精神 分裂 病。 精神分裂症的全球流行病学:全球疾病负担(GBD)报告_精神分裂症_流行病学_全球疾病负担_GBD_医脉通

精神病性症状 ≠ 精神分裂症_精神病性症状_精神分裂症_精神病性障碍_抗精神病药_医脉通

精神 分裂 病

精神分裂病とは 精神分裂病とは統合失調症のことである。 昔は精神分裂病と呼ばれた病気が、現在は名前が変わって統合失調症と呼ばれている。 精神分裂病も統合失調症も同じ精神疾患を指している。 「精神分裂病=統合失調症(統失)」である。 精神分裂病かどうかのチェック項目は3つだけ では、精神分裂病とはどんな病気なのか? 精神分裂病かどうかのチェック項目は3つだけである。 3つの内の1つでも該当すれば、精神分裂病だと診断できる。 1,幻覚(自分自身だけ感じ取れる感覚や痛みや不快感) 2,幻聴(自分自身だけに聞こえる音や声) 3,幻視(自分自身だけに見える存在・霊・メッセージなど) 上記3つのチェック項目のどれかに該当する場合は、その人は精神分裂病だと言える。 通常は、精神分裂病を発症すると、上記チェック項目3つの症状が全部あらわれる。 3つ全部の症状があらわれている場合は、精神分裂病の症状が重い(強い)と判断して間違いない。 ちなみに精神分裂病の症状が軽い(弱い)場合は、幻聴だけあらわれ、幻覚と幻視は殆どあらわれない。 精神分裂病とはどんな病気なのか? 精神分裂病の症状が重い(強い)場合は、幻覚・幻聴・幻視の3つがミックスされた状態で、症状としてあらわれて、それらの症状によって死ぬほど苦しむことになる。 その苦しみたるや凄まじいものがあるので、精神分裂病患者はその苦しみでのたうち回る。 のたうち回ったり、苦しみで暴れまわったり、叫びまくったりするので、精神病院の閉鎖病棟などに閉じ込められて隔離される。 精神分裂病の症状が重い(強い)と妄想もひどくなるので、周りに危害を加える可能性も出て来る。 というわけで、閉鎖病棟に放り込まれて薬漬けにされて、周りに危害を加えないように隔離される。 精神分裂病の幻覚・幻聴・幻視は「自分だけ」にしか感じ取れないし、自分だけにしか見えないし、自分だけにしか聞こえないので、周りの人はその人に何が起きているか全く分からない。 そのため精神分裂病患者が何をするかも分からず、精神分裂病患者を怖いと思う人も多い。 精神分裂病の症状・特徴 精神分裂病の主要な症状は上述した通りで、「幻覚・幻聴・幻視」の3つである。 この3つにより織りなされる派手な症状で、苦しみまくるのが統合失調症の特徴だ。 ただ、ほかの人には見えない(聞こえない・感じ取れない)存在が見えたり・聞こえたり・感じ取れるだけではなく、そこには大変な苦しみが伴う。 恐怖の存在が多く見えたり、聞くにたえない音や声が途切れることなく聞こえたり、痛みや不快感の伴う感覚を四六時中感じたりする。 精神分裂病の症状が重い(強い)場合は、それらの幻覚・幻聴・幻視が自分に対して「敵対的」になる。 敵対的になって自分に猛攻撃をかけてくる。 この幻覚攻撃・幻聴攻撃・幻視攻撃には凄まじい苦しみが伴う。 視覚・聴覚・触覚などを通じて拷問のような攻撃が絶え間なく(休みなく)24時間365日続く。 起きているあいだだけでなく、寝ているあいだも夢の中で攻撃を受ける。 いわゆる悪夢と呼ばれるものを頻繁にみるようになる。 起きているあいだ中、苦しんで、寝ているあいだも夢の中で苦しむのである。 だから、精神分裂病患者は休まることはない。 そして、精神の弱いものから発狂したり、やられて行く。 精神分裂病の顔つき 精神分裂病患者の顔つきだが、普通の人と変わらない。 但し、重い(強い)精神分裂病を発症して長期間経つと顔つきは変わって来る。 毎日の苦しみが滲み出たような顔つきになる。 遅かれ早かれ、毎日の苦しみは顔つきにもあらわれるようになる。 あとは、苦しみが酷過ぎて発狂してしまった場合は、別人のような顔つきになる。 