お手間を取らせてしまい申し訳ありません。 【0x8007054f】x64 ベースシステム用 windows 10 Version 1607

「わざわざ」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

お手間を取らせてしまい申し訳ありません

このライフレシピのもくじ 【】• 日本語の使い方は大人になればなるほど難しくて頭を悩ませてしまいますよね。 学生のときは許される言葉使いも社会人に近づくにつれて少しずつなおしていかなければなりません。 なかでも相手に対してお詫びを表す言葉は、使い方に気をつけないと笑われてしまうことになりそうです。 そしてお詫びするときに「ご迷惑をお掛けして…」「お手間を取らせてしまい…」などと同様によく使われるのが、「お手数をお掛けして申し訳ありません」という言葉です。 ここでは、その言葉の正しい使い方をご紹介します。 「手数」とは? 相手に何かお願いをして時間をとってその内容を行ってもらった場合によく使われる言葉が「お手数をおかけして申し訳ありません」です。 会話だけでなくメールや手紙にも使われていますね。 手数をお掛けする?掛けさせる? 「手数を掛ける」に似た言葉に「手間を掛ける」というものがあります。 この2つの語には次の違いがあります。 「手間を掛ける」…自分が労力や時間を費やすこと• 「手数を掛ける」…他人が自分のために労力や時間を費やしてくれること 「手間」は相手に掛けさせてしまうものですが、「手数」は掛ける・掛けてしまうものです。 つまり、• 「迷惑を掛けさせる」「苦労を掛けさせる」と言わないのと同じと覚えておくといいでしょう。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」を使う場面とは? 相手に意図せず面倒をかけてしまったときに、お詫びするときに使います。 こちらの不手際により、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。 また、何かを依頼したいときに、いわゆるクッション言葉として使用することもできます。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、こちらの書類に記入をお願いいたします。 また、似たような言葉に次のようなものがあります。 お手間を取らせてしまい申し訳ありません• ご迷惑をお掛けして申し訳ありません• ご面倒をお掛けして申し訳ありません 大体の使い分け方は、次のようになると覚えておくといいでしょう。 「手数」…実際に何か作業が発生する・したとき• 「手間」…「手数」にほぼ同じ• 「迷惑」…相手に何か不利益が生じたとき• 「面倒」…割と親しい相手に対して なお、「ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします」というような言い方はしません。 迷惑をかけるとわかっていてお願いするのは失礼に当たるからです。 疑問に思ったらすぐに調べよう! 何気なく使っている表現ですが、実は文法的に正しいのか間違っているのかよくわからないということもありますよね。 きちんと調べて、自信を持って使えるようになりましょう。 Twitterで紹介!.

