ワールド トリガー 182。 【ネタバレ】ワールドトリガー 183話「玉狛支部⑦」あらすじ、ネタバレ

ワールドトリガー【第182・183話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ワールド トリガー 182

にのまる模擬訓練の狙いは二宮の隙の把握• 二宮がフルアタックを使うときは確実にガードが開く瞬間• 1対1の状況を用意すれば二宮はフルアタックに動くはず• 隙ができるタイミングや1対1でどこまで凌げるかを把握する訓練 他の隊が二宮に対して「フルアタックを使わせない」策を練る一方で玉狛第二は「 フルアタックをあえて使わせてその隙を突く」作戦を選択。 つまり、 にのまるを活用した今回の訓練の意図は「 フルアタックを続ける二宮にはどのタイミングで隙が生まれるのか?」「 ヒュースは二宮相手に1対1でどこまで防御に徹して粘ることができるのか?」を見極めることだと言えるだろう。 ただ本作戦は「圧倒的なトリオン量を有する二宮はゴリゴリの力押しで1人ずつ狙ってくる」のが大前提。 忘れてはならないのは彼もまた定評のある東塾の卒業生だと言うこと。 1シューターの冠を有するなど圧倒的な戦力を誇るだけではなく、戦術・指揮能力も高いのはランク戦ラウンド4やガロプラ防衛戦を見れば明らかだ。 同様の疑問をにのまるも覚えたらしく「 二宮さんが1対1の誘いに乗ってこなかったらどうする?」と修に尋ねる。 二宮さんは理屈よりも感情で動くタイプ? 二宮さんは理屈よりも感情で動くタイプ?• 焼肉屋で二宮隊と遭遇した際に部隊を観察• 鳩原の失踪事件に対して二宮以外は冷静な振る舞い• 二宮は意外と感情タイプと想定• 1対1の状況を作れば釣れる? の焼肉回にて二宮隊と遭遇したことを覚えている読者も多いだろう。 席を並べて食事をすると鳩原失踪事件についての話題が浮上、 二宮以外のメンバーが冷静に受け入れている様子を修は見逃さなかった。 玉狛支部に単身突入、修と千佳に直撃取材を敢行した事を踏まえると、犬飼や辻らと事件に対する温度感の差が見えてくる。 二宮が感情タイプと決めつけるには材料が弱い印象だが、修の推理にも納得感は十分と言えるだろう。 ランク戦ラウンド8の解説は小南パイセン.