発狂すると、何というか、あほのような顔つきになる。 表現が難しいが、あほのような顔つきというか、ばかのような顔つきになる。 独特の顔つきになる。 精神分裂病は遺伝する? 精神分裂病を発症した人の子供が精神分裂病になる例は多い。 遺伝するかしかないかでいえば、たぶん遺伝すると思う。 よって、子供を産む場合は、精神分裂病を治した後で、産んだ方が良いと言える。 精神分裂病が治ってない状態で子供産んでしまうと、その子供も精神分裂病を発症して苦しむリスクが非常に高まる。 子供に苦しみを背負わせないように、ちゃんと精神分裂病を治してから、子供は産むべきだ。 ちなみに、精神分裂病は原因療法の瞑想で治る病気である。 瞑想をやればやるほど、精神分裂病の症状(幻覚・幻聴・幻視)はどんどん弱くなって行くように出来ている。 なので、とにかく毎日、瞑想をやってやりまくれば良いのである。 そうすれば、段々と精神分裂病の症状が弱まり(軽くなり)、子供を産む際も遺伝云々を気にしなくても済む状態になる。 精神分裂病に薬は良く効くが、薬では治らない 精神分裂病の症状(幻覚・幻聴・幻視)に薬(ロナセン等)は非常によく効く。 薬を飲めば、精神分裂病の幻覚・幻聴・幻視は確実に弱くなる。 但し、薬は対症療法なので、薬を飲んでいるあいだしか効かない。 薬を飲むのをやめると、すぐにおさまっていた症状(幻覚・幻聴・幻視)が復活してしまう。 薬は目先の症状を抑えるだけしか効果がない。 簡単に言うと、薬では精神分裂病は治らないということだ。 薬は目先の苦しみを減らしてくれるだけだ。 苦しみは減らしてくれるが、注意したい点もある。 精神分裂病など、精神病の薬は副作用が物すごい。 薬を飲めば飲んだ分だけ精神分裂病の症状による苦しみは減るが、代わりに副作用による苦しみが増える。 この副作用による苦しみが、精神分裂病の症状に負けないくらい凄かったり(苦しかったり)する。 というわけで、薬は副作用で苦しまない範囲内でしか飲めない。 副作用で苦しまない程度だと、薬の量は少量になるので、精神分裂病の症状をおさえる効果もその薬の量に応じた程度になる。 薬には副作用という障害があるので、飲める量に限界があり、薬だけで精神分裂病の苦しみを取りきることはできないということである。 あと、飲むのをやめれば、精神分裂病の症状は元に戻る(復活する)ので、それも忘れてはいけない。 精神分裂病の治し方。 原因療法の「瞑想」で治る さきほどの遺伝の話のところで、申し上げたが、精神分裂病は原因療法の瞑想をやると治る。 瞑想をやればやるほど、精神分裂病の症状(幻覚・幻聴・幻視)は弱くなっていくように出来ている。 なので、ひたすら瞑想をやっていれば、精神分裂病は治って行く。 では、瞑想を実際どれくらい実践すれば良いのだろうか? 答えは、2500時間である。 精神分裂病の重い(強い)症状が消えるのに瞑想が2500時間ほど必要になる。 重い症状は2500時間の瞑想で消えるが、精神分裂病の軽い症状は残る。 ただ、軽い症状とは言っても仕事や勉強がスムーズにできないくらいの障害は残るので、社会人として生活を送って行く上では大いに問題となる。 この精神分裂病の軽い(弱い)症状をおおかた消すには、さらに3500時間(計6000時間)の瞑想が必要になる。 計6000時間の瞑想を実践すれば軽い症状も大方取れて、勉強や仕事もスムーズに進められるようになる。 瞑想時間が6000時間に至ってやっと社会人としてまともに生活を送れるようになる。 ただ、6000時間でもまだ幻聴は少し残ることがある。 それも完全に消すには、更なる瞑想の実践が必要だ。 この厄介な精神分裂病を治す鍵となるのが瞑想である。 鍵となる瞑想の具体的なやり方に関しては、私が運営する禅定庵で有料で教えている。 精神分裂病を治したい方は、瞑想セッションを利用すると良いだろう。

次の

精神分裂病の症状をチェック!治療方法を知って向きあおう!

