長襦袢 の たたみ 方。 長襦袢のたたみ方 写真付きで解説します。

振袖のたたみ方とお手入れ・保管

長襦袢 の たたみ 方

振袖の長襦袢とは? 長襦袢とは、和装の下着のひとつです。 素肌の上に直接着用する下着が「肌襦袢」、肌襦袢の上に着用するものが「長襦袢」です。 長襦袢を着ると、着物と肌着の間に一枚、挟むことで歩きやすくなります。 また、着物が汚れないようにするという目的もあります。 袖口や裾などから襦袢が覗くため、襦袢にこだわるという着物好きの方も多いです。 そのため、色や柄などもたくさんあります。 長襦袢はどこで売っている? 振袖を購入した呉服屋さんなどで購入することが出来ます。 ネットで購入することも可能ですが、サイズに合ったものを選ぶことがポイントです。 振袖をレンタルする場合には、レンタルのセットに長襦袢が入っているという場合もあります。 レンタルを選ぶ際には、長襦袢がセットかどうかを確認しておくようにしましょう。 長襦袢単体でレンタルしているケースもあるようです。 長襦袢はどう選ぶ? 長襦袢には、お仕立て(オーダー)とお仕立て上がり(既成品)があります。 オーダーの場合には、着る人のサイズに合った長襦袢になるため、着崩れしにくく着付けもしやすいという特徴があります。 一方、既成品の長襦袢は、比較的リーズナブルで自宅で洗うことができる素材の物が多いという特徴があります。 既成品を購入する場合には、サイズをしっかりと確認しましょう。 (1)長襦袢のサイズの見方 長襦袢は「おはしょり」がないため、身長の約8割程度の長さが身丈の基準となります。 裄(ゆき)の肩幅は、振袖と同じ寸法、、袖幅・袖丈・袖付は2分控え(着物よりマイナス0. 756cm、約0. 7cm)となります。 身幅は、前と後ろで長さがことなり、前幅は8分~1寸(約3,5cm前後)、後幅は3分~5分(約1. 5cm前後)着物よりプラスにしましょう。 既成品の場合、S・M・Lなど、洋服と同じような表示がされています。 Sサイズは身長が140cm~150cm、Mサイズは155cm~160cm、Lサイズは160cm~165cmが適用サイズの平均です。 身丈や裄などが表示されていることが一般的ですので、ご自身のサイズに合うものを選びましょう。 事前にご自身のサイズを確認しておくと、購入する時に迷わずに済みます。 (2)振袖に合わせる長襦袢のポイント 長襦袢には種類がたくさんありますが、基本的には合わせる長襦袢のルールが決まっています。 フォーマルな場では白の長襦袢、セミフォーマルな場では、薄い色やぼかしの物、普段使いのお着物の場合には、色物や柄物などを着物のコーディネートとして楽しむことが出来ます。 振袖の下に着用する長襦袢は、フォーマルやセミフォーマルとは異なり、着物に合わせて選ぶことが出来ます。 ただし、振袖は袖が長いため、軽い素材の長襦袢を着用すると、長襦袢の袖が飛び出てしまうことがあります。 できるだけ良質な素材の長襦袢がオススメです。 長襦袢に半衿(はんえり)をつける場合 半衿は、着物の衿が汚れないようにするために長襦袢の衿部分に縫い付けて使います。 (1)半衿の付け方 物によっては簡単に付けられる工夫がされているものなどもありますが、基本的には自分で縫い付ける必要があります。 最近では動画などで半衿の付け方を確認することも出来ます。 レンタルの振袖の場合には、既に半衿が付いているケースもあるようです。 こちらもレンタルの際に確認してみましょう。 また、着付けをお願いしている場合、「半衿を付けた状態で持ってきて下さい」と言われるので、事前にきちんと半衿を付けておきましょう。 (2)振袖に合わせた半衿を選ぶポイント 長襦袢どうように半衿も種類が豊富です。 振袖の色や柄に合わせて半衿を選びましょう。 半衿ひとつで、振袖の表情を変えることが出来ます。 長襦袢の洗濯とたたみ方 長襦袢は脱いだ後、一度、着物用のハンガーなどで吊るして湿気を取り除きます。 その後、自宅で洗える物は洗濯、洗えないものはクリーニングに出してから、畳んでしまいましょう。 (1)長襦袢の洗い方 ご自宅で洗える長襦袢の場合、半衿、長襦袢のどちらも洗える素材であれば付けたまま洗濯しても問題ありません。 半衿や長襦袢の素材が絹の場合には、半衿を外して、それぞれ優しく手洗いします。 かるく脱水して、半乾きもしくは濡れた状態でアイロンをかけましょう。 クリーニングに出す場合には、半衿をつけたままでも問題ありません。 (2)長襦袢のたたみ方 まとめ 振袖を着る着姿の美しさには長襦袢選びがポイントとなります。 せっかく綺麗な振袖を着るならば、着姿の美しさも追求したいですよね。 振袖を選ぶ際に、身体に合った長襦袢も選んでおきましょう。 既成品のサイズが微妙に合わない場合には、お直ししてもらうことも可能です。

