柴咲 コウ 会社。 柴咲コウが経営するレトロワグラースは何の会社?会社のコンセプトは何?

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及: J

柴咲 コウ 会社

柴咲コウの歌はドラマの数々の主題歌に起用されています。 映画『黄泉がえり』では、役名「RUI」名義で曲名(月のしずく)映画の役柄であるRUI名義 福山雅治主演ドラマ『ガリレオ』では曲名(Kissして) 『世界の中心で、愛をさけぶ』では曲名(かたちあるもの) 柴咲コウが主演するWOWOW連続ドラマ『W坂の途中の家』では曲名(silence)が起用されています。 柴咲コウは結婚しない? ハーゲンダッツの柴咲コウの着物姿が美しくて「きれい…!」って思わず声出ちゃったよ いいなぁ~素敵。 経営は、 ・アパレル事業 【 ミ ヴァコンス(MES VACANCES)】 ・食品事業 【Les Trois Graces Online Store】 ・エンターテインメント事業 【柴咲コウのオフィシャルウェブサイト】 の3本柱。 (女優活動は、所属のスターダストプロモーションで行っています) 自身環境問題にも力をいれ、2018年には環境省から「環境特別広報大使」に任命されています。 2019年12月20日(金)、柴咲コウが小泉進次郎環境相と対談を行い、「環境特別広報大使」としての活動報告を致しました。 自身の活動を振り返り、ファッションやエンタメから環境への意識を持ってもらうことなど、同大使への取り組みに対する意欲を語っております。 会社登記簿謄本によれば、設立時は資本金が10万円だったのが、その1年後には約8,500万円、そして約1億6千万円に増加しました。 資本金が増えれば増えるほど大きい会社とはいちがいには言えませんが、事業を拡大し続けているのは間違いないところです。 l3g. pdf)によると、 ベンチャーキャピタルの BDashVentures株式会社 及び アライドアーキ テクツ株式会社 証券コード: 6081 より、総額 1. 62 億円の資金を調達したとのことです。 まず BDashVentures社ですが、この会社は純粋なベンチャーキャピタルで、「次世代を担う有力インターネット企業の輩出」を目的に、国内外の有望なスタートアップや有力ベンチャー企業への投資を行っているようです。 果たして、経営手腕はどうなのだろうか。 「実情はなかなか苦戦していますね」 とは、IT業界関係者。 「通販サイトがリニューアルしたことを受けて、現在、出血大サービスのセールをおこなっているんです。 通常のECサイトはクーポンなどが配られることが多いのですが、柴咲のキャンペーンは過剰ですね」 と、苦笑する。 覗いてみると確かに。 「自分がしたいことすべてをプロデュースして販売しようとした結果、手を広げすぎたんでしょう。 志の高さと実際の経営手腕は別問題ですからね。 dailyshincho. また、 19歳の時に乳がんが原因で母親を亡くしたことも一つの大きなきっかけになっています。 「何が原因だったのか」「何が悪かったのか」と考えて、行きついたのが「衣・食・住」。 先月は化学調味料不使用のレトルト食品ブランドをリリースしたので、「衣」の部分で消費者としてただ買うだけではなく、提案する側になりたいと考えました。 fashionsnap. 食事にもこだわっていて知識を深めているらしく、 柴咲コウのインスタにも身体を労る手料理がたくさん投稿されています。 柴咲コウのインスタグラムの料理のこだわりが 身体が欲しがるものを食べているという柴咲コウの料理には、 手作りの梅干しや、梅酒も登場します。

次の

柴咲コウが設立した会社の商品や評判は?社長としての腕はどうなのか?