精神 分裂 病

抱歉这个热搜大概是前几天的,我就反应及其慢,才想起来写这篇专栏。 当时看到这个热搜的时候就觉得自己的智商被按在地上来回摩擦……. 首先青春型精神病是什么??? 对不起精神病是很多病的合称,它包括精神分裂症,双相情感障碍,人格障碍,抑郁症等等等,所以这个青春型是不可能将所有精神病定性的,这本身就是一个不存在的说法。 其次我们来说青春型是什么。 其三,咱们说说间歇性精神病是个啥,字面意思来说间歇性对应的是持续性。 精神病作为一个慢性疾病,是不会持续发作毫不停歇的。 这个意义上来说,所有精神病都是间歇性的(个人观点)。 我又要拿高血压做例子了,高血压大家都熟悉,它是慢性病,需要靠药物,需要保持情绪平稳和心脏的相对健康,保持血压的相对稳定。 没有高血压的患者持续犯病的吧?持续犯病的高血压患者是不能正常生活的,同理持续犯病的精神病患者,也不能够正常生活。 最后,咱来唠唠花痴。 花痴按照普通人的认知来说,对年轻漂亮的男性或者女性的爱慕。 我还没辞职的时候,也被钟情过,那个病人吃饭也不好好吃,总回头看我,然后笑的还挺瘆人的,我一般就躲的远远的,有一天科室另一个医生看他不好好吃饭就在那傻笑,他就去问病人笑啥,然后他指着我说要和我结婚……我后来就能离他多远就多远了哈哈哈哈哈;我还见过病人天天向外望,问他看啥呢,他就说范冰冰马上就来接他出去了哈哈哈哈哈哈,说实话我也挺想看范冰冰的,但是后来科室新来了个护士,那个病人就换了钟情对象天天缠着小护士去了;还有比如在女病区的男医生人均必会收到至少一封女病人的情书,每天都有好多女病人围着转,想体验后宫佳丽三千的可以去做精神科的大夫哈哈哈哈哈哈。 本文为我原创 本文禁止转载或摘编• 精神分裂症.

