初盆 返 礼品。 粗供養をいただいたときのお礼の手紙について

初盆の礼状の文例

初盆 返 礼品

初盆・新盆のお返し品 故人が亡くなってから四十九日法要が終わり、喪明け後初めて迎えるお盆が初盆(新盆)となります。 初めて迎えるお盆の名称については、一般的に関東では「新盆(にいぼん)」、 関西では「初盆(はつぼん)」と言います。 初盆は通常のお盆と異なり、遺族だけでなく、親族や故人が親しかった友人・知人を招いて、 僧侶に読経をあげてもらい、会食の場を設けます。 初盆では、頂いた香典やお供え物へのお返しは 不要であると聞くことがあるかと思いますが、実際のところどうなのか悩まれると思います。 初めて迎えるお盆の施主としは、法要に参列して下さった方に失礼があっては申し訳ないと 思う方も多くいらっしゃると思います。 最近は、香典やお供え物を辞退するケースも多くなってきましたが、 地域や家の慣習によっては辞退できないこともあります。 こちらでは、初盆で頂いた香典やお供え物へのお返しをはじめ、お礼状についても 詳しく説明していきますので参考にしてください。 初盆のお返し・新盆のお返し 地域や家の慣習にもよりますが、一般的に初盆(新盆)のお返しは不要とされています。 これは、法要後に振る舞う会食がお返し代わりと捉えられているためです。 では、お返しが必要な場合はどうしたら良いのでしょうか。 お返しが必要な場合としては、 以下のケースが考えられます。 こちらでは、それぞれのケースに合わせてお返しの相場やお勧めの商品をご紹介していきます。 ケース1.法要に参列したから香典やお供え物を頂いた場合 ケース2.法要に参列はせず、香典やお供え物だけを頂いた場合 参列者へのお礼 法要に参列して下さったから頂いた香典やお供え物へのお返しについて紹介していきます。 ただし、頂いた金額が準備した お返しよりも遙かに多くの金額だった場合は、後日、お礼の品を別途送ることがあります。 地域や家によって慣習がある場合は、その慣習に従いましょう。 (品物) 一般的に「消えもの」と言われる消耗品を選ばれることが多いです。 また、高額な香典を頂いた方へのお返しとして、カタログギフトは持ち帰りしやすく、 好きな物を選んで頂けるということで人気があります。 以下に多く選ばれる品物をご紹介します。 ・日用品:石けん、洗剤、ハンカチ、タオル、入浴剤 ・食品:お茶、のり、素麺、お菓子、コーヒー、ゼリー、水ようかん (表書き) 上段:「志」「初盆志」「新盆志」「初盆供養」「新盆供養」 下段:施主の名前もしくは家名を書きます 初盆のお礼状・挨拶状(文例・例文) お返しには、必ず挨拶状(お礼状)を添えてお渡しします。 これは、 参列頂いた方に当日お渡しする場合、配送の場合どちらの場合でも必要となりますので、 必ず準備をしましょう。 