イワシ の オイル サーディン。 <15缶> 黄金燻製 イワシのオイル漬け (スモークオイルサーディン)へのクチコミ

イワシの効果効能は?あさイチでオイルサーディンを紹介!

イワシ の オイル サーディン

イワシの種類って? 世界中には、イワシがたくさんいますが、 日本で一般的にイワシと呼ばれているお魚は、 ・マイワシ ・ウルメイワシ ・カタクチイワシ の3種類です。 この中でも、マイワシとウルメイワシはニシン科、 カタクチイワシはカタクチイワシ科に属していて、 イワシって言っても、ちょっと違いがあるみたいです。 この3種類のイワシには、こんな特徴があります。 マイワシ 体長が大きく、身体に丸い点が7つくらいある 日本人にはもっともなじみ深い種類 ウルメイワシ 目が潤んでいるように見えるのが名前の由来 脂肪が少なく、干物によく使われる カタクチイワシ 体長は小さく、下あごが短い 煮干しの材料によく使われる イワシの栄養は? イワシに含まれる一般的な栄養素は、以下の通りです。 たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK 葉酸、カルシウム、鉄分、セレン、リン 特にビタミンB群やビタミンEは、非常に豊富に含まれており、 女性、とりわけ妊娠中や授乳中の方は、積極的に摂ると良い食品のひとつと言えます。 また、カルシウムや鉄分なども豊富で、かつ、それらの吸収を助ける働きをする ビタミンDも同時に含まれているため、イワシは丈夫な骨や身体を作ってくれる優秀な食品です。 また、様々な健康効果で注目されているDHAやEPAも、もちろん大変豊富に含まれています。 DHAとEPA DHAとはドコサヘキサエン酸の、EPAはエイコサペンタエン酸の略称で、 どちらも美容・健康効果が高いことで注目されているオメガ3系高度不飽和脂肪酸です。 そして、どちらも体内で作ることができず食品から摂る必要がある「必須脂肪酸」の一種です。 特にDHAは、脳やその神経細胞に多く存在し、脳の働きを活性化したり維持したりする作用があります。 その結果、記憶力、集中力、学習能力などが向上すると考えられており、 イワシを食べると頭が良くなるというのは、こういうわけだったんです。 イワシの効果効能 イワシにたくさん含まれるDHAやEPAには、記憶力や学習能力アップの他にも ・血液サラサラ効果 ・脂肪燃焼効果 ・コレステロール値改善効果 ・中性脂肪を低下させる効果 などがあげられます。 簡単!オイルサーディンレシピ!! あさイチで紹介していた、レンジでチンするだけ!簡単オイルサーディン! フレッシュなおいしさが楽しめます。 にんにく:2かけ ローリエ:2枚 たかのつめ:1本 レモンの薄切り:2枚 【作り方】 1.3枚におろしたイワシを用意する (スーパーや鮮魚店で買う際に、店の人にお願いすると、ほとんどの場合は無料でやってくれます)。 自宅でおろす場合は、イワシの頭と内臓をとり、腹を水であらい血合いをとり、水けをしっかりとる。 3枚におろして、腹骨をとる。 2.塩をふったバットの上にイワシを並べ、上からまんべんなく塩をふる。 20分おいたらキッチンペーパーで水けをとる。 3.にんにくは包丁のはらでつぶす。 たかのつめは種をとる。 耐熱容器(ボウルなど)に、2のイワシ、オリーブ油、にんにく、ローリエ、たかのつめ、レモンをいれる。 イワシが油から出てしまう場合は、イワシがつかるまで油を足す(分量外)。 ふんわりとラップをして電子レンジ600ワットで5~6分加熱する。 スポンサードリンク 5.粗熱がとれたら、きれいな保存容器にいれる(イワシがつからないようなら油をさらに足す)。 冷蔵庫で2週間ほど保存可能。 2.抜いたら指でゆっくりお腹を割く。 新しいものなら指をおろしていくだけで綺麗に避けてくれます。 3.割けたら残った内臓を洗いながら綺麗に取り除く。 4.大きめのお鍋に鰯を重ならないよう綺麗に並べ、千切りにした生姜を入れる。 そこに酒と調味料を全て入れて火にかける。 5.沸いたら蓋をして弱火に。 たまに様子を見ながら1時間ほど煮ます。 汁が少なくなったら 完成です! 鰯のフライ 【材料】 (鰯の開き5枚ぶん) 鰯開いたもの:5尾 塩:下味用適量 玉子:一個 パン粉:適量 薄力粉:適量 大根:1cm輪切り 1.鰯を開く、または、開いてある鰯を用意する。 2.両面に薄塩をする。 しばらく置いて、水気をキッチンペーパーで拭き取る。 3.薄力粉を茶漉しなどで、薄く尻尾まで両面にまぶします。 4.鰯を一尾ずつ卵液にくぐらせ、パン粉の入ったビニール袋に入れて両面にパン粉をまぶします。 5.揚げ油を熱します(180度) 油が適温になったらパン粉を付けた鰯を揚げましょう! 6.片面良い色になるまで揚げたら、ひっくり返して両面をそれぞれ3分~5分ずつほど揚げましょう。 2.イワシの頭とお腹を落とし手開きする。 背びれ、骨、尾を取り頭側から皮を剥ぎ包丁でたたく。 生姜とお酒を加えさらにたたく。 3.大きめのボールに2を入れ、よく練り、卵、玉ねぎ、カレー粉、 パン粉、小麦粉を入れよく混ぜ合わせ、6等分し成形する。 4.フライパンに油をひき、中火で5分ほど焼き、裏返し焼き目がついたら 3分程蓋をし弱火で5分ほど焼いて完成! 子供が大好きなメニューです。