次の

簡単な振袖や着物のたたみ方は?しまい方やお手入れ方法も|帯/長襦袢

長襦袢 の たたみ 方

振袖を脱いだ後の後始末について 成人式の振袖をレンタルした場合でも、自宅で脱いだらお店に返しにいかないといけませんね。 いつまでも着物ハンガーに 干しっぱなしにしていてはいけません。 振袖着物や襦袢のたたみ方を、詳しくご紹介いたします。 【振袖】着物と長襦袢のたたみ方 振袖着物の畳み方は、訪問着や小紋などのお袖の短い着物と基本的には同じですが、袂が長いので狭い場所で、裾側・衿側と上下に分けて たたむのは、慣れないとちょっと大変かもしれません。 できるだけ、着物全体を広げられるくらいの広い場所で、キレイに広げてからたたむのがわかりやすいと思います。 振袖のたたみ方には、「本たたみ」と「夜着(よぎ)たたみ【夜具たたみ】」があります。 夜着たたみは、ふき綿(裾に入れる綿)入りの振袖や花嫁さんの大振袖のような豪華な刺繍の入った着物をたたむ時に使うたたみ方です。 留袖や七五三の着物も「夜着たたみ」することがあります。 一般的な振袖の着物の場合には、「本たたみ」するので良いと思いますが、元々の仕立て上がった際につけられた「たたみあと(折れ線)」がついて いると思いますので、その折り方に従って畳んでください。 振袖の本たたみ 訪問着や小紋など、お袖の短い着物と同じたたみ方です。 着物を汚さないための着付け専用の敷物です。 本来は、 衣装敷きの上でたたんでから「たとう紙」や風呂敷へ移しますが、たとう紙に収めるのなら初めから衣装敷きの上に敷いて、その上でたたむと移動する際に たたんだ着物が崩れるという失敗がありません。 ママやお姉ちゃんの振袖の場合、数年使っている場合には、新しいものに変えてください。 本ページ写真の たとう紙は、もう取り換え時のレベルです。 たとう紙(文庫紙)について 着物のたとう紙について。 たとう紙の種類と取り換え時期の目安など。 裾側・衿側と分けてたたむ方法。 着物を全部広げられない場合でもたためます。 【2】着物の下前側の脇線 脇縫い)を持って、着物の裾を合わせ、キレイにととのえます。 【3】着物の下前側。 衽線あたりに折りアトがあると思うので、その線に沿って衿先のちょっと上あたりまで返します。 衽の縫い目と折りあとが違う場合には、折りあとに従ってください。 【4】着物の上前側。 衿先や衿下・裾線を下前の着物に合わせるように重ねます。 【5】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【6】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【7】ここまでキレイに出来ていれば、背中心(背縫い)がまっすぐ出て、着物の下部が長方形にたためているはずです。 着物の左後身頃が表面に出ていますが、手のひらでポンポンと触って、中にシワができていないか?確認しておきましょう。 【8】下部がキレイにできたら、今度は上部。 裾が乱れないようにくるっと巻いて短くしたら、衿側を左ひざ近くまで引き寄せます。 着物を右へずらすような感じです。 【9】上部は、最初に衿をたたみます。 折あとが付いていると思いますので、三角にキレイに折ってください。 返却後、店舗側で衿を外してクリーニングに出すはずですから。 【9-1】衿は、衿付け(縫い目)に沿ってではなく、少し背縫い側に落ちて、三角に折りアトがあると思います。 【9-2】まず下側の衿を折って、上の衿を重ねます。 【9-3】背縫いの頂点(矢印)を意識して、なるべく衿にシワが寄らないように、折り紙を折るような要領で衿をたたみます。 これを三角に取ってたたみ直すと、衿の折山にこんなに差ができました。 衿肩あきから折って、 キレイに衿がたためるのであれば、縫い目で折っても構いません。 【10】下前の衿に合わせて、上前の衿を折って重ねたら、衿の折山と衿先を左右の手でつまんで引っ張るとピンとなります。 もう一度、衣紋の三角部分がキレイに折り込まれているか?を確認してください。 【11】衿をたたみ終わったら、身頃を触ってシワが無いかを確認し、左袖をキレイに広げて、袖付から折り返して重ねます。 【12】たとう紙の長さ(または、折アトに従って)袖を折り上げて、身頃を2つ折りにして重ねます。 袂を左手で押さえておいて、 身頃を返すと袖が乱れにくいです。 【13】右袖をキレイに広げて、写真丸印のところを手で持って、パタンと裏側に袖を返します。 動画を観ていただくとわかりやすいかと思います。 【14】最後に裏へ送った袂を折り上げれば出来上がり。 【15】衿がキレイに畳めているか?へんなシワやたるみはないか?手のひらや指で確認をしてから、たとう紙のひもをかけます。 普段用の着物でしたら、ワタシはそのまま桐箪笥に仕舞ってしまいますが、大事なフォーマル着物の場合には、 「たとう紙」を使って仕舞います。 【1】衿を左手側にして、脇縫いが両端にくるように着物をたたみます。 上前が上に乗るように重ねてください。 【2】衿肩あきの縫い目にそって、衿を内側に折ります。 【3】内側に折った衿肩あきの上に、左右の衿を重ねます。 折山はもともとの折りアトに従ってください。 【4】着物袖付から、袖を前に合わせます。 【5】着物を崩さないように二つ折りにします。 長い物差し等を当てて折ると、キレイに折れるそうです。 【6】さらに着物を二つに折って完成です。 夜着たたみは、きもの枕を挟んでおくと、折りアトが付きにくくなります。 刺繍が擦れたり、金箔が貼りついたりといったことを防ぐために、和紙を巻いたり・挟んだりすると良いです。 夜着たたみは、「たたみ上がり」の幅が広くなりますので、収納場所を選ぶかもしれません。

