金柑 栽培。 金柑の育て方|剪定の方法や収穫の旬の時期、栽培のコツは?

金柑の木の育て方が分かる!地植え・鉢植え、剪定方法や肥料は?

金柑 栽培

但し、マイナス5度以下になると栽培は厳しいので、東北北部から北海道などでは外では気温が下がるので温室や日当たりがよい窓際などでないと栽培は難しいかもしれません。 (2012年3月12日) キンカンも簡単に栽培できるので鉢植えでやってみようと思い、インターネットで苗木を購入しました。 高さは60cmぐらいあり、1月に購入したのですが、黄色い果実もついているものが届きました。 キンカンは常緑樹ですので冬でも葉は緑色そのままなのです。 それに果実は秋から冬にかけて黄色く色づくので購入した1月は収穫期ですので果実がなっていました。 キンカンは冬に収穫できる数少ない果樹です。 でも背丈が60cmでもちゃんと実がなっているのを見るだけで楽しいですね。 購入価格は送料込みで1600円です。 ビニールポットで届きましたので8号鉢に移し換えました。 写真は届いてから2ヶ月以上経った3月12日のものです。 届いた1月の頃と変わらずに実がなっています。 この状態はいつまで続くのかやってみたいところですが、少ししぼんできている果実もあるのでそのうち収穫しようと思っています。 (2012年3月27日) あれから2週間以上経過して収穫してみました。 キンカンの果実は15個ほどなっていたのですが、しぼんでしまったのは捨てました。 残っているものもしぼみかけています。 1個食べてみましたがちゃんとキンカンの味でした。 (あたりまえですね) キンカンの収穫は1月〜2月がよいのですが、苗木が届いた1月12日の時点で収穫しておけば、もっとみずみずしい果実が取れたと思うのですが、 小さい苗木にキンカンがなっているのを見たら収穫できなくなってしまい、そのままの状態で置いておいた次第です。 次の収穫が楽しみです。 写真は収穫後のキンカンの苗木です。 暖かくなってくると新しい枝が伸びてくると思います。 ここは関東で冬の外でも氷点下にはめったにならないので外に置いておいたのですが、葉がかれる事もなくグリーンの状態です。 (2012年5月19日) 5月に入ってからやっとキンカンの新芽が出てきました。 5月19日の新芽の状態です。 この苗木の枝の先は剪定してあるのですが、 新芽はその剪定してある枝の先端付近から出てきました。 (2012年7月26日) 7月20日ごろから白い小さな花のつぼみが出ていましたが、今日キンカンの花が咲きました。 細長い5〜6枚の花びらがあり、真ん中に黄色い雌しべがあります。 よく見ると葉の付け根から1cmぐらいの花の枝のようなものが1〜2本伸びていて、その先に花がいています。 (2012年8月29日) キンカンの花が咲いて一ヶ月が経って、キンカンはグリーンの実をつけました。 花がいっぱい咲いた枝の先のほうによい実がついています。 写真の実は直径5〜7mmぐらいのものです。 数えてみたら全体で12個確認できました。 苗を買った時点で12個実がなっていたのでそれよりも少ないですね。 前に7月26日に花が咲いたという報告をしましたが、その花が散ってしまった2週間後ぐらいにまた花が咲きました。 遅れて咲いた花の部分にはまだ実が確認できませんでしたのでこれから実がつくと思われますので最終的にはもう少し増えると思います。

次の

キンカン類の育て方

金柑 栽培

食用、観賞用などあります 「キンカン」は、ミカン科キンカン属に分類される常緑低木の果樹です。 皮ごと生食しても、甘くてとてもおいしいですが、 甘露煮やジャム、シロップ、果実酒の材料としても人気です。 キンカンシロップは風邪やのどの痛みによく効きます。 栄養面でも非常にすぐれているといわれるキンカン、 初心者でも栽培しやすい果樹ですので、庭木、鉢植えとしてオススメです。 2~2mほどに生長し、寒さや病害虫に強い品種として知られています。 かわいらしい花からはとてもよい香りがし、 育てやすいことから初心者にもオススメの品種です。 果重は11~13g。 品質がよく生食用に市販されているキンカンのほとんどがこちらです。 宮崎県名産の「たまたまきんかん」などのブランドもこの品種です。 枝は分枝が多く、若い枝には刺があることがあります。 夏から秋にかけて3~4回小さな白い花をつけ、その後2cmほどの緑色の実をつけます。 初夏の花は実をつけないことが多いです。 晩秋から冬にかけて8g程度の黄色く熟した実を収穫します。 果実は長球形で、果重10~12g。 枝にはほとんど刺はありません。 種子数が少なく生食用として栽培されます。 ごく小さなタネがあることもありますが、 基本的にはタネなしのため果実はやや小さめとなります。 タネがないため子供や女性に人気の品種です。 観賞用でしたが改良が進み美味しいです。 ビタミンが多く、丸ごとそのまま食べれます。 福寿金柑とも呼ばれ、縁起良い果樹としても人気です。 とくに小品盆栽に利用されています さまざまな種類がありますので、 自分の好みのキンカンを見つけて購入するといいですね。

