - 乗車方法 [ ] 自動券売機で硬貨状のIC乗車券(トークン)を購入し、自動改札機から入場する。 乗車券は下車時回収され、再び使用される。 運賃は2元から6元で、対キロ区間制の運賃計算を採用。 1回券のほかに、繰り返しチャージして使えるプリペイドカードもある。 運営時間について、平成29年11月の時点で、嘉禾望崗駅と広州南駅を出発する初電はいずれも午前6時で、終電は夜11時30分である。

次の

広州地下鉄の乗り方 : 近代文化遺産見学案内所

広州 地下鉄 路線 図

【中国・広州在住者執筆】広州のローカルにはなくてはならない存在の路線バス。 乗るのはちょっと抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。 今回は路線バスの乗り方を詳しく紹介していきます。 広州に来たら、一度は乗っておきたいのが路線バスです。 外の景色が見えて楽しいことに加え、乗客の明るい笑い声や、 熱心なおしゃべりに耳を傾けてみるのも、なかなか味があって良いものです。 ただし日本のバスのシステムとは少々異なりますので、乗車にはコツが要ります。 この記事で事前に学習して、ディープなバスの旅をお楽しみください。 北京語(中国の首都北京で話されている言葉です。 これは、かつて英国領だった香港で、英語の音声(Bus)に似せて作られた 広東語の「巴士(baa1 si6/バーシ)」という言葉が、 広東を窓口として中国大陸にも流入したためです。 「巴士」という言葉は、響きがクールであるとして若者を中心に流行し、 今や北京語の中にも取り入れられ、中国全土で市民権を得るようになりました。 しかしやはり元が広東語ですので、ここ広東での使用頻度は他地域より高めですし、 広東人も愛着を持って使っています。 2019年現在、傘下にはタクシーや船舶会社を含む16企業が置かれていますが、 そのうちバス会社の代表格は以下の四社とされています。 広州市第一バス(广州市一汽巴士有限公司) 1952年設立。 半官半民企業。 主に広州中心部(越秀区、荔湾区、海珠区、天河区、白雲区)を走るバスを運行。 広州市第二バス(广州公交集团第二公共汽车有限公司) 1977年設立。 主に広州郊外(増城区、従化区、花都区、番禺区)を走るバスを運行。 広州市第三バス(广州公交集团第三公共汽车有限公司) 1995年設立。 主に広州郊外(黄埔区)を走るバスを運行。 広州電車(广州公交集团电车有限公司) 1962年設立。 「无轨电车」(トロリーバス)の会社として発足。 現在は一部バス路線もある。 見た目はバスだが、中身は電車であるため、分類がしにくい乗り物。 日本の法令では「無軌条電車」として鉄道に分類されているが、広州ではバスの一種として認識している人が多い。 荔湾・越秀・白雲・海珠の4区に路線がある。 広州市バスは現在、路線数1,400以上(2017年)、総延長距離26,900km以上(2017年)、 保有車両数14,708台(2018年)を誇り、中国国内でも有数の公共交通会社になっています。 近年は地下鉄の延線工事との兼ね合いもあり、少なくない路線が廃止される傾向にありますが、 それでも広州市下の全公共交通機関における一日の総乗客数の約4割を担っています。 広州市バスの基本的な乗り方 この章では、広州市バスの基本的な乗り方をご紹介します。 バス停を見つけ、路線表示を確認する。 路線番号、方向、降車地の確認をしましょう。 小銭(2~3元)or交通カード「羊城通」を用意してバスを待つ。 バスがあと何分で着くのかを知りたい場合は、アプリで確認できます。 乗車してすぐに料金を支払う。 バスの前方の扉から乗車します。 料金はどこまで乗っても 一律2元!(一部例外あり) 現金、交通カード、スマホのQR乗車券に対応しています。 交通カードorQR乗車券の場合は青い機械にタッチ。 座席を確保する。 広州のバスはかなりスピードを出します。 また急停車も多いので、安全のため出来る限り座席に座りましょう。 ただし前方の黄色い座席は、高齢者や身体障がい者、妊婦などへの優先席ですのでご注意ください。 降車する。 車内に電光掲示板や路線表があるので、中国語のアナウンスが分からなくても、 現在地や次のバス停がどこか分かり易いです。 全てのバス停で停車してくれるので、 降車ボタンを押す必要はありません。 後方のドアから降車しましょう。 広州市バスの特徴と注意点 広州市バスの乗車システムは、日本のバスと少々異なります。 乗車の際に知っておいた方が良い点や、気を付けるべき点を以下にまとめました。 同じ名前のバス停が複数ある。 広州はバスの本数が多く、乗客数も多いため、 バス停が一つだけだとスペースが足りない模様です。 間違えると移動が大変なので注意しましょう。 時刻表がない。 広州市バスには時刻表がありません。 決まっているのは始発と終発のアバウトな時間のみ。 どの路線も、大体5分から10分おきにどんどんやってきますが、 道路状況によっては20分以上待ってもなかなか来なかったり、 逆に同じ路線のバスが同時刻に2台以上到着することもあったりします。 乗りたい時間に乗りたい路線バスに乗れるかどうかは運次第です。 なお、アプリをダウンロードすることで、 乗りたいバスが大体何分後に到着するかを知ることが出来ます。 (後述) 前から乗車、後ろから降車の料金先払い式。 広州市バスは、東京や名古屋のバスと同様、 「前から乗って後ろから降りる」タイプです。 