柴咲 コウ 会社

2020年3月31日、所属事務所を退社し独立 3月31日、柴咲コウさんが所属していた事務所スターダストプロモーションの契約が満了になり退社し、独立したことが話題になりました。 今後は、柴咲コウさんが2016年に設立し、代表を務めている「レトロワグラース株式会社」が女優活動などのマネジメント業務ももやるそうですね。 私、柴咲コウは、株式会社スターダストプロモーションとの「マネジメント業務に関する契約」が2020年3月31日をもって終了し、同社から円満に退社しましたことを、ここにお知らせ致します。 本年4月1日以降は、私が代表を務めますレトロワグラース株式会社にてマネジメントを行って参ります。 これまで長年にわたりご支援いただきました関係者の皆様、そしてデビュー前より21年間に渡って柴咲コウを育てていただいたスターダストプロモーションには、心より感謝申し上げます。 今後も引き続き女優として精進して参りますが、企業活動を通して環境や社会に貢献するための活動にもより一層力を入れて参りたいと存じます。 今後とも一層のご指導並びに変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 柴咲コウ(コウたま)さん、心機一転頑張ってくださいね。 これからは海外での活動も増えそうですね! 柴咲コウ「レトロワグラース株式会社」の代表として実業家活動 2016年、柴咲コウさんは「レトロワグラース株式会社」を設立。 現在も代表を務めているようです。 柴咲コウがYouTubeチャンネル本格化 芸能人のYouTuber化が進んでいますが、柴咲コウさんもついにYouTubeを本格的に更新していくようです! 柴咲コウさんのYouTubeチャンネルは以前からもあり、今までは歌手活動の方、ソロ曲のミュージックビデオをメインに更新してました。 伝説のオペラ歌手・双浦環(ふたうら たまき)役を演じられるそうです^^ 柴咲さんは歌手活動をやってきて、歌声もとても素敵ですが、オペラは全く歌い方が異なり、役のオファーを引き受けた時は、かなりプレッシャーを感じていたようです。 2019年8月から、オペラのレッスンをやって、一から練習してきたんだとか。 3月30日からスタートだなんて!! でもBSプレミアムで土曜に1週間分の再放送あるみたいなんでそっちを録画する。 柴咲コウのオペラ歌手役楽しみだ。 この週末引きこもって 全50話見てやる(笑) — takafuji mitsui Mm916bipSanki 柴咲コウさんが出演されているドラマや映画は、名作ばかり! 柴咲コウは環境特別広報大使としても活動 2018年7月6日、環境省の環境特別広報大使に任命され、環境貢献活動もやっているようですね。 活動幅が本当に広くて、柴咲コウさんはますますかっこいい女性になっている・・・! これからはどんな新しい活動をされていくのかにも注目ですね^^.

