コロナ 収束しない。 安倍首相「コロナほぼ収束」に台湾が反応「見せかけ」「使徒襲来」

東京の新型コロナ新規感染者が減らない理由とは|Beyond Health|ビヨンドヘルス

コロナ 収束しない

IBC岩手放送 岩手県沿岸で観光業や街づくりに携わる人と岩手県知事とのWEB懇談会が開かれました。 会では新型コロナウイルスの収束が見えない中、観光や街づくりなどの県政課題について意見が交わされました。 「いわて幸せ作戦会議」と名づけられた16日の懇談会には、久慈市、宮古市、釜石市、陸前高田市の観光や街づくりに携わる4人が出席し、WEB会議による意見交換会を行いました。 今回のテーマは「リスタート:地域の再出発に向けて」。 新型コロナウイルス感染拡大の防止と地域振興を両立させるための今後の取り組みについて意見を交わしました。 この中で観光振興を行うかまいしDMCの事業部長の河東英宜さんは「釜石ではビジネスホテルが多いことを前向きに捉え、観光以外にも企業研修などに力を入れたい」と今後の展望を述べました。 一方、陸前高田市観光物産協会の桑久保博夫事務局長は「新型コロナウイルス感染者未確認の岩手県での修学旅行の希望が多く、問い合わせが相次いでいる」といった現状が報告され、地域資源を使った体験プログラムや震災教育などの学びの提供が、地域振興の大きなチャンスになるとの認識を共有しました。 これらを受けて達増知事は、感染者ゼロが続く要因を岩手の自然や県民性、経済社会構造が総合的にあわさった「岩手スタイル」と表現した上で、次のように述べました。 (達増知事) 「人と社会のあるべき姿が岩手にはある。 それをどんどん学びに来る。 参加して一緒に『岩手スタイル』を守り発展させていこう」 次回の県政懇談会は9月に行われる予定です。

次の

安倍首相「コロナほぼ収束」に台湾が反応「見せかけ」「使徒襲来」

コロナ 収束しない

コロナ収束後はビジネスはガラッと変わる可能性がありますし、どんな人だって時代に取り残される「働かないおじさん」になってもおかしくありません。 「これだから、おじさんは…」という態度ではなく、自分ごととして、この問題を考えるにはどうしたら良いのでしょうか? 5月12日(火)21時からハフポストがTwitterで生配信する番組『ハフライブ』で、「働かないおじさん問題」を入り口に、これからの働き方について考えます。 視聴は無料です) テレワークで広がる不信感 厚労省がLINEと一緒に4回にわたって実施しているによれば、オフィスワーク中心の人(約628万人)における「テレワーク実施比率」は3月から4月にかけてだんだんと増えています。 4月12日〜13日に行われた3回目の調査では、全国平均で26. 最も高い東京都では51. こうした中、「働かないおじさん」への不満の声も聞こえてきます。 以下は、ハフポストが取材したものの一例です。 「PCが苦手だから、と言ってZoom会議には参加できないという中年社員がいる」(30代、メーカー) 「テレワークだと仕事の様子がメールや報告書でしか確認できないから、そこに名前が上がってこない人は仕事をしてるかわからない」(20代、官庁) 「会議がオンラインになると、発言していないとバレるし、会議にも呼ばれなくなる。 人事は『選別されるね』と漏らしていた…」(30代、広告代理店) そもそもどうして「働かないおじさん」がいるの? 「働かないおじさん問題」は、新卒一括採用で、長い勤続年数をベースとした「日本型雇用」の問題とされています。 企業の規模や業種によって違いますが、若い頃は賃金が安かった分、年齢とともに給与が上がるモデルを仮定します。 年齢に合わせて仕事もレベルアップすればいいのですが、実際は年齢を重ねても、生産性と賃金が合わなくなる中高年がいます。 そうした組織にいる若い世代にとっては「お金に見合う仕事をしていない」と思えてしまう。 この問題に詳しい立教大学経営学部の中原淳教授はこう語ります。 「技術を覚えるのに5年、10年とかかる場合もあるので、製造業などでは長期雇用がある意味、適切だったともいえる。 問題は、変化が激しい時代になってきて、どんどん新しい技術にスイッチしなければならない状況になっていることではないか」 新型コロナ前、業績が悪化していないのに、早期退職をすすめる「黒字リストラ」に踏み切る会社がみられました。 日経ビジネス 2020年3月16月号)は、2019年に早期・希望退職者を募集した企業の人数が前年の約3倍の1万1351人にのぼったことを指摘したうえで、「狙い打ちされているのは『働かないおじさん』」と分析しました。 自分も「働かないおじさん」に? しかし、この問題の本質は、特定の年齢や性別に限ったことでしょうか。 ハフポストの取材によれば、テレワークで働き方が大きく変わったことで、不安を感じている2、30代もいます。 また、世代間の「分断」が進むのではなく、むしろお互いに助け合っている姿も見えてきました。 「一日中、特定の人としかやりとりがなく、会社に対して仕事の成果を見せられてないと不安になる時がある。 自分がいてもいなくても同じな気がして、それがこわい」(30代、海運関連会社) 「(テレワークの)最初はオンライン会議などができない上司が多かった。 テレビ会議でマイクをオンにできずに喋れないなどのシーンもあった。 自分は年齢が若い方なので、個別に問い合わせがたくさんきて対応をしました」(20代、サービス業) ところで、コロナが収束したあとは、テレワークの継続を希望する人も多いようです。 以下はハフポストがTwitterで行ったです。 働きかたの変化とともに、これまでリアルでやっていたサービスがオンライン化したり、キャッシュレス化がますます進んだり、ビジネスも変化するのは確実です。 新しいことに順応できない上司や先輩にあきれてしまっていた自分も、まったく想像しなかったような社会について行けなくなることだってあるはず。 どうしたらいいのか? さきほど紹介した、中原淳教授は、「働かないおじさん」にならないためには「学び続けることが大切だ」と指摘し、以下の5つのポイントをあげます。 「 」でも質問を受け付けています。 まず、紹介するのは、 THE GUILD 共同創業者の Go Ando さんのTwitterアンケート。 こちらには、3487votesが集まり、およそ66%が、コロナ収束後も「リモートワーク中心の働き方をしたい」と答えています。 Andoさんは 「オンラインでもコミュニティへの帰属を実感できる新たな仕組みが必要になるだろうな」とコメントしています。 世代や勤続年数を超えた「つながり」をオンラインで築くことが「コロナ後」のポイントとなりそうです。

