モーツァルト の 子守 歌。 『Wiegenlied(モーツァルトの子守歌)』の解説(歌詞・対訳)

モーツァルトの子守歌(フリースの子守歌)

モーツァルト の 子守 歌

Schlafe, mein Prinzchen, schlaf' ein! Schafchen ruh'n und Vogelein. Garten und Wiese verstummt, auch nicht ein Bienchen mehr summt, お眠り 私の可愛い王子様 お眠りなさい 羊も鳥も眠っている 庭も草原も静寂に包まれ 小さなハチさえも羽根を休めている Luna mit silbernem Schein gucket zum Feaster herein. Schlafe beim silbernen Schein, Schlafe, mein Prinzchen, schlaf' ein, schlaf' ein, schlaf' ein! 窓に降り注ぐ月のほのかな光 銀色の明かりに包まれて お眠り 私の可愛い王子様 お眠りなさい なぜモーツァルト作曲とされたのか? 長い間モーツァルト作曲とされてきたが、近年、ドイツの研究家がハンブルクの図書館で発見した18世紀後半頃の歌集に「フリース作曲」の記述を発見し、「フリースの子守歌」と改められるようになった。 モーツァルト作曲とされた理由については、彼の妻が持っていたフリースの楽譜を見てケッヘルが整理番号をつけてしまったから、または、妻の再婚相手が出版した伝記に「モーツァルト作曲」の記述が見られたから等、様々な憶測が飛び交っているが、明確な理由は分かっていないようだ。 映画『ローレライ』の主題歌 2005年公開の日本映画『ローレライ(LORELEI)』では、『モーツァルトの子守歌(フリースの子守歌)』が主題歌として用いられた。 ヘイリーは、フジテレビ系列のドラマ『白い巨塔』(2003年)でもテーマソングを歌っている。 2006年8月より2007年前半まで、『』で有名なケルティック・ウーマンへ参加し、コンサートツアーへ同行していた。 ヘイリーが歌う世界の名曲としては『』が一押し。 関連ページ 『シューベルトの子守歌』、『モーツァルトの子守歌』、『ブラームスの子守歌』など、日本でも有名な世界の子守歌まとめ 歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴 バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の

モーツァルトの子守歌(フリースの子守歌)

モーツァルト の 子守 歌

— 2016 5月 10 12:51午後 PDT 静かな雰囲気のこの曲は、ちょっと変わった手法で作られました。 当時の音楽雑誌が、ラヴェルの師であったガブリエル・フォーレ特集として、彼をたたえる曲を頼んだのです。 その時の条件が、名前「Gabriel Faure」の12文字を音に変換して曲のモチーフとすることでした。 このような規制があったにもかかわらず、繊細な作品をラヴェルは作り上げました。 少ない音数から生み出される美しい静かなメロディーは、どこかミステリアスな感じも漂わせ、静かに眠りの世界へ誘導します。 他にもいろいろ大作曲家が作った子守歌。 他にもクラシックの巨匠たちが作った子守唄は数多くあります。 例えば、ショパン、チャイコフスキー、メンデルスゾーンなどが作品を残していますが、誰が作っても、子守唄は純粋でしずかな雰囲気を持っています。 シンプルなメロディーが繰り返されることが多く、この繰り返しが眠気を誘います。 また子守唄のリズムは、心拍数と似ているといわれています。 このため1歳の赤ちゃんは子守唄を聞くと母親のお腹の中で聞いていた心臓の鼓動を思い出し、安心して寝付きやすくなるのです。 関連記事• いつもの空間の雰囲気を簡単に変えたいときにおすすめなのが、流す音楽を変えること。 5つ星ホテルのような高級感を演出したいときのBGMとしておすすめなのは、クラシックです。 星の数ほどあるクラシック曲の中から、特に気品のある曲を […]• 世の中のお母さんにとって難題なのは、子供を寝かしつけることではないでしょうか。 なかなか寝てくれない子供を寝かしつけるのは一苦労。 そんな時に音楽の力を借りてみてはいかがでしょう。 今回は、寝かしつけにぴったりな音楽の中でも世界で有名な […]• 心ばかりではなく、体のバランスも整えてくれる瞑想。 スムーズに瞑想に入るためには、音楽を流すと効果的です。 瞑想のための音楽は心身をリラックス状態に導いてくれる雰囲気をもったものがおすすめ。 音楽の瞑想への3つの効果とおすすめBGM […].

次の

子守歌(モーツアルト)/うたごえサークルおけら

モーツァルト の 子守 歌

子守り娘 子守唄(こもりうた、 子守歌、: lullaby)は、子供を寝かしつけたり、あやしたりするために歌われるの一種。 世界各国で様々なものが歌い継がれている。 揺籃歌(ようらんか)ともいう。 子供を抱いたり、あるいは揺りかごで揺らしながら歌ったため、そのようなゆっくりしたを持つものが多い。 でも子守唄の名を付けた小品は多く、(まちがって「作」とされることが多い)、、、(ジョスランの子守唄)などのものが有名。 ()やその他のもある。 「ねんねんころりよ」で始まるの「」は、江戸時代より代々受け継がれてきた歴史の長い唄である。 日本の子守唄には、親が歌うのでなく、幼くして故郷を離れた子守り娘が歌ったもの(子守唄というより 守子唄というべきである)も多い。 これらは彼女らが自分の辛さを歌ったものゆえ、歌詞も曲調も暗いものとなりがちであり、中には恨みをぶちまけたり、世間を辛辣に皮肉ったものなども散見する。 子守唄の歌詞には、「眠らぬ奴は頭叩く」()や、「まな板のせて青菜のようにジョキジョキと」()というものもある。 Merriam-Webster's Collegiate Dictionary, Tenth Edition 1999• Faust, translated into English prose, by A. Hayward. Second edition, E. Moxon, 1834, page 285• Hines, Kathleen. "The Art of the Musical Zz: Cultural Implications of Lullabies around the World. " Miwah Li, John Moeller, and Charles Smith Wofford College 2013 : 74. Pathak, Vrushali, and Shefali Mishra. "Psychological effect of lullabies in child development. " Indian Journal of Positive Psychology 8. 4 2017 : 677-680. Levin, S. "The evil eye and the afflictions of children. " South African Medical Journal 32. 6 1958. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の