挨拶状(お礼状)の文面は様々ですが、こちらでは一般的な文面を例文としてあげつつ、 挨拶状とお礼状の違いや種類についてご紹介します。 最後にポイントをまとめていますので、 併せて参考にしてください。 【合わせて読みたい】 挨拶状とお礼状の違い 初盆の挨拶状とお礼状は同じ物のように思われがちですが、文字通り意味合いが異なります。 どちらの文面で出すか確認してから作成するようにしましょう。 -挨拶状:香典やお供え物を頂いたお礼 -お礼状:無事に初盆を終えたことをお知らせする 挨拶状(お礼状)の種類 種類として、手書きと印刷があります。 手書きの方が丁寧ですが、最近はハガキやカード、書面に印刷することが一般的です。 いずれの場合も、必ず封筒に入れます。 」は入れないようにしましょう ・差出人の名前は必ずフルネームで入れましょう 一般的に差出人の名前は施主となります ・香典やお供え物を頂いたお礼の文面を必ず入れましょう ・文面は縦書きになります その他地域独特のお返しについて 静岡県の遠州地方の一部(浜松市、磐田市、袋井市の一部)には「盆義理」という独特な慣習があります。 初盆を迎える家に、町内にある各家から1人ずつ、1,000円〜3,000円程度の香典と供に弔問に訪れます。 お返しは、500円〜1,000円程度の品物となり、のしは付けないことが多いようです。 もし、のしを付ける場合の表書きは、上段に「志」、下段に「施主のフルネーム」となります。 浄土真宗のお盆・初盆 浄土真宗の場合、親鸞聖人の教えから、故人が年に一度家に戻ってくるということはありません。 故人は亡くなるとすぐに仏様となり、いつもみんなの側にいるのです。 そのため、初盆(新盆)を執り行うということはありません。 しかし、もし新盆のために提灯を頂いたたり、香典やお供え物を頂いた場合はどうしたら良いのでしょうか。 以下を参考にしていただきつつ、詳細に関しては菩提寺の僧侶に確認することをお勧めします。 新盆のお返しは必要? 香典や提灯、お供え物を頂いた場合はお返しをするのが一般的となっています。 新盆のお返しの品物は? お返しの品物に関しても、他の仏教と同じく消耗品が一般的となります。 ただし、浄土真宗は初盆法要を執り行わないので、同封するお礼状の文面は異なります。 以下に例文を記しますので参考にしてください。 せっかく来て下さった方々に失礼があったり、不快な思いをさせてしまったりしないように 準備をしておくことはとても大切です。 初盆(新盆)でのお返しは一般的には不要とされていますが、 地域や家の慣習は大事にしたいものです。 ぜひ、事前にご親戚の方や地域の方もしくは菩提寺の僧侶に確認をしておきましょう。 関連記事 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の