次の

柴咲コウが社長を務めるIT企業『レトロワグラース』公式サイトで「ほうじ茶」売って上場目指す

柴咲 コウ 会社

女優であり歌手でもある柴咲さんは、実生活でも「城主」としての顔を持つ。 昨年11月、音楽事業、ファンクラブを前身としたメディア事業、そしてEC事業の3つを核にした会社を立ち上げ、代表取締役CEOに就任した。 これまでに培ってきた経験を生かしながら、新たな分野にも挑戦している。 試みのひとつとして、柴咲さんが地方の職人たちを訪ね歩く模様を発信するとともに、実際にプロダクトを作り販売するところまで一貫して企画・制作を行っている。 柴咲コウさんが今、起業という新たな挑戦をするに至った背景に、一体何があったのだろうか。 そこには柴咲さんが抱える問題意識があった。 来年には芸能活動20年目を迎える柴咲さん、自身が歩んできたキャリアを「受け身だった」と振り返る。 JAPAN) 「お芝居の仕事に関して言うと、思えば、たまたまスカウトされて、事務所に入ってわりとすぐに仕事をいただけるようになって……。 言ってしまえば、受け身だったんです。 必要としていただいているということなので、ありがたいですし、悪いことではないと思うんですけどね。 ただ、その中で逃してしまったご縁もきっとあったのだろうな、と。 今までは、やりたいことがあっても悶々とするばかりで、それをアウトプットすることがなかった。 でも今回、近しい人たちに『会社を作りたい』と話してみたら、『え、できるんじゃない?』と言われて、実際に会社を経営されている方をはじめ、多くの方からいろんなヒントをもらえて。 それで気づいたんです。 やりたいと思ったら口に出せばよかったんだ、と」 映画やドラマの現場では、監督やプロデューサー、さまざまなスタッフとコミュニケーションを取りながら、作品を作り上げていく。 しかし一方で、慣習や口約束で物事が取り決められ、物事が進んでいくことも多いという。 そんな中、「女優」や「歌手」としての自分だけでなく、ひとりの「人」として自分の人生を考えた時に、より能動的に、物事を生み出していきたいという欲求が膨らんできたのだ。 「プロの方がしっかりサポートしてくれて、実演だけに没頭できる環境というのは良いと思うんです。 ただ、『自分の人生』というものを考えた時、理屈が分からないまま、物事の芯が分からないまま生きていくのはもったいないと感じる部分もあって。 表現する場やその世界とまた別の、自分が納得できる場を新たに作れば、何か意見を言ったとしても、誰からも『出過ぎだ』と言われることはない。 それが会社という形で実現できるのでは、と。 私一人の力は限られているけど、そこに一人でも多くの人が関わると、可能性が広がる。 東京と地方を行き来する理由 柴咲さんは今、日本各地でものづくりに携わる人びとを足繁く訪ねている。 佐賀の茶師・松尾俊一氏や千葉の育種家・三宅泰行氏、沖縄のガラス作家・おおやぶみよ氏、京都の染織家・冨田潤氏、京都の和菓子作家・杉山早陽子氏など、暮らす場所やそのバックボーン、作り出すものもさまざまだ。 「ささやかなことの積み重ねがそこにあって、日々慈しんでいるものが息づいている。 モノを作り上げて、時には雇用が生まれて、循環していって、その土地から離れている人のもとに届く。 その営みが素晴らしいな、って」 そうやって出会った職人、作家たちと協力し、商品を開発している。 たとえば、日本茶の名産地である佐賀県嬉野市では茶師・松尾氏の生み出す「水出し茶」や「紅ほうじ茶」、千葉県茂原市の育種家・三宅氏とのコラボレーションで生まれたオリジナルブーケなど。 地方に息づく素材の魅力をそのまますくい上げた逸品ばかりだ。 訪ね歩く職人は地方が多いが、柴咲さんは特に意識して地方へ目を向けている、というわけではないという。 「地方だから、東京だから、とは言い切れないですよね。 たとえば東京でも、街や状況、そこに集う人が違えば雰囲気も変わるし、目まぐるしいほどの変遷もある。 けれども地方へ行くとまた出会える人も違ってくるから、それぞれに暮らす人と彼らの感性と出会える場所、というのはあるかもしれない。 それこそ、私が生まれ育った場所にはもう実家がありませんし、そこに親しい友人がいなければ、疎遠な場所になってしまう。 結局は、自分の親しい人がいる場所が、ずっと親しい土地として続いていくんだろうなと思います。 私の記憶にある景色もどんどん変わって、空き地もなくなって、コンビニやマンションになっていく。 それでも愛しい場所には大抵、自然があるんですよね。 木が1本生えていたり、公園だったり。 何か、ずっとオアシスのような場所を探しているのかもしれません」 根底にあるのは、人と自然との共生への憧れだ。 たとえば、ものにしても、私が心ひかれるのは、人の心や愛がそこに見えるようなもの。 『愛を求める』というと語弊があるかもしれないけど、それを日々、暮らしの中で少しでも見つけていたいのかもしれません」 膨大な情報の渦、目まぐるしく変わり続ける世界の中で、彼女のようなスタンスを保ち続けられることの稀有さ。 それこそが、彼女を輝かせ続けているのだろう。 「日本にずっと残っているもの、親しまれているものには強さがある。 だからこそ、それを伝えようとしている方々を応援したいし、自分も巻き込まれたい。 人が人をつないで、関わっていくのが楽しいし、その良さを多くの人に伝えていけたらと思います」.

次の