無料 で 音楽 を 聴く アプリ。 パソコンで音楽を無料で楽しむなら「Spotify」がおすすめ!! | swpregional.cccco.edu

2020年 無料音楽アプリおすすめ5選

無料 で 音楽 を 聴く アプリ

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 様々な音楽アプリが流行しており、スマホで音楽を楽しみたいという方にとってどれがおすすめなのか分からないですよね。 今回は無料で楽しめる音楽アプリのランキング・有料でも無料期間が長く楽しめる音楽アプリのランキングをそれぞれ選んでみました。 シャッフル再生のみ• ストリーミング再生のみ• 広告あり• 日本では2018年11月14日から開始された比較的新しい音楽サービスですね。 YouTubeでも様々なアーティストがミュージックビデオを公開していますが、ミュージックビデオの無い楽曲はYouTubeでは聴けませんでした。 YouTube Musicでは、こうしたYouTubeでは聴けなかった楽曲も追加されるため、 音楽とミュージックビデオがたっぷり楽しめるアプリと言えるでしょう。 また、今後Google Playミュージックも併合されるとのことです。 YouTubeで公開されているミュージックビデオや動画音源にGoogle Playミュージックの配信数が合わさることで、最終的には世界最大の音楽配信アプリになりますよ。 なお、YouTube Musicは無料版と有料版があります。 YouTube Music無料版の制限• 再生前に広告が表示されることがある• オフライン再生(ダウンロード)不可• バックグラウンド再生不可 無料版ではYouTubeで動画視聴する時と同様に、再生前に 広告が表示されることがあります。 バックグラウンド再生もできないので、音楽を聞いている間は他のアプリに切り替えできないことに注意しましょう。 無料版では機能制限が多く30秒間の再生のみですが、曲数も多く 最大3ヶ月無料で聴き放題なので人気があります。 またLINE MUSICの楽曲はLINEのBGMに設定できるので、LINEをさらに楽しくカスタマイズすることができますよ。 LINE MUSIC無料版の制限• 1曲30秒の再生のみ• 音質変更の設定不可能• ダウンロード不可 Androidの方は毎月20時間まで利用できる安価なベーシックプランもあるので、通勤時間等にしか音楽を聞かない方は他のサービスより安く使えるのもポイントです。 有料版にすることで、LINE着信時の 着うた設定もできます。 音楽の視聴は無料版だと制限が多いのですが、LINEをカスタマイズできるので使ったことのない方はぜひインストールしてみてくださいね。 国内発の音楽アプリだけあって、邦楽の充実度はNO. 1です。 更に、Google Playで「2017ベストアプリ」に選ばれるほど人気のあるアプリです。 ジャンル検索や曲名・アーティスト名検索はもちろん、 「気分」で曲を探すといったおもしろい探し方もできます。 今まで聞いたことのない音楽を探すのも楽しめるのが他のアプリと大きく違うところですね。 AWA無料版の制限• オフライン再生不可• フル尺再生不可• プライム会員になる必要があるので、正しくは無料サービスではありません。 しかし、Amazonを日常的に使っている方のほとんどがプライム会員ですよね。 プライム会員の会費は 月額400円なので、月に1回Amazonを利用するなら送料無料になることで簡単にペイできます。 Amazon MUSICでは約100万曲と他の有名サービスより楽曲数は少なく洋楽やクラシック中心です。 邦楽メインの方には少し物足りないかもしれませんが、追加料金なく音楽聞き放題なのでお得度は最高でしょう。 約100万曲では足りないという方も、プライム会員は約4,000万曲聞き放題の Amazon MUSIC Unlimitedが780円で利用できます。 同じ曲数の他サービスは980円が多いので、最安値でフルサービスが受けられるのは嬉しいポイントですよね。 