ステッパー 消費 カロリー。 ステッパーで1日1時間を週3、4日1ヶ月したとして、どれくらい痩せ...

ステッパーによる消費カロリーについて

ステッパー 消費 カロリー

ウォーキング ウォーキングは、運動が苦手な人や運動経験のない人でも気軽に行える有酸素運動です。 また有酸素運動の中でも軽度なものなので、続けやすい特徴があります。 ウォーキングの消費カロリーは、10分で 20. 8〜33. 3kcalとなります。 歩くスピードによってカロリー消費量に差はあります。 また、歩幅を広めにする、腕を振って歩くなどで全身の筋肉を使うことになり、カロリー消費は高くなります。 ウォーキングについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 ジョギング ジョギングは、ウォーキングと同じく手軽に行える有酸素運動です。 ウォーキングよりも強度は高めですが、速度を調整すれば、初心者にも始めやすいのが特徴です。 ジョギングの消費カロリーは、10分で 41〜66. 6kcalとなります。 ジョギングは早く走ることで消費カロリーは高くなりますが、ダイエットが目的の場合、ゆっくり走ること(スロージョギング)で効率よく脂肪燃焼効果が期待できると言われています。 スロージョギングについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。 水泳 水泳は、水圧によって全身に負荷がかかります。 そのため、全身運動になる有酸素運動です。 また、水の浮力によって、腰や膝への負担が抑えられるため、ウォーキングやジョギングよりも関節への負担は軽減されます。 水泳の消費カロリーは、10分で 60. 8kcal(クロールで普通の速さの場合)。 有酸素運動の中でも消費カロリーは高めの有酸素運動です。 スポーツジムなどプールのある施設に行かなければいけませんが、消費カロリーや全身の引き締め効果も高く、ダイエットや健康に効果的な有酸素運動と言えます。 エアロバイク エアロバイクも、スポーツジムでよく使われている有酸素運動です。 椅子に座って行う運動なので、膝への負担も比較的軽くなるため、取り組みやすいものになります。 エアロバイクの消費カロリーは、10分で 20. 8〜31. 6kcal。 ペダルの負荷を上げると、更に消費カロリーは高くなります。 しかし、負荷が大きくなると膝への負担や長い時間続けることが難しくなります。 普段の運動量を考慮して無理のない範囲で行いましょう。 エアロビクス エアロビクスは、ダンス形式の有酸素運動です。 DVDなどの動画を見ながら自宅でできますし、スポーツジムでも行うことができます。 その方法は、ストレッチや筋力トレーニングなどの無酸素運動も取り入れたものもあり、その運動量は高いものです。 エアロビクスの消費カロリーは、 33〜52kcal。 エアロビクスの内容によりカロリー消費量は異なります。 Sponsored Link 縄跳び 子供の頃に縄跳びで遊んでいた人も多いと思いますが、縄跳びも有酸素運動になります。 