へずまりゅう 裁判。 そうりゅう型潜水艦

桜井龍子

へずまりゅう 裁判

夫は、亡くなるおよそ1年前である2017年2月26日(日曜日)私と神戸市内の梅林公園にいた時、近畿財務局の上司である池田靖さんに呼び出され、森友学園への国有地払い下げに関する決裁文書を改ざんしました。 決裁文書を書き換えることは犯罪です。 夫は「私の雇い主は日本国民。 国民のために仕事ができる国家公務員に誇りを持っています」と生前知人に話していた程国家公務員の仕事に誇りを持っていました。 そのような夫が決裁文書の書き換えという犯罪を強制されたのです。 夫の残した手記によると、夫は改ざんを指示された際に「抵抗した」とあります。 また、私は夫の死後、池田さんからも、夫は改ざんに最初から反対していたと聞きました。 夫が、決裁文書の改ざんによって受けた心の痛みはどれだけのものだったでしょうか。 国家公務員としての誇りを失ったでしょうし、強い自責の念に襲われたと思います。 夫は手記や遺書に「この事実を知り、抵抗したとはいえ関わったものとしての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。 (55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)」、「現場として相当抵抗し、最終的には次長が修正に応じ、修正前の調書に合わせて自ら、チェックマークを入れて体裁を整えました。 事実を知っている者として責任を取ります」と書いています。 夫は、改ざんしたことを犯罪を犯したのだと受け止め、国民の皆さんに死んでお詫びすることにしたんだと思います。 夫の残した手記は、日本国民の皆さんに残した謝罪文だと思います。 国は、夫の自死の真相が知りたいという私の思いを裏切り続けてきました。 財務省は、夫が亡くなった5日後の2018年3月12日に改ざんしたことを認め、3か月後の6月4日に調査報告書を発表しました。 しかし、この調査報告書の中には、誰のどのような指示に基づいて夫が改ざんを強制されたのか記されていません。 夫が自死したことすら記載されていません。 夫の手記についても、提出を求められていないので当然ですが一切触れていません。 池田さんは、夫が亡くなってから1年後、自宅で私に「赤木さんはきっちりしているから、文書の修正、改ざんについて、ファイルにして、きちっと整理していたんです」、「パラッと見たら、めっちゃきれいに整理してある。 全部書いてある。 どこがどうで、何がどういう本省の指示かって。 修正前と修正後、何回かやり取りしたような奴がファイリングされていて、パッと見ただけでわかるように整理されている。 これを見たら我々がどういう過程で改ざんをやったのかというのが全部わかる」と仰っていました。 でも、調査報告書には、このファイルについても記載がありません。 私は、夫の自死が公務災害となった理由を知るため、人事院に対して情報開示請求をしました。 しかし、人事院の開示した文書は70ページのほとんどが黒塗りで、夫がなぜ自ら死を選び悩み苦しんだのか、私の知りたいことは何一つわかりません。 そこで私は、2020年4月13日に、近畿財務局に対して情報開示請求をしました。 しかし、1か月後の5月13日に開示されたのは、年金の金額や支払日などが書かれたたった10頁の文書でした。 残りの文書については、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴う処理可能作業量の減少などを理由に、1年後の2021年5月14日までに開示決定をするそうです。 国はこの裁判でも同じような態度をとるのでしょうか? これではこの裁判でも真実には近づけません。 私は、夫が自死に追い詰められた真相を明らかにするため、第三者委員会による再調査を求める電子署名を始めました。 電子署名には、35万人を超える方々から賛同の署名を頂きました。 電子署名は、2020年6月15日に安倍首相や麻生財務大臣へ提出しました。 しかし、安倍首相も、麻生財務大臣も、すでに検察の捜査も済んでいるので調査しないと、夫のことを切り捨てました。 でも、検察の捜査は刑事処分のためのもので、真相解明の調査とは別の物です。 国は、国民にも夫にも向き合わず、あるものを出さず、ズルズル先延ばしにして逃げています。 再調査を実施して、正直に全て明らかにしてください。 再調査の結果はこの訴訟でも役に立つと思います。 安倍首相は、2017年2月17日の国会で、安倍首相や安倍昭恵さんが森友学園の国有地払い下げにかかわっていたら総理大臣も国会議員も辞めると発言しました。 財務省秘書課長は2018年10月、私に対して「この首相の発言によって、野党が理財局に対して資料請求するなど炎上したため、理財局は改ざん前の文書を出せなかった。 その意味で、首相の発言と改ざんは関係がないとはいえない」と言いました。 安倍首相は、自分の発言が改ざんの発端になっていることから逃げているのではないでしょうか。 安倍首相は、自分の発言と改ざんには関係があることを認め、真相解明に協力して欲しいと思います。 安倍昭恵さんも森友学園への国有地売却の関係を明らかにしてほしいと思います。 池田さんも、池田さんの前任者も「裁判になれば、本当のことを話します」と私にはっきりと言いました。 この裁判では、前任者には、安倍昭恵さんと籠池夫妻のいわゆるスリーショット写真がどのように国有地の取引に影響したのかを、池田さんには、国有地値引きと決裁文書改ざんをめぐり、近畿財務局の中で何が行われたのかを話して頂きたいと思います。 また、佐川さんをはじめとする理財局の幹部の人達や、美並局長をはじめとする近畿財務局の幹部の人達も、事実をありのままに話して欲しいと思います。 もしこれらの人たちが裁判に来なかったり、裁判に来ても事実を話さなかったとしたら、国が本当にあったことを国民から隠し、全てなかったことにするために止めたのだと思います。 安倍首相、麻生大臣、私は真実が知りたいです。 夫は亡くなった日の朝、私に「ありがとう」と言ってくれました。 最期の夫の顔は「絶望」に満ち溢れ、泣いているように見えました。 決して生き残らないように、電気コードは首にきつく二重にくくりつけていました。 怖がりだった夫が、こんなことをしなければならないなんて。 真面目に働いていた職場で何があったのか、何をさせられたのか私は知りたいと思います。

