はんず くらっ ぷ。 No.24 チャンバー

★えびばでぃくらっぷゆあはんず★

はんず くらっ ぷ

人気者で親しみやすい彼女はみんなのガス抜きを一手に引き受け、働くパワーを引き出す役割を担っている。 体温が上がりやすく暑がりなため、涼しい衣装を好んで着ている。 ただしトレードマークの襟巻き ウール製 は絶対に外さない。 「マフラー」ってなぁに? マフラーとはエキゾーストシステム フルエキ とも呼ばれ、エンジンから出てきた排気ガスを効率よく導き、大気に放出するまでの部位。 排気系とも呼ばれるが、大きく分けて後部のサイレンサーと、エンジンからサイレンサーまでのエキゾーストパイプに分かれる。 役割は、排気ガスの浄化と消音。 また内部を流れる排気ガスの流速をコントロールすることで、エンジンのキャラクターが変えられる。 マフラーは、構造上大きく分けて2つの部位に分けられる。 一つが排気口付近のサイレンサー。 もう一つがエンジンからサイレンサーまでのエキゾーストパイプだ。

次の

No.24 チャンバー

はんず くらっ ぷ

佐藤仁美が5月18日放送のバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(カンテレ)に出演。 イラっとする同業者について聞かれた佐藤は、「撮影してる時に勝手に帰っちゃう女優さん」と返答。 なんでも遠方の山奥でロケを行っていた際、共演していた年下の女優が台本を見て、「これ、ケガしたらどうすんの?」と言って途中で帰ってしまったとのこと。 その際、その年下女優は「なんか帰っていいって言われたんで」と事情を話したというが、実際のところは誰の許可も取っておらず、勝手に帰ってしまったのだとか。 その女優について、佐藤は「たまーにCM出てるんですよ」と、そこそこの売れっ子女優であると話し、実名も告白していたが、もちろん編集が加えられ、放送では「女優S」と紹介されるにとどまった。 女優Sについて、番組司会者の上沼恵美子は「あの娘、イイ子やない。 ちょっと生意気よね、力ないのに」「伸び悩んで終わったやんか」と印象を語り、佐藤も「唯一嫌いな人です」と説明していた。 しかし、それと同時に「もうこういう暴露やめようよ。 ホントにウンザリ」「結局誰かも分からないし、関係ないのに巻き込まれる女優さんが可哀想」「こういう暴露をしている人の方が性格悪いと思う」と、佐藤の暴露に否定的な意見も見られている。 「佐藤と共演している年下女優Sなら山ほどいるでしょうし、山奥のロケなどといったヒントから候補を絞ることはできるかもしれません。 ですが、結局は正解かどうか断定することはできず、この手の暴露ネタで名前の挙がった芸能人は濡れ衣を着せられているパターンが多い。 今年1月には、本田翼がバラエティ番組『ゲストはくりぃむ』(テレビ朝日系)で自分に意地悪してきた芸能人をバラし、予想以上の反響となりました。 ネット上には候補者の名前が飛び交い、本田が謝罪する事態となっています。 こうしたことから、最近では暴露する側がイメージダウンするリスクが高まっているようだ。 (田中康).