また、下半身だけでなく腹筋・背筋・腕も使う全身運動になります。 ボディメイクを目的に、スーパーモデルも縄跳びを取り入れているとも言われています。 縄跳びの消費カロリーは、10分で 65〜90kcal。 ウォーキングと比べると1. 5〜2倍の消費カロリーはとても高くなっています。 ただし、膝への負担がかかりやすく、長時間行うのは大変かもしれません。 普段運動をしていない人は、いきなり縄跳びをすると怪我につながりやすいので注意が必要です。 縄跳びについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。 踏み台昇降・ステッパー 踏み台昇降やステッパーは、室内の小さなスペースで行える有酸素運動です。 自宅でテレビを見ながら運動もできる手軽さから、ダイエットに取り入れている人もいるようです。 踏み台昇降の消費カロリーは、10分で 33. ステッパーは、10分で約20kcalです。 消費カロリー量は、ウォーキングとほぼ同等のものになっています。 外に出るのが面倒、天候が悪いけど有酸素運動をしたい人には、その代用として良いかもしれません。 意外に思われる人もいるかもしれませんが、ヨガも有酸素運動になります。 ゆっくりな動作やと姿勢をキープしながら行う呼吸法。 有酸素運動の要素を兼ね備えたものです。 ヨガの消費カロリーは、10分で 12. 5〜25kcal。 消費カロリーは、決して高くありませんが、なんらかの理由で有酸素運動ができない人は、ヨガを取り入れるのもよいでしょう。 また、ヨガには自律神経を整えたり、リラックス効果も期待できるので、心身にも良いものです。 ピラティス ピラティスも有酸素運動になります。 ピタティスとヨガは似ているようですが、ピラティスはリハビリメニューとして考案されたものでインナーマッスルを鍛えることを目的とされています。 ピラティスの消費カロリーは、10分で 16. 6kcal。 有酸素運動の中では消費カロリーは高くありませんが、体幹を鍛えることによる基礎代謝アップやカラダの歪み改善の効果が期待できます。 ラジオ体操 誰もが知っているラジオ体操ですが、有酸素運動になります。 ラジオ体操は、有酸素運動に加えストレッチも同時に行えます。 呼吸を意識しながらカラダをしっかり伸ばせば、十分な運動強度となります。 ラジオ体操の消費カロリーは、第1は 7. 5kcal(3分)、第2は 7. 3kcal(3分30秒)。 消費カロリーは低いので、他の運動と合わせて行うのが良いでしょう。 まとめ いかがでしたか?有酸素運動の種類は多くあります。 しかし、短期間で効果を上げたいために、無理に行うことは、体調を壊したり怪我の元です。 自身の運動経験に合わせて選びましょう。 室内で有酸素運動を行いたい人は、以下の記事で詳しくご紹介しています。 合わせて参考にしてみてください。 ダイエットのために運動を取り入れたけど、痩せない。 そのような人には、以下の記事がオススメです。 食事制限も運動も続かない。 そのような人には、以下の記事がオススメです。