よくAmazonを利用する方や今プライム会員の方は、まずAmazon MUSICを試すのがオススメです。 Spotify:楽曲配信数トップレベル・フル尺で再生可能• Youtube Music:ミュージックビデオも楽しめる• LINE MUSIC:ログインが簡単・LINEでシェア可能• AWA:国内初で邦楽の充実度ナンバーワン• Amazon MUSIC:Amazonプライム会員なら無料で利用可能 次のセクションでは「無料期間のある音楽アプリ4選」をご紹介していきます。 有料だけど無料期間が長い人気音楽アプリ4選 前のページでは無料音楽アプリのおすすめ5選を紹介しました。 ここからは有料の音楽アプリについて紹介します。 結構有料音楽アプリを使っているという方も多いのではないでしょうか。 と言いますのは有料音楽アプリのコスパは悪くないからです。 月約1,000円ほどで多くの曲が聴けて、容量を圧迫しない、バックグラウンド再生ができるとなれば、初めから有料アプリを選んだとしても不思議はありません。 それくらい有料アプリは優れているということです。 第1位:Apple MUSIC• 第2位:dヒッツ• 第3位:Google Playミュージック• 第4位:KKbox• 第5位:RecMusic 1位 Apple MUSIC 画像引用元: Apple MUSICはiPhoneユーザーにはおなじみの「ミュージック」アプリで利用できる音楽ストリーミングサービスです。 無料期間は驚きの 3ヶ月間と、かなり長い期間を無料で楽しむことができます。 洋楽は他のサービスの追随を許さないほど多く配信されているので洋楽好きにはたまらないサービスになっています。 邦楽はメジャーなアーティストが中心となりますが総じて一番使いやすい音楽アプリと言えるでしょう。 また、iTunesから取り込んだ音楽とApple MUSICで配信されている音楽で自分だけのプレイリストも作成可能です。 他のサービスでは配信楽曲しか聞けないものが多いので、好きな曲だけのプレイリストを作れるのは嬉しい機能ですね。 洋楽をたっぷり楽しみたい• iTunesと組み合わせたオリジナルのプレイリストを作りたい• 無料期間でじっくりと吟味したい 2位 dヒッツ 画像引用元: dヒッツはドコモが提供する音楽ストリーミングサービスです。 とはいえ、他キャリアの方も無料のdアカウントを作成すれば利用できる キャリアレスなサービスです。 楽曲数は有料サービスとしては少なく見えますが、メジャーな国内アーティストの楽曲は最速・最多の配信数を誇ります。 月額も500円と有料サービスとしては最安値なので、邦楽しか聞かない方にオススメです。 ただ、オフライン再生は毎月10曲登録できる「Myヒッツ」というお気に入りリストに入れた楽曲のみになります。 使い始めたばかりはストリーミング中心になるので、データ利用量に注意が必要ですね。 2〜3ヶ月後にはMyヒッツメインの利用になるので、データ量を気にせず聴き放題になりますよ。 メジャーなアーティストの楽曲をすぐに楽しみたい• 邦楽だけ楽しみたい 3位 Google Playミュージック 画像引用元: Google Playミュージックは、AndroidでおなじみのGoogleが提供する音楽ストリーミングサービスです。 配信楽曲はApple MUSICに近いのですが、邦楽のマイナーなアーティストやアニソンは少なめという印象です。 Google Playミュージックでは最大50,000曲をクラウドにアップロードして、配信楽曲と一緒に利用できるのも大きな特徴でしょう。 音楽ファイルなら曲数管理なので、 Google Driveを利用している方も容量が圧迫されないので安心です。 Google Driveを利用したい• 洋楽をたっぷり楽しみたい 4位 KKbox 画像引用元: KKboxは 台湾発の音楽ストリーミングサービスです。 他の有料サービスより総楽曲数は少なめですが、メジャーな邦楽は大抵聞けます。 また、支払い方法を設定しなくてもアカウントを作成すれば1ヶ月無料で使えるのも嬉しいポイントですね。 