次の

<15缶> 黄金燻製 イワシのオイル漬け (スモークオイルサーディン)へのクチコミ

イワシ の オイル サーディン

出張料理人のガッキーです。 今回はスーパーで真イワシが安く売っていたので、前から気になっていた『 オイルサーディン』を作ってみました。 居酒屋や缶詰などでよく見かけますが、簡単に作れてしまいます。 保存もある程度効くので、作り置きにも使えます。 早速作り方を紹介していきたいんですが、『 オイルサーディン』ってなんなんでしょう? ちょっとお話させてくださいね。 オイルサーディンとは? そもそもサーディンってなんでしょうか? 人の名前? サーディンさんという、漁師さんっぽい人が作ってるんでしょ? と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実はこれ、とある小魚の総称なんです。 サーディン saldaine とは、英語でニシン科ニシン亜科、マイワシ類などの数種の小魚のことをいうんです。 つまり『 オイルサーディン』 とはマイワシ類などの小魚のオイル煮のことです。 オイルサーディンとアンチョビの違い サーディンの意味はわかった。 しかし、似たもので『アンチョビ』があります。 これってよくある 『国が違うから呼び方が違う』パターンでしょ? と思われた方。 実はそうじゃないんです。 『オイルサーディン』は先ほども説明しましたが、ニシン科のマイワシなどの小魚をオイルで煮たものとご説明しました。 一方『アンチョビ』はカタクチイワシなどの小魚を使っています。 そして大きく違うのが、 アンチョビは加熱しません。 高濃度の塩水につけ、熟成発酵させます。 つまり簡単にいうと 『オイルサーディン』はオイル煮イワシ 『アンチョビ』は塩漬け発酵イワシ ですね。 オイルサーディンの知識はある程度ついてきたと思いますので、そろそろ作り方にいきたいと思います。 それではオイルサーディン、早速作っていきましょう!• 包丁を頭から斜めに入れて、頭を落とします。 肛門の部分から斜めに腹の部分を内臓ごと切り落とします。 切り落としたら、血合いの部分を流水で洗い、水気をペーパーなどで取ります。 500ccであれば50グラムの塩を入れてとかしましょう。 オイルで煮るということは『加熱する、香りをつける』工程なので、しっかり測って漬け込みましょう。 イワシがしっかり浸かった状態で冷蔵庫で1時間ほど漬け込みます。 まずは強火でイワシがふつふつしてくる状態まで温めます。 ここから弱火にしてもいいんですが、温度が上がりすぎ、フライになってしまう可能性があります。 ずっと温度を温度計で測りながらだと少しめんどくさいので、湯煎にかけます。 別の鍋やフライパンでお湯を沸かし、イワシの入った鍋を浮かべます。 鍋を入れたら弱火にし、30分ほど湯煎で加熱します。 1日馴染ませたら完成です。 オイルにしっかり使った状態であれば、1〜2週間ほど、冷凍であれば1カ月ほど保存が効きます。 『マイワシで作るオイルサーディン』のポイント 塩水で漬け込む です。 味を左右する工程は、塩水で漬け込むことです。 ここを忘れてしまうと、美味しくないオイルサーディンになってしまいます。 今回は1時間漬け込みましたが、もう少し濃くてもいいという方は2時間ほど漬け込んでみてください。 あくまで、1時間はそのまま食べても美味しい時間となります。 さて、オイルサーディンが完成しました。 そのまま食べても美味しいんですが、今回は簡単なアレンジレシピもご紹介いたします。 オイルサーディンアレンジ『オイルサーディンとキャベツのパスタ』 まずはパスタの作り方から。 アンチョビのパスタよりクセがなく、食べやすいのが特徴です。 キャベツは一口大にカットします。 トマトは6等分にカットします。 沸騰しているところに、スパゲティを入れてパッケージの標準時間のマイナス2分にタイマーを設定して茹でます。 フライパンで仕上げる時間も茹で時間と考えましょう。 パスタが茹で上がる1分前にキャベツを入れて、一緒に茹でます。 同時進行でソースを作っていきます。 フライパンにオリーブオイルを入れて、ニンニク、オイルサーディンを入れて弱火で熱します。 ニンニク、イワシからいい香りがしてきたらトマトを入れます。 トマトの角が少し崩れてきたら、パスタの茹で汁をお玉2杯入れます。 しっかり混ぜ合わせ、仕上げにオイルサーディンのオイルを入れ、 塩、コショウで味を調整し、完成です。 オイルサーディンアレンジ 『オイルサーディンときゅうりのおつまみ』 臭みもなく、ハーブとにんにくの香りがしっかりしていてうまい。 身がホクホク、骨まで食べれる。 『オイルサーディン』のまとめ いかがでしたか? マイワシを捌くのも、3枚おろしにしなくていいので簡単です。 塩水につけて、オイルで煮るだけなのでほったらかしで完成します。 保存も効くので、そのまま1品としても、何かで和えたりパスタにしたり、便利な 『オイルサーディン』ぜひ作ってみてください。 常備菜、おつまみに優秀なオイルサーディン、特に白ワインに合うと思います。 白ワインに合うレシピはこちらにまとめております。 お時間ございましたらご覧ください。 👍オススメ記事はこちら.