次の

エアロライフサイドステッパーを徹底レビュー!消費カロリーやダイエット効果などをまとめてみる【DR

ステッパー 消費 カロリー

ステッパーとは ステッパーについては、使い方がとても簡単な筋トレ器具の1つです。 また、ウエイトトレーニングで使うような器具とは違うため、男性に限らず、多くの女性も愛用しています。 そうは言っても、このステッパーというワードを初めて聞いた人は、どのような器具なのかイメージしにくいはずです。 そこで、この器具の特徴を簡単にご説明しましょう。 基本的に、ステッパーについては、 脚で交互に踏むようにして使う器具となっています。 そのため、広いスペースを必要とするような器具ではありません。 この点が大きなメリットでもあるため、自宅で使われるケースが多いということですね! 肝心の効果については、次の章で具体的にご説明しましょう。 関連記事 ・ ステッパーを使った運動効果3つ ステッパーについては、使い方が簡単であり、場所をあまりとらないという点がメリットになるわけですが、使うことによって大した効果が得られないようでは困りますね。 しかし、効果があるからこそ、多くのトレーニーに愛用されているのです。 そこで、ここではその効果についてご説明しましょう。 下半身の引き締めが期待できる ステッパーを使ってのトレーニングというのは、ウエイトトレーニングとは少し違います。 そのため、ステッパーを活用したとしても、ボディビルダーのようなたくましい下半身は実現できないでしょう。 しかし、下半身を動かすトレーニングにはなることから、 下半身の引き締め効果が期待できるのです! 脂肪燃焼が期待できる ステッパーを使ったトレーニングというのは、連続的に脚を動かす動作になります。 そのため、 脂肪燃焼の効果が期待できるのです! 脂肪が余分に蓄積された状態というのは好ましくないため、ステッパーを活用して脂肪燃焼を図るというのは有効な手段の1つと言えそうですね! バランス感覚を養うことができる 普通に歩いていれば、バランスを崩すということは滅多にありませんよね。 しかし、ステッパーを使う場合、トレーニングの中で バランスを保つよう意識する必要があります。 そのため、継続的にステッパーを使うことで、バランス感覚が身につくことにつながるでしょう。 関連記事 ・ ステッパーを使った運動の消費カロリー ステッパーを使ったトレーニングが効果的とわかっていても、消費カロリーが低ければモチベーションも下がってしまいますよね。 実のところ、ステッパーで期待できる消費カロリーについては、ステッパーの種類によっても変わってきます。 しかし、およその目安を示すことはできますので、まずは下の数値をご覧ください。 トレーニングの負荷を大きくすれば、さらなる消費カロリーを期待できるため、 ダイエットのために利用する器具としても適しているのではないでしょうか。 そのため、知識がない状態でステッパーを使ってしまうのはオススメできません。 そこで、ここでは肝心の使い方についてご説明しましょう! 1. 左右の足をステッパーの上にのせる 2. 右足を踏み込む 3. 左足を踏み込む 以下、手順2と手順3を繰り返す 基本的には、片方ずつ踏み込んでいくという動作になりますので、難しいところはありません。 しかし、脚だけを動かし、上半身を全く動かさないということでは、正しいやり方とは言えません。 一般的なウォーキングをする時と同様、 両ヒジを曲げ、腕全体を交互に振るようにしましょう。 また、背中が丸まった姿勢というのは適切ではないため、 きちんと背筋を伸ばすようにしましょう。 以上が、ポイントとなりますが、実際の動作を動画で見たいという人もいるかもしれません。 そこで、関連動画をご用意しましたので、ぜひご覧ください。 関連記事 ・ ステッパーのおすすめ商品1位 先ほどもご説明したように、ステッパーの種類については色々あります。 そのため、どのステッパーを選んだらいいのかという点で迷ってしまうことでしょう。 全てのステッパーが自分に合ったタイプかどうかはわからないため、購入後に後悔するケースというのも発生する可能性があります。 そこで、ここからはおすすめのステッパーについてご紹介しましょう! まず、最初にご紹介するのは、ウルトラスポーツの「自宅昇降用ステッパー」です! この商品については、ペダル部分に加工が施されていて、 滑りにくいようになっています。 また、 ステップ数や消費カロリーなどが表示されるようにもなっていますので、本格的なトレーニングを希望する人にとっても適した商品だと思います! また、この商品の良いところは、比較的安価であるという点です。 お手頃な商品は魅力的ですよね! この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。 【Amazon商品リンクはこちら】 ステッパーのおすすめ商品2位 次にご紹介するステッパーは、アルインコの「 ハンドル付ステッパー FA4016」です! 商品名を見てわかる通り、ハンドルがついたステッパーとなりますので、その点が注目ポイントとなります。 ハンドルの部分を握っておくことにより、 安定感がグンと増します。 