次の

コロナ禍の「終息」は× 「収束」が〇

コロナ 収束しない

コロナ収束後はビジネスはガラッと変わる可能性がありますし、どんな人だって時代に取り残される「働かないおじさん」になってもおかしくありません。 「これだから、おじさんは…」という態度ではなく、自分ごととして、この問題を考えるにはどうしたら良いのでしょうか? 5月12日(火)21時からハフポストがTwitterで生配信する番組『ハフライブ』で、「働かないおじさん問題」を入り口に、これからの働き方について考えます。 視聴は無料です) テレワークで広がる不信感 厚労省がLINEと一緒に4回にわたって実施しているによれば、オフィスワーク中心の人(約628万人)における「テレワーク実施比率」は3月から4月にかけてだんだんと増えています。 4月12日〜13日に行われた3回目の調査では、全国平均で26. 最も高い東京都では51. こうした中、「働かないおじさん」への不満の声も聞こえてきます。 以下は、ハフポストが取材したものの一例です。 「PCが苦手だから、と言ってZoom会議には参加できないという中年社員がいる」(30代、メーカー) 「テレワークだと仕事の様子がメールや報告書でしか確認できないから、そこに名前が上がってこない人は仕事をしてるかわからない」(20代、官庁) 「会議がオンラインになると、発言していないとバレるし、会議にも呼ばれなくなる。 人事は『選別されるね』と漏らしていた…」(30代、広告代理店) そもそもどうして「働かないおじさん」がいるの? 「働かないおじさん問題」は、新卒一括採用で、長い勤続年数をベースとした「日本型雇用」の問題とされています。 企業の規模や業種によって違いますが、若い頃は賃金が安かった分、年齢とともに給与が上がるモデルを仮定します。 年齢に合わせて仕事もレベルアップすればいいのですが、実際は年齢を重ねても、生産性と賃金が合わなくなる中高年がいます。 そうした組織にいる若い世代にとっては「お金に見合う仕事をしていない」と思えてしまう。 この問題に詳しい立教大学経営学部の中原淳教授はこう語ります。 「技術を覚えるのに5年、10年とかかる場合もあるので、製造業などでは長期雇用がある意味、適切だったともいえる。 問題は、変化が激しい時代になってきて、どんどん新しい技術にスイッチしなければならない状況になっていることではないか」 新型コロナ前、業績が悪化していないのに、早期退職をすすめる「黒字リストラ」に踏み切る会社がみられました。 日経ビジネス 2020年3月16月号)は、2019年に早期・希望退職者を募集した企業の人数が前年の約3倍の1万1351人にのぼったことを指摘したうえで、「狙い打ちされているのは『働かないおじさん』」と分析しました。 自分も「働かないおじさん」に? しかし、この問題の本質は、特定の年齢や性別に限ったことでしょうか。 ハフポストの取材によれば、テレワークで働き方が大きく変わったことで、不安を感じている2、30代もいます。 また、世代間の「分断」が進むのではなく、むしろお互いに助け合っている姿も見えてきました。 「一日中、特定の人としかやりとりがなく、会社に対して仕事の成果を見せられてないと不安になる時がある。 自分がいてもいなくても同じな気がして、それがこわい」(30代、海運関連会社) 「(テレワークの)最初はオンライン会議などができない上司が多かった。 テレビ会議でマイクをオンにできずに喋れないなどのシーンもあった。 自分は年齢が若い方なので、個別に問い合わせがたくさんきて対応をしました」(20代、サービス業) ところで、コロナが収束したあとは、テレワークの継続を希望する人も多いようです。 以下はハフポストがTwitterで行ったです。 働きかたの変化とともに、これまでリアルでやっていたサービスがオンライン化したり、キャッシュレス化がますます進んだり、ビジネスも変化するのは確実です。 新しいことに順応できない上司や先輩にあきれてしまっていた自分も、まったく想像しなかったような社会について行けなくなることだってあるはず。 どうしたらいいのか? さきほど紹介した、中原淳教授は、「働かないおじさん」にならないためには「学び続けることが大切だ」と指摘し、以下の5つのポイントをあげます。 「 」でも質問を受け付けています。 まず、紹介するのは、 THE GUILD 共同創業者の Go Ando さんのTwitterアンケート。 こちらには、3487votesが集まり、およそ66%が、コロナ収束後も「リモートワーク中心の働き方をしたい」と答えています。 Andoさんは 「オンラインでもコミュニティへの帰属を実感できる新たな仕組みが必要になるだろうな」とコメントしています。 世代や勤続年数を超えた「つながり」をオンラインで築くことが「コロナ後」のポイントとなりそうです。

次の