支払い設定なしで無料期間を利用したい• 洋楽・メジャーな邦楽を楽しみたい 5位 RecMusic 画像引用元: RecMusicは、レコチョクが提供していた「レコチョク Best」がリニューアルした音楽アプリです。 RecMusicの楽曲配信量はまだ公開されていませんが、レコチョク Bestの後継アプリなので邦楽の配信量・配信スピードは国内最大級と言ってもいいでしょう。 また、アプリのリニューアルに伴い、音楽だけでなくミュージックビデオが見放題になっています。 音楽だけでなくミュージックビデオもたっぷり楽しみたい方は、RecMusicが最高の音楽アプリになりそうですね。 さらに、あらかじめ作成された1,500以上のプレイリストが聴き放題のRecMusicライトプランも提供されています。 月額324円と格安なので、様々な邦楽に触れたい方は通常プランより魅力的ですね。 なお、アプリがリニューアルされたばかりでApp Store・Google Playストアの評価はレコチョク Bestからの引き継ぎ関係の不具合報告が中心となり低めです。 普通に使う分には問題無いように見受けられますが、レコチョク Bestを使っている方は引き継ぎが問題ないか確認してから旧アプリを削除した方がいいかもしれませんね。 Apple MUSIC:3ヶ月の無料期間でたっぷりと吟味できる• dヒッツ:メジャーな邦楽を最速で楽しめる• Google Playミュージック:Google Driveで管理できる• KKbox:支払い設定なしで無料期間を利用できる• RecMusic:音楽+ミュージックビデオをたっぷり楽しめる 次のセクションでは「無料音楽アプリの注意点」についてご紹介していきます。 無料アプリは違法アプリに要注意!? ここまで本当におすすめの無料音楽アプリと、無料期間がたっぷりある人気の有料音楽アプリを紹介しました。 紹介したアプリをよく見ると、無料アプリで紹介したアプリも「有料サービスの無料版」しかないことに気づいたと思います。 「アプリストアによくあるアプリが紹介されていないな」そう思う方も多いのではないでしょうか。 実は、現在完全無料で提供されているアプリの多くは、 著作権に気をつけないといけないグレーなアプリがかなり多いのです。 YouTubeの動画をダウンロードするアプリ• 著作権無視で音楽を配信するアプリ 完全無料でダウンロード可能な音楽アプリの多くはこのいずれかに該当することが多く、厳密には 違法となります。 特にYouTubeのコンテンツをダウンロードするアプリは、利用者も違法性に問われる可能性があるので利用は避けるべきでしょう。 著作権無視のアプリは、著作権侵害に問われるのは製作元・配信元のみにとどまる可能性もありますが、安全面から利用しない方が無難です。 違法アプリを利用するリスクが高まったと考えられる根拠は、日本が2018年3月8日にTPPに署名したことにあります。 順調に調整が進めば、2019年をめどにTPPの条文に従い著作権侵害は 非親告罪になる見通しです。 非親告罪 被害者の被害届の有無に関わらず告訴できる つまり、今までは親告罪のため無視されてきたスマホアプリも、非親告罪になった後は検挙される可能性が出てくるということです。 今後の動きに注目したいところですが、「今使っても大丈夫だから」と違法アプリを使い続けると、今後逮捕される可能性がグッと高まります。 毎日を楽しくする音楽で、万が一にも 刑事罰に処されたら最悪ですよね。 こうしたリスクを避けるために、今後はこの記事で紹介した著作権に全く問題のない安心の音楽アプリを使いましょう! 人気の無料音楽アプリまとめ 今回は2020年版 人気の無料おすすめ音楽アプリを中心に紹介しました。 もう一度紹介したアプリをまとめると次のようになります。 最後に解説した通り、今後は著作権違反のアプリを使うと逮捕されてしまうリスクが急激に上がります。 今回紹介した音楽アプリをぜひ試して、毎日の音楽ライフをより充実させてくださいね! この記事を読んだ人におすすめの記事• 遂に発売された新型iPhone。 手元に届くのを心待ちにしているという方は多いでしょう。 