次の

ワールドトリガーのネタバレ180話!里見と弓場が初登場、ガンナーランクNo.1も判明!|ワールドトリガー戦略室

ワールド トリガー 182

ワールドトリガー182話 最新話 のネタバレ考察:里見一馬との会話 弓場隊長を紹介してくれるという緑川の先輩に会うことになった遊馬と修。 緑川と一緒に待ち合わせ場所である本部につくと、そこにいたのは『里見一馬』と名乗る銃手でした。 明るく陽気な里見は緑川の頭を撫でるほど可愛がっている様子。 そんな里見に対し、早速遊馬は本題を振ります。 「弓場さんって戦力的にどんな人?」 遊馬の疑問に対し、里見一馬は一言で答えます。 「1対1 タイマン 最強」と。 その理由に、太刀川ともいい勝負していたということと、「個人戦そこまでやらないけど勝率が高くてランクが高い」風間、二宮、鋼たちと違って何千何万と勝ち負けを積み重ねた末の高ランクだからだと補足します。 さらに里見は弓場隊のランク順位にも言及。 以前まで弓場隊に所属していた先述の要であった神田が大学受験でボーダーを止めたため、順位を落としていると語ります。 弓場隊長との待ち合わせの時間が迫っていることから、遊馬と緑川は弓場隊長のところに向かうことに。 修に「二宮さんの強みは何か」という問いに対して里見はまたも「1対1 タイマン 最強」と答えます。 弓場隊長への答えと同様だったことに戸惑い「それはさっきも…」と告げると、里見は自分の戦い方は二宮の戦闘スタイルと弓場のテクニックを真似しているのだと答えます。 そして、二宮の強みについては、数重視の弾と威力重視の弾で敵を翻弄して揺さぶる攻撃が強いと語ります。 あまりの強さからB級ランク戦では二宮と1対1という構図にならないように立ち回るという対策がとられているとのこと。 ただトリオン量と腕という点では、玉狛第二のヒュースならば良い勝負ができるかもしれないと告げます。 弓場も二宮もタイマン最強ならば、「ふたりが戦ったらどっちが強いか」という修の質問に対し里見は「普通に戦えば二宮」と答えますが、地形によっては弓場が有利だと語ります。 その理由は、シューターとガンナーでは攻撃までのスピードが異なり、修練によってガンナーの方がすばやい攻撃ができる優位性があるからだと語ります。 ただ、里見自身がガンナーを選んだ理由は、単にシューターが向いていなかったためで、動きを叩き込んでおけばよいガンナーが性に合っていたから。 二宮と弓場の情報を里見から聞き出せた修は里見との話を負え、帰還しようとしますが、そこで迅とバッタリ出くわします。 修は、二宮について聞いたことを迅に告げると「1位に1位の話を聞くとは贅沢だな」と迅は修に語ります。 修は知らなかった事実でしたが、迅は「No1銃手 ガンナー 里見一馬 銃手トリガーを使う全隊員の現トップだ」と修に告げるのでした。 ここまでが180話のネタバレになります。 ついに…ついにNo1銃手が判明しましたね!! まさか里見がNo1ガンナーだとは…。 これは読んでいてもめちゃくちゃ意外でした…。 179話を読んだ時点では、てっきり弓場隊長がNo1ガンナーだと思っていました(笑) それに里見は終始気さくな話し方をするタイプで、なんとなく1位の風格がなかったので、迅の告げた言葉に驚いた読者は多そうです。 里見は、A級4位 緑川隊のメンバーのひとりですね。 玉狛第2は、遠征メンバーに入ることが目的なので、ランク戦でA級4位と戦うことにはしばらくなさそうですが、どこかで里見のガンナーとしての実力がみたいところです! ガンナーって、玉狛第二にはいないので、アタッカーやシューターに比べても描かれた回数が圧倒的に少ないんですよね。 