次の

キンカンを植木鉢で育てる|果樹栽培記録

金柑 栽培

黄色の小さな実を結ぶ果樹「キンカン 金柑、金冠 」は、ガーデニング初心者でも簡単に栽培できるおすすめの植物です。 キンカンは、鉢植えでも、庭で簡単に育てることができます。 キンカンに適した環境は、年間の平均気温が16度前後のところです。 地植えでキンカンを育てるなら、暖かい地域が良いでしょう。 寒い地域でキンカンを育てたいならば、鉢植えでの栽培となります。 鉢植えの場合は、気温に応じて、置く場所を考えながら育てていきます。 ただしマイナス5度を下回るような気温になったら、注意が必要です。 気温が低いのが続くと、枝が枯れはじめます。 金柑 キンカン の水やり 地植えの場合は、雨水でそれ以上に水をあげる必要はありません。 鉢植えの場合は、表土が白く乾いた時に、たっぷりあげましょう。 もちろん、地植えでもあまりにも日照りが続いた時は、水を与えます。 金柑 キンカン の肥料 キンカンは肥料を必要とする植物で、成長に影響します。 肥料を与える時期は、2月と7月~9月頃です。 地植えの場合は、肥料をあげることで、年間の健康維持にも役立ちます。 有機肥料を与えてあげましょう。 鉢植えの場合は、緩効性肥料を2月に与えます。 2月は新芽のために栄養になるように与えます。 7~9月は、有機肥料を与えます。 この時期の肥料は果実のためです。 肥料はメーカーごとのパッケージをよく読み、与えすぎに気をつけましょう。 肥料は果樹専用のものが市販で販売されていますので、それを与えても問題ありません。 与えすぎが心配な場合は少量から試していきましょう。 金柑 キンカン の土 キンカンは、水はけの良い土を好みます。 鉢植えで育てる場合は、水はけを良くするために底に石を敷きます。 土は、赤土(小粒)5:腐葉土3:鹿沼土2に粒状肥料を少量混ぜてあげると良いでしょう。 庭で育てる地植えの場合は、用土を気にすることなく日当たりの良い場所を選んで上げると良いでしょう。 金柑 キンカン の育て方で注意すべき病気・害虫 病気に関しては気にすることはありません。 害虫は、すす病の原因となるカイガラムシに気をつけましょう。 たまに果実が黒くなっていたり、葉に黒点が付いているのを見ることがあります。 あれが、すす病です。 このすす病の原因となるのがカイガラムシといわれています。 予防は、風通しをよくすることです。 葉が密集したりするとカイガラムシが多発する環境は風通しが悪い場所です。 予防対策以外の対処方法は、カイガラムシを見つけたらすぐに駆除することです。 金柑 キンカン の植え付け・植え替え 植え付け キンカンの植え付け・植え替えの最も適した時期は、3月下旬から5月上旬です。 気温が暑くなりすぎる前に行うのが良いでしょう。 キンカンは暑さに強く、寒さにも比較的強いといわれているため、秋にも植え付け・植え替えはできます。 しかし春植えが一般的です。 植え付けのときは、直径40㎝から50㎝前後の穴をつくり、そこに苗を植えます。 水はけが良く、風の強く当たらない、日当たりの良い場所で地植えをします。 鉢の場合は、置く場所を気をつけます。 浅く植えてあげるのがポイントです。 支柱を指してあげるのを忘れないようにします。 植え替え 鉢植えでの植え替え目的は、育った苗が根詰まりを防ぐためということと、葉が密集して、風通しが悪くなることを防ぐためです。 キンカンの成長にもよりますが、2年に一度を目安に、鉢を大きいものへと交換します。 地植えの場合は、植え替えはなくて問題ありません。 金柑 キンカン の増やし方 キンカンの木を傷つけないよう、できれば剪定ばさみを使うのがおすすめです。 植え替えのときや接ぎ木をつくるときにも役立ちます。 地植えの場合は、剪定を頻繁に行うことはないでしょう。 鉢植えは成長が早いので、剪定をする機会が多くなります。 一般的に剪定の時期は、3月から5月の間に行われます。 この時期は、キンカンに果実が実っている時期と重なります。 金柑 キンカン の手入れ キンカンは世話を頻繁にしないといけない樹木ではありませんが、葉が生い茂ると病気になりやすくなります。 庭でキンカンを育てている場合は、枝や葉が生い茂らないよう、キンカンの木を整え、風通しを良くしてあげましょう。 手入れをする時期は、新しい木が出てくる活動期前です。 古い木をきって、整えましょう。 太い木を切ったときは、切り口から病気になる場合があります。 それを防ぐために、殺菌剤などを塗布しておきます。 キンカンは、比較的にたわわに実がなりやすい樹木です。 放置しておくとたくさんの実がなりますが、サイズが小さくなりがちです。 もしも、適度な大きさのキンカンを収穫したい場合は、9月頃に傷のついたキンカンや、サイズの小さなものを摘果しておきます。 金柑 キンカン の収穫.

次の