新しいスマホへ機種変更する時はつい浮かれてしまいますが、データ移行の準備を忘れてはいけません。 今回はそんな機種変更時のデータ移行の中でも忘れてしまいがちな「ダウンロード音楽サービス」に […]• 世界中の4,000万曲以上の音楽が聴き放題になるストリーミングサービス「Spotify」。 主な特徴から無料プラン(Free)と有料プラン(Spotify […]• ここ数年で急成長しているEDM(Electronic Dance […]• 勉強や作業に集中したいとき、周りが騒がしかったり、逆に静かすぎるとちゃんと集中できないものですよね。 私も昔は試験前の勉強でラジオやCDを聴きながら夜遅くまで一夜漬けをしたものです。 本来であれば、音楽を聴きながら勉強や仕事をすることは集中力の低下が懸念されており、 […]• まだ注目を浴びていない新しい音楽に出会いたい!音楽好きならこう思うはすです。 新しい音楽の発掘はやはり「インディーズ音楽」がいいですよね! 今でも、レコード店や音楽ショップに通い店長おすすめの音楽を聴いてみたり、CDジャケットのインスピレーションで買う「ジャケ買い」 […].

次の

【2020】オフラインやWi

無料 で 音楽 を 聴く アプリ

スポンサーリンク スマホで音楽を聴く方法とは? 聴き放題サービスに登録する Spotify 出典: 4000万曲以上の曲が用意されているので、聞き飽きる心配はありません。 しかも、無料で全曲フルで再生可能。 自分に合う音楽を見つけて、今まで以上に楽しい音楽ライフを送れるはずです。 聴きたい音楽を直接検索したり、今聞いている曲に似たようなジャンルの音楽を再生してくれるラジオチャンネルもあります。 プレミアムプランにすれば、広告なしで、スキップ再生も無制限。 YouTube Musicが登場! 出典: YouTube Musicはspotifyと同感覚で使える YouTube music むっちゃええやん、バックグラウンド再生とリスト再生ができるだけでもはやspotify感。 たぶん言いすぎやけど — たまごもり sugaret 音楽配信で有名なspotifyと同じように、バックグラウンド再生やリスト再生に対応。 となると、あとは「 どんな曲が聴けるか」というところが、勝負になるわけです。 youtubeにしかない音楽が聴ける YouTube Music 控えめに行って神 アップルミュージックは借りたやつとか買ったやつも聞けるけど レンタルもしてないYouTubeにしかあげてないアーティストをついに合法で聞けるとなると流石に神じゃないですかね — サンライズさん ebarasun 今のところYouTube Musicは快適そのもの。 今までYouTube上しでしか見られなかったLive映像も音源として楽しめたり、マイミックスだとほんとに好きな音楽しか出てこないから適当に聴きたいときに良い — そねそね calli4im youtubeにはレンタル配信されていない珍しい楽曲や、LIVE音源なども多数存在していますよね。 自分の趣味にあうプレイリストを作ったり、人のおすすめリストをそのまま流すのもOK。 自由度の高い音楽リストを自分のものにできるわけです。 spotify. — アンコウ 社会復帰 dgtanaka とりあえず、いっぱい音楽を無料で聴きたいという人なら、 Spotifyを入れましょう。 4000万曲以上の配信数なので、ほぼ全てのジャンルをカバーしています。 あやしい音楽アプリと違って、版権元と契約して配信されているので、安心して利用できます。 最近Apple MusicからSpotifyにメインを乗り換えました。 より指先で音を渡れる。 「俺の事なんて機械に分かるわけないやろ〜」と思いつつ送られるMix 写真は今日 に身を委ねるのもよし。 音を吸収するのって実は疲れます。 楽しく持続するディグが大事。 最近の俺的お薦めはBeats1、ナタリー、TikTok。 — だいきHOPE:D大希 daehoped CD 買わないけど音楽は好きです。 Spotify大好きです。 