次の

No.24 チャンバー

はんず くらっ ぷ

沿志奏逢2もapも…ここにあるのに観れてない聴けてない田丸さんですこんばんは。 友人の話によると、今年のapの公式発表もされてるとか…(PC開いてないからわからん) 七月かぁ…休み頑張ってとらなきゃ。 去年思った事。 apは、ゆったりのんびり美味しいものを食べながら、自然と調和する音を楽しもうよ! …まぁ Aブロックを取れない負惜しみが入ってるんじゃない と突っ込まれりゃ、まぁ 無きにしも非ずだけどそれがなにか?って感じだけど、ほんとにね、去年はぎゅうぎゅうでね…つかれたもの。 なんか意図が違う気がしたの。 通勤時いつも欠かせないちるの曲は、涙を誘ってたまらん。 ・・ちる絶ちをしようと心に決めたものの、聴いてなくても泣くから結局一緒。 だからいつもどおり聴いてましゅ。 ・・・でもね。 大きいハート持てるといいな。 って思うけど、でも実際理不尽な事は理不尽って叫ぶことも必要で。 この部分はそれを乗り越えたうえで、大きいハート持てるといいな。 って思ってるんだと勝手に解釈・・・それが理想。 っとにわかしじんの田丸は思う(本宅更新できてないから詩人じゃないな) ・・・喜びを拾い上げ暮らす才能を田丸さんももってるのだろうか。 ならばはやくその才能を生かしたい。 でも心はまだ何かを叫び続けてるよ。 『こんなに歌ってもまだ歌った事のない曲があるんだよねぇ』なんつっていつも同じ流れで歌ってしまう中、今回はちょっとチャレンジャーだったかしらん?でも二度とUFOは歌いません。 いえ歌えません(難し…) スタジアムのDVDの発売が危ぶまれてるという噂(あくまでも)らしいのですが、シーソーゲームを歌いつつ『やっぱり発売してくれなくちゃ困る!』と叫ぶいい大人2人…。 ミノホド知らずにsalyuも盛り込んだりね。 時間気にせず浸り続けたいもんですな。 間に合った・・・ 仕事から猛ダッシュで帰りすぐさま家族に「みすちる歌った?ねえねえ!!!」っと大騒ぎしたわりには順番遅くて風呂入ったときに始まってたorz..... しかし録画はばっちり ご紹介の時にはお約束のよに桜井さんとともにマイクを握るヒデヤ氏。 しかし 喋る間なかったヒデヤ氏。 ほぅ・・・名もなき詩でしたか。 でもヒデヤ氏を見てたい田丸さんとしてはバラード2曲じゃなかったのでね、堪能できましたvヒデヤ氏かっこいいv きゅんきゅん 2曲しかやらないのにすごく長いステージを見てる気分になります。 なんで? それはきっと闘魂(意味不明)というか・・力の入れようが半端じゃないんだろーな。 って思う。 何をかくそう田丸さんがチルに落ちたのはこの曲とこのPVがきっかけだったので、当時の事を思い出します。 ・・・本格的に落ちたのはここ数年だけどな。 すごいよな。 15周年かぁ〜。 んー・・(遠い目) このたびの桜井氏のお召し物もよく似合ってらっしゃった。 スタイリストさんグッジョブ ほんと桜井氏のデニムのはき方が好きだわ。 って思ってました。 恥ずかしげもなくリハの音を聴きに行き(壁にべったり耳付けてね) 恥ずかしげもなく入り待ちしちゃったり(じぇ〜ん ) んでもって6曲目くらいまで聴いて帰った・・・(横アリでだけど) よく考えりゃ思い出のツアー。 スタジアムが15周年ならではの新旧てんこ盛りのノリノリのイメージだったので、 感動してオロオロしたのちちょっと冷静になった時に んんん?って思った。 よくわかんないけど、DVDってやっぱ実際と違うし一概には言えないけど なんか落ち着いた雰囲気が漂ってた気がする。 んで思ったのが・・・ ピアノだ。 2回目。 冷静に聴いてると、やっぱりそこここにピアノの音がね、目立つの。 良いとか悪いとかじゃなく・・・ それをN嬢に訴えると 「みんなそう感じてるみたいよぅ。 書き込みとか見てると・・」だそうで(見てねぇ〜 ) CENTER OF UNIVERSE からの流れはもーーー ヒデヤが 最高 このセットはスタジアムと一緒だったし目を瞑れば浮かんでくるあのぶっとばし感。 次のツアーでは絶対名古屋も取って、 ヒデヤの真後ろをゲットする事を誓いました(アホ) ・・・toU 合唱したかった(しょぼん・・ ) 『あんまり覚えてないや』がなぜかなんかのスイッチを押してしまったらしく号泣。 