今後は、弓場隊長と里見の登場によってガンナーに注目が集まりそうな予感がしますね! ワールドトリガー182話 最新話 のネタバレ考察:弓場隊との前哨戦 一方、修や里見と別れて弓場隊長のもとに向かった遊馬と緑川。 弓場はオールバック眼鏡の姿で腕を組み二人を待ち構えていました。 「よく来たな 空閑ァ」 早速、弓場は隊員である帯島を紹介します。 弓場隊のオールラウンダーである帯島は、あいさつで「遊馬を尊敬している」と告げます。 挨拶をし返しす遊馬は「おびしま少年」と握手をするも、帯島は女子であることが判明。 以前、男と間違えて尾を引いていた前例があることから深々と土下座をして謝るも、弓場は詫びのついでに帯島に稽古をつけてやってくれと告げます。 早速ふたりは戦い始めますが、遊馬は帯島との戦いに手を抜き全敗します。 遊馬の実力を知っている弓場は本気でやることを要求しますが、それに対し遊馬は「じゃあゆばさんが相手してよ」と答えます。 しかし弓場は「次の敵に手の内を晒すバカはいない」と答えます。 遊馬は「それは俺も同じ立場じゃ…」と言いますが、帯島を男子と間違えた分を払えと告げます。 遊馬は一回だけ…といい投げたスコーピオンと地面からつなげたスコーピオンを変形させて背後から帯島を攻撃する新技を披露します。 その遊馬の新技に「払いすぎだぜ」と弓場は語り「一本だけ勝負してやる」と遊馬に告げます。 そして緑川の開始合図とともに、試合が始まります。 しかし試合が始まった瞬間に弓場は銃を抜き、遊馬に五発弾丸を速射で命中させ、瞬殺します。 圧倒された遊馬は「やっぱり記録でみるよりずっと早いな」とつぶやき、収穫があったことがわかります。 そして弓場は「まともには当たりたくねー相手だな」と帯島に告げ、遊馬を高評価します。 ここまでが181話のネタバレになります。 弓場さんは確実にヤンキーですね(笑) でも義理と人情に溢れている真っ当なヤンキーですね。 遊馬の新技を見て「払いすぎだぜ」といって手の内を見せてくれたのは「さすが兄貴!」呟いてしまいました(笑) 本番の実戦ではないとはいえ、遊馬が瞬殺されるほどの実力をもつ弓場隊長。 里見が1対1最強というだけありますね。 ただ、仮に太刀川が相手だとしても遊馬が一方的にやられる姿は想像できないので、今回のデモ戦敗北はガンナーの速射に慣れていなかったことが要因でしょう。 今回弓場隊長と1戦して、ガンナーの射程や速度を認識した遊馬がランク戦で同様にやられるとは思えませんね! ただ、里見の情報によれば入り組んだ地形戦が得意だという弓場隊長ですから、さらなる実力を秘めている可能性もありそうです。 ワールドトリガー182話 最新話 のネタバレ考察:ランク戦の展開 玉狛第二の次のランク戦の対戦相手は二宮対、生駒対、弓場隊ですが、 180話と181話において、• 二宮 対 ヒュース• 二宮 対 弓場• 弓場 対 遊馬 というフラグがたったといってもよさそうですねーー!! シューター対決の二宮VSヒュースは盛り上がりそうですし、里美がタイマン最強と語る二宮VS弓場も絶対に見たいですし、やはり弓場VS遊馬で遊馬がリベンジするところも描いてほしいですね!! ランク戦の前に各隊の特徴を紐解くというワールドトリガーのおなじみの話は一旦ここまでで終わりそうです。 つまり、次の話はランク戦に移っていくと思います。 『千佳を含めた玉狛第二の戦術、弓場隊が選択したステージ・そして全員の転送位置が分かる』とったところまでは182話で判明するのではないかなと個人的には思います。 千佳がトリオンMAX撃ちまくったら一気に玉狛第二優位になりそうですが、とはいえ千佳もそう簡単に人を撃つことはできないでしょうから、そのへんの葛藤も描かれそうですね!.