本当素晴らしいアプリ。 無料で最新の曲を聴けるなら、CDもダウンロード販売も成り立ちませんよね。 このあたりは、注意しておくべきですが、 無料なので特に損することはありません。 曲をダウンロードしておいて、電波がない場所でも通信なしで音楽を聴くことができます。 スマホ以外でも、PCやテレビなどに連携して音楽を聴くことも可能。 ChromecastやAndroidTVなどと連携することもできます。 30代に差さる選曲だし、歌声色っぽい。 日本の音楽に特化させたいなら、LINEMUSICがおすすめです。 新機能として、好きな曲の一部分を取り出して、LINEに設定することも可能。 最新のトレンド曲をチェックするにも、もってこいの音楽サービスです。 大量の音楽を聞くことができる• 自分を知らないジャンルの音楽に出会える• BGMとしての利用価値も高い 最近流行りの音楽聴き放題サービスに登録する方法。 BGMとして、 裏で音楽を流しながら作業している人に、非常におすすめの方法です。 おそらく全ての曲を聴くことは不可能なくらい数が多いので、同じ曲ばかり聞きたくない人にとっては、嬉しいサービスです。 最新の人気チャートの曲や、過去の人気曲、ジャンルも豊富で、その時の気分によって、聴きたい曲を選べる点は、ポイントが高いでしょう。 自分の知らない音楽にたくさん触れたい人にも、おすすめです。 デメリット• ストリーミングによる通信量の消費• 無料サービスだと広告が入る可能性がある 聴き放題サービスのデメリットが、 通信を消費する点です。 ストリーミング配信の性質上、1曲毎に通信を行う形になるので、wifiなどの通信方式を利用しないと、すぐに利用可能な通信量をオーバーしてしまいます。 通信制限がかかると、曲のダウンロードに時間がかかってしまい、連続再生時などにラグが発生する可能性もあります。 安定した通信環境がない場所で聴くのが、難しい点がデメリットと言えます。 また、無料で利用できるサービスの場合、途中で広告などが入る可能性もあり、それなりに不便ではあります。 有料サービスに入ることで、広告を消すことは可能ですが、それなりに出費はかかってしまいます。 スマホに直接ダウンロードする メリット• 自分の好きな曲だけを取り込める• 最新の曲をその場でダウンロードできる• CDレンタルの手間が省ける• 高音質な音楽データもダウンロード可能(ハイレゾ音源)• 自分用のプレイリストの作成が可能• ストリーミング再生と違って、通信が発生しない• CD販売されない曲も手に入る 直接スマホに音楽データをダウンロードする方法。 この方法なら、 自分の好きなタイミングで、音楽を手に入れることができます。 ダウンロード販売のみの曲も、この方法でしか聞くことはできません。 ハイレゾ音源なら、高音質な音で聴くことも可能です。 現代人ならではの、手軽で便利な音楽視聴方法と言えます。 デメリット• 一曲あたりの価格が高い(アルバム販売ならCDと同価格帯の場合もある)• スマホの容量を圧迫する(高音質データは1曲あたりの容量が大きい) ダウンロード方式での難点が、 価格の高さと、スマホ容量の圧迫です。 高音質となると、1曲あたり300円と少し高額な点が気になるところ。 さらに、1曲あたりのデータ容量も数十MB~数百MBと、かなり容量が必要になります。 スマホで写真を撮ったり、曲以外にデータを利用している人の場合、あまり曲を入れることができないかもしれません。 こういった点は、デメリットと言えるでしょう。 CDから音楽データを取り込む メリット• CD規格(ハイレゾ)の高音質データを取り込める• mp3圧縮データで容量の調整も可能 手持ちのCDや、レンタルしたCDから音楽データをスマホに取り込む方法。 この方法なら、MP3のダウンロードデータよりも、音質の良い音楽データを取り込むことができます。 高音質にこだわる人なら、この方式が良いででしょう。 MP3で取り込むとしても、自分の好きな圧縮方式を決めることも可能です。 デメリット• 取り込み作業がめんどくさい• スマホの容量を圧迫する CDデータの取り込みのデメリットが、 作業が面倒な点です。 