次の

「わざわざ」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

お手間を取らせてしまい申し訳ありません

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている言葉です。 「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。 「手を煩わせる」の丁寧語が「お手を煩わせる」という言葉ですが、「面倒をかける。 手間を取らせる」という意味のあるこの言葉は、頼みごとをする際に使います。 今回は、「お手を煩わせる」の意味や使い方をご紹介します。 「お手を煩わせる」の意味 「お手を煩わせる」の意味をご紹介します。 「お手を煩わせる」とは簡単に言うと、手を不快にさせる、わざわざ動かさなくても良い手を動かせてしまうという意味です。 「お手を煩わせる」とは先ほどもご紹介したように、「手を煩わせる」の丁寧語です。 「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。 「煩わせる」の読みと意味 「煩わせる」の読みと意味をご紹介します。 「煩わせる」は「わずらわせる」と読みます。 意味は、不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事などを表します。 「お手を煩わせる」に似た言葉と違い 「お手を煩わせる」に似た言葉と違いをご紹介します。 「お手を煩わせる」には似た言葉があります。 今回は「お手数をかける」「お手間を取らせる」「ご負担をおかけする」「ご迷惑をかける」の4つをご紹介します。 「お手を煩わせる」を言い換えたり、似た表現を使いたいという場合の参考にしてください。 「お手数をかける」 「お手数をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手数をかける」という言葉があります。 「お手数をかける」は「お手を煩わせる」と同じで「相手に負担や手間をかけさせてしまう」といった意味を持っています。 「お手間を取らせる」 「お手間を取らせる」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手間を取らせる」という言葉があります。 「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じで、「相手に負担や手間をかけさせてしまう」という意味を持っています。 「お手数をかける」と「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じ意味を持っていますが、その中でも「お手を煩わせる」は丁寧かつ敬語の表現として使えます。 「ご負担をおかけする」 「ご負担をおかけする」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご負担をおかけする」という言葉があります。 意味は文字のとおり「負担をかける」です。 相手に負担をかけてしまうという場合に、「お手を煩わせる」の他に「ご負担をおかけする」も使うことができます。 例えば、相手に負担をかけたことを謝罪するという場合に「ご負担をおかけして、申し訳ありません」などというように使います。 「ご迷惑をかける」 「ご迷惑をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご迷惑をかける」という言葉があります。 「ご迷惑をかける」は「迷惑をかける」という意味です。 例えば、相手に迷惑をかけてしまった後や、これから迷惑をかけてしまうという場合に、「ご迷惑おかけしました」や「ご迷惑をおかけします」というように使います。 「お手を煩わせる」の文例 例1は、仕事などを依頼する時です。 仕事などを依頼する時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 仕事や頼みごとなど、相手になにか負担や手間をかけさせてしまうという場合に、「お手を煩わせる」という表現は役立ちます。 お手を煩わせますがメールをお願いします お手を煩わせますがメールをお願いしますという言い回しをご紹介します。 仕事などの依頼をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として「お手を煩わせますがメールをお願いします」という文があります。 メールで質問や見積もりなどの依頼をしたという場合などに、「お手間を取らせますがメールをしてください」といった意味合いで、「お手を煩わせますがメールをお願いします」というように使うことができます。 例2:相手の配慮にお礼を伝える時 例2は、相手の配慮にお礼を伝える時です。 相手の配慮に対してお礼を伝える時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 普通は相手が手間をかけたり、負担をしてなにかをしてくれたという場合に、お礼をします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って、相手の配慮にお礼を伝えることができます。 お手を煩わせましたがありがとうございました お手を煩わせましたがありがとうございました。 という文をご紹介します。 相手の配慮にお礼をする時の「お手を煩わせる」の使い方として、「お手を煩わせましたがありがとうございました」という文があります。 「お手間や負担をおかけしましたが、感謝しています」といった意味合いで使います。 手間や負担に対し感謝を伝えます。 少し言葉を足して、「お手を煩わせてすみません。 ありがとうございました。 」と使うこともできます。 例3:謝罪する時 例3は、謝罪する時です。 謝罪をするという場合に「お手を煩わせる」を使う場合の使い方をご紹介します。 例えば、相手に手間をかけさせてしまったり。 負担をかけさせてしまったという場合に謝罪をするとします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って謝罪をすることができます。 お手を煩わせ申し訳ありません お手を煩わせ申し訳ありません。 という言い回しをご紹介します。 謝罪をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として、「お手を煩わせ申し訳ありません」があります。 「手間や負担をかけさせてしまったことに対し謝罪します」といった意味合いで使うことができます。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本をおすすめします。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話やビジネスシーンで使われている、基本中の基本の会話の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 本の中で紹介されている例文をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手だという方や、正しい敬語を学びたい方は読んでみてください。

次の

「お手を煩わせる」の文例3つ|ビジネス・メール・挨拶

お手間を取らせてしまい申し訳ありません

日常的に見聞きすることが多い「お手間を取らせてしまい」という言葉。 ビジネスシーンだけでなく、日ごろからよく耳にすることが多く、だいたいは相手に迷惑をかけてしまった場合の謝罪の言葉として用いられることが多いです。 しかし、この言葉の正しい意味はこれで合っているのでしょうか? 言葉の感じから想像できるのは「手を煩わせる」や「迷惑をかけた」などですが、いざ正しい意味となると調べたりせず使っていることも多くあります。 今回はこの「お手を取らせてしまい」という言葉の意味と使い方についてみていきましょう。 まずは「お手を取らせてしまい」の意味を紹介します。 「お手を取らせてしまい」:相手の時間や労力を使わせてしまう 上記では「手間を取らせてしまい」は、相手の労力や時間を割いてもらった場合に使う謝罪やお願いをするに用いる言葉であるということがわかりました。 しかし、この言葉と似たような言葉で誤用されることが多い言葉に「手間をかける」という言葉があります。 この言葉で使われている「かける」を手間という言葉に合わせることは間違っています。 ここで正しい表現をするならば「手数」という言葉になります。 手数とは「とらせる」ものではなく、「かける」ものです。 似た言葉で混合しがちですが、「手間をかける」と「お手間を取らせてしまい」という言葉は別々の言葉であることを理解しましょう。 また、意味も似ていますが微妙な違いがあります。 「かける」と「とらせる」の違い 「かける」とは、手数に使う言葉であり、手間に使うならば「とらせる」が正しい使い方であるということがわかりました。 しかしこの2つは何が違うのでしょうか。 この2つの違いは、「誰のために」労力をかけているかの違いにあります。 「手間」というものは上記でも説明した通り、目的のために労力や時間を割くことです。 そして「手数」とは、自身や相手が第三者の誰かのために労力や時間を割いた場合に使う言葉です。 つまり、「目的」か「誰か(第三者)」かの違いになります。 ですので、目的のために相手に労力や時間を割いてもらった場合は「お手間を取らせてしまい」になり、自身や誰かのために労力や時間を割いてもらった場合は「お手数をかけてしまい」という表現になりますので注意しましょう。

次の