そのため、バランス感覚に不安があるという人や、下半身の動きのみに集中したいという人には適した商品ではないでしょうか。 また、ハンドル部分については、高さの調整ができるようになっています。 背の高さに応じて調整できるというのはいいですよね! ただ、ある程度トレーニングに慣れてきたら、上半身もきちんと動かすようにすることをオススメします! この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。 【Amazon商品リンクはこちら】 ステッパーのおすすめ商品3位 3位としてにおすすめしたいステッパーは、カワセの「 鉄人倶楽部 IRONMAN・CLUB ミニ ステッパー パワーバンド 付 IMC-26」です! この商品の場合、これまでご紹介してきた商品とは違い、 パワーバンドが付いています。 パワーバンドを上方向に引っ張る時というのは、意外に力を使います。 そのため、このステッパーを使うことにより、 下半身と上半身をしっかり鍛えることができるというわけですね! もちろん、 メーター機能も搭載されているため、色々な数値を見ながら要領よくトレーニングすることができるというわけです。 この商品の詳細については、下のリンクからご確認ください。 【Amazon商品リンクはこちら】 ステッパーのおすすめ商品4位 4位としておすすめしたいのは、東急スポーツオアシスの「フィットネスクラブがつくったツイストステッパー」です。 この商品に関しては、お腹、太もも、臀部に対して効かせることができるタイプのステッパーです。 フィットネスのプロが携わったというだけあって、非常に精巧なステッパーになっている点がメリットでしょう。 これ一台で十分な有酸素運動になりますので、非常に高く評価されているのです。 ポイントとしては、ひねり運動ができるということですね。 したがって、単なる足踏みではなく、ツイストがプラスされた形の足踏みになりますので、より高い効果が期待できるというわけです。 少し価格は高いですが、一度購入すれば長い期間使えるものですので、ぜひともおすすめしたいですね。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品5位 5位としておすすめしたいのは、「女神パープル mini」です。 この商品に関しては、とてもコンパクトな設計になっている点がポイントです。 したがって、せまいスペースでもしっかりと体を動かすことが可能です。 また、双方向足踏みが可能になっているという点も大きな特徴です。 上下だけでなく、左右にも動かすことができますので、非常に高い効果が期待できるでしょう。 具体的には、体幹トレーニング効果ですね。 単純に足の筋肉が鍛えられるということだけでなく、普段の生活ではなかなか鍛えにくいとされる体幹にもアプローチすることができますので、この点はとても大きなメリットでしょう。 自宅で手軽に有酸素運動がしたいという人は、ぜひこの商品も検討されてはいかがでしょうか。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品6位 6位としておすすめしたいのは、iDeer Lifeのステッパーです。 この商品に関しては、べダルのところがワイドな設計になっていますので、その点が1つの特徴です。 余裕を持ったステップができますので、バランス感覚に自信がない人でも集中的にトレーニングができるでしょう。 また、滑り止め加工が施されている点もメリットの一つです。 この加工があることにより、トレーニング中に本体がぐらぐらと動いてしまう心配がほぼなくなります。 また、調節ノブというものが付いていて、これを調節することによって運動量を調整することができるようになっています。 その人に合ったトレーニングができるというのが、大きなポイントではないでしょうか。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品7位 7位としておすすめしたいのは、ショップジャパンの「健康ステッパー ナイスデイ」です。 この商品に関しては、八の字に踏み込めるという点が特徴です。 これにより、足全体を着実に鍛えることが可能となるのです。 また、着地の衝撃をうまく吸収できるように設計されていますので、関節への負担が軽くなります。 この点は、高齢者にとっては特にうれしいポイントではないでしょうか。 何回ステップしたのかが分かるカウンターが付いていますので、目標に沿ってトレーニングすることも可能です。 消費カロリーもきちんと表示されますので、配慮が十分になされた商品と言えるでしょう。 こちらも非常におすすめしたいですね。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品8位 8位としておすすめしたいのは、アルインコの「ミニステッパー FA49」です。 この商品に関しては、ハイテクな表示メーター機能が装備されている点が特徴です。 