一枚一枚データを取り込むとなると、相当な回数が必要になります。 こまめに取り込むとしても、一連の動作を繰り返すのは面倒です。 また、データを圧縮しない場合、ダウンロード方式と同じく、 スマホの容量を圧迫します。 未圧縮データの場合、1曲あたり数十MB以上は確実なので、100曲も取り込めば1GBは余裕で超えます。 SDカードやminiSDカードを大容量のものに変更しないと、スマホの容量に余裕がなくなって、音楽再生以外の動作に影響を与えかねません。 このあたりは注意が必要な点と言えます。 まとめ 無料で音楽を聴きたいなら、SpotifyでOK。 自分の好きな音楽を取り込みたいなら、ダウンロード販売曲か、CD取り込みです。 スマホの容量圧迫• 1曲あたりの値段• 音楽データの音質 それぞれ、メリットとなる点やデメリットとなる点はあります。 自分に合った音楽再生方法をスマホに取り入れて、楽しい音楽ライフを送りましょう!.

次の

パソコンで音楽を無料で楽しむなら「Spotify」がおすすめ!! | swpregional.cccco.edu

無料 で 音楽 を 聴く アプリ

あら、私、今年一枚もCDを買ってないわ! こんなの、音楽を聴くようになって、初めてです。 もちろん音楽は大好きなので、音ネタ集めにはストリーミングサービスを利用しています。 有料のものですが。 ここでは、 無料の音楽ストリーミングサービスだとどんな体験ができるのか、代表的なものを4つ紹介しますね。 みなさんも、音楽ストリーミングサービスに一つくらいは登録しているのでは。 「できればお金をかけずに音楽を楽しみたい」という、そんなあなたにはどんなオプションがあるのでしょう? 広告や制限はあるものの、無料で音楽が楽しめるストリーミングプラットフォームはいくつかあるので、それぞれの特徴をまとめてみました。 Apple MusicやTidalといった、無料プランのないサービスは除外しています(無料トライアル期間があったり、1カ月ごとの登録や退会が可能だったりするのですが)。 Spotify Spotifyの無料プランには、、、、、のアプリ経由でアクセスできるのですが、有料プランと同じようには使えません。 やGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーでも無料プランが使えるのですが、Mixかカスタムプレイリストに限られています。 オススメの曲や人気のプレイリストを選ぶにも、プレミアムプランのものと実質変わりないので、聴きたい曲を選べますし、カスタムプレイリストも作成できますよ。 Spotifyは無料プランでも、いろいろなことができる。 Screenshot: Gizmodo プレイリストに入っている楽曲の早送りや巻き戻しも自由です。 カスタムプレイリストの曲の中で好きなものを選んで聴くことも。 Daily Mixなどの自動生成プレイリストの場合は、複数のトラックをスキップして聴くことはできません。 プレミアムだとできるんですけどね。 それに当然ながら、広告つき。 ストリーミングセッションが始まって最初の30分で広告が入って中断され、その後だいたい15分ごとに繰り返されます。 動画や音声の広告は、お好みでスキップすることも可能です。 モバイル版Spotifyの無料バージョンだと、制限がもう少し多くなります。 たとえば、 (1)楽曲をダウンロードしてオフライン再生することができない (2)最高音質で聴くことができない (3)海外旅行中など、自国以外での再生は14日を上限としている といった具合です。 モバイル版だと、プレイリストの大部分がシャッフル再生。 Screenshot: Gizmodo また、モバイル版アプリの場合、プレイリストの中から曲を選ぶということができなくなっています。 Spotifyによれば、それが可能なプレイリストも中にはあるらしいんですが、自動生成のリストで、しかもその一部だけ。 アルバムやカスタムプレイリストの場合は、スキップ再生も1時間に6回まで。 