次の

長襦袢のたたみ方 写真付きで解説します。

長襦袢 の たたみ 方

襦袢を綺麗にたたむことの重要性と着た後の手入れ 長襦袢もコーディネートのうち 襦袢は着物の下に着るものですが、長襦袢が綺麗に着られていないと、着物も綺麗に着こなすことはできません。 襦袢のたたみ方や収納の仕方が悪くて変なシワができると、着にくいだけでなく着崩れの原因にもなります。 また、着物の後ろ姿では、袖の振りから見える長襦袢の袖が思ったよりも目立ち、チラリとのぞく色や柄はコーディネートのうちとも言えます。 後姿からのぞく長襦袢の袖がしわくちゃでは、せっかくの着物姿もだいなしになってしまいます。 長襦袢、肌襦袢の着た後の手入れ 長襦袢を着た後には、着物と同様に半日くらいはハンガーに掛けておき、湿気を除いてからたたみます。 半襟が汚れていたら、家で洗えるものは外して洗濯をし、正絹の塩瀬や縮緬などの家で洗えないものはクリーニングへ出します。 肌襦袢は直接肌の上に着るものですので、洗濯してからしまいます。 正しくたためると、衿が少しはみ出た形の長方形になりますので、たとう紙に包んで収納します。 身丈は、収納スペースによっては三つ折りでもかまいませんが、折りじわがつくので袖は折らないようにします。 肌襦袢も基本的なたたみ方は同じです。 衿幅の広い長襦袢の場合 長襦袢の衿は、仕立てによって幅の広いものと狭いものがあり、狭いものはたたまずに自然な形にしておきます。 幅広の衿は、まずは首の後ろ側にくる部分を内側に倒すように折り、下前の衿、上前の衿の順に折ります。 襦袢の正しいたたみ方と手入れ方法のまとめ 長襦袢の重要性 ・長襦袢がしわになっていると、着物が綺麗に着られないばかりでなく、着崩れの原因にもなる。 ・後姿では、袖の振りからのぞく長襦袢の袖が意外に目立ち、長襦袢もコーディネートのうちと言える。 襦袢を着た後の手入れ ・長襦袢は、半日くらいハンガーに掛けておき、湿気を除いてからたたむ。 ・半襟の汚れを確認し、必要に応じて家で洗うかクリーニングに出す。 ・肌襦袢は洗濯をしてから、長襦袢と同じようにたたんでしまう。 襦袢の正しいたたみ方 ・基本的には、長襦袢も肌襦袢も同じたたみ方をする。 ・正しくたためると、衿が少しはみ出た形の長方形になる。 ・衿の幅が広い場合は、衿も内側に折る。

次の