料金は先払い式です。 関西のバスシステムとは真逆なのでご注意ください。 基本的に一律料金。 両替機も整理券もない。 広州市バスはどこまで行っても 一律2元です(一部例外あり)。 そのため、距離従量制のバスで使う整理券はありません。 両替機も置いてありませんので、 現金で支払う場合は過不足なきようお気を付けください(高額紙幣で支払ってもお釣りは出ません)。 交通カード 「羊城通」を一定回数使うと、割引が受けられます。 車両によってはフリーWiFiが飛んでいる。 路線が変更になっている便がある。 これは決められた経路を走らず、いくつかのバス停をスルーしたり、 終点まで行かずに途中で車庫に入ってしまったりする便のことです。 大抵はフロントガラスや運転士の座席の隣に、 赤い文字で「短线车」と書いた看板が掲げられていますが、乗客は見落としがちです。 間違って乗ってしまい途中のバス停で降ろされても、一律2元は取られますのでご注意ください。 車内アナウンスは三言語。 自動音声のアナウンスは、 北京語(普通話)、 広東語、 英語の三種類です。 また運転手は基本的に英語が分かりませんので、コミュニケーションは北京語か広東語になります。 降車ボタンがない。 日本では降車したいバス停が近づいたら、降車ボタンを押して運転士に伝えますが、 広州市バスは全てのバス停に停まってくれますので、何もしなくて大丈夫です。 (車内に一応降車ボタンはありますが、電源が切られているので押しても反応しません。 ) ただし夜バスの場合は乗客数が少ないため、 運転士の独自判断で幾つかのバス停をスルーすることがあります。 「羊城通」のタッチは乗車時の一度のみ。 中国のその他の都市では、交通カードを使ってバスに乗車した場合、 降車時にももう一度センサーにタッチしてから降りなければなりません。 しかし広州の交通カード「羊城通」の場合、その作業は不要です。 降車地に着いたら、そのまま降車してしまってOKです。 夜バスがある。 広州市バスの終発便は大体22時~22時半です。 しかし市内中心部の主要路線には 夜バスというものがあり、 22時半ころから翌朝5時くらいまで、約30分に1本間隔で運行します。 料金は昼間バスが2元なのに対し 3元とやや割高ですが、 24時間体制というのは非常にありがたいシステムです。 広州では必携の「羊城通」交通カード 日本にSuicaやICOCAがあるように、広州にも公共交通機関などで利用できる、 非接触式ICカードがあります。 羊城通は2001年12月に広州に導入されて以来、 その範囲を仏山、汕尾、江門、肇慶、恵州など20以上の都市に広げ、 今日では広東省下に広く浸透するようになりました。 ) また2019年4月より、中国全土の多くの交通機関で相互利用できる 「全国交通一卡通卡」バージョンも発売され、より便利になりました。 広州に短期しか滞在されない方も、羊城通を購入した方が、 旅の利便性や効率性が劇的にアップします。 旅の記念に一枚いかがでしょうか。 「羊城通」の入手方法 羊城通の入手方法は三つあります。 売店やコンビニなどで購入する。 広州市下の コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、サークルK)や キヨスクのような 小型の売店で購入することが出来ます。 販売価格は30元(約500円)(カード本体10元、チャージ金額20元)であることが多いです。 ここでチャージすることも可能です。 地下鉄駅構内の自動券売機で購入する。 切符の自動券売機の近くに、白い大型の羊城通販売機があります。 羊城通の販売だけでなく、残額の照会をしたり、チャージをすることも可能です。 地下鉄窓口「客服中心」で購入する。 ただし販売窓口は限られていますので、下記を参照してください。 スマホで市バスに乗車する方法 あなたのスマホが中国のモバイルペイ(アリペイとWeChat)ペイに対応している場合、 アプリから乗車用QRコードを発行し、広州市バスに乗車することも可能です。 「广州羊城通」アプリをダウンロードしよう 最もスタンダードな方法は、羊城通の公式アプリ 「广州羊城通」をダウンロードすることです。 アカウント登録し、WeChatペイと紐づけておけば、 アプリを開くたびに自動で乗車用QRコードが発行されます。 また手持ちの羊城通カードがあれば、そのカード番号をアプリ内に登録しておくことで、 残高を照会したり、チャージしたりできるようになります。 广州羊城通のダウンロード バスの路線を確認できる便利なサイト・アプリ 上述した「高德地图」は、経路検索の際に便利なだけでなく、 タクシーを呼んだり、店舗検索をする際にも大変役立つアプリですので、 ぜひダウンロードしておきましょう。 また他に人気のあるアプリとしては、以下が挙げられます。 広州市下の様々な公共交通機関(路線バス、高速バス、タクシー、鉄道、船など)の 経路検索やチケット購入が可能です。 バスの場合、現在地から最も近いバス停を自動で検索してくれ、 乗車できる路線番号が一覧表となって出てくる点が大変分かりやすいです。 また次のバスが何分後に着くのかも計算してくれるので、 まだかまだかとヤキモキすることもないでしょう。 ここから珠江夜游(珠江ナイトクルーズ)の乗船チケットも購入できますし、 広州観光にはダウンロードしておいて損はないアプリだと思います。 如约出行のダウンロード.

次の