初盆・新盆のお返し品とは?初盆のお礼状・挨拶状の種類と書き方

初盆 返 礼品

Sponsored Link 新盆 にいぼん:初盆 とは故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆のこと。 一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのが習わしです。 となると、いろいろ頂きものも多いですよね。 熨斗の書き方は? ・新盆のお返し。 お礼状の書き方は? Sponsored Link 新盆のお返しは必要? 新盆のお返しについては、 宗 教や地域によって風習が異なります。 法要の際に精進料理などの食事の席を設けて、これをお返しとする地域もありますし、新盆のお返しは不要とするところもあります。 しかし、一般的には何らかの形でお返しをする場合が多く、 高額なお香典 線香料・ご仏前・提灯代・お供えなど:現金 を頂いた場合を除いて、品物でお返しをするのがポピュラーです。 高額なお供え物であっても、品物で頂いた場合は品物でお返しするのが一般的。 高額なお香典 現金 を頂いた場合に限って、お金を包んでお返しする場合もあります。 もちろん、品物でお返ししても問題ありません。 これは地域差がありますので、お住まいの地域の風習に従って下さい。 この場合、いくらくらいが高額か?ということになりますが、だいたいの目安として、 5万円以上の場合は高額、それ未満の場合は品物でお返しすると良いでしょう。 新盆のお返しの相場は? 基本的なお返しの相場は、頂いたお供え物やお香典の「 およそ半分」というのが一般的。 俗にいう「お礼は半返し」に当てはまります。 ただし、 身内などで非常に高額なお香典を頂いた場合に限り、きっちり半返しをする必要はありません。 この場合は、「生活にお役立て下さい」という意味が多分にあるため、きっちり半返しをするとかえって失礼に当たる場合もあります。 高額の目安は、先ほども述べたとおり、5万円前後を考えれば良いと思います。 Sponsored Link 新盆のお返しはいつすればいいの?お返しのタイミングは? お返しの時期についてですが、基本的には「 なるべく早めに」を心がけましょう。 最近の主流は、法要に来ていただいたその場でお返ししてしまうというもの。 一般的に2,000~4,000円のお供え物やお香典を頂く場合が多いことを想定して、1,000~2,000円程度の品物をあらかじめ用意しておき、その場で持って帰ってもらうものです。 そして、それ以上のお供え物やお香典を頂いた方にのみ、 後 からお礼に伺う または郵送などで贈る というケースが多いようです。 この場合、お礼に伺ったり、贈ったりする時期もなるべく早めの方が良く、 目安として遅くとも 8月中にはお礼をする必要があります。 法要に直接来られないので郵送などで頂いた場合も、同じく8月中を目安にお返ししましょう。 新盆のお返しはどんな品物をお返しすればいい? 季節柄、 日持ちのするもの を選ぶと良いでしょう。 故人が好きだった物や、お菓子、水ようかん、ゼリーなどが一般的ですね。 夏場なので、そうめんを選ぶ人も多いようです。 遠方から来る人のことも考えて、軽い品として、焼き海苔やお茶、タオルなどもおすすめです。 もし迷ってしまったら、 百貨店やシャディーなどのギフトショップのギフトコーナーを覗いてみると良いと思います。 こうしたお店では、のしや名入れまでしてくれるので、便利ですよ。 また、高額なお供え物やお香典を頂いた場合は、 カタログギフトでお返しするという方法もあります。 あからさまな金額が分からないので、嫌味が無いですね。 新盆のお返し。 「 御 初盆志」「 御 新盆志」「御新盆供養」「御初盆供養」「志」が一般的ですが、関西では「粗供養」とする場合が多いようです。 のしは 黒白、黒銀が一般的。 地域によっては緑白を用いる場合や、キリスト教などでは青白を用いることもありますが、迷ったら黒白であれば間違いが無いと思います。 rakuten. 迷ってしまったり、わからない場合はお近くに住んでいる方に相談してみましょう。 相談する相手が居ない場合は、 お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えて貰えます。 新盆のお返し。 お礼状の書き方は? 郵送などでお返しする場合は、お礼状も添えましょう。 持参する場合はこの限りではありませんが、やはりお礼状を添えた方が丁寧です。 以下にお礼状の文例を挙げておきましたので、参考にしてみて下さいね。 真夏の暑い時期に、故人を偲んで来てくれた方に、 スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。 本記事が、そのための参考になれば幸いです。