次の

イワシの効能はやっぱり本物!頭が良くなるうえに脂肪燃焼効果も!

イワシ の オイル サーディン

オイルサーディンの缶詰の ストックがあると安心。 朝もランチも夜のビールにも 来客時も活躍して 油の旨味を生かして メインにもなるのでとても便利。 今日取り上げるのは オープンサンドと ランチにパパっと作った 思いつきパスタ。 それで油が残っていました。 いつもはオイルサーディンといえば くし切りにした一個分の玉ねぎを 缶詰の油で炒めて 最後にいわしを炒め合わせて ポン酢で味つけて簡単ひと品に。 料理とはいえないほど簡単。 ごはんのおかずにするなら 丼にするといいかな? 油は旨みたっぷり。 捨てませんよ~。 「何作ろう?」 冷凍庫のたらこを パスタにしたいけど 全粒粉のパスタしかありません。 それなら 全粒粉を味わうパスタにしよう! そこで、ひらめきました! 冷蔵庫に取り置いた オイルサーディン(缶詰)の油を 使ったらいいのでは? オイルサーディンの 油だけのパスタは 全粒粉のスパゲッティありきで 思いつきました。 戻して冷蔵してあった ドライトマトと 輪切りの唐辛子を加えて 弱火でじっくり炒めて 切った玉ねぎを加えて中火にして 玉ねぎが透明になるまで炒めます。 新玉ねぎなので 火の通りが早いです。 ドライトマトの塩気と 旨味が効いているので 黒胡椒を挽いただけ。 お湯が沸くまでに のんびり玉ねぎ切って パスタをゆでる8分の間に 準備完了。 炒めたお鍋に ゆであがったパスタを入れて オイルを絡めてでき上がり。 全粒粉のパスタの色が なんだか焼きそばのよう 笑。 しかし! オイルサーディンが入っていないのに いい香り。 食べてみると イワシの風味とオイルの旨みが しっかりパスタに絡んでいます。 全粒粉のパスタは噛むほどに旨みがあり オイルサーディンの香り、味と合います。 これはなかなかいいアイディアですよ。 だから、 サラダ油より オリーブオイルのがおすすめ。 綿実油のもおいしいですが パスタに使うなら やはりオリーブオイル。 国産のは味はもちろん フードマイレージの点からも よいと思っています。 国産のオイルサーディンを はじめて知ったのは 竹中缶詰(京都宮津)。 小ぶりなイワシがギッシリ きれいに詰まって 缶を開けるのが楽しみ。 オイルを別料理で楽しめます。 お値段の差は油の価格。 旨味がギュッと詰まった オイルサーディンを 油も全部いただきます! 《追記/2020年4月25日》 自家製オイルサーディン。 (笑) 新鮮なイワシに出合って欲張って 10センチ超のイワシを16尾。 オリーブオイル1本! 油は意外に冷蔵長期保存できます。 2020年 42• 2019年 96• 2018年 128• 2017年 179• 2016年 165•

次の