具体的には、踏み込んだ回数やトレーニング時間、そして消費カロリーなど、さまざまなデータを表示させることができますので、トレーニングする側としてはとてもうれしいポイントではないでしょうか。 また、オートスタート機能とオートオフ機能が付いていまして、電池の無駄な消耗を防ぐことが可能です。 このような機能は、電気代の節約にもつながりますので、大きなメリットだっと思いますよ。 ぜひこの商品も検討してみましょう。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品9位 9位としておすすめしたいのは、エアロライフの「サイドステッパー DR-3865」です。 この商品に関しては、60分間連続的に使用できるという点が大きな特徴です。 強靭なシリンダーを取り入れているからこそ、このような持続的な動作が可能というわけです。 また、ステップ回数や消費カロリーを表示してくれるモニターが付いていますし、耐久性も高いことから、パフォーマンスの高いステッパーとしておすすめできますよ。 コンパクトであるがゆえに省スペースでトレーニングできるというのも大きなメリットと言えるでしょう。 ぜひこちらも検討されてはいかがでしょうか。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品10位 10位としておすすめしたいのは、Smiletopの「健康ステッパー」です。 この商品に関しては、静音という点が特徴的です。 トレーニング中も音が静かですので、夜間に取り組むこともできるでしょう。 また、45度傾斜設定で使いやすいため、継続させやすいのではないでしょうか。 耐荷重が100kgということで耐久力もありますので、男性でも積極的に使用することができますね。 下半身の筋肉をトータル的に鍛えることが可能ですので、この商品も非常におすすめですよ。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品11位 11位としておすすめしたいのは、誠創HACのステッパーです。 この商品に関しては、ペダル部分に凹凸設計が取り入れられています。 この設計の意味は、マッサージです。 踏み込むことによって足裏のマッサージ効果を得ることができますので、とても健康的と言えますね。 耐荷重が135kgということで驚異的な耐久性を誇っていますし、抵抗力を調整することもできますので、その点のハイテク性も高く評価できるのではないでしょうか。 【Amazonリンク】 ステッパーのおすすめ商品12位 12位としておすすめしたいのは、DEARGENAのステッパーです。 この商品に関しては、人体工程学デザイン仕様になっています。 動作中の音も静かですし、省エネ効果もありますので、この商品もおすすめですね。 踏み板部分にマッサージ機能があることから、健康志向な人には特におすすめできる商品なのです。 価格帯もそれほど高くありませんし、この商品もぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。 【Amazonリンク】 ステッパーの使い方の注意点 ステッパーというのは、確かに多くの効果を期待できる筋トレ器具の1つです。 しかし、注意点がないわけではありません。 注意点を理解しておかないと、トレーニングの最中にケガをしてしまったり、想定した通りの効果が得られない可能性もあります。 そこで、ここではその注意点についてご説明しましょう。 でこぼこした場所で行うのはNG ステッパーを使う場所は平らなところでなくてはなりません。 仮に、でこぼこした場所にステッパーを置き、トレーニングを開始してしまうと、転倒のリスクがとても高くなってしまうのです。 ただでさえバランス感覚が必要になる器具ですから、でこぼこした場所で行うというのは適切ではありません。 すぐやめてしまっては効果が見込めない ステッパーを使ったトレーニングというのは、基本的には足踏みをするだけです。 そのため、数分で動作をやめてしまうようでは、大きなトレーニング効果は得られないでしょう。 したがって、短期間である程度の効果を期待するのであれば、 最低でも30分以上は続けることをオススメします。 ウエイトトレーニングではありませんので、30分程度であればそれほど疲労感を感じないと思いますよ! ・ステッパーとは脚で交互に踏むようにして使うトレーニング器具。 ・ステッパーを使った運動効果は「下半身の引き締め」「脂肪燃焼」「バランス感覚を養える」の3つ。 ・ステッパーのおすすめ商品1位はウルトラスポーツの「自宅昇降用ステッパー」。 これまで、ステッパーの特徴や効果、そして具体的な使い方などについてご説明してきました。 ステッパーについては、使い方が簡単であるのにもかかわらず、複数の効果が期待できる器具です。 そのため、自宅で軽めのトレーニングに取り組みたいという人は、ぜひ一台購入してみてはいかがでしょうか。 ただし、ステッパーに備わっている機能というのは、そのステッパーによって違うケースがあります。 そのため、「買ったはいいが想定通りの機能がない!」ということのないようにしましょう。 事前に商品のリサーチをしておくことが大切になりますね!.

