長岡 市 新型 コロナ。 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた「緊急小口資金等」特例貸付について

【生活】新型コロナウイルスで美容室は大丈夫?

長岡 市 新型 コロナ

説明する県の担当者(写真中央は健康対策課の中山均課長) 新潟県は、昨日(21日)に新型コロナウイルスに感染した長岡市の患者(30歳代男性)の行動歴などについて明らかにした。 男性は県内26例目感染患者で、家族経営の会社で働いているという。 また15日(時間帯は不明)に悪寒、関節痛の症状が出たという。 17日には38度台の熱があり、A医療機関を受診(この日から、会社を休むとともに、家族も含めた他人と接しないよう別室で自宅療養)。 19日には発熱と咳が継続したほか、下痢の症状があったことからA医療機関に電話で相談、主治医が新型コロナ感染の疑いがあると判断し長岡保健帰国者・接触者相談センターに連絡。 また男性は、電話相談の後、熱が下がらないことに不安を感じ、B医療機関を受診し、インフルエンザ検査で陰性となっている)。 20日に帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査のため検体を採取。 21日陽性と判明。 長岡市赤十字病院に入院した。 22日は38度台の熱、咳、下痢の症状があるという。 県では、「15日の発症と考えてよい。 決め付けるわけにはいかないが、県外で感染した可能性が高い」としている。 なお、男性は10日以前に大阪などにも行っていたが、クラスター感染の場となったライブハウスには足を運んでいないという。 濃厚接触者は18名 一方、現時点で把握している男性の濃厚接触者は、家族、職場、医療関係者など18名(すべて県内在住)。 すべてPCR検査を行う予定で、すでに8名は検査を終えて陰性となっている。 残りの10名も順調に検査が終われば、明日中(23日中)にも結果が判明する。 なお新幹線については、男性本人の話によると、コロナ感染拡大に伴って空席が目立ち、いずれも乗車時も前後左右に乗客はいなかったという。 また、東京出張の際、男性は父親と出張することが多いというが、3月10日以降の東京出張の時、父親と行動を共にしていたかどうかは現在確認中。

次の

新型コロナ対策、新潟大学とオンヨネ(長岡市)がウイルス低減効果があるマスクを開発

長岡 市 新型 コロナ

(長岡市社会福祉協議会)【6月3日更新】• (市営住宅相談室)【6月1日更新】• (学務課)【6月1日更新】• 【6月1日更新】• (生活支援課)【5月26日更新】• (特別定額給付金室)【6月17日更新】• (国保年金課)【5月15日更新】• (国保年金課)【5月14日更新】• (子ども・子育て課)【5月15日更新】• (新潟労働局)【5月7日更新】• (消費生活センター)【5月1日更新】• (消費生活センター)【4月30日更新】• (生活支援課)【5月26日更新】• (生活支援課)【5月8日更新】.

次の

長岡市で感染経路が不明なコロナ感染者を確認

長岡 市 新型 コロナ

管内を含め、新潟県内で新型コロナウイルス感染症が確認されています。 住民の皆様におかれましては、冷静な対応をお願いいたします。 発生状況は、新潟県・新潟市ホームページをご確認ください。 県では、 3月10日 火曜日 から、「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」を設置します。 受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く) 8:30~17:00 受付電話番号 025-282-1754 このコールセンターは、「帰国者・接触者相談センター」への相談がつながりにくい状況であることを解消するため設置されました。 症状がない方の相談を受けつけています。 なお、ご自身の症状に不安がある方は、地域の保健所の「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。 また、地域の保健所へ相談希望の方は「一般相談窓口」で今までどおり相談を受け付けています。 長岡保健所に「新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センター」を設置しています 【設置目的】 ・感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかが分からないという住民の方々の不安を軽減し、また、患者を診療体制等の整った医療機関に確実につなぎ、医療機関を発端とした感染症のまん延をできる限り防止する観点から設置するものです。 ・センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 次の症状がある方は下記を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 帰国者・接触者外来が十分な準備、診療体制で受診できるよう調整するため、帰国者・接触者相談センターへのお電話は原則として平日の受付時間にお願いします。 やむをえず土日・祝日・振替休日や夜間に緊急の連絡が必要な場合は長岡地域振興局警備室(0258-38-2501)にご連絡ください。

次の