次の

精神分裂症的全球流行病学:全球疾病负担(GBD)报告_精神分裂症_流行病学_全球疾病负担_GBD_医脉通

精神 分裂 病

症状 是一种主要以感知、思维、情感、行为等多方面的障碍和精神活动的不协调为表现精神病。 临床症状十分复杂和多样。 其主要症状如下: 1、精神症状 本病的不同类型、不同阶段的临床表现可有很大差别。 但它均具有特征性的思维、情感、行为的不协调和脱离现实环境的特点。 布鲁勒 E. Bleuler 认为,本病的主要临床特点是人格的分裂。 从症状机制出发,分为原发性症状和继发性症状。 布鲁勒所指的原发性症状包括联想障碍 Association 、情感淡漠 Apathy 、意志缺乏 Abulia 和继之而来的内向性 Autism。 Schneider则将的特征性症状称为一级症状。 现分别介绍如下: 1 思维联想障碍: 思维联想过程缺乏连贯性和逻辑性,是精神分裂症最具有特征性的障碍。 其特点是病人在意识清楚的情况下,思维联想散漫或分裂,缺乏具体性和现实性。 病人的言语或书写中,语句在文法结构上虽然无异常,但语句之间、概念之间,或上下文之间缺乏内在意义上的联系,因而失去中心思想和现实意义,称思维松弛。 有时逻辑推理荒谬离奇 逻辑倒错性思维 或表现为中心思想无法捉摸,缺乏实效的空洞议论 诡辩症。 严重时言语支离破碎,甚至个别词语句之间也缺乏联系,即破裂性思维。 思维障碍在疾病的早期阶段可仅表现为思维联想过程在内容意义上的关联不紧密。 此时病人对问题的回答叙述不中肯、不切题,使医生感到与病人接触困难,称联想松弛。 思维障碍的另一类形式,是病人用一些很普通的词句、名词,甚至以动作来表达某些特殊的、除病人自己外旁人无法理解的意义,称病理性象征性思维。 此时病人往往以同样方式创造新词,把两个或几个完全无关的概念词或不完整的字或词拼凑起来,赋予特殊的意义,即所谓语词新作。 精神分裂症患者的联想过程可在无外界因素影响下突然中断 思维中断 ;或涌现大量的强制思维 思维云集 ,有时思维可突然转折,或出现一些无关的意外的联想。 这类联想障碍往往伴有较明显的不自主感,病人感到难以控制自己的思想,并常常作出妄想性判断,如认为自己的思维受外力的控制或操纵。 2 : 情感淡漠、情感反应与思维内容以及外界刺激不配合,是精神分裂症的重要特征。 最早涉及的是较细腻的情感,如对同志的关怀、同情,对亲人的体贴。 病人对周围事物的情感反应变得迟钝或平淡,对生活、学习的要求减退,兴趣爱好减少。 随着疾病的发展,病人的情感体验日益贫乏,甚至对那些使一般人产生莫大痛苦的事件,病人表现淡漠,丧失了对周围环境的情感联系 情感淡漠。 如亲人不远千里来探视,病人视若路人,也不能唤起病人任何情感上的共鸣。 在情感淡漠的同时,病人可对细小事件产生爆发性情感反应。 此外,可见到情感反应在本质上的倒错,病人流着眼泪唱愉快的歌曲,笑着叙述自己的痛苦和不幸 情感倒错。 病人对社交、工作和学习缺乏要求:不主动与人来往,对学习、生活和劳动缺乏积极性和主动性,行为懒散,无故不上课,不上班。 严重时终日卧床或呆坐,无所事事。 长年累月不理发、不梳头,口水含在口内也不吐出。 有些病人吃一些不能吃的东西,如吃肥皂、昆虫、草木,喝痰盂水,或伤害自己的身体 意向倒错。 病人可对一事物产生对立的意向 矛盾意向。 病人顽固拒绝一切,如让病人睁眼,病人却用劲闭眼 违拗。 或相反,有时病人机械地执行外界任何要求 被动服从 ,任人摆布自己的姿势,如让病人将一只腿高高抬起,病人可在一段时间内保持所给予的姿势不动 蜡样屈曲 ,或机械地重复周围人的言语或行为 模仿言语、模仿动作。 有时可出现一些突然的、无目的的冲动行为:如一连几天卧床不动的病人,突然从床上跳起,打碎窗上的玻璃,以后又卧床不动。 上述思维、情感、意志活动三方面的障碍使病人精神活动与环境脱离,行为孤僻离群,加之大多不暴露自己的病态想法,沉醉在自己的病态体验中,自乐自笑,周围人无法了解其内心的喜怒哀乐,称之为内向性 Autism。 最常见的是幻听,主要是言语性幻听。 病人听见邻居、亲人、同事或陌生人说话,内容往往使病人不愉快。 具有特征性的是听见两个或几个声音在谈论病人,彼此争吵,或以第三人称评论病人 评论性幻听 ;语声常威胁病人、命令病人 如不许病人吃饭、让病人跳车 ,或谈论病人的思想,评论病人的行为。 有时声音重复病人的思想,病人想什么,幻听就重复什么 思维鸣响。 如病人对医生讲:我在想对医生说什么,还没有来得及说出来,但我的思想已在外面说出来了,广播了。 病人行为常受幻听支配。 如与声音做长时间对话、发怒、大笑、恐惧、或喃喃自语,作侧耳倾听状;或沉醉于幻听之中,自笑、自言自语、作窃窃私语状。 幻听可以是真性的,即声音来自客观空间、外界。 较常见的是假性幻觉,即病人听见脑子里有声音在对话。 