次の

ジムの有酸素運動マシンでカロリー消費の大きいものは? ベスト5 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

ステッパー 消費 カロリー

「 ゆっくりの歩行:3. 05=消費カロリー 27kcal 「 通常のスピードの歩行:3. 05=消費カロリー 36kcal 「 早歩き:4. 17h)としています。 ステッパーの10分あたりの消費カロリーも、そこまで大差はないため上記の消費カロリーを参考にしてください。 まず、栄養学の観点から脂肪1gは9kcalです。 そして脂肪1kgをグラム数になおすと、1,000gとなります。 また、脂肪が8割になるのは、体に脂肪細胞として蓄えられていて水分も含まれるからです。 そして、脂肪細胞のうちの約8割が脂肪、約2割が水分とされています。 つまり上記の計算のとおり、1kg減らすには7,200kcal必要だということです。 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ステッパーで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ステッパーで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ステッパーで運動) 「ジムで器具を使って負荷を加える運動は、約6. 0METs」 7. 05=消費カロリー 62kcal• 体重50kgの消費カロリー62kcal(10分ジムで運動)• 体重60kgの消費カロリー75kcal(10分ジムで運動)• 体重70kgの消費カロリー87kcal(10分ジムで運動) 「筋トレ(腹筋,背筋,腕立て伏せ,スクワット)は、約3. 5METs」 3. 05=消費カロリー 31kcal• 体重50kgの消費カロリー31kcal(10分筋トレをして運動)• 体重60kgの消費カロリー37kcal(10分筋トレをして運動)• 体重70kgの消費カロリー44kcal(10分筋トレをして運動) ステッパーとウォーキングの消費カロリーの比較 「10分のステッパーの運動強度は、3. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ステッパーで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ステッパーで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ステッパーで運動) 「ウォーキングの運動強度は、約4. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ウォーキングして運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ウォーキングして運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ウォーキングして運動) ステッパーとウォーキングマシンの消費カロリーの比較 「10分のステッパーの運動強度は、3. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ステッパーで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ステッパーで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ステッパーで運動) 「ウォーキングマシンの運動強度は、約4. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ウォーキングマシンで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ウォーキングマシンで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ウォーキングマシンで運動) ステッパーとエアロバイクの消費カロリーの比較 エアロバイクの運動強度は、下記のように機械で強度を変えられます。 「10分のステッパーの運動強度は、3. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ステッパーで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ステッパーで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ステッパーで運動) 「エアロバイクの運動強度は、50W 3. 0METs :強度は、楽」 3. 05=消費カロリー 27kcal• 体重50kgの消費カロリー27kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重60kgの消費カロリー32kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重70kgの消費カロリー37kcal(10分エアロバイクで運動) 「エアロバイクの運動強度は、75W 4. 5METs :強度は、楽〜少ししんどい」 4. 05=消費カロリー 40kcal• 体重50kgの消費カロリー40kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重60kgの消費カロリー48kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重70kgの消費カロリー56kcal(10分エアロバイクで運動) 「エアロバイクの運動強度は、 100W 5. 5METs :強度は、ややきつい 」 5. 05=消費カロリー 49kcal• 体重50kgの消費カロリー49kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重60kgの消費カロリー59kcal(10分エアロバイクで運動)• 体重70kgの消費カロリー69kcal(10分エアロバイクで運動) ステッパーと踏み台昇降の消費カロリーの比較 踏み台昇降の運動強度は、下記のように踏み台の高さで強度を変えられます。 「10分のステッパーの運動強度は、3. 0METs」 4. 05=消費カロリー 36kcal• 体重50kgの消費カロリー36kcal(10分ステッパーで運動)• 体重60kgの消費カロリー43kcal(10分ステッパーで運動)• 体重70kgの消費カロリー50kcal(10分ステッパーで運動) 「踏み台昇降の高さが10cmの運動強度は、3. 0METs」 3. 05=消費カロリー 27kcal• 体重50kgの消費カロリー27kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重60kgの消費カロリー32kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重70kgの消費カロリー37kcal(10分踏み台昇降で運動) 「踏み台昇降の高さが15cmの運動強度は、4. 7METs」 4. 05=消費カロリー 42kcal• 体重50kgの消費カロリー42kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重60kgの消費カロリー50kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重70kgの消費カロリー59kcal(10分踏み台昇降で運動) 「踏み台昇降の高さが25cmの運動強度は、6. 4METs 」 6. 05=消費カロリー 57kcal• 体重50kgの消費カロリー57kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重60kgの消費カロリー68. 5kcal(10分踏み台昇降で運動)• 体重70kgの消費カロリー80kcal(10分踏み台昇降で運動) まとめ ステッパー10分あたりの運動は、別の器具との消費カロリーにそこまで大差はありません。 そのため、より簡単にできて自宅でできるステッパーのほうが、継続がしやすくて効果的に痩せていけます。 ダイエットは、何よりも継続できるかが大切ですので、自宅でできるステッパーを取り入れると良いですよ。 人気記事 人気記事.

次の