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 182話「玉狛支部⑥」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー 182

こちらの記事では 2019年08月03日に発売された ワールドトリガーの最新話182話のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 ワールドトリガー の最新話182話のネタバレ 合流 遊真と緑川が廊下を歩いていると・・・前方から迅と修が歩いてきます。 「あー!迅さん!」 緑川は迅を見つけると手を振りました。 次回のランク戦の相手は弓場隊。 遊真はその 情報収集のため、緑川に頼んで情報を探っていたのです。 「おかえり」 遊真を見て修が声をかけます。 一方の修も、次戦の相手である 二宮隊の情報を探っていました。 その帰り道に迅と出会ったのです。 迅は個人ランク戦をするために本部を訪れていました。 「オレとも対戦しようよ!」 緑川は迅に駆け寄り、ランク戦を申し込みます。 しかし、帰る途中だった迅はそれを断るのでした。 断られた緑川は・・・チラリち遊真を見ます。 「迅さん・・・実は・・・今回しゅんに借りができてしまいまして・・・」 弓場隊を緑川に紹介してもらった遊真。 玉狛第二の先輩である迅は、後輩の遊真の言葉を聞いて考えます。 「んー?・・・OK、OK、じゃあ10本勝負な」 迅は緑川の提案を受け入れました。 「いやっほーい!」 喜ぶ緑川。 2人はランク戦の会場へと消えていきます。 それぞれの情報~弓場隊~ 玉狛第二の基地にて・・・。 「よし・・・それじゃあ・・・」 修が口を開き、次回のランク戦の作戦会議が始まります。 机を挟んで向かい合うのは、 修、遊真、チカ 、そして陽太郎と宇佐美の5人です。 「弓場さんはかなり強かったな・・・動きが速すぎて目で追えなかった」 実際に弓場と戦った遊真が口を開きました。 遊真の反射神経を持ってしても反応できない弓場の早撃ち。 それは 弾丸の射程と球数を削り、その分を威力と弾速に回しているというのです。 弓場は威力と速度を極限まで高めた、近距離型のガンナーでした。 遊真の上げた対策は2つ。 1つ目は、分厚い壁で攻撃を防いで弾切れを狙う。 2つ目はワイヤーで相手を翻弄して逃げながら弾切れを狙うことです。 「弓場さんの射程の外で戦うのが大事だと思う」 遊真が結論を出します。 「僕かヒュースの射程が長い攻撃か、チカの鉛弾で狙うのがよさそうだな」 修は遊真の話を聞いて作戦を立て始めました。 修の言葉を聞いてヒュースはチカを見つめ・・・チカは下を向いて黙ります。 「弓場さんはたまに変化弾使ったり、バックワーム着て奇襲してたけど・・・」 修は過去の記録を見ながら対策を考え続けます。 「そのへんは相手によって使い分けてるっぽいな」 遊真の話では、 シールドを破壊できる相手には直接攻撃。 トリオンの高い相手には変化弾で奇襲することもあるということでした。 「弓場隊のもう1人の方は?」 修が遊真に尋ねます。 弓場隊のオールラウンダー、帯島とも戦った遊真。 「動きが軽くて守りがうまい感じだったよ」 遊真は那須隊の熊谷に近いと、帯島を表現しました。 「おれのほうはこれくらいかな」 得た情報を締めくくる遊真。 「ふむふむ、おさむのほうはどうだった?」 陽太郎が修に尋ねます。 「僕が里見先輩から聞いた話は・・・」 それぞれの情報~二宮隊~ 「・・・なるほど、1対1の得意戦法か」 修の話を聞いたヒュースが呟きます。 過去の記録を見ていたヒュースは二宮の戦い方をすぐに飲み込んだ様子。 2種類の弾丸を使って 一気に攻め落とす二宮の戦法に対して、 1対1で戦うのは不利だと分析します。 2種類の弾丸を防ぐためには、 こちらも 2種類の盾を使う必要があります。 そうなれば、こちらは反撃できず、いずれは二宮に落とされてしまうのです。 「じゃあ、ヒュースがおなじせんぽうをつかったら?」 陽太郎はトリオン量の多いヒュースでも同じ事ができると考えました。 実行することができる能力はあるヒュースですが・・・。 「防御がガラ空きになるというリスクがある」 ヒュースの発言はそのまま 二宮の弱点でもありました。 「味方と合流して連携する方が現実的だろう」 そのリスクを負う必要はない、とヒュースは言います。 「昨日言ってた 『チカが守ってヒュース撃つ』って作戦がよさそうだよな」 ヒュースの話を聞いた遊真は結論を出しました。 「たしかに・・・でも・・・」 納得しながらも何かを感じる修。 その様子を見ていた陽太郎が口を開きました。 「そのことについて、ちかちゃんからおしらせがあります」 しばらく黙るチカ・・・。 「・・・わたし・・・次の試合はふつうの弾も撃つよ」 チカの発言に驚く修。 遊真もチカの方に視線を送ります。 「ふつうの弾って・・・弾丸のことか・・・?」 チカは 今まで人を撃つことができませんでした。 チカが人を撃てるようになれば玉狛第二の 戦略は大きく変わっています。 「かなり楽に点を獲れるだろうし、二宮にも撃ち勝てる」 ヒュースはそう、分析します。 「つまり栞の作戦案の逆パターン、 チカが撃ってオレたちが守る」 ヒュースは今までの玉狛第二の戦い方とは 真逆の作戦を切り出しました。 考え込む修。 「チカおまえ・・・本当に撃てるのか?」 修の質問に黙るチカ。 「・・・・・撃てると思う。 撃てない理由が分かったから」 チカの発言に黙り込む一同・・・。 「いいじゃん」 口を開いたのは遊真でした。 チカが撃てると言うならばやらせるべきだ、と遊真は言います。 「・・・・分かった・・・その作戦で行こう・・・」 修は決断します。 次戦の作戦は 『ヒュースが守ってチカが撃つ』に決まったのです。 修の考え 作戦が決定しても考え込む修。 「宇佐美先輩・・・訓練室でこういうことってできます?」 修は宇佐美の尋ねます。 ブーブー 烏丸の携帯が鳴ります。 「どうした?修」 修からの電話に出る烏丸。 「すいません・・・力を貸してもらいたいんですが・・・」 「わかった・・・ちょうど今そっちに向かってる」 修の問いに答える烏丸。 果たして修の策とは・・・? ワールドトリガーの最新話182話や最新刊を無料で読む方法って? 以上がワールドトリガーのネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 ワールドトリガーの最新182話の感想と考察 遠征隊に入るため、最後のランク戦への対策に追われる玉狛第二。 遊真は弓場隊、修は二宮隊の情報を得てきました。 二 宮の最強火力の攻撃はかなり手強そうですね。 弓場も遊真でも反応できないほどの速さを持っています。 1対1では強すぎる2人の狙撃手を相手にどう戦うのでしょうか? この狙撃手を相手にするためにチカが動き出しました。 前回のランク戦で直接ではないものの、敵をダウンさせたチカ。 そのことが何かきっかけになったのでしょう。 次回は修の策で、烏丸が関わってきます。 訓練室で烏丸に手伝ってもらい、戦闘の準備をするのでしょう。 チカに烏丸を撃たせるのだとしたら、 修はなかなか厳しいですね。 遠征隊に入るためにはこれがラストチャンス。 玉狛第二は勝利を掴むことができるのでしょうか!? まとめ ここまでワールドトリガーの最新話182話のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダでワールドトリガーの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の