幻视也不少见。 精神分裂症幻视的形象往往很逼真,颜色、大小、形状清晰可见。 内容多单调离奇。 如看见一只手、半边脸、没有头的影子,灯泡里有一个小人等。 幻视的形象也可在脑内出现,病人说是用内眼看见的。 即假性幻视。 幻视常常与其他幻觉一起存在。 人格解体在精神分裂症有一定特点,如病人感到脑袋离开了自己的躯干,丧失了体重,身体轻得好像风能吹得起来,走路时感觉不到下肢的存在等。 于清汉将其归纳为3类:即精神人格解体;感到精神活动不存在或不属于自己;躯体人格解体;躯体某部分不存在或不属于自己的身体;现实人格解体;对环境缺乏真实感。 内容以关系妄想、被害妄想和影响妄想最为常见。 主要特点是: A. 内容离奇,逻辑荒谬,发生突然。 妄想所涉及的范围有不断扩大和泛化趋势,或具有特殊意义。 如认为周围人的一举一动是针对他的;所到之处,无论街上、学校、公共汽车、医院人们都在议论他;报上广告、电台广播节目都含沙射影地说他。 自然界的变化,以及举手、咳嗽、吐痰、关门、刮风、下雪、窗前飞来一只小鸟;都是信号,有特殊意义,也就是暗示自己将要发生什么。 病人对妄想的内容多不愿主动暴露,并往往企图隐蔽它。 病人不愿回答与妄想有关的问题,包括对自己的亲人。 由德国Jasper描述的原发性妄想几乎只见于精神分裂症。 此时妄想的产生并不以感知、意识、情感或其他,或病人的特殊心理状态为基础,而一旦出现,病人立即深信不疑。 如病人从外地旅行回来,一下火车,突然感到环境的气氛发生了变化,周围人的神色反常并用特殊的眼光看着自己,行人从身旁走过时,回头看他一眼,都是信号。 精神分裂症的特征在精神自动症中表现十分突出。 病人坚信有外力在控制、干扰和支配自己的行动和思想,而自己则完全不能自主,甚至有某种特殊的仪器、电波、电子计算机或一种莫名其妙的力量在控制自己。 有的病人则坚信自己的内心体验或所想的事已尽人皆知,搞得满城风雨了,即内心被揭露感。 如被控制感、强制性思维与假性幻觉、内心被洞悉感相结合出现,即所谓康金斯基-克拉伦波精神自动症综合征。 精神自动症最早由Clerambault描述,分感觉性 各种感觉异常 、运动性 强制性冲动行为 和言语性思维 内部的语声、思维云集、思维鸣响 3种,认为后者对精神分裂症最具有特征意义。 躯体方面的影响妄想,如电、烧灼感等,可见于较浅的朦胧状态和某些器质性精神病,特异性较前者差。 病人的姿势极不自然,如病人卧在床上,头与枕头间可隔一距离 空气枕头 ,也有日夜不动地闭目站立。 可见蜡样屈曲,病人的任何部位可随意摆布并保持在固定位置。 有时可突然出现冲动行为,即紧张性兴奋:病人行为冲动,动作杂乱,做作或带有刻板性。 精神分裂症病人一般没有。 妄想、幻觉和其他思维障碍一般都在意识清楚的情况下出现。 自知力缺如。 精神分裂症并不必须具备上述各项症状。 因疾病类型、临床阶段可有很大不同,一般在急性阶段,临床症状以幻觉、妄想、援引观念为主,这类症状又称阳性症状。 在慢性精神分裂症,临床的主要症状是思维贫乏、情感淡漠、意志缺乏、孤僻内向为主,又称阴性症状。 这种区分是相对的,首先临床占主导症状因类型而异;其次同一阶段病人可具有急性和慢性两种症状。 以情感淡漠,伴幻觉的被害嫉妒妄想、思维内容贫乏,情感倒错、评论性幻听和怪异不系统妄想较为常见。 躯体和神经系统变化 精神分裂症患者的神经系统检查,如发现有个别神经系统体征,通常不稳定,都不具有特征性。 血液和脑脊液一般正常。 二、体征 紧张性木僵状态病人的躯体变化较为明显。 神经系统体征可见肌张力增高,腱反射亢进,极少数病人尚可出现病理反射或阵挛现象。 感觉方面常见痛感减低,瞳孔对光反射迟钝,对疼痛刺激引起的瞳孔散大反应减弱或消失。 自主神经方面可见副交感神经张力增高,如脉搏缓慢,瞳孔扩大及出汗,有时可见唾液分泌及皮脂腺分泌增多。 血管运动方面可见四肢发绀、皮肤发凉、局部水肿等。 三、诊断标准 至少有下列 2项,并非继发于意识障碍、、情感高涨或低落,单纯型分裂症另规定: 1. 反复出现的言语性幻听; 2. 明显的思维松弛、思维破裂、言语不连贯,或思维贫乏或思维内容贫乏; 3. 思想被插入、被撤走、被播散、思维中断,或强制性思维; 4. 被动、被控制,或被洞悉体验; 5. 原发性妄想(包括妄想知觉,妄想心境)或其它荒谬的妄想; 6. 思维逻辑倒错、病理性象征性思维,或语词新作; 7. 情感倒错,或明显的情感淡漠; 8. 紧张综合征、怪异行为,或愚蠢行为; 9. 明显的意志减退或缺乏。 四、分类 按照中国分类与诊断标准第三版(CCMD3),根据占主导地位的临床表现分为:偏执型分裂症,青春型分裂症,紧张型分裂症,单纯型分裂症,末定型分裂症;根据所处疾病的病期和预后分为:精神分裂症后抑郁,精神分裂症缓解期,精神分裂症残留期,慢性精神分裂症,精神分裂症衰退期。

次の