新規顧客が有料プランに興味を持ってもらうには無料プランが重要ということを、Spotifyはちゃんと理解しています。 それに、特にデスクトップクライアントからだと、一銭も支払わなくとも、いろんな機能を使わせてくれるんですねェ、ありがたや。 無料プランじゃ物足りない、とおっしゃる? それでは月々10ドル(日本では一般の個人向けプランで980円)になります。 まいどあり! Amazon Music なんですが、米国ではAmazon Musicが無料で使えるように!(日本では利用できません…) 、、、Echoシリーズのスピーカーで使えて、プライム会員の会費も不要なんですって!(アラ、うらやましい!)無料の場合は200万曲ほどを利用できますが(米国の場合)、有料のAmazon Music Unlimitedだと現在6500万曲以上。 プライム会員の場合月8ドル(日本では780円)、非会員の場合は月10ドル(同じく980円)の支払いが必要です。 無料版Amazon Musicだと、聴ける楽曲もグッと少なくなるうえに、使うにもかなり制限がかかります。 アルバムから1曲だけを選ぶことすら許されない…。 選ぼうとしたところで、その曲に基づいて楽曲を集めた「ラジオ」が立ち上がるだけ(それには選んだ曲が入っていないときたもんだ)。 無料版Amazon Musicには、カスタムプレイリストのオプションがない。 Screenshot: Gizmodo 楽曲のスキップ再生はできますが、回数は限られています。 次にどの曲が来るかわからないし、広告で再生がちょこちょこ中断されるし…。 Spotifyなんかも同じように広告が入りますが、それより頻度が高いように思えます。 無料版Amazon Musicではカスタムプレイリストなんて、はなから作らす気もないんじゃ? ということから考えると、一曲一曲選びたいという人には向いていないサービスかもしれません。 だけど、ミックスが聴きたいとか、ムードで選びたいというときにはいいのでは。 操作も簡単だし、とっつきやすいし。 ステーションやプレイリストの選曲も満足できるレベルです。 モバイル版アプリにも同じような制限があります。 オンデマンドというよりもオススメの曲を聴かせるようなものだし、広告だらけ。 曲をスキップするのが関の山。 それに言うまでもないけれど、オフライン同期の「オ」の字もありません。 Amazon Musicは広告だらけ。 音楽ストリーミングサービスの無料プランで比較すれば、Amazon Musicは他のものにかなり後れを取っているもよう。 お使いのEchoからときどき音を出したい、という程度ならいいんですが、それが限度でしょうね。 実際のところ、最低限必要な音楽をEchoでお手軽に再生させることだけが目的だったりして。 Deezer 他のサービスより知名度が低そうなDeezerですが、完全無料のプランを提供しています(現在日本では新規登録の場合、30日間の無料トライアルののち、有料になりますよ)。 や、とで音楽ストリーミングサービスが利用できます。 アプリを立ち上げると、お気に入りアーティストのミックスや、音楽ジャンルをベースにしたミックス、ニューリリースなど、オススメのプレイリストがもういろいろと山のように出てきます。 デスクトップクライアントやウェブ上では、特定の楽曲やアルバムを検索したり、自分でプレイリストを作成したり、オンデマンドで再生できたりします。 無料版Deezerを使うなら、パソコンがベスト。 Screenshot: Gizmodo 広告はやっぱり出るんですが比較的少ないですし、それにいくらでも好きなだけ曲をスキップできます。 某Amazon Musicとは違い、再生キューを見ればどの曲が入っているかもわかりますし、いろんな曲を自由に聴けるんです。 ただし、Deezerもモバイル版だと、制限が多くなります。 自作のプレイリストは聴けず、聴けるのはそれをベースにしたミックスだけ。 それに、スキップ再生も1時間に6回のみ。 他にも、プレイリストを携帯電話に同期してオフライン再生することができない、広告も回避できない、最高音質のものも聴けない、のないないづくし。 