次の

【初盆のお返し】品物・お礼状・のし・表書き・お返しの時期・お供え・供養

初盆 返 礼品

スポンサードリンク 新盆・初盆のお返しで使うのしの選び方 新盆・初盆とは忌明けしたあとの最初のお盆のこと。 故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆なので、一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのがならわしです。 お盆の行事のしきたりは、その地域の慣習や家によっても違いがあります。 なので、これが正解というのはないのですが、いただいた香典のお返しに使う「のし(掛け紙)」のマナーは知っておきたいところです。 新盆・初盆のお返しにはどんなのしを使うの? 基本的にのし紙の水引は弔事用の黒白の結び切り、または黄白の結び切りを使います。 「水引」というのは贈答品の包み紙を結ぶ紙製の紐のことです。 水引はお祝い・お見舞い・弔事など贈答品全般に用いられ、のし紙の場合はあらかじめ印刷されているものが多く使われています。 「結び切り」は、水引の結び方のひとつです。 二度とあってはならない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)の水引は、 『繰り返さないこと(弔事は繰り返して欲しくない、葬儀が続いてほしくない)』 ということで、結び切りの水引のし紙を使用します。 水引の黒白と黄白の違い 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)には、「黒と白の水引のし」と「黄と白の水引のし」があります。 基本的に、仏教では黒白の水引のしを使用し、仏教以外(神道やキリスト教など含む)について弔事用に使われるのし紙は全て黄白の水引ののしを使います。 一方、宗教に関係なく、関西など西日本の地域によっては黄白の水引を使うところもあります。 水引の色については住んでいる地域やその土地の伝承などによっても異なりますので、その地域に住んでいる方や、年長の親戚の方などに聞いてから用意するのが無難です。 「黒白」「黄白」、どちらを使ったらよいのか迷ったとしても、どちらを使っても失礼にはあたりません。 関西の法事でも黒白を使っています。 イメージ的には黒白は仏教、黄白はその他なんにでも使えるのし紙という感じの捉え方で良いと思います。 新盆・初盆のお返しにのしの表書きはどう書く? 新盆・初盆のお返しに使われるのし紙(掛け紙)の表書きの基本となるものをご紹介しますね。 新盆・初盆のお返しで使うのしの表書き• 「志」• 「新盆志」・「初盆志」• 「御新盆志」・「御初盆志」• 「新盆供養」・「初盆供養」• 「粗供養」 一般的なのは「志」です。 「志」というのは感謝の意を表すのし書きです。 神式、キリスト教などでは 「忍び草」 などが使われますが、 「志」は、宗教問わず全般のお返しに使われます。 ただ、「志」だけだと、何回目の法要なのかがわかりにくくなるため、「新盆志」や「初盆供養」といった言葉を使うという考え方もあります。 上記の表書きの基本となる言葉であれば、どれを使っても大丈夫です。 新盆・初盆に併せて、法要を二つ以上まとめて行った場合は、表書きのすぐ下や右横などに小さく書き添えることもできます。 たとえば、表書きに「志」としても、 「亡父 三回忌」 「亡母 初盆供養」 「粗供養」 を併せて書くことができます。 スポンサードリンク 新盆・初盆のお返し用のし名前の書き方 のしの表書き、下の名前部分には施主の名字を書きます。 山田という名字であれば、 「山田」もしくは「山田家」 となります。 最近では施主のフルネームを書くことが多いようです。 同性の名字が多くあるような地域の場合はフルネームがおすすめです。 故人と名字が違う場合はどうするの? 亡くなった方と施主の名字が異なる場合もありますよね。 施主が嫁いでいて、故人の名字から変わった場合などです。 故人と名字が違う場合はフルネームを書きます。 嫁ぎ先の名字だけですと、嫁ぎ先からのお返しの意味になってしまいますよね。 たとえば、山田家の初盆で、施主が嫁いだ長女の鈴木裕子さんなら、名前は「鈴木裕子」とします。 もしくは、「鈴木裕子」の左に「旧姓 山田」と書き添えます。 鈴木の下に括弧書きで「鈴木(山田)」とする書き方もあります。 お返しは内のしと外のしのどちらがいいの? 「内のし」は贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包むこと。 「外のし」は包装紙の上からのしをかけること。 内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりごとはありませんが、お渡しする状況によって、どちらかが、より適切という傾向はあります。 たとえば、法要時に持参するお供えは、外のしにすることが多いです。 これは贈り物が一目でわかるので、いただく方も扱いやすいという理由があります。 一方、内のしは包装紙にのし書きが隠れてしまうので、お渡しする時には表書き(贈答品の目的)が見えません。 イメージとしては、控えめな表現に感じられるのが内のしです。 新盆・初盆のお返しを贈る気持ちを控えめに表したいのであれば、内のしがおすすめです。 また、宅配便でお返しを贈る場合、外のしにすると配送途中でのし紙が傷ついてしまうため、外側にもう一枚包装が必要になります。 なので、配送の場合には、内のしが適切です。 「関東は外のし、関西は内のし」とも言われますが、実際は様々です。 決めかねるようなら、このあたりもやはり、年長者の方の意見を参考にできるといいですね。 相談する相手が居ない場合は、お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えてもらえます。 大手の百貨店であれば、専門の方が電話でも対応してくれますので気軽に聞いてみるといいですね。 新盆初盆お返しに使うのしの表書きはどう書く?内のし外のしどちらがいいの? まとめ 新盆・初盆のお返しの表書きは、 「志」 と記せば、全国的に間違いにはなりません。 真夏の暑い時期、故人を偲んで法要に足を運んでくださった方や郵送でお供えをくださった方に、スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の