なんだろね。 みんながにこにこと楽しそうにしてて、桜井さんが背中丸めてね。 今だって楽しい事辛い事・・人間だもんね、沢山あって。 ちゃんと覚えてるんだ ちゃんと覚えてるんだ ちゃんと覚えてるんだ こんなに そう唄う桜井さんの声がストレートに入ってきちゃったんだな。 ・・・そしてSalyuのライブも思い出したよ。 はやくスタジアムのDVDも観たいな。 N嬢ありがとう。 メンバー皆さんまとまっていて『あー着せられてんなぁ』感もなく いい感じ。 桜井さんはあんまゴテゴテしたものよりスッキリした服のが断然似合うと思う。 首周りも巻物は最小限にね。 しるしの時のファーっぽいのとかイヤン。 FESの引きちぎった(笑)アクセサリーもね。 きっと色んなところで『あれはどこのジャケットですか?』『あれはどことかのですよ』って会話がされてるんだろうな。 みんなすごいよね。 背中を押すその手はどうだったんだろう・・・また見返さなくっちゃ。 カットもかなりされてたみたいね。 聴き込んでる人にとっては哀しい。 ・・・よく見たら、桜井さんたらブーツにインしてました。 私的に男の子のブーツインはあんま好きじゃなくって(私の趣味などどーでもよいが)でもなんか自然でした。 色がまとまってたからかしら?なんとなく許容範囲。 おいおい・・・音楽的にはどーなんだ。 服の話ばっかりデシタ。 怖がらないで 手当たり次第に灯点けなくても いつか 一人ぼっちの夜は明けていくよ ここの部分がすき。 たまらなくすき。 ・・・ とりあえずN嬢、ありがとう。 (私信) 旅立ちの唄・・・ ライブで聴き、 うん、よさそな曲ー(ユルっ)と思っていたのですが なんともこう、ね。 聴けば聴くほどずんずんキマス。 怖がる。 その状況を、手当たり次第灯を点けるという表現の仕方をする 桜井さんの脳内を、いつも思うけどホント覗いて見せて頂きたい。 なんともいえない不安感や人恋し感が、手に取るように解る。 ・・・きっと経験してる感情なんだろうな。 スタジアム以降、まだ歌詩がはっきりわからない時から なんで返事はいらないなんていうの?返事したくても出来ないじゃん なんてしつっこくしつっこく言っていた田丸さん。 コイビト同士が別れることになって、でも案外吹っ切れなくって。 今やっと気持ちの整理がついたよ的な流れの中、 背中を押すよ(この時の桜井さんの手の表情はたまらんっす)って言ってみたり 振り返ってよ って言ってみたり・・・ きっと彼は吹っ切れて余裕が出来て、大きな優しい心で言ってるんだと思うけど、 じゃあ彼女はどーなんだろう。 一人ぼっちの夜が明けてゆくのを、 灯点けなくても眠れるようになるのを じっと待ってるだけなんだろうか。 不満?あれれ田丸さんたら不満なの? ・・・そんな風につい掘り下げて考えるクセがある田丸さんたらめんどーしい女だなあと思いつつ、いつも楽しんでます えへへ。 「あきらめよ」と諭す回路に 君がそっと侵入してきて 何食わぬ顔で 夢をチラつかす 上手に包んで仕舞ったものが「飛び出したい」と疼いてる 痛い記憶を最後に 寝たふりしていたくせに 柄でもないけど 会えると嬉しいよ 悩んだ末に想いを飲み込む日々 ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった 気付かせたのは君 ・・・これはどんな状況を仮定して桜井さんは綴ったのだろうか。 分別? でもだれの心に中にもちょっとだけ残ってる恋なのか愛なのか。 きっとなんらかの状況で抑えなくっちゃいけないと思っているのに 相手は無意識に ちょんちょん ってつついてくる。 なぜここまで抑えなきゃならないの?と思いながらも 聴いていて胸が締め付けられる。 はぁ・・・ 田丸さんは都合のいい脳をしているので全て感情移入してしまうの。 つらいなぁ〜。 つか暗いなぁ〜. いつの日か年老いていっても この視力が衰えていっても そう 君だけは見える。 ここの歌詞が好き。 今日お休みで、ドームツアーのDVDを流しながらたまったアイロンがけをしてたのですが、ステージからの映像に米の広告が入りますな。

次の