せいぜいDeezerオススメのプレイリストをシャッフルして、一曲一曲聴くくらいしか…。 で、自分で選んだ音楽を聴くことに関しては、もっと不便です(自作のプレイリストに曲を追加することはできても)。 コンピューターで聴くことがメインでなければ、Deezerの無料版にはあまりメリットがないかもしれませんね。 無料プランだと、Deezerのモバイルアプリで聴けるのは、決まったプレイリストのみ。 Screenshot: Gizmodo 全体的な印象として、アプリ自体は見てみる価値があると思います(プランはいくつかありますが、日本からの新規登録はDeezer HiFiというプランの一択で、無料期間が終了してからは月額1,690円です)。 SpotifyやApple Musicに匹敵するインターフェースや楽曲数、機能もそろっていますし。 でもさっきも言いましたが、無料版の場合、モバイルアプリで使うと差がいくらか出てくるわけです。 それからもう一点。 Deezerをスマートスピーカーやゲーム機など、パソコンや携帯電話以外のデバイスで使う場合には、有料版へのサブスクリプションが必要になります。 YouTubeミュージック 無料版のYouTubeミュージックも、や、のアプリで利用することができます。 Googleのスマートスピーカーでも無料プランが使えますが、特定の曲やアルバムを指定できず、ムードやミックスでしか選べません。 YouTubeミュージックでは、アルゴリズムで生成した、大衆向けのプレイリストを用意しています。 たとえば、アコースティック、まったり系、いいバイブスのラップ、ミュージックビデオTop100、ダンス系、ニューリリースなど、いろいろと選べますよ。 YouTubeミュージックは無料版でも、プレイリストの管理が結構自由。 Screenshot: Gizmodo こういうプレイリスト内でも、スキップ再生や、巻き戻しや早送り、再生キューからの選曲が可能です。 通常のYouTubeと同じように、ときどき広告も入りますが、それも比較的少ない印象です(こちらで検証したときの話ですが)。 それに、スキップできる広告も中にはあります。 特定のアーティストや曲を検索するのもオッケーです。 この曲のあの部分、といった具合に再生箇所を指定するのも可能。 アルバム1枚分の楽曲を並べて、順番に再生することも。 楽曲を選んでカスタムプレイリストを作ることもできるんですが、聴いていてもやはりときどき広告が入って、中断してしまいます。 これはウェブ版でもモバイル版でも同様です。 ですが、Android版やiOS版アプリの場合、選んだ曲を同期してオフライン再生することはできません。 バックグラウンドで聴くこともできないので、アプリを閉じると音楽も止まります。 カスタムプレイリストはすべて、モバイルでも利用可能。 Screenshot: Gizmodo YouTubeミュージックは、無料でも使える機能がたくさんあります。 音楽ストリーミングサービスの無料版としては、多く感じられるかもしれません。 とはいえ、これはYouTubeのシステム上にあるものでしてね…。 つまり音楽を好きなだけ無料で聴けても、定期的に広告が入って中断されるということなんです。 通常のYouTubeアプリを使っている人たちをYouTubeミュージックに引っ張り込みたいなら、無料で使える機能をいくらか提供してもらわないといけませんね。 そうすればお金を使いたくない人たちにとって、ベストな音楽ストリーミングサービスとなってくれるかも。 ご利用の地域や、モバイル版アプリに何を求めるかにもよりますが、無料版ならSpotifyに軍配があがるかもしれませんね。 ストリーミングサービスって、ミックスやステーションなんかで自分が知らない音楽に出会えるところがいいですよね。 世界がグンと広がったように感じています。 あともう一つ、利点があります。 CDだと持っているものを間違ってもう一枚買っちゃったりするんですけど、ストリーミングサービスならその心配も…。 え? 普通は、ない? 私だけ?• Tags :•

次の