次の

裁判員制度ってどんな制度?

へずまりゅう 裁判

へずまりゅうさんは現在逃亡中? まずは、こちらをご覧ください。 — へずまりゅう 闇に舞い降りた天才 hezuruy — へずまりゅう 闇に舞い降りた天才 hezuruy 号泣しながら、家族や関係者へ必至に謝罪しているへずまりゅうさんご本人の動画です。 その中で 「反社会」の人物に囲まれて 「財布を盗まれた」と供述しています。 その後、以下のようなツイートをアップしていました。 明日の誕生日ライブは中止します 居場所がバレるからです 先程たまたま出会ったリスナーさんから交通費などもろもろ頂きました 本当にありがとうございました 明日から逃亡生活のスタートだオラ👍 — へずまりゅう 闇に舞い降りた天才 hezuruy 以上がへずまりゅうさんに関わる一連の出来事です。 僕の個人的な意見を述べさせていただくと 「ユーチューバーとしての路線変更を兼ねた演出」のように感じました。 そう感じた根拠は 三点あります。 普通はスマホも取り上げられないでしょうか…? 相手にへずまりゅうさんの個人情報を特定されていて、スマホを所持させておく理由がよくわかりませんでした。 また、本当に「反社会」の人物の方なら、財布だけ取り上げることをするとは、警告だけだとしても考えにくいです。 そのまま「連行」でしょう。 今までアップされていた数々の動画を 「非公開」にステータス変更しています。 そして、今回の一連の騒動の要因となっているパチンコ店関連の動画だけ残されています。 スマホで自身の状況を伝える行為は、探している相手に対して「探してくれ」と訴えているようなものです。 逃亡の状況に身を置かれている人がそんな判断をするでしょうか? 何か別の意図があるような気がしてなりません。 パチンコ店との裁判はあるのか? へずまりゅうさんのツイッター上では「パチンコ店と裁判になる」と公表しています。 裁判になるのに、財布を取り上げられて自身の無一文の状況を伝えています。 しかし、この件について真相はまだ明らかになっていません。 ただ、へずまりゅうさんが訪れたパチンコ店は現在休業中となっています。 世間からのへずまりゅうさんに対する認知度も高くなったことを考えると、ブランディングとしては成功したと言えるでしょう。 「名前を売ることを目的としていた」へずまりゅうさんですが、別の路線でユーチューバーとして活動していく野心が伺える騒動です。 詳細が分かり次第、加筆させていただきます。 へずまりゅうさんのプロフィール へずまりゅうさんのプロフィールをまとめます。 以前は「街コンサルタント?」として活動されていたようです。 「炎上/迷惑系ユーチューバー」として、数々の動画を配信していましたが、現在は前述した動画を除いて非公開にしています。 まとめ ここまで、へずまりゅうさんについてご紹介しました。 本記事のポイントを要約すると以下の通りです。 もし真実にヤバい状況であれば、どうか身を潜めていただきたいです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

そうりゅう型最新鋭潜水艦「おうりゅう」進水 初のリチウムイオン電池搭載 防衛省

へずまりゅう 裁判

と言っています。 簡単にまとめます。 神戸の新開地から、東京に帰る前に風俗店に行こうとしたらヤクザのような人に囲まれ財布を盗まれた。 パチンコの件で訴えられるので裁判がある。 一般社会に放置しておくとこれからも暴れ続けるだろう。 今まで絡んだ反社にどこで襲われるか分からない。 正直、本人の身の安全の保証がない。 俺的には有名人に絡むだけで良かった。 — ヒッピャカポラリスとスタフラ君 pryOVtAGIBIKk0E 全て自分が悪い。 すまないが 涙も嘘にみえる。 同情を誘って擁護派を増やそうとしているようにみえる。 